日産 ノート e power ニスモ。 ノート e-パワーニスモ S(日産)の中古車

ノート e−パワーニスモ Sの中古車を探すなら【グーネット中古車】|日産の中古車情報

日産 ノート e power ニスモ

『燃費の常識を超える』日産ノートe-Powerが 新車販売台数トップだったトヨタプリウスを抜き去った。 そして、アクアの燃費を上回る燃費性能を弾き出したのだ! 性能よりも新型プリウスはデザインが嫌い。 日産ノートe-Powerのデザインは惚れ惚れする。 それになんと、モータースポーツで培ったテクノロジーをふんだんに盛り込んだ ニスモバージョンがあるではないか! 早速、日産ノートe-Powerの勝手気ままを書きなぐってみた。 正直飽き飽きしていた・・・。 10月までは 1位:プリウス 2位:アクア 3位:セレナ でしたが、11月の新車販売台数では 1位:ノート:日産:15,784台 2位:プリウス:トヨタ:13,333台 3位:アクア:トヨタ:12,409台 逆転したのです。 日産車が月間販売台数1位になったのがんなんと1986年9月のサニー以来、30年2ヶ月ぶり。 これにも驚かされますが、それほど今回の新型ノートは気合が入っていたのでしょう。 日産ノートe-Powerがすごいのはここだ! 今まで、ハイブリッド車といえば「プリウス」や「アクア」が代表的でした。 実際にプリウスに乗った感想は ・ カックンブレーキになる ・ 加速が悪い ・ エンジン音が甲高い ・ リアドアのエッジが頭や顎に当たる ・ 燃費は思ったほど良くない まだまだ出てきますが、なんとなく好きになれないクルマです。 日産ノートe-Powerはどうか? ・ 親しみやすいデザイン(一目みただけで日産車とわかる) ・ 電気モーターだけで走る(遊園地にある100円入れて走るあれ) 『日産ノートe-POWER』 ポイントは、レンジエクステンダー式ハイブリットシステム「e-Power(eパワー)」でしょう! 新型ノートはJC08モード燃費 37. トヨタ・アクアの 37. 今回のノートに搭載されている「エンジン」はクルマを動かす動力源ではなく、 発電するためのエンジンなので、充電が少なくなった時だけエンジンが動く。 つまり、充電が必要な「急激な加速」「上り坂」「高速道路」を走らなければ ガソリンが1滴も使わない、ということになります。 日産には「リーフ」という電気自動車がありますが、 これは充電するため、必ずストップしなくてはいけません。 でも、ノートe-POWERはドライバーが疲れて眠くなるまで走り続ける。 これなら長距離ドライブも苦にならないでしょう。 正式名称:ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社 主な事業 ・ モータースポーツ用部品、車両の開発、製作及び販売 ・ レースでの技術支援 ・ モータースポーツプロモーションイベントの実施 ・ レーシングスクールの開催 (ニスモ公式HPより引用) 日産YouTube『Super GT 2016 Rd. この装備を見るだけでも、走りに期待できる。 新型ノートe-POWER の弱点 新型ノートe-POWERの動力は、モーターだけ。 アクセルの踏み加減だけで、減速することが可能になった。 しかし、これは追突される危険性をもっているかもしれません。 強烈な回生ブレーキだけで急激に減速されるのですから、 後ろを走っているクルマが一瞬でも脇見でもしていたら、ドスン!ですぜ ガソリンエンジンの場合、高速域で一定の速度なら燃費が良くなります。 しかし、ノートe-POWERの場合、高速道路走行ではエンジンが動きっぱなしになるでしょうから 燃費は悪くなる傾向にあるように思います。 街乗りがほとんどの人なら、今回の新型ノートe-POWERは買いでしょう。 できれば、「ノート e-POWER NISMO」が個人的はおすすめです。 電気自動車で楽しく乗れるクルマがやっと登場したのですから。 『出典』 新車販売台数統計結果:.

次の

ノート 1.2 e

日産 ノート e power ニスモ

ニスモって何? 引用: 自動車メーカーでは、大体どこも一般向けの車とは別に スポーツカーを手がけ、レースなどに参加しています。 日産では NISsan 日産 MOtor sports international モータースポーツ インターナショナル 株式会社、NISMO ニスモ がモータースポーツ部門の担っています。 また、一般公道向けにも スポーツタイプのチューニングをした日産車を手がけ、グレードなどにあるスポーツタイプとは違い、サスペンション、エンジン、コンピューター、マフラーなど、パーツだけでなく 細かいところまで本格的に手が加えられています。 有名どころでは GT-R、 フェアレディZから、コンパクトカーではノートの他に マーチなども手がけています。 e-POWER ニスモのデザインは? 先進的でアグレッシブなエクステリア 引用: ノートもe-POWERもニスモのイメージカラー、レッドでボディのアウトラインをふちどる様な 専用バンパーが装備され、一目でノート・ニスモだ!とわかるデザインとなっています。 ただ、このデザイン、カッコ良いだけではなく ノート専用に開発されたエアロパーツとなっており、 低速でも高速でも安定した走行ができます。 e-POWER専用 ブルーラインのグリルデザインと エアロのレッドが 先進的かつ、アグレッシブなイメージを引き出しています。 ボディカラーはブリリンアントホワイトパール、スーパーブラック、ブリリアントシルバー、ダークグレーメタリック、ガーネットレッドの 5色展開になります。 メーターでもニスモを主張 引用: 内装ではあちらこちらに ニスモを主張したデザインが施されています。 メーターの表示デザインは e-POWERとほぼ同じもので、メータの上部にはブルーのラインが入っています。 メーターの中央部分に 温度や 時間が表示されますが、こちらは ニスモらしいレッドのリングで囲まれています。 専用ステアリング 引用: ステアリングの形状はノーマル・ノートと同じ Dシェイプになります。 ニスモではガソリン車もe-POWERも本革巻きですが、ブラックの ステアリング上部中央に赤いアクセントと、 赤いステッチが施され、 ニスモらしさがプラスされています。 ニスモらしさと言えば、他にも エアコンの吹き出し口やシフトレバー周りなど、所々に レッドアクセントがデザインされています。 専用スポーツシート 引用: シートにはスポーツタイプを思わせる スエード調のスポーツタイプが採用されています。 スポーツタイプと言うと、 普通の乗り心地を求める方には嫌がられそうですが、ノート・ニスモの中での標準シートは、ノーマルのシートより ホールド性が高い形状をしたものです。 ノーマルのシートよりはスポーツタイプですが ガチガチに硬いというわけでもなく、 そこまで深くもない仕様になります。 もっとこだわりたい方には、 レカロのセミバケットシートも用意されています。 専用スポーツペダル 引用: ちょっと画像が小さいのですが、足元にキラリと光るのは ニスモ・ノート専用フットペダルになります。 スポーツタイプの車なら 是非ともこだわりたい箇所ですが、e-POWERニスモでは 標準装備で専用アルミ製アクセル・ブレーキペダルと、フットレストが採用されています。 走行性能はどうチューニングされてる? 専用ボディ補強 引用: ノーマル・ノートに足回りなどのチューニングをするだけでも、それなりに走行性能は上がりますが、スポーツタイプとして がっつり走行するには、ボディの強化が欠かせません。 ボディを補強することで、 サスペンションなどが本来担う役割を最大限に引き出すことができ、ステアリングの レスポンスや 乗り心地が良くなります。 ホイールサイズは16インチ 引用: ノーマル・ノートのタイヤは純正だと15インチまでのところ、ニスモ仕様では 16インチを採用しています。 ホイールが大きくなるとタイヤの 厚みは薄くなり、 振動や騒音は感じやすくなりますが、路面をしっかり掴んで 安定した走行が期待できます。 また、タイヤサイズを大きくしただけではなく、ガソリン車とe-POWERでは採用されているタイヤが違います。 e-POWERには YOKOHAMA DNA S Driveを採用していますが、 採用するタイヤに合わせたチューニングが行われています。 専用コンピューターチューニング 引用: e-POWERの場合は、エンジンではなくモーターで走行するため、ノーマル・ノートe-POWERとは 違ったコンピューターチューニンングが行われています。 EVならではの特性を生かし、 どこからでも高い加速ができる様にセッティングされています。 特に Sモードではレスポンスが良く、コーナーでアクセルを緩めたら 即減速し、踏めばまた すぐに加速するため、 コーナーなどもスムースに走行します。 アクセルを緩めると 回生ブレーキがかかる仕様もノーマル・ノートとは 設定が違い、低速時では強くかかっていた回生ブレーキが 高速時でもしっかりとかかります。 スポーティな走行が必要ではない走行中はノートe-POWER・ノーマルと同じように ECOモードでの走行が可能になります。 ECOモードでは回生ブレーキの機能は使えなくなりますが、 スポーツタイプの車では諦めがちだった 低燃費走行ができます。 価格は2,458,080円は高いか? コンパクトカーとして見たら、 車体価格だけでこの価格は高い!と判断されてしまうかもしれません。 ですがノーマル・ノートを購入し、オプションパーツでスポーツっぽい仕様に仕上げるのであれば、 チューニングも本格的なニスモのe-POWERは お得ではないでしょうか。 特に カスタム初心者や、これから 車を楽しもうとしている方には、一通り揃っているニスモ仕様ノートe-POWERはオススメです。 また、 燃費の心配もなく、乗り心地もそこまで悪くないので ファミリーでも使えます。 スポーツ走行、燃費、共有する、家族も乗るなど たくさんの条件を兼ねることができるとなると、 安いくらいかもしれません。 まとめ ノートe-POWER自体が、今までのハイブリッドとは全く違った走行性能で期待されていますが、e-POWERニスモでは、 スポーツでもエコでも走行できるため、 楽しむことも 節約も ノート・e-POWER ニスモ1台でこなせてしまいます。 スポーツタイプの車では、普段 街乗りでの燃費も悪く、家族が増えたりすると、どうしても 手が出せなくなりがちですが、 ノート・e-POWER ニスモなら、燃費も心配することなく、ガソリン車ともまた違ったスポーツ走行を楽しむことができます。 ハイブリッドでスポーツタイプというと、 形ばかりであまり期待できなそうなイメージですが、e-POWERでは、 パワフルな加速と、キレのあるレスポンスを期待できます。 これは是非、実際に 試乗体験することをオススメします。 車の買い替えで損をしない方法を知っていますか? 車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。 愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか? これ実はめちゃくちゃ損します!! もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。 ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。 値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。 【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい 別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。 ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。 なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。 「仕方ないですね。 !今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。 ただのセールストークです。 ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。 あなたは必ず後悔します。 【裏技】ディーラーに騙されない方法。 自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。 (無料+1分でできます。 ) 下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。 1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。 たった、これだけです。 所要時間は1分です。 お金もかからないです。 無料です。 また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。 なので、 即座にご自身の車の価値がわかります。 買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。 もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。 なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。 ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。 何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。 あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!.

次の

ノートe

日産 ノート e power ニスモ

2m 5. もうひとつ、モーターの回転数に変化が見られます。 nissan. この特性変化をハードウェアで行っているのか、ソフトウェアで行っているのか、あるいはその両方で行っているかは定かではありませんが、社外製のチューニングキットでも、アクセル開度を制御するものはあっても、最高出力と最高トルクを制御するキットが無いことから、ハードウェア的にチューニングしている可能性も考えられます。 尚、1. 5kwのバッテリー容量はそのまま引き継がれています。 【日産・ノートe-POWER】ニスモS VS ニスモ/減税額 エンブレムが「NISMO S」なのか「NISMO」なのか、現在のところ外観の差は見受けられないノートe-POWERニスモSとニスモですが、2車種を決定的に差別化している項目で、電気モーターの最高出力と最高トルクがあります。 他にも、ニスモSに標準装備されているLEDヘッドランプが、ニスモでもメーカーオプションで追加することができできます。 それでは、LEDヘッドランプを追加して、2車種の減税額を比べてみましょう。 ノートe-POWERニスモであればニスモSに標準装備されているLEDヘッドランプオプションを搭載しても減税額は 合計-86,500円です。 nissan. 更に ノートe-POWERニスモの翌年の自動車税の減税額22,500円を考慮すると、 合計差額は23万4,100円に匹敵します。 この差額に値する中味は電気モーターの最高出力136馬力、最高トルク320N・m、そしてリアとフロントに貼られた「NISMO S」のエンブレム、そして新たに追加されたSモードのBレンジ走行モードです。 この差額を高いと見るか、安いとみるかはオーナーの価値観によると思いますが、 もし ノートe-POWERニスモに減税 86,500円)が無かったとしたら、 差額は合計32万600円ということになります。 nissan. 裏を返せば、もしセレナの技術開発の存在が無かったら、 ノートe-POWERニスモSのチューニングコストの結果、販売価格の差は、 もっと大きかった可能性があります。 ノートe-POWERニスモSの価格差の賛否は、実際に体感されてから決められてはいかがでしょう。 【日産・ノートe-POWER】ニスモS VS ニスモ /試乗できるところ 最近4WD仕様も新たに加わったノーマルのノートe-POWERであれば、北海道から沖縄まで、全国各地に存在する日産ディーラーで試乗できます。 その試乗車台数は全国で5500台を超えます。 ところが、ノートe-POWER NISMOとなると、関東は東京と神奈川を中心に、関西であれば大阪から名古屋周辺を中心に、全国でわずか108台にまで数が減少します。 さらに、発売が始まったばかりのノートe-POWER NISMO Sとなれば、試乗車に関する情報はさらに皆無です。 日産を自動車販売台数首位の座へと導いたノートe-POWERの販売が始まったのは2016年11月です。 わずか2年ほど前に、突如現れた新星ハイブリッドカーは、電気自動車の加速性能を表すかのように、あっという間に販売台数日本一を誇っています。 またセレナe-POWERは、ミニバン試乗の販売台数1位の記録を更新しています。 勢いに乗る日産の凄まじい躍進は、まだまだ伸びていきそうです。 【欲しい新車】値引額から50万円安く買う方法 新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。 ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車よりも新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。 でも、いざ新車を求めてディーラに行くと… ・え?…予想以上に値段が高い… ・え?…頭金が必要… ・むむぅ…ボーナス払いは心配だな… ・ふぅ…どこのディーラーも同じかぁ… ・このセールスマンの売り込みキッついな… ・とにかく安く買いたいなぁ… ・値引き交渉って苦手なんだよねぇ… 悩みは尽きません。 ネット検索しても、良くわかりません。 家族もありきたりの答え…。 今のあなたに必要な答えを教えします。 新車を買うなら、 下取りよりも買取りです! 下取りは必ず無料一括査定サイトで! クルマを安く買うには、 下取りは必ず無料一括査定サイトを利用しましょう。 ディーラー で30万円の下取り車が、 買い取り業者で80万円になることも多くあります。 一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。 だから、あなたのクルマ価格が上がるのです!.

次の