わいせつ 行為 ライブ 配信。 【警視庁】ユーチューバーの「広瀬ゆう」 全裸わいせつ行為ライブ配信の疑いで逮捕…少なくとも7000万円売り上げ(動画あり) │ 毎日まとめるニュース速報

越智彩華、武友 顔画像、Facebookは?「FC2ライブ」で荒稼ぎ!公然わいせつ罪で逮捕された夫婦の手口とは?インターネット動画のリスクと問題点を考えてみた|えびてん速報

わいせつ 行為 ライブ 配信

少女ら約750人に動画サイトでわいせつ行為を配信させていたなどとして、指示役の夫婦が大阪府警に再逮捕され、その人数の多さにネット上で驚きの声が上がっている。 少女らは、なぜこのような配信に応じたのだろうか。 府警の保安課に話を聞いた。 「パフォーマー」と少女らを呼んで指示していた 「容疑者の夫婦は、『パフォーマー』と少女らを呼んで指示していましたね。 16歳の無職の少女から50代までいましたが、大半が未成年でした。 知人を介して紹介してもらったり、ツイッターなどのSNSで呼びかけたり、街頭でスカウトしたり、色んな形で750人もの人数を面接していました」 大阪府警保安課の担当者は2020年6月26日、J-CASTニュースの取材にこう明かした。 報道などによると、容疑者の女(21)とその夫の男(39)は、いずれも住居不定の無職で、20年4月9日に公然わいせつの疑いですでに逮捕されている。 大阪市内のマンションの部屋で20年1月24日と3月5日、無職少女(18)と高校3年の少女(17)がそれぞれ下半身を見せるなどした映像を「FC2ライブ」のサイトで生中継したとしている。 少女2人も同容疑で逮捕された。 夫婦は、「性器を見せてはダメだと伝えていた」と容疑を否認したが、少女2人は認めたという。 今回、夫婦が6月9日に再逮捕されたのは、職業安定法違反(有害業務募集)の疑いになる。 17年11月ごろ、わいせつ行為を配信させようと当時19歳の少女を勧誘したもので、同様にして、計約750人とオンラインなどで17年9月〜20年4月に面接し、自宅などから配信させていたという。 さらに、18年10月〜19年10月、当時16歳の少女を大阪市内のマンションに住まわせ、月20万円のノルマを課してわいせつ行為を配信させた児童福祉法違反(有害支配)の疑いなどで夫婦を追送検した6月25日、2容疑をまとめて報道発表した。 夫婦は、黙秘しているという。 少女らは、「ネット配信なら接する相手がいないので安心」と応じる 動画は、1ポイント1円と夫婦が設定して有料配信し、少女らには半分を報酬として渡していた。 1日で4万8000円を稼ぐ少女もおり、そこそこの収入になっていたようだ。 容疑者の女が、主に少女らと面接し、指示していたという。 容疑者の男は、3年前にも「FC2ライブ」のサイトで同様な行為を繰り返して大阪府警に逮捕されており、府警が再度しているとの情報を得て捜査していた。 このときは、当時18歳の無職の少女も共犯で、ネット上では、今回逮捕された女はこの少女ではないかとの憶測も出ているが、府警保安課の担当者は、「3年前は未成年になりますので、回答を差し控えたい」としている。 今回、約750人もの少女がわいせつ行為の配信に応じた理由について、この担当者は、こう話した。 「家宅捜索したときに、女の子が1人いて、コロナの影響で風俗の仕事がなくなって応募したと言っていました。 容疑者も、『年末ごろから、風俗の女の子が仕事がなくなって流れてきている』と供述していました。 女の子らは、ネット配信なら接する相手がいないので安心だとして、気軽に仕事ができたとも言っていました。 『楽してお金を稼ぎたい』とも言っており、オンラインなので女の子も抵抗感がないらしいですね」 報道によると、女名義の通帳には、サイト側から17年9月〜20年4月に計3億1700万円の入金があり、新型コロナの感染が拡大した20年3〜4月の1か月間は、過去最高の約3550万円に上った。 しかし、保安課の担当者は、こうも言う。 「配信された映像や画像は、どういう形で出回るか分かりません。 デジタルタトゥーとして残る可能性もありますので、女の子たちには、そのことを厳しく伝えました」 「パフォーマー」の少女らは、画像が残っていないので捜査が難しいものの、裏付けの取れた6人を立件し、逮捕した2人以外は書類送検したとしている。 (J-CASTニュース編集部 野口博之) 外部サイト.

次の

少女ら750人がわいせつ行為生中継か、指示役夫婦を追送検 大阪府警(産経新聞)

わいせつ 行為 ライブ 配信

大阪府警は25日、いずれも住居不定で無職の女(21)と夫(39)を児童福祉法違反(有害支配)などの容疑で追送検したと発表した。 いずれも黙秘している。 府警は、SNSなどを通じて応募のあった750人以上の少女らに、自宅などから配信させていたとみている。 発表では、2人は2018年10月~19年10月、大阪市内のマンションに当時16歳の少女を住まわせ、動画配信サイト「FC2ライブ」で、わいせつ映像を中継させた疑い。 17年9月以降、3億1700万円の課金収入を得ていた。 全く見たくない、と言ったら嘘なのは正直に言うが、そんなのが蔓延するネット社会ってのも真っ平御免である。 少なくとも能動的に関わっている以上、何らかの処罰があって然るべき。 しかもSNSで募集となるとますます難しい。 少女側がローリスクハイリターンだと思ってる間は無くならない。 750人以上が自ら応募してるっていう事実を受け止めるべきだと思う。 未成年がよく募集をSNSで見つけれるな。 そんなにお金が欲しいの?お金って怖い。 それにしても、それを金出して見たいという人も恐ろしい。 海外みたい見た大人を特定して公開した方がいい。

次の

久田宏明,常住愛,顔画像あり!SNS勤務先?FC2わいせつ行為ライブ配信

わいせつ 行為 ライブ 配信

インターネットの動画配信サイトで少女にわいせつ行為を生中継させたとして、公然わいせつ容疑で夫婦が逮捕された事件で、大阪府警保安課は25日、管理するマンションに少女を住まわせ、ノルマを課して中継させていたとして、児童福祉法違反(有害支配)容疑などで夫婦を追送検したと発表した。 追送検されたのは住所不定の無職、越智彩華(21)と夫の武友(39)の両容疑者。 追送検容疑は平成30年10月〜昨年10月、当時16歳の少女を大阪市内のマンションに住まわせ、月20万円の売り上げノルマを課してわいせつ行為を中継させたなどとしている。 いずれも黙秘している。 府警によると、両容疑者は街頭やSNSなどで少女らに接触し、「FC2ライブ」を使った動画配信の出演者を募集。 マンションに住まわせた少女以外にも、全都道府県の750人以上が自宅などから有料配信を行っていたとみられる。 彩華容疑者は「新型コロナウイルスで性風俗店の客が減り、女の子が流れてきている」と供述。 平成29年9月以降、計約3億1700万円の売り上げがあり、今年3〜4月の1カ月間は過去最高の約3550万円に上ったという。 出演者の大半は未成年で、売り上げの半分を報酬として受け取っていた。 府警に対して「楽して稼ぎたかった」などと話している。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の