ブリムオン 弱点。 【剣盾ダブル構築】イエッサン「オス」ブリムオンのキョダイ反省会【ガラルルーキーズ】

【ポケモン剣盾】ブリムオンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ブリムオン 弱点

特攻が高く素早さは低いため、トリックルームを使った後はアタッカーとして動くことが出来るのも特徴です。 ゴーストタイプ相手でも「トリックルーム」を使えるようにするために「カシブのみ」を持たせた場合に活きやすい調整です。 「マジカルフレイム」で倒すことはできませんが、ドリュウズ相手でも確実に「トリックルーム」を使用することが出来るため、後続に素早さの遅いエースを控えさせておきましょう。 エスパーやゴーストに対する攻撃技。 ダイマックスで技がダイアークになると、特防を下げられるのも利点。 エスパー技の選択肢。 威力は少し落ちるものの特防が高い相手とも戦えるようになるのが利点。 自己退場するための技。 トリックルーム後すぐに使用すると、後続に控えるエースがトリル効果を最大ターン数使用できる。 防御が高いポケモンと組み合わせて、常に有利な対面になるように交代しながら戦っていくのが基本的な立ち回りとなります。 威力は少し落ちるものの特防が高い相手とも戦えるようになるのが利点。 エスパーやゴーストに対する攻撃技。 ダイマックスで技がダイアークになると、特防を下げられるのも利点。 ダメージを与えつつ麻痺に出来る。 特殊アタッカーが交代するタイミングを読んで、交代先を狙いたい。 ブリムオンの役割と立ち回り 特攻と特防が高い鈍足アタッカー 「ブリムオン」は特攻と特防が高く、特殊アタッカーの攻撃を受けながら戦えるポケモンです。 素早さが低いため「トリックルーム」と相性はよく、自分で使った後にそのままアタッカーとして動くことができます。 妨害技に強い特性マジックミラー持ち 「ブリムオン」が持つ特性「マジックミラー」は、変化技を封じる「ちょうはつ」や状態異常にできる「おにび」「でんじは」など、こちらの行動を妨害する変化技を跳ね返すことが出来る特性です。 そのためこちらの行動を阻害されにくく、相手の妨害技に合わせて交代で出すことができれば、相手に技を跳ね返し相手の行動を阻害することもできるようになります。 ブリムオンの対策 物理攻撃主体で一気に削る 「ブリムオン」は防御や特防は高めであるものの、HPの種族値は低いポケモンです。 そのためどちらかと言えば低い防御を攻めるようにすれば大ダメージを与える事ができます。 特に弱点である鋼技は高火力の物理技が多いため、一撃で削りきれることも多いです。

次の

【物理ムオン】タラプのみ 剣舞バトン ブリムオン 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソード シールド

ブリムオン 弱点

育成概要 剣舞バトン物理ムオン ブリムオン 型名 剣舞バトン物理ムオン 技構成 みがわり バトンタッチ つるぎのまい じゃれつく 持ち物 タラプのみ 特性 マジックミラー 性格 わんぱくor のんき H,A,B,D,S 全て個体値31とする。 C抜け推奨 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 努力値 252 0 252 — 4 0 実数値 164 121 147 — 124 49 型のコンセプト 『つるぎのまい』と『バトンタッチ』を採用することで後続の物理アタッカーへ能力上昇を引き継ぐことが目的となる型。 剣舞バトン物理ムオン採用する利点 特性が『マジックミラー』のため、状態異常や挑発を受けずにバトンを展開することが可能。 特殊型がメジャーなため、型の誤認を誘発できる。 技構成と採用理由 みがわり 威力:- ダイウォール 威力:- タラプのみで特防を上昇させることで低火力の特殊技を起点として身代わりを残すことができる。 バトンタッチ 威力:- ダイウォール 威力:- 本論の核となる技のため確定。 能力上昇を後続に引き継ぐために必要となる変化技。 つるぎのまい 威力:- ダイウォール 威力:- こちらも本論の核となる技のため確定。 後続の物理アタッカーに繋ぐために必要となる積み技。 じゃれつく 威力:90 ダイフェアリー 威力:130 タイプ一致メインウェポン。 エスパー技を採用する場合『サイコカッター』が候補に上がるが、無効タイプが存在するエスパー技はフェアリー技よりも若干優先度は落ちる。 選択技候補 サイコカッター タイプ一致物理エスパー技として採用の余地有り。 トリックルーム バトン先が鈍足ポケモンの場合に採用の余地有り。 受ダメージ 仮想敵 技 割合 無補正 C252 サザンドラ あくのはどう 40. 7%(確定6発,乱数5発) 無補正 無振り トリトドン クリアスモッグ 14. 2(確定7発,乱数6発) 上記のようにタラプのみ込みで無振りトリトドンのクリアスモッグを起点にして身代わりを残すことが可能。 後続の鋼タイプにバトンを繋ぐことでクリアスモッグをくぐり抜けることができる。 ) 輝石テブリムとの差別化点 進化の輝石に依存する必要がないため、持ち物に能力上昇木の実を採用することが可能。 更に木の実の能力上昇をバトンで繋ぐことが可能なため、十分な差別化点となる。 物理型の場合、テブリムと異なりA種族値が高いため自身も多少なりとも打点を持つことが可能。 主な役割対象 バトン特化のため役割対象を記載しないものとする。 YouTube 実践動画.

次の

【ポケモン剣盾】ブリムオンの育成論と対策【受け破壊!トリックルームの魔女】

ブリムオン 弱点

ランクマッチでも相当数いるように感じます。 僕自身も結構使っていて、一番使いやすく強い並びだと思っています。 強い1番の理由は種族値の高さで火力、耐久とも高く トゲキッスのこのゆびとまれとドラパルトの高い素早さからの高火力です。 さらには トゲキッスはてだすけ、あくびなどの補助技も豊富であるため、てだすけ、いのちのたまによりかなりの高火力を出すことが可能なのです。 基本戦術は トゲキッスでこのゆびとまれをしながらダイマックスドラパルトで暴れることです。 中にはドラパルトがサポートして弱点保険トゲキッスで殴るパターンがあったり、ドラパルトが特殊のパターンがあったりするため何をしてくるのか分かりづらいというのがあります。 味方にふくろだたきを打ったり、攻撃して弱点保険を発動させるというのを妨害できるこのゆびとまれという技が強いため、このゆびとまれを覚えて耐久力が安定するトゲキッスは強いのです。 エルフーン関連 エルフーン関連と書きましたが、エルフーンと組むポケモンが多様化しているためこういう書き方をしました。 エルフーンはいたずらごころによりおいかぜを先制で打つことが出来るため味方をサポートするのが得意なポケモンです。 また ムーンフォースなどフェアリータイプの技でドラパルトに打点を持つことも出来るため、攻撃面も悪くないのです。 弱点のタイプはかくとうとじめんタイプですが、このようなタイプの技には物理技が多いためジュラルドンの物理耐久の高さにより問題なく受けきれることが可能なのです。 ジュラルドンはすじがねいりという特性によりこのゆびとまれの影響を受けずにドラパルト、トゲキッス両方に対して弱点をつけるのです。 エルフーンのふくろだたきをせいぎのこころウインディに打つことで攻撃力を4段階upさせてダイマックスウインディで暴れるという並びです。 このゆびとまれにより妨害されるのがきついが決まると強いです。 リザードンはサンパワーと日本晴れによりほのお技の威力がめちゃくちゃ高いのです。 ねっぷうにより相手両方を攻撃するのとダイマックスして単体高火力で攻撃するかの選択もできるのが強いと思います。 その他エルフーンと一緒に入りやすいポケモン エルフーンが追い風を使うことが出来る関係から素早さがそこまで高くないが火力がめちゃくちゃ高いというようなポケモンがよく入る。 ウオノラゴンのエラがみやパッチラゴンのでんげきくちばしは先制すれば威力170という高火力技でさらにウオノラゴンのがんじょうあごやパッチラゴンのはりきりの特性によりめちゃくちゃ火力が高いのだ。 しかしこういう技もこのゆびとまれされると威力が下がってしまうがパッチラゴンはトゲキッスの弱点をつけるのが強いところだ。 ヒヒダルマはごりむちゅうという特性でこだわりハチマキの効果があるためこちらもめちゃくちゃ火力が高い。 こだわりハチマキを持たせてさらに火力を上げるかこだわりスカーフを持たせて素早さを上げるかどちらかのアイテムを持つことが多い。 こちらも こおり技でトゲキッスやドラパルとの弱点をつけるのが強いところです。 ドリュウズのタイプ一致ダイマックス技はダイスチルが防御アップ、ダイアースが特防アップと耐久をあげられるのが強い。 さらにドリュウズがダイマックスするパターンだけでなくバンギラスがダイマックスするパターンがあったり、ドリュウズがすなかきではなくかたやぶりであるパターンがあったりと戦術が豊富なのも強いところです。 ドリュウズの弱点のじめんをトゲキッスが無効。 トゲキッスの弱点のでんきとどくをドリュウズが無効であったりするためサイドチェンジするだけで色々すかせたりする並び。 トゲキッスでサポートしながらドリュウズでつるぎのまいをしたりすなかきで上から攻撃するということが多い。 ドラパルトと違い ドリュウズはジュラルドンに対してそこそこ強いためジュラルドン対策に一緒に入っていることも多いです。 トリックルーム系 起動役 トリックルームを起動するポケモンはこういうポケモンたちという印象です。 エスパータイプが被っているにも関わらず弱点は全く被らないので相性がいい。 年明けからバタフリーのキョダイマックスも解禁されるので期待 不安。 ねむりは起きないときついのでやめてほしい。 サマヨールは進化の輝石により耐久が高く、おにびやいたみわけでサポートする。 ドータクンはタイプが優秀というイメージです。 いずれもサイドチェンジによるサポートも警戒しなければならない。 トリックルームアタッカー トリルアタッカーはこういうポケモンたちというイメージです。 ドサイドンは弱点保険による圧倒的火力と高い耐久によりダイマックスするとすごく止めづらいポケモンです。 味方のじならしなどで弱点保険を発動させつつ攻撃してくる。 対策としてはいわタイプとじめんタイプの技をうまく半減で受けながら威嚇やおにびで火力を下げること。 弱点をついても特性ハードロックもあるためダイマックス中はほぼ一撃では倒せない。 なのでダイマックターンをなんとか耐えてその後倒すのが効率的。 コータスはふんかという全体高火力技がめちゃくちゃ強い。 ほのお耐性がないと一瞬でパーティが全壊してしまう。 トリトドンは特性よびみずで味方に飛んでくるみず技を吸って火力を上げられるのが強いところ。 カビゴンははらだいこまたはのろいで火力を上げて攻撃してくる。 キョダイマックスも解禁されるので、はらだいこの隙を見せないことが大切。

次の