麒麟 が くる 相関 図。 麒麟がくるキャスト相関図一覧とあらすじネタバレ紹介!随時更新

麒麟がくるキャスト相関図から削除か?岡村隆史の影響は織田信長にも?

麒麟 が くる 相関 図

企画・制作 [ ] (平成30年)の制作発表でのでの生涯を描き、の明智光秀役にはが起用されることが公表された。 長谷川の主演は池端のリクエストによるもので、(平成28年)の同放送局のドラマ『』に続く組み合わせである。 また、長谷川は度後期放送の『』出演に続けてのオファー受諾であった。 タイトルは仁政を行うの元に現れるとされる伝説の動物「」が由来となっており、モチーフとしての麒麟が何者で、如何にして何れの英雄の前に現れるのかを問うていく物語となるという。 でフル撮影し、最新の研究成果も踏まえ従来と異なる新たな解釈での物語を紡ぎ 、光秀の謎に満ちた生い立ちにもスポットを当て、英傑たちの父親の時代をも描き、、、らの蠢動から活躍を見せてゆくとして制作するとしている。 (令和元年)にクランクイン。 収録を巡る問題、放送期間と放送回数の変更 [ ] 当初、役にはがキャスティングされていたが 、配役の変更措置がとられて11月21日にが帰蝶を演じることが発表された。 収録済みのシーンは全て川口に交替して急きょ撮り直しとなり、NHKは初回の放送日を当初予定の2020年(令和2年)から1月19日に変更した。 例年は前年12月中には行われている報道陣向けの初回完成試写会は、放送開始3日前のに行われた。 上記試写会の時点では、・開催期間中の計5週分は放送を休止するため、放送回数が例年より少ない全44回になると発表されていたが 、の感染拡大を受け、オリンピック・パラリンピックは開催延期となった。 また、感染拡大防止のために4月1日に発表された収録の一時休止 が長期化した ことから、5月15日には第21回(6月7日)を以て放送を一時休止することが発表された。 6月14日からは特集番組「『麒麟がくる』までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル」を放送。 6月30日から収録再開予定。 一時休止中の代替番組 [ ]• 6月14日 - 『麒麟がくる』までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル「」• 6月21日 - 『麒麟がくる』までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル「」• 6月28日 - 『麒麟がくる』までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル「」• 7月5日 - 開票速報• 7月12日 - 『麒麟がくる』までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル「」• 7月19日 - 『今こそ見たい!日本の大自然スペシャル』• 7月26日 - キャスト・スタッフが明かす大河ドラマの舞台裏 登場人物 [ ] 主人公とその関係者 [ ] 明智一門 [ ] (あけち じゅうべえ みつひで) 演:(幼少期回想:) 本作の主人公。 作中では主にの「 十兵衛」で呼ばれている。 の流れをくむ当主だった父・(回想時演:)を、幼いときに病で亡くしているが、叔父・光安の後見のもと、母・牧から土岐源氏の誇りを教えられて育つ。 学問ではを2年で読み終え、武芸ではを習得。 一方で女性に関することには鈍感で、帰蝶や駒の自身に向ける恋心、光安や牧による嫁取りの願いに全く気付かない一面も持つが、幼いころの約束のままに煕子と結婚した。 賊や戦の絶えない世に憤懣を抱える。 戦闘した野盗の頭領(演:)が持っていたに強い興味を持ち、主君・斎藤利政に嘆願して堺にて鉄砲を手に入れると同時に、後に繋がる知己を得る。 その後も自身の野望や聡明さと正直を見込んだ利政の命により、京や尾張に出向いては自身の世界や見識を広げる。 美濃で親交を深めた高政から国の運営への協力を要請され了承。 しかし、人としては好きになれないものの彼より道三を国主にふさわしいと認め、では光安と共に道三に味方する。 そのため敗戦後に高政より攻められ、明智一党は帰蝶の手配で越前に落ち延びた。 (ひろこ) 演:(幼少期回想: ) 光秀の正室。 美濃妻木の・妻木(つまぎ)氏の娘。 幼い頃に光秀から求婚されていたが、成長してからの再会でお互いそのことを憶えていたことが判り、後日改めて求婚され光秀の妻となる。 牧(まき) 演: 光秀の母。 光秀を心優しく見守っているが、時には亡き夫・光綱の代わりに光秀を厳しく諭すこともある。 夫譲りでが強く、いつも光安を負かしている。 (あけち みつやす) 演: 光秀の叔父。 明智荘の領主、主。 光秀の父である兄・光綱の死を受けて領主となっており、光秀が継ぐまでとの想いで家を護っている。 温和な気質で、牧とも親しく力を合わせている。 斎藤利政には従順であり、利政に従わない高政や国衆、真っ向から異見を述べる光秀に頭を悩ませる。 道三と高政の争いに対しては当初より道三に従うとして参陣しており、道三討ち死に直後に陣中にて光秀に家督を譲り、これより先の明智家を盛り立てるために逃亡するように一党をうながし、自らは明智城に残って戦死する。 (あけち さまのすけ) 演: 光安の嫡男。 光秀の従弟。 お岸(おきし) 演: 光秀の長女。 明智家家臣 [ ] (ふじた でんご) 演: 明智家家臣。 実直な性格での名手。 光秀と近しく行動を共にすることがよくあり、鉄砲の訓練にもつきあっている。 長良川の戦いでは光秀と共に参陣するが、敗戦の後に光秀が落ち延びる際には、田畑を持つ半農半兵の身のため美濃に残ることになり、いつの日かの再会を誓って光秀を送り出す。 与八(よはち) 演: 明智家家臣。 明智荘の戦闘で野盗の頭領に鉄砲で撃たれる。 佐助(さすけ) 演: 明智家家臣。 常(つね) 演: 明智家の下女。 木助(きすけ) 演: 明智家の家人。 美濃、主。 俗名は 利政(としまさ)、通称は 山城守(やましろのかみ)。 優れた軍事力と狡猾な策謀により「 美濃の蝮」と呼ばれている。 のと2代にわたって美濃の実質的な支配者となっているものの、反発するも多く、国全体を掌握しきれてはいない。 で武家としては損得勘定を表に出すことに躊躇いがなく、謀略も厭わないため外には狡猾さばかりが目に付くが、統治者として国を富ませ安らかにすることを考え行動している。 光秀には好かれてはいないが、君主としては立派だと思われている。 利政も時に意見を違えたり従わないことがあっても、自身の考えをおもねることなく明かす光秀の正直さを買っている。 これは国主たる者は正直でなければならぬとしており、自らの腹黒さや吝嗇も隠さない生き方をしているためである。 自らの命を救うために死んでいった家臣たちの名を忘れがちになったことなどから耄碌を感じ、高政にうながされるままに家督を譲るが、「我が実父は頼芸」と吹聴して自らの出自を飾るばかりか、異母弟たちを謀殺した高政に憤ると共に、国主の資格はないと悟り、不利を知りながらも戦うことを決意。 「」にて高政に一騎打ちを挑み、「父親殺し」を成させて没する。 戦いの前には「誰にも手出しできない大きな国」を父と共に目指していたことを光秀に明かし、大きな国を造る可能性が信長にあるとして光秀に「目を離すな」と言い遺している。 帰蝶の異母兄。 庶長子であるが嫡男とされている。 初名は 高政(たかまさ)。 光秀とはの学友で、幼い頃から共に学問や武芸を共にしていたが、四書五経を読み終えるのに光秀の3倍の月日がかかっている。 利政からは事あるごとに後継者としての資質を危ぶむかのような扱いを受けている。 また、出生の時期や直接の労りなどから実父は土岐頼芸と思いたがっており、利政に強い不満を持って反発し、美濃の国衆たちの支持を道三よりも集めている。 母・深芳野の死をきっかけに、利政から家督を譲り受けて美濃守護代となる。 しかし、正室の子である弟・孫四郎と喜平次の存在に危機感を覚え、病気と偽り見舞いに来た2人を殺害する。 その後も「道三は父ではない」と偽りを表明し続ける。 父との対決である長良川の戦いでは道三を捕縛する方針であったが、戦いには勝利したものの道三の挑発に抗えず、「父親殺し」をしてしまう。 また、味方になることを強く望んでいた光秀が、敵側にまわっただけでなく、自分より道三の方が国主としての有り方が優れていると認めていることを知ったため明智城を攻め落とす。 その後上洛した折、「義龍」に改名。 同じく上洛してきた信長の暗殺を謀るも、光秀の頼みを受けた久秀により制止される。 再会した光秀に国衆の顔色を窺ってばかりいることへの愚痴をこぼし、自分のもとで働くように誘い掛けるが、改めて拒否される。 その2年後病没したことが、ナレーションで語られた。 (おみのかた) 演: 利政の。 光秀の叔母、帰蝶の生母。 利政とは夫婦仲が良いが病床にあり、光秀が京から連れてきた望月東庵の治療を受ける。 帰蝶が織田家に再嫁した2年後に死去。 (みよしの) 演: 利政の。 高政の生母。 元は土岐頼芸のであり、利政には下げ渡された形となる。 それから間もなく高政が出生したことから、実父が頼芸ではないかとの疑惑があるが、高政には父は利政であると言っている。 高政が家督を継ぐことを生き甲斐としていたが、高政が利政に敵意をぶつけて家督継承が白紙となったことから酒浸りとなり、に入水して自ら命を絶つ。 (さいとう まごしろう) 演: 利政の次男。 母は小見の方。 帰蝶の同母弟。 側室の子である長兄・高政の家督継承に反対しており、織田家に再嫁した姉・帰蝶と通じて明智家を味方に引き入れようとする。 高政の見舞いに訪れたところ、だまし討ちに遭い殺害される。 (さいとう きへいじ) 演: 利政の三男。 母は小見の方。 次兄・孫四郎とともに高政の見舞いに訪れ殺害される。 美濃の武士たち [ ] (いなば よしみち) 演: 斎藤家家臣。 元・土岐家家臣。 美濃の国衆。 利政のやり方に強い不満を持っており、他の国衆とともに土岐頼芸や高政を擁立しようとする。 (ながい ひでもと) 演: 斎藤家家臣。 (ひねの びっちゅうのかみ) 演: 斎藤家家臣。 高政の見舞いに訪れた孫四郎と喜平次を暗殺する。 土岐家 [ ] (とき よりずみ) 演: 美濃守護。 帰蝶の最初の夫。 斎藤利政に傀儡化されていることに強い不満があり、戦勝祝いで稲葉山城を訪れた時に利政と対立していた織田信秀と内通し戦いを煽っていたことを利政に糾弾され、利政が点てたによりされる。 (とき よりのり) 演: 頼純の叔父。 美濃、主。 通称は美濃守。 登場時には守護を退いており、をしたりの絵を描くなどして無聊を慰める日々を送る。 頼純の急逝を受け、斎藤利政の要請もあったことから再び守護となる。 過去には兄・と後継者を争っての一族の内紛によって土岐家の衰退を招き、斎藤家の台頭を許してしまった。 利政の美濃における専横に対しては苦々しく思っているが、自身に統治力が不足していることなどから表立っては逆らえず、水面下で利政の失脚を画策する。 を使って利政の暗殺を謀るも失敗し、その後は逆に城内の誰にも気づかれずに飼っていた鷹を皆殺しにされたことから利政に恐れをなす。 稲葉良通やとともに馳せ参じた高政の前では平静を装ったものの、利政の思惑通りに城を抜け出しののもとへ逃亡してしまう。 美濃の市井 [ ] (にちうん) 演: の住職。 弥平(やへい) 演: 美濃の農民。 尾張の人々 [ ] 織田一門 [ ] (おだ のぶなが) 演: の有力大名・当主。 織田信秀の嫡男。 通称は三郎(さぶろう)、のち 上総介(かずさのすけ)。 巷では「 」と噂されているように武家の嫡男としては奇矯な振る舞いが多いが、信長自身にとっては合理的な理由があり、光秀や妻となった帰蝶など見る人によってはそこに器の大きさや才覚を感じさせている。 「聖徳寺の会見」では利政に器を見込まれ性質も気に入られ、国の利害を超えたところでお互いに好印象を抱く。 父母の愛情に飢えており、褒められることを期待しての行為に対して逆に叱責されたり呆れられたりすることを嘆いている。 (きちょう) 演: 信長の正室。 斎藤利政の娘、光秀の父方の従妹。 男勝りな性格をしているが、光秀とは幼い頃から仲が良い。 初めは美濃守護・土岐頼純の正室となるが、夫が急死したため斎藤家に戻る。 斎藤家と敵対していた織田家からの申し入れによって、光秀のことが気になりながらも当の光秀の奨めもあり信長の正室となる。 信長とは夫婦仲が良く、周囲に誤解されがちな信長の支えとなる。 (おだ のぶひで) 演: 信長の父。 織田弾正忠家当主。 主、のち主。 通称は弾正忠、のち備後守。 尾張守護・の守護代であるの庶流で陪臣にすぎなかったが、をはじめとする海に面した水運力と、主要街道という地の利に恵まれた流通力をもって、国を経済的に富ませ勢力を拡大させる。 美濃の斎藤利政や駿河の今川義元だけでなく、同族である清須城の尾張守護代・織田彦五郎とも激しく対立していたが、稲葉山城攻略の際にで大敗し、弟や多くの家臣を失う。 その後も戦を繰り返したが、三河で今川軍にで深手を負ったこと、美濃の援軍のため出陣した隙に彦五郎から古渡城を急襲されたうえ大柿城も失ったことから、斎藤家と同盟を結ぶことを決め、信長と帰蝶の結婚を申し入れる。 亡き父・の「器量の良し悪しよりも天が与えた順序」の教えで、嫡男・信長に家督を譲ることを決めたとしている。 那古野城を信長、末盛城を信勝に譲ることを遺言して没する。 (どたごぜん) 演: 信長と信勝の生母。 信秀の継室。 幼少の頃から小鳥を逃がしたり茶器を割ったりと、自分の大切なものを奪うとして信長を疎んじ、信勝を偏愛している。 信勝が信長に死に追いやられた際は、信長に「弟ばかりでなく母をも殺した」と悲憤をぶつけた。 (おだ のぶかつ) 演: 信長の同母弟。 兄・信長とは違い聡明で跡継ぎに相応しいと評価されており、信秀からは居城や重臣を譲り受ける。 信長が病床に付いたと騙されて見舞いに訪れ、兄弟お互いに相手の美点を羨んでいたことを明かし合うが、見舞いの品によって信長の毒殺を企んでいたことを見透かされ、逆に毒を飲む羽目に陥って没する。 (おだ のぶひろ) 演: 信長の異母兄。 信秀の庶長子。 三河主。 で今川軍に捕らえられ、松平竹千代との人質交換で織田家に戻るが、奮闘や苦労の跡もなく無傷であったことで信秀を落胆させる。 (おだ のぶやす) 演: 信長の叔父。 信秀の弟。 通称は与次郎。 信秀とともに美濃に出征するが、井ノ口の戦いで戦死する。 (おだ のぶみつ) 演: 信長の叔父。 信秀と信康の弟。 尾張主。 兄・信秀よりも器量に優れ、跡継ぎと目されたこともある。 斯波義銀暗殺後の彦五郎から信長に反して自分に与するように誘いを受けるが、帰蝶と談合の上で誘いに乗ったと見せかけて招かれた清須城内で彦五郎を暗殺する。 (きみょうまる) 演: 信長の庶長男。 織田家家臣 [ ] (ひらて まさひで) 演: 織田家家老。 信長の守役。 信長の奇行に振り回される一方で、信長と帰蝶の婚約を取り持ったり、織田家のとして竹千代と信広の人質交換に立ち会ったりしている。 信秀亡き後、攻撃を仕掛けてきた守護代の清須城主・織田彦五郎や主・の説得を試みたが失敗し、信秀の霊前で切腹する。 (もうり じゅうろう) 演: 信秀の家臣。 (さくま もりしげ) 演: 信秀の家臣。 信秀亡き後は信勝の家老となる。 (まえだ としいえ) 演: 信長の家臣。 聖徳寺の会見では信長に同行し、新しい時代を切り開くための人材として利政に引き合わされている。 (さっさ なりまさ) 演: 信長の家臣。 聖徳寺の会見では信長に同行し、利家と共に新しい時代を切り開くための人材として利政に紹介されている。 (しばた かついえ) 演: 信勝の家臣。 通称は 権六郎(ごんろくろう)。 主である信勝が、信長を倒すために敵国と結ぼうとしていることが尾張を危うくすると懸念し、切腹覚悟で信長にその事を訴える。 (やなだ まさつな) 演: 信長の家臣。 (ちゅうじょう いえただ) 演: 信長の重臣。 (もうり ながひで) 演: 信長の重臣。 (さくま うえもんのじょう のぶもり) 演: 信長の家臣。 (もうり しんすけ) 演: 信長の家臣。 (はっとり こへいた) 演: 信長の家臣。 (さっさ はやとのしょう) 演: 信長の家臣。 尾張守護・守護代家 [ ] (おだ ひこごろう) 演: 尾張守護代、主。 織田弾正忠家の本家筋でありながら関係は悪く、信秀が美濃大柿城の救援のため古渡城を留守にした際には攻撃を仕掛けている。 信長が信秀のあとを継ぐと敵対関係も引き続くことになり、斎藤家の家督を継いだ高政とも誼を結ぼうとする。 家臣のに主君である斯波義統を暗殺させるが、義銀が信長に担がれたことで討伐の名目を与えてしまうことにもなり、信長陣営の切り崩しを謀って織田信光に誘いをかけるが逆に信光に暗殺され、清須城を信長に奪取されてしまう。 (しば よしむね) 演: 尾張守護。 彦五郎の家臣である坂井大膳に暗殺される。 (しば よしかね) 演: 斯波義統の子。 父が暗殺された後に信長の元に身を寄せ、仇討の助勢を頼んでいる。 尾張の市井 [ ] (せんしゅう すえみつ) 演:。 通称は紀伊守(きいのかみ)。 信秀とともに美濃に出征するが、井ノ口の戦いで戦死する。 太助は痩せているが大食い。 平太は背は低いがの名手。 末吉は長身での名人。 京の人々 [ ] 足利将軍家 [ ] (あしかが よしてる) 演: 当主、第13代。 将軍家を蔑ろにしている幕臣の管領・細川晴元やその家臣・三好長慶の内紛に巻き込まれ、何度も京から近江やに落ち延びている。 京の前で細川藤孝と斬り結んでいた光秀の太刀筋を見て、藤孝と同じ流派の「鹿島の太刀」であることを見抜く。 体が弱かった父・から子供のころ、よきとなり 麒麟がくる世をつくるための心得を言い聞かされていた。 織田家と今川家の和睦仲介嘆願のため朽木で謁見した光秀に対し、である将軍を尊敬する光秀の言葉に励まされたこと、力不足で麒麟がくる世をつくれていない無念を涙をこらえて話し、両家への和睦を命令する。 (みつぶち ふじひで) 演: 将軍。 通称は弾正左衛門尉。 堺の武器商・宗次郎の店で、鉄砲を求めに来た光秀と知り合う。 (ほそかわ ふじたか) 演: 将軍奉公衆。 藤英の弟。 官職は 上京した光秀とは藤英を介して知己になり、三好長慶襲撃事件の際には共闘する。 三上(みかみ) 演: 将軍奉公衆。 貞永久四郎 演: 藤英の家臣。 細川管領家とその関係者 [ ] (まつなが ひさひで) 演: 重臣。 を実行した斎藤道三を尊敬している。 戦で命を落とすのには平気な一方で、が3日続くと死ぬことには恐怖を感じ、背中にをすえてしゃっくりを止めようとする。 美濃から堺に鉄砲を求めにやってきた光秀と誼を通じることになり、鉄砲を一挺融通している。 また、京での再会時には本能寺の鉄砲鍛冶・伊平次を仲介する。 鉄砲を「美しい」と評価し 、戦の抑止力と考えている。 (みよし ながよし) 演: 重臣。 守護代。 堺でも強い影響力を持つ。 主君・細川晴元をしのぐ軍事力を持ち、を巡って晴元と権力闘争をしている一方で、やなど公家の素養も持ち合わせている。 師・らが参加したの連歌会にお忍びで参加するが、晴元が放った刺客に襲われる。 この時は久秀の奮闘や光秀と藤孝の助太刀もあり、久秀とともに難を逃れ京を脱出する。 のちに力を盛り返して京へ攻め込んだため内戦となり、将軍・義輝ともども晴元を京から追放する。 (ほそかわ はるもと) 演: 当主。 室町幕府、摂津守護。 官職は。 将軍就任に尽力したことや年若いことなどから義輝を侮っており、将軍の御前で鼻をかむなどの横柄な態度から、藤英や藤孝ら奉公衆など将軍周辺には不満をもたれている。 力をつけてきた家臣・長慶に危機感を覚え、連歌会を利用して長慶と久秀の暗殺を試みるも失敗。 のちに長慶により京を追われる。 京の市井 [ ] 牛蔵 演: の。 過去に望月東庵からの治療を受け完治した恩を忘れ、診療所の備品を安値で買い取っている。 ミキは竹造の妻。 ウメは2人の娘で、東庵に歯の治療を受けるだけでなく、遊びなどをして可愛がられている。 ウメが内乱による火災に巻き込まれたところを光秀に救出される。 伊平次(いへいじ) 演: の。 明智荘の出身。 としての腕は優れているが酒癖が悪く、美濃関では鍛冶屋を転々としたが、近江で鉄砲の職人となり、のちに本能寺で将軍・義輝の密命により鉄砲を製造している。 幼いころに藤田家の井戸で冷やしていたを盗もうとして転落し、光秀に助けられたことがある。 その恩返しのため、光秀に鉄砲の仕組みや長慶の暗殺計画を教える。 タケ 演: 京の。 で伊平次とともに長慶の暗殺計画を盗み聞きする。 トメ吉 演: 茶の。 京の内乱で増えた空き家にが住み着いた状況を嘆く東庵に同情する。 駿河・遠江・三河の人々 [ ] 今川家 [ ] (いまがわ よしもと) 演: 当主。 官職は。 三河の地を巡って織田信秀と対立している。 (たいげん せっさい) 演: 今川家重臣の僧侶。 義元の軍師。 総大将として三河に軍事遠征しており、では信秀に深手を負わせる。 「うつけ」と評判の信長に対し、利政が認めた相手であることからその噂に疑念を抱き、警戒心を強める。 そのため治療に訪れた東庵に「信長を討つため自分をあと2年生かしてほしい」と依頼するが、叶わぬまま死去する。 (あさひな ちかのり) 演: 今川家家臣。 (うどの ながてる) 演: 今川家家臣。 のちの 徳川家康。 尾張古渡城で織田家のとなっていたところ、農民として潜入していた光秀と出会う。 生き別れた母に会うため刈屋城に連れて行くよう光秀に頼むが、我慢して時を待つよう諭される。 織田家では信長に懐いており、信勝の将棋を「つまらない」と評する。 信広との人質交換で今川家へと身柄を移す。 (まつだいら ひろただ) 演: 竹千代の父。 嫡男の竹千代を人質として織田家に出していたが、今川家を仰ぐことを決めたため、今川による織田攻めを前に信長の命により暗殺される。 (おだいのかた) 演: 竹千代の母。 水野家が織田方についたため、離縁され刈屋城に戻されている。 (みずの のぶもと) 演: 竹千代の伯父。 於大の方の兄。 三河主。 (げんおうに) 演: 元康の祖母。 於大の方の実母。 駿河・遠江・三河の市井 [ ] (とうきちろう) 演: 尾張出身の農民。 行商をしながら独学での読みを学んでいる。 遠江の関所で荒くれ者に襲われたところを望月東庵と駒に助けられる。 駒に字の読み方を教えてくれるようにせがみ、侍となっての立身出世を望んでいることを明かす。 芳仁(ほうじん) 演: 駿府の郊外に住む老人。 五十次 演: 駿河の商人。 越前の人々 [ ] 朝倉家 [ ] (あさくら よしかげ) 演: 当主。 宇野市兵 演: 朝倉家家臣。 光秀を取り巻く人々 [ ] 駒(こま) 演:(幼少期回想:) 望月東庵の助手。 戦災孤児。 幼いころの戦による大火で両親を失い、自らも「手の大きな侍」(演:)に救出される。 その後は旅芸人一座に預けられて諸国を巡り、京にて東庵に引き取られる。 侍から「いつか平和になると顕れるという麒麟がくる世になる」と慰められており、その話を光秀にしている。 その後も縁があって、たびたび共に過ごすうちに光秀を想うようになる。 また、助けてくれた侍が明智家家紋の桔梗紋を染めた布を持っていたことを再会した伊呂波大夫の昔話から知り、明智家と自分の因縁に感じ入ってもいる。 その後その侍が、光秀の父の光綱であることが判明している。 東庵の美濃行きにも同行した際には帰蝶の怪我を治療し、また光秀が京の争乱で負った重傷を手当てしたことなどから、帰蝶や牧とも親しくなる。 牧からは礼として桔梗紋の入った扇を贈られている。 望月東庵(もちづき とうあん) 演: の。 上中流層からも招かれる名医。 被災した貧しい庶民からは治療しても代金を取らない方針でいる。 過去の出来事から乱世にも人にも頓着のない有様の支配層を嘆いて上中流からの招聘を断るようになり、庶民の中に身を置いてなどの博打に明け暮れる日々を送っている。 当初は光秀の美濃での治療の願いでも断ったが、知り合いの子どもを光秀が身を挺して火災から救出したことなどから美濃行きを承諾し、小見の方の治療をする。 上中流層との交流があることを見込まれて利政にも信秀にも諜報活動を要請され、当初は守秘義務を理由に断ろうとしたが、駒を人質にされたため利政の方に信秀が今川との戦傷の後遺症から余命が短いことを伝える。 その後も主に医療行為の費用目当てに信秀や駿河の雪斎などの招聘に応えるため諸国を旅することもある。 菊丸(きくまる) 演: 出身の農民。 野盗に捕えられ売られそうになっていたところ、美濃明智荘にて光秀に解放される。 周辺国の事情に詳しく、市や海道に物売りに出かけることもあって、その後もたびたび光秀と出会い、主に光秀の旅回りのときには色々と手伝うようになる。 光秀を通じて知り合った駒に対しては「知ると離れがたくなる御方」と光秀を評している。 正体は竹千代の母・於大と水野家に仕える。 作中で正体が明らかになった際には竹千代を見守ることを命じられており、尾張近辺に潜入していたのもそのためで、光秀の前で人質となっている竹千代の境遇に深く同情し共感を示す態度をとってもいる。 竹千代が今川家に渡されると同じく自身も駿河に移り、惹かれている駒の影響もあって薬種問屋に 春次(はるじ)の名で勤め始める。 伊呂波太夫(いろはだゆう) 演: 一座の女座長。 子どものころの駒が一時期身を寄せていた一座におり、再会した際には座長になっている。 であるで育っており、伝手と人脈が豊富が様子が見受けられ、諸国を巡りながらの興行以外に、依頼のあると傭兵や武器を用意して斡旋したり、遠方からの要請に対して人を仲介するなどの仕事も引き受けてこなしている。 その他の人々 [ ] 宗次郎(そうじろう) 演: の鍛冶屋「辻屋」の主。 鉄砲を商う。 鶴平 演: の鍛冶師。 将軍家から鉄砲について口外しないよう言い渡されている。 美濃の・の紹介状を持っていた十兵衛から、鉄砲についての情報提供を懇願されたが断る。 登場予定の人物 [ ] (あしかが よしあき) 演: (このえ さきひさ) 演: (やまざき よしいえ) 演: スタッフ [ ]• テーマ音楽演奏:• テーマ音楽指揮:• 演奏:• 題字:• 脚本協力:岩本真耶• 考証:• 考証:• 医事考証:• 考証:• 指導:• 所作指導:• 指導:• 考証・指導:• 指導:• 指導:• ・指導:• 指導:• 指導:• 指導:• ・指導:• 指導:• 指導:• 指導:• 指導:• 指導:• 綱渡り指導:• 指導:• 取材:• 衣装デザイン:• 音楽プロデューサー:• 語り:• ウクレレ演奏: 放送 [ ] 放送時間 [ ]• :毎週日曜 18時 - 18時45分• :毎週日曜 20時 - 20時45分• 放送日程 [ ]• 初回は30分拡大 放送回 放送日 サブタイトル 脚本 演出 紀行 地上波視聴率 BS視聴率 第 01回 01月19日 光秀、西へ 池端俊策 大原拓 跡() 19. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 関連商品 [ ] サウンドトラック [ ]• 大河ドラマ 麒麟がくる オリジナル・サウンドトラックVol. 1(2020年1月29日発売、SMJ、JAN : 4547366436501) 書籍 [ ] 公式ガイドブック• NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる()• 前編(2020年1月11日発売、)• 後編(2020年5月21日発売、)• 歴史ハンドブック(2019年11月30日発売、)• NHK大河ドラマ「麒麟がくる」完全ガイドブック()• PART1(2020年1月11日発売、)• PART2(2020年5月21日発売、)• 2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」完全読本()• 完全読本(2020年2月4日発売、)• 続・完全読本(2020年5月21日発売、) 楽譜 [ ]• NHK大河ドラマ「麒麟がくる」ピアノ・ソロアルバム(2020年2月20日発売、NHK出版、) ドラマの所縁のある地域の反応 [ ] (平成23年)4月に光秀に加え、、のゆかりの地である、、などの8市町、兵庫県2市や福井県1町で構成した光秀を主人公にした大河ドラマの誘致推進協議会を設立し、署名活動を行っていた。 協議会の会長を務める、福知山市の大橋一夫市長は「ゆかりの地だけではなく、全国から光秀らを主役とする大河ドラマ実現を望む熱い思いが寄せられ、現在26万1745筆もの署名が集まっております。 活動が8年目に入ったこのタイミングで大河ドラマが決定し、非常にうれしいニュースと喜ぶとともに、これまでの活動にご協力、ご尽力いただいた皆さまに改めて感謝を申し上げます」と喜びのコメントを発表した。 その後、誘致推進協議会は名称を「大河ドラマ『麒麟がくる』推進協議会」に変更し、亀岡・福知山両市長とがNHKを訪れて京都府内でのロケに向けての協力を行い、新しいロゴには光秀をはじめとする4人のイラストがあしらわれている。 なお、亀岡市の内に「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」 、福知山市の福知山城公園内の内に「福知山光秀ミュージアム」 が2020年(令和2年)1月11日から2021年1月11日までの1年間の期間限定で開館している。 光秀の出身地であるでは、光秀にゆかりがある、など8市町と、県、観光協会などがドラマの推進協議会を2018年(平成30年)10月に設立。 放送開始に先立つ、岐阜市、、に大河ドラマ館が1年間の期間限定で開館している。 光秀の居城である、坂本城があるでは、2020年3月8日から2021年2月7日まで、坂本地区の4か所で「びわ湖大津 光秀大博覧会」が開催される。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 麒麟がくる. 日本放送協会 2019年11月26日. 2019年12月17日閲覧。 NHKドラマトピックス. NHK 2018年4月19日. 2018年4月19日閲覧。 シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ 2018年4月19日. 2018年4月19日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年6月4日. 2019年6月4日閲覧。 NHK 2019年3月8日. 2019年3月21日時点のよりアーカイブ。 2019年12月26日閲覧。 NHK 2019年11月21日. 2019年12月26日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2020年10月16日. 2020年1月16日閲覧。 産経ニュース 産経デジタル. 2020年1月16日. 2020年1月16日閲覧。 NHKニュース. 2020年4月1日. 2020年4月1日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2020年4月1日. 2020年4月1日閲覧。 毎日新聞. 2020年5月4日. 2020年5月22日閲覧。 ツイート. より 2020年6月7日閲覧。 プレスリリース , NHK, 2020年5月15日 , の2020年5月17日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月17日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2020年6月7日. 2020年6月7日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2020年6月9日. 2020年6月9日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2020年6月12日. 2020年6月13日閲覧。 ツイート. より 2020年3月22日閲覧。 第1回。 稲葉山城に登城した光秀と利政、高政の会話より。 第12回。 帰蝶と駒の会話より。 土岐頼芸の三淵藤英宛書状より。 信秀と土田御前の会話より。 第18回。 細川藤孝の朝倉義景宛書状より。 第5回。 京の館にて再会した光秀と久秀の会話より。 第6回。 光秀と伊平次の会話より。 第1話。 望月東庵と駒の会話より。 2020年3月21日. 2020年3月21日閲覧。 大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる. NHK 2019年6月17日. 2019年6月17日閲覧。 NHK 2020年2月19日. 2020年2月23日閲覧。 大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる. NHK 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2020年1月12日. 2020年1月12日閲覧。 Sponichi Annex 2019年9月24日. 2019年9月26日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2020年1月20日. 2020年1月20日閲覧。 2020年2月17日. 2020年2月25日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2020年2月25日. 2020年2月25日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020年3月2日. 2020年3月2日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020年3月9日. 2020年3月16日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020年3月16日. 2020年3月16日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020年3月30日. 2020年3月30日閲覧。 スポーツニッポン 2018年4月19日• 京都新聞 2018年6月20日• 京都新聞 2018年12月7日• Lmaga. jp 京阪神エルマガジン社. 2020年1月11日. 2020年2月24日閲覧。 福知山市 2019年9月24日. 2020年2月24日閲覧。 岐阜新聞Web 岐阜新聞社. 2018年10月19日. の2018年12月16日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 岐阜新聞Web 岐阜新聞社. 2018年11月28日. の2018年12月16日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 毎日新聞. 2020年1月12日. 2020年2月9日閲覧。 プレスリリース , びわ湖大津観光協会, 2020年2月3日 , 2020年2月24日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• () 前番組 番組名 次番組.

次の

麒麟がくるキャスト相関図一覧!出演者のコメントも!

麒麟 が くる 相関 図

【ネタバレあり】「麒麟がくる」第1話のあらすじ ・天文16年(1547年)、舞台は土岐氏が支配する美濃 ・国境近くに位置する「明智荘」に野盗が襲来する ・ 十兵衛(後の明智光秀・長谷川博己)たちは矢で対抗するが野盗は鉄砲を持っていた ・十兵衛は逃げ遅れた野盗・ 菊丸(岡村隆史)を捕らえ、野盗が持っていた武器が鉄砲だと知る ・その鉄砲が売られている堺へ行ってみたいと、幼馴染の 斎藤高政(後の斎藤義龍・伊藤英明)を通じて主君の 斎藤利政(後の斎藤道三・本木雅弘)に直訴する ・納得しない利政に対し十兵衛は利政の正室である小見の方の病を治す医者を連れてくると宣言し堺行きの許可を得る ・鉄砲を手に入れるため刀鍛冶の宗次郎の店へ行くが、店先で出会った将軍の側近・ 三淵藤英(谷原章介)らに、主君の斎藤利政を田舎大名とバカにされ鉄砲を手に入れるのを諦めるよう言われる ・そこに 松永久秀(吉田鋼太郎)が登場。 松永は十兵衛に斎藤利政を尊敬していると伝え、気が合った2人は宿で酒を飲みかわす ・十兵衛は酔いつぶれ、朝になって目覚めると枕元に鉄砲が置いてあり、「また会おう」という松永からの置き手紙があった ・次に十兵衛は医者を探しに京へ行き、望月東庵という名医のもとへ向かった ・ 望月東庵(堺正章)の居場所を見つけ、助手の 駒(門脇麦)に頼み、会わせてもらう ・しかし東庵は美濃行きを断る ・その後、近くの民家が火事になる。 民家の中には小さな子供がいるという ・十兵衛は水をかぶり民家の中に突撃し子供を救出する ・その姿に感動した東庵は美濃へ行くことを了承した 松永久秀がいい奴すぎる 吉田演じる松永久秀は、主に畿内を中心に勢力を広める戦国武将。 軍事政治両面において力を発揮し、したたかで荒々しい生き方が若き光秀に大きな影響を与える。 sponichi. html 久秀は光秀を食事に誘い、鉄砲を買うため大金を持つ光秀は酔いつぶれてしまう。 sponichi. sponichi. sponichi. html.

次の

麒麟がくるのキャスト織田信長は?相関図やあらすじをまとめてチェック!

麒麟 が くる 相関 図

クリックすると拡大表示されます 土岐頼芸が守護を務める美濃の相関図を解説! 美濃の国は代々土岐家が守護として国を治めていました。 「守護」というのは足利幕府の将軍が任命し各国に置いた行政官で、基本的には将軍家の足利家とゆかりのある氏族が任命されていました。 現代でいうところの「知事」にあたる存在と考えてもらえればわかりやすいかもしれませんね。 主人公の明智光秀の生家・明智家や斎藤家などは、その土岐家に仕える一族です。 本木雅弘演じる斎藤利政は、もともとは京都で生まれた人物ですが、油売りから一転して武士に転向します。 すると、美濃の重臣を次々に追いやってのし上がり、美濃の名門であった斎藤家を名乗るようになり、守護の次に高い役職「守護代」になったわけです。 本来であれば美濃の守護である土岐頼芸に従う立場ですが、斎藤利政が頼芸の兄・頼武(よりたけ)を排除して頼芸を守護にさせたという経緯もあり、主従関係はすでに形式上のものでしかなかったわけです。 「麒麟がくる」のドラマの中では、斎藤利政がのし上がるまでの経緯は描かれていませんが、「美濃のマムシ」と呼ばれた斎藤利政(道三)の半生が気になる人は下記の記事を参考にしてみて下さい。 ただ、他国からやってきて下剋上でのし上がった斎藤利政に対して、土岐頼芸を始めもともと美濃の国衆であった稲葉良通(一鉄)などは反感を抱いていました。 また、利政の子供である高政も、実は母・深芳野と土岐頼芸の間の子供ではないか?という噂もあり、実の父かもしれない土岐頼芸を慕う気持ちもあり、利政に反感を抱いていたわけですね。 主人公・明智光秀(十兵衛)は美濃ではどんな立場だったのか 「麒麟がくる」の主人公・明智光秀(十兵衛)は、美濃の名門一族の明智家に生まれました。 斎藤利政が正妻に小見の方を迎えたのも、美濃で有力な一族である明智家と親戚関係を築きたいという思いの現れでもあります。 斎藤利政にとっては、美濃の名門一族の明智家を抑えることができれば、他の美濃の一族もそれに従わざるをえなくなるという狙いがあったのではないでしょうか。 さらに血縁関係を結んでいれば、裏切りにくいという思惑もあり、甥にあたる明智光秀は実に便利な存在だったことでしょう。 「麒麟がくる」でもそれは顕著で、毎回のように長谷川博己演じる明智十兵衛が、本木雅弘演じる斎藤利政に無理難題を押し付けられているのを目にしますよね。 「麒麟がくる」の舞台・美濃の年表 「麒麟が来る」の美濃における相関図をご紹介しましたが、よりわかりやすくする為に美濃における重要な出来事を簡単な年表にしました。 ここでは「麒麟が来る」での美濃についてのみ記載しています。 ドラマでは明智十兵衛が京や尾張に奔走する場面がありますが、史実として記録のあるものだけに限っています。 1547年(天文16年) ・尾張の織田信秀と籠城戦「加納口の戦い」 ・土岐頼純 急死 「麒麟がくる」では斎藤利政が茶に毒を盛って殺害した• 1549年(天文18年) 織田信長と帰蝶が結婚する• 1552年(天文21年) ・明智光秀と煕子が結婚する ・土岐頼芸が美濃から追放される• 1553年(天文22年) 斎藤利政と織田信長が聖徳寺で会見する• 1554年(天文23年) 織田信長の要請で斎藤利政が那古野城に援軍を送る• 1555年(弘治元年) 斎藤高政が弟の孫四郎・喜平次を殺害する• 1556年(弘治2年) 斎藤利政と斎藤高政が対立し「長良川の戦い」が勃発する いかがでしょうか。 整理してみると、大河ドラマ「麒麟が来る」の時代背景がわかり、より一層深く理解できるのではないでしょうか。 この記事が少しでもお役に立てば嬉しいですね。 さて、このブログでは他にも大河ドラマ「麒麟がくる」の時代背景を取り上げた記事を掲載しています。 登場人物の関係性など、ドラマでは描ききれなかった裏側についても書いていますので、さらに深く楽しみたいと思った人はこちらも併せて読んでもらえると嬉しいですね。

次の