次回 衆議院 選挙。 第28回衆議院議員総選挙

次の衆議院解散総選挙はいつ?年末か、五輪後か、それとも…? | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム

次回 衆議院 選挙

第48回衆院選は2017年10月22日投票に決定しました。 の特設サイトをご覧ください。 学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題や南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題を受け、 安倍内閣の支持率が急低下しています。 安倍晋三首相は8月3日に内閣改造に踏み切る意向ですが、 支持率の回復につながるかは不透明な状況です。 7月23日の仙台市長選で与党系候補が野党統一候補に敗れたこともあり、 永田町では「衆院解散は当面ない」との声が出ています。 サプライズ人事も難しいか 日本経済新聞社とテレビ東京が7月21日~23日に行った世論調査によると、内閣支持率は39%となり、6月調査より10ポイント下がりました。 不支持率は10ポイント増の52%で、2012年の第二次安倍内閣発足以降、最高水準となりました。 第二次安倍内閣でこれまで支持率が最低だったのは安全保障関連法案を衆院で通過させた2015年7月の38%。 このときは政策への批判が中心でしたが、今回は違います。 内閣不支持の理由のトップは「人柄が信頼できない」。 つまり安倍首相への嫌悪感が広がっているのです。 安保法案審議の際はしばらくして支持率が回復しましたが、 首相の人柄に批判が集まっている今回は当面、低支持率が続くとの見方があります。 内閣改造でも麻生太郎財務相や菅義偉官房長官、二階俊博幹事長ら中枢を交代させない方針のため、 サプライズ人事で支持率の回復を目指すのも難しそうです。 都民F対策で早期解散・衆院選を求める声も それでも東京都議選で惨敗した直後は、自民党内にも「国政選挙とは違う」との空気がありました。 都議選直後の世論調査では民進党の支持率が下がっているため、「 今なら受け皿がなく、相対的に与党が勝てる」との読みから早期解散を求める声もありました。 都議選で大勝した都民ファーストの会などが選挙準備を整える前に解散総選挙に打って出た方が有利、との声もありました。 しかし、 実質的な与野党対決となった7月23日の仙台市長選で、野党統一候補となった元衆院議員の郡和子氏が、与党の県組織の支援を受けた冠婚葬祭会社長の菅原裕典氏らを破って初当選。 与党内には国政選挙への影響を懸念する声が出始めました。 「衆院解散は首相の専権事項」というのが永田町の鉄則ですが、実際には総理の思いだけで衆院解散・総選挙に踏み切ることはできません。 所属議員の声を無視して衆院選を行い、議席を減らせば責任論が出てくるからです。 永田町には現在、「今やったらまずい」という空気がまん延しています。 自民党総裁交代論も 「このままでは来年の総裁選で、安倍首相は勝てないんじゃないか」との声も聞こえてきます。 自民党政権で総理大臣の職に就くには、党総裁であることが大前提。 安倍首相の総裁としての任期は来年9月までで、それ以降も 総理を続けるには総裁選で3選を果たさなければなりません。 しかし、 このまま低支持率が続けば党内で「トップを変えた方がいい」との声が膨らむ可能性があります。 自民党の支持率は下がっておらず、安倍首相個人への嫌悪感が広がっているのでなおさらです。 産経新聞社・FNNが最近行った世論調査で「 いま首相にふさわしい人物」を聞いたところ、 自民党の石破茂前地方創生担当相が20. 4%でトップとなり、安倍首相は19. 7%で2位にとどまりました。 さらに、民進党の蓮舫代表が辞意を表明したことで、与党内には「代表交代でイメージが刷新され、支持率が回復するかもしれない」との警戒感も広がっています。 仮に来年の総裁選で安倍首相が敗れれば、新たな首相が就任時の勢いそのままに衆院解散・総選挙になだれ込むとみられます。 それまでに安倍首相が起死回生の手を打って支持率を回復させ、3選を果たして総選挙に臨むか。 それとも支持率の低迷が続く一方で新たな顔も見つからず、辛くも再選された安倍首相で「追い込まれ解散」となるか。 衆議院選挙はいつになるのか- 政局の行方から目が離せない状況が続きそうです。

次の

【図解・政治】参院選2019・今後の衆院解散のタイミング(2019年6月):時事ドットコム

次回 衆議院 選挙

解散の場合 総選挙 回次 解散国会 回次 解散 年月日 総選挙 期日 総選挙後の 国会回次 召集日 第23回 第 92回(帝国議会) 昭 22. 31 昭 22. 25 第 1回(特別) 昭 22. 20 第24回 第 4回 昭 23. 23 昭 24. 23 第 5回(特別) 昭 24. 11 第25回 第 14回 昭 27. 28 昭 27. 1 第 15回(特別) 昭 27. 24 第26回 第 15回(特別) 昭 28. 14 昭 28. 19 第 16回(特別) 昭 28. 18 第27回 第 21回 昭 30. 24 昭 30. 27 第 22回(特別) 昭 30. 18 第28回 第 28回 昭 33. 25 昭 33. 22 第 29回(特別) 昭 33. 10 第29回 第 36回(臨時) 昭 35. 24 昭 35. 20 第 37回(特別) 昭 35. 5 第30回 第 44回(臨時) 昭 38. 23 昭 38. 21 第 45回(特別) 昭 38. 4 第31回 第 54回 昭 41. 27 昭 42. 29 第 55回(特別) 昭 42. 15 第32回 第 62回(臨時) 昭 44. 2 昭 44. 27 第 63回(特別) 昭 45. 14 第33回 第 70回(臨時) 昭 47. 13 昭 47. 10 第 71回(特別) 昭 47. 22 第35回 第 88回(臨時) 昭 54. 7 昭 54. 7 第 89回(特別) 昭 54. 30 第36回 第 91回 昭 55. 19 昭 55. 22 第 92回(特別) 昭 55. 17 第37回 第100回(臨時) 昭 58. 28 昭 58. 18 第101回(特別) 昭 58. 26 第38回 第105回(臨時) 昭 61. 2 昭 61. 6 第106回(特別) 昭 61. 22 第39回 第117回 平 2. 24 平 2. 18 第118回(特別) 平 2. 27 第40回 第126回 平 5. 18 平 5. 18 第127回(特別) 平 5. 5 第41回 第137回(臨時) 平 8. 27 平 8. 20 第138回(特別) 平 8. 7 第42回 第147回 平 12. 2 平 12. 25 第148回(特別) 平 12. 4 第43回 第157回(臨時) 平 15. 10 平 15. 9 第158回(特別) 平 15. 19 第44回 第162回 平 17. 8 平 17. 11 第163回(特別) 平 17. 21 第45回 第171回 平 21. 21 平 21. 30 第172回(特別) 平 21. 16 第46回 第181回(臨時) 平 24. 16 平 24. 16 第182回(特別) 平 24. 26 第47回 第187回(臨時) 平 26. 21 平 26. 14 第188回(特別) 平 26. 24 第48回 第194回(臨時) 平 29. 28 平 29. 22 第195回(特別) 平 29.

次の

参議院選挙次回はいつ?選挙制度、選挙区制と比例代表制について

次回 衆議院 選挙

日本国憲法下の衆議院議員総選挙 [ ] 概要 [ ] は全国民を代表する、選挙されたで組織される(1項、参議院も同様)。 任期は一期4年であるが、の場合にはその期間満了前に任期は終了する()。 なお、衆議院議員総選挙は解散および任期満了に起因するもののみを指し、特定の選挙区におけるやは「総選挙」には含まない。 下では、衆議院解散による総選挙は、衆議院解散の日から40日以内にを行う(1項前段、31条3項)。 一方、任期満了による総選挙は、任期満了の日から前30日以内に行う(公職選挙法31条1項)。 任期満了による総選挙の期間が、開会中または国会閉会の日から23日以内にかかる場合においては、国会閉会の日から24日以後30日以内に総選挙を行う(公職選挙法31条2項)。 また当規定により、任期満了直前に解散をすることによって、理論上は投票日が任期満了後となることもある。 ちなみに、下で任期満了による総選挙を実施したのは、時の1976年(昭和51年)12月5日に行われた、だけである(後述)。 通常、「総選挙」とは衆議院議員の選挙にのみ用いられる語であり、参議院議員の選挙は3年ごとに必ず実施かつ半数ずつ改選するものであるから「」と呼ばれる。 公職選挙法31条も、「総選挙」を 任期満了あるいは衆議院解散による衆議院議員の選挙を指す語として用いている。 ただし、国会議員の選挙の公示について定めた4号の「総選挙」については、同条が「 国会議員の総選挙の施行を公示すること」と規定しており、衆参問わず各議院の国会議員を選出する基本的な選挙の公示をのとして定めた趣旨であると解されることから、憲法7条4号の「総選挙」には、参議院議員通常選挙が含まれると解するのが通説である。 公職選挙法により、 衆議院議員総選挙の期日は少なくとも12日前に公示しなければならないとされている(公職選挙法31条4項)。 選挙はにより行う(公職選挙法35条)。 衆議院議員の選挙においては小選挙区選出議員および比例代表選出議員ごとに一人一票を投票する(公職選挙法36条)。 衆議院議員総選挙の選挙事務の管理については、特別の定めがある場合を除くほか、小選挙区選出議員の選挙については都道府県のが管理し、比例代表選出議員の選挙についてはが管理する(公職選挙法5条)。 ・・選挙方式の詳細については次節以下参照。 参議院議員通常選挙が行われている時期に、衆議院が解散されて衆議院議員総選挙が行われることになった場合は、衆議院選挙と参議院選挙の両方の選挙を同時に行う()。 選挙された衆議院議員の任期は4年である(本文、ただし解散あり)。 衆議院議員の任期は総選挙の期日から起算するが(公職選挙法256条本文)、任期満了による総選挙が衆議院議員の任期満了の日前に行われたときは、前任者の任期満了の日の翌日から起算する(公職選挙法256条但書)。 衆議院解散による衆議院議員総選挙が行われたときは、その選挙の日から30日以内に国会を召集しなければならない(日本国憲法第54条後段)。 衆議院解散による総選挙後に召集された国会(日本国憲法第54条により召集された国会)を(特別国会)という(国会法1条3項)。 一方、任期満了による衆議院議員総選挙が行われたときは、その任期が始まる日から30日以内に(臨時国会)を召集しなければならない(国会法2条の3第1項本文)。 ただし、その期間内に(通常国会)が召集された場合、またはその期間が参議院議員通常選挙を行うべき期間にかかる場合はこの限りでない(国会法2条の3第1項但書)。 なお、衆議院議員総選挙の際には同時にが行われる(憲法79条2項)。 選挙権および被選挙権 [ ] 衆議院議員及びその選挙人の資格は法律(具体的には公職選挙法等)で定められる(本文)。 選挙権 [ ]• で年齢満18年以上の者は、衆議院議員の選挙権を有する(公職選挙法9条1項)。 2015年(平成27年)6月に改正公職選挙法が成立し、2016年(平成28年)6月から選挙権年齢は20歳以上から18歳以上に引き下げられた()。 例外的に選挙権を有しない者については、公職選挙法11条1項・252条、28条に規定がある。 被選挙権 [ ]• 日本国民で年齢満25年以上の者は、衆議院議員の被選挙権を有する(公職選挙法10条1項柱書及び1号)。 例外的に被選挙権を有しない者については、公職選挙法11条・11条の2・252条、政治資金規正法28条に規定がある。 選挙方式 [ ]• 議員定数・選挙区・投票の方法など、衆議院議員総選挙に関する事項は、法律(公職選挙法等)によって定められる(2項・)。 定数 465名のである。 数289で議員定数 289名の、および数11で議員定数 176名のとを、ととを必ず等しく重複させる形で同時に併存させている(公職選挙法4条1項)。 小選挙区制 [ ]• 各選挙区から最多得票者1名が選出される。 ただし、有効投票の総数の6分の1以上の得票()がなければならない(第1項第1号)。 は選挙区から1名を選出する制度であるため、定数289名に応じて都道府県別に全都道府県が 289選挙区に分割されている。 の各については、を参照のこと。 選挙人は、投票用紙に候補者1人の氏名を自書して投票する(公職選挙法第35条、第36条、第44条第1項、)。 がに置かれており(1条)衆議院小選挙区選出議員の選挙区の改定に関し、調査審議し必要があると認めるときは、その改定案を作成してに勧告するものとされている(衆議院議員選挙区画定審議会設置法2条)。 比例代表制 [ ] 比例代表ブロック• 日本の衆議院議員総選挙ののすなわちは都道府県を単位として全都道府県が、、、、、、、、、、・の11選挙区に分割されている。 詳細は、あるいはを参照のこと。 各「衆議院名簿届出政党等」(第1項による届出をした政党その他の政治団体)の当選者数は、(「」)ごとに各々の「政党等」の得票数に応じてで比例配分が行なわれた上で決定される(第1項)。 「 衆議院名簿届出政党等」(第1項による届出をした政党その他の政治団体)に所属している候補者は重複立候補を禁止する第1項の規定にもかかわらず、第4項の規定により選挙区が重複している小選挙区制と比例代表制への重複立候補だけは例外的に認められている。 各「衆議院名簿届出政党等」の比例代表立候補者のうち誰が比例代表当選者となるかは、あらかじめ「衆議院名簿届出政党等」がその「名簿」によって届け出た当選人となるべき順位に従って決定される( 拘束名簿方式、第4項)。 なお、参議院議員通常選挙ではの比例代表制が採用されており衆議院議員総選挙とは方式が異なる。 「衆議院名簿届出政党等」は、小選挙区制と比例代表制とに重複して立候補している名簿登載者についてはその全部又は一部を同一の順位とすることができる(第4項)。 この場合、 (当該名簿登載者が立候補したにおける最多得票者に対する得票の割合)の多寡によって当選人になるべき順位を定める(第3項)。 ただし、小選挙区制と比例代表制への重複立候補者のうち小選挙区で有効投票総数の10分の1の得票を得られなかった候補者は、比例代表制においても当選人となることはできない()。 小選挙区制での落選者がによって合理性をもって復活当選し得るように、1つのが必ず1つのに内包されるように決められている。 これらの関係については、を参照のこと。 選挙人は、投票用紙にひとつの「衆議院名簿届出政党等」の名称を自書して投票する(公職選挙法第35条、第36条、第44条第1項、)。 事務経費 [ ] 衆院選では毎回、700億円前後の事務経費が国の予算に計上される。 大日本帝国憲法下の衆議院議員総選挙 [ ] 下においても衆議院は選挙法の定めるところにより公選議員により組織することと定められ( )、それを具体化する法律として衆議院議員選挙法(明治22年法律第37号)が定められていた。 衆議院解散の場合にはをもって新たに議員を選挙し解散の日より5箇月以内にこれを召集することと定めていた()。 なおこの勅命は、法令形式としてのではなく詔書により行われた 選挙権および被選挙権 [ ] 選挙権 [ ]• 1889年(明治22年)の衆議院議員選挙法(明治22年法律第37号)制定当初、次の資格を満たす者としていた(衆議院議員選挙法6条)。 日本臣民の男子で年齢満25歳以上• 選挙人名簿調製の期日より前満1年以上その府県内に本籍を定め居住し引き続き居住している• 選挙人名簿調製の期日より前満1年以上その府県内において直接国税15円以上を納め引き続き納めている(ただし、所得税については人名簿調製の期日より前満3年以上これを納め引き続き納めている)• 1900年(明治33年)の改正衆議院議員選挙法(明治33年法律第73号)により次の資格を満たす者となった(衆議院議員選挙法8条1項)。 帝国臣民たる男子で年齢満25歳以上• 選挙人名簿調製の期日より前満1年以上その選挙区内に住居を有し引き続き有する• 選挙人名簿調製の期日より前満1年以上地租10円以上又は満2年以上地租以外の直接国税10円以上若しくは地租とその他の直接国税とを通して10円以上を納め引き続き納めている• 1925年(大正14年)の改正衆議院議員選挙法(大正14年法律第47号、俗にいう普通選挙法)により納税資格が撤廃された。 1945年(昭和20年)の改正衆議院議員選挙法(昭和20年法律第42号)により(婦人参政権)が認められる。 被選挙権 [ ]• 1889年(明治22年)の衆議院議員選挙法(明治22年法律第37号)制定当初、原則として日本臣民の男子満30歳以上で選挙人名簿調製の期日より前満1年以上その選挙府県内において直接国税15円以上を納め引き続き納める者(ただし、所得税については人名簿調製の期日より前満3年以上これを納め引き続き納めている)を被選人としていた(衆議院議員選挙法8条)。 1900年(明治33年)の改正衆議院議員選挙法(明治33年法律第73号)により、原則として帝国臣民たる男子で年齢満30歳以上の者となった(衆議院議員選挙法10条)。 1945年(昭和20年)の改正衆議院議員選挙法(昭和20年法律第42号)により女性参政権(婦人参政権)が認められる。 翌1946年(昭和21年)4月10日ので39名の女性議員が誕生。 日本国憲法への移行 [ ] (昭和21年)のが、大日本帝国憲法下での最後の衆議院議員総選挙となり、(昭和22年)にが施行された。 1947年(昭和22年)4月25日のは日本国憲法下での初の衆議院議員総選挙となったが、この選挙は衆議院議員選挙法の下で行われた。 なお、その後、1950年(昭和25年)の公職選挙法(昭和25年4月15日法律第100号)施行により、衆議院議員選挙法は廃止となった。 衆議院議員総選挙の沿革 [ ] (明治22年) とともに(明治22年法律第37号)公布。 (明治23年) 初の衆議院議員総選挙。 (明治33年) 衆議院議員選挙法改正。 一府県一選挙区の(ただし、人口3万人以上の都市は独立選挙区)とし、直接国税10円以上納付の満25歳以上の男子による無記名投票に改める(を確立)。 (明治35年) 改正衆議院議員選挙法(1900年)の下での総選挙(第7回衆議院議員総選挙)。 (大正8年) 衆議院議員選挙法改正。 原則小選挙区制とし、直接国税3円以上納付の満25歳以上の男子による無記名投票に改める。 (大正9年) 改正衆議院議員選挙法(1919年)の下での総選挙(第14回衆議院議員総選挙)。 (大正14年) 衆議院議員選挙法改正(いわゆる普通選挙法)。 とし、納税条件を撤廃して満25歳以上の男子によるとする。 (昭和3年) 改正衆議院議員選挙法(1925年)の下での総選挙(第16回衆議院議員総選挙)。 (昭和20年) 衆議院議員選挙法改正。 原則単位の制限連記大選挙区制。 婦人参政権と選挙権年齢引き下げにより、満20歳以上(日本法で定義する者)の男女による普通選挙を確立。 (昭和21年) 改正衆議院議員選挙法(1945年)の下での総選挙、(ラジオ)開始(第22回衆議院議員総選挙)。 (昭和22年) 衆議院議員選挙法改正。 単記中選挙区制。 日本国憲法施行(普通選挙・・秘密選挙の保障)。 日本国憲法下での初の総選挙(第23回衆議院議員総選挙)。 (昭和25年) (昭和25年4月15日法律第100号)施行(衆議院議員選挙法廃止)。 中選挙区制。 (昭和27年) 公職選挙法施行後初の総選挙(第25回衆議院議員総選挙)。 を結び、日本がを回復して初の総選挙。 解除で出馬できたものも多数いた。 (昭和44年) 政見放送(テレビ)開始(第32回衆議院議員総選挙)。 (昭和51年) 1972年の第33回衆議院議員総選挙の定数配分最大格差1対4. 99につきが違憲と判断(最大判昭51・4・14民集30巻3号223頁)。 ただし、により選挙自体は有効とした。 (昭和55年) 初の衆参同日選挙(第36回衆議院議員総選挙・第12回参議院議員通常選挙)。 (昭和58年) 1980年の第36回衆議院議員総選挙の定数配分の最大格差1対3. 94につき最高裁が憲法の選挙権の平等の要求に反する程度に至っていたと判断(最大判昭58・11・7民集37巻9号1243頁)。 ただし、違憲状態にはあったが法改正によって合理的期間内に是正されなかったとはいえないとして違憲とはしなかった。 (昭和60年) 1983年の第37回衆議院議員総選挙の定数配分の最大格差1対4. 40につき最高裁が違憲と判断(最大判昭60・7・17民集39巻5号1100頁)。 ただし、事情判決の法理により選挙自体は有効とした。 (平成5年) 1990年の第39回衆議院議員総選挙の定数配分の最大格差1対3. 18につき、最高裁が憲法の選挙権の平等の要求に反する程度に至っていたと判断(最大判平5・1・20民集47巻1号67頁)。 ただし、違憲状態にはあったが憲法上要求される合理的期間内に是正されなかったとはいえないとして違憲とはしなかった。 初めて「全都道府県」が揃って、即日された。 (平成6年) 公職選挙法改正。 (拘束名簿式比例代表制)を導入。 (平成8年) 改正公職選挙法(1994年)の下での総選挙(第41回衆議院議員総選挙)。 (平成9年) 公職選挙法改正。 投票時間(を含む)の延長、不在者投票の要件緩和。 (平成12年) 公職選挙法改正。 比例代表選出議員を200から180に削減して総定数480とする。 初めて、洋上投票、及び(但し、の投票のみ)が実施された。 改正公職選挙法(2000年)の下での総選挙(第42回衆議院議員総選挙)。 (平成15年) 公職選挙法改正。 の創設。 (平成19年) 公職選挙法改正。 在外投票のうち、にも投票可能となった。 (平成23年) 2009年の第45回衆議院議員総選挙の際のいわゆるに係る部分、また、定数配分の最大格差1対2. 30の選挙区割りにつき、最高裁が憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っていたと判断。 ただし、違憲状態にはあったが憲法上要求される合理的期間内に是正されなかったとはいえないとして違憲とはしなかった。 (平成25年) 公職選挙法改正。 小選挙区の定数が300人から295人に減少。 2012年の第46回衆議院議員総選挙の際の定数配分の最大格差1対2. 43の選挙区割りにつき、最高裁が憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っていたと判断。 ただし、違憲状態にはあったが憲法上要求される合理的期間内に是正されなかったとはいえないとして違憲とはしなかった。 (平成26年) 同時にが行われた。 (平成27年) 選挙権年齢を者から18歳以上に引き下げ。 2014年の第47回衆議院議員総選挙の際の定数配分の最大格差1対2. 13の選挙区割りにつき、最高裁は憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っていたと判断し、その一方で1人別枠方式の撤廃や0増5減などの取り組みを「一定の前進」と評価し、違憲状態にはあったが憲法上要求される合理的期間内に是正されなかったとはいえないとして選挙無効の訴えは退けた。 (注)一票の格差の判断について最高裁判例では• 著しい不平等状態の有無• その状態が相当期間継続しているかの可否 を判断基準とし、1に抵触している場合には「違憲状態」、1と2の双方に抵触していれば「違憲」として結論を導いており、違憲判決をとる場合には選挙の効力についてさらに判断を行う (議員定数訴訟における「違憲」や「違憲状態」についてはも参照)。 (平成29年) 公職選挙法改正。 小選挙区の定数を295人から289人に、比例代表の定数を180人から176人に減少。 衆議院議員総選挙の一覧 [ ] 「」も参照• 投票日の列は年ではなく月日順でソートされる。 回の列のソートボタンで元の順序に戻る。 青字は最高投票率、 赤字は最低投票率。 導入後最初の衆議院議員総選挙 各種記録 [ ]• 歴代最高 第1回・1890年(明治23年) 93. 歴代最多立候補者数 第22回・1946年(昭和21年) 2770人• 歴代最低投票率 第47回・2014年(平成26年) 52. 人名の 太字は、現職議員。 下では貴族院議員と並び、下では参議院議員と並び• ・『全訂日本国憲法』125 - 126頁、日本評論社、• 2015年6月17日. 2017年10月14日閲覧。 - ・2014年11月22日付け《2017年10月14日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》• 貴族院は皇族・華族・勅任議員で組織されていた()• 第1条「大權ノ施行ニ關スル勅旨ヲ宣誥スルハ別段ノ形式ニ依ルモノヲ除クノ外詔書ヲ以テス」• 2013年11月20日• 日本経済新聞 2015年11月25日• 滝口亜希 2013年3月26日. 2017年10月14日閲覧. 外部リンク [ ]• - 衆議院.

次の