大阪市 粗大ごみ 回収。 大阪市の粗大ゴミの出し方まとめ|料金・持ち込み方法・回収業者との比較

大阪市の粗大ごみ回収は?持ち込み・戸別収集・安い回収業者!

大阪市 粗大ごみ 回収

大阪市にある粗大ゴミ・不用品(不要品)回収のダストレでは、大阪を中心に月間 800件以上の粗大ゴミや不用品(不要品)回収をおこなっています。 おかげさまで多数のニュース番組や雑誌でも紹介されています。 即日回収を原則に関西全域をお伺いします。 不用品回収・引越し どのような不用品(不要品)も1点から回収します。 復数の不用品がある場合は、パックプランもご用意しております。 ゴミ屋敷・汚部屋 ダストレは、どんなゴミ屋敷、粗大ゴミでもキレイな部屋にするプロフェッショナルです。 あなたの生活をより素敵にさせるためにも、是非お手伝いさせて下さい。 遺品整理 ダストレは、遺品整理のための専門知識を備えていると認めた人にだけ認可を与える「遺品整理士」と、「生前整理アドバイザー」が常駐しています。 特殊清掃 特殊清掃を行っています。 不用品(不要品)等の悪臭の除去もおこないます 主な回収・処分品目一覧• パソコン• 自動車• 自転車• バイク• オートバイ• 電動工具• 厨房機器• ピアノ• ギター• ベース• ドラム• エレクトーン• カメラ• デジカメ• ブランド品• 腕時計• オフィス家具• キャビネット• ラック• デスク• 事務机• ロッカー• 事務機器• 事務用品• OA機器• 洋服ダンス• 衣装ダンス• 婚礼タンス• ミシン• マンガ• 段ボール• 文房具• 座椅子• ダイニングテーブル• ガラステーブル• おもちゃ• ぬいぐるみ• フィギュア• ひな人形• 五月人形• 武者人形• 日本人形• フランス人形• こけし• だるま• こいのぼり• 骨董品• フリーザー• 建築廃材• ボイラー• タンク• ドラム缶• バッテリー• 耕運機• 高圧洗浄機• 釣り具• アウトドア用品• ゴルフクラブ• ビデオ• DVD• ブルーレイ• オーディオ• スピーカー• ゲーム機本体• ゲームソフト• ラジカセ• コンポ• ステレオ• トタン• グラス• ワレモノ• 古小屋• 健康器具• マッサージチェア• フェンス• 玄関ドア• サッシ• ドレッサー• 洗面台• 流し台• 自動販売機 その他、どんなものでもお気軽にお問い合わせください。 粗大ゴミ等の回収・処分のご依頼もどしどしお問い合わせください。 ダストレについて 粗大ゴミを大阪市で処分しよう思った時に、行政の回収サービスを利用しようと考えておられる方もいらっしゃると思いますが、行政の回収サービスを利用される場合は、指定のゴミ捨て場までご自身で不用品を運んでいかなければなりません。 ですので、手間も労力もかかってしまいます。 また、一人で運ぶ事が出来る大きさ・重さの物であれば良いのですが、一人では運ぶことが出来ない物だと大変です。 他に人手が必要な粗大ゴミとなると、運んでいる際に部屋を傷付けてしまったり、あるいは運んでいる最中にケガをしてしまう恐れもあり、思わぬ事故が起こってしまう可能性もございます。 処分しにくい粗大ゴミ等の不用品でお困りの方は是非、ダストレにお声かけ下さい。 大阪市にある粗大ゴミ・不用品回収のダストレでは、不用品回収・引越しのお手伝いから、ゴミ屋敷・汚部屋の片付けのお手伝い、遺品整理から特殊清掃まで様々なサービスを展開しております。 そのため、粗大ゴミの処分の悩みだけでなく、不用品全般の処分の悩みを解決することが出来ますので是非ご検討下さい。 不用品回収業者と聞くと、不潔であったり、汚い、ゴミ屋さんといった印象を持っている方も多く、サービスも雑であったりするというイメージされる方もおりますので、いまいち信用出来ないと思われている方も少なくありません。 ダストレでは、そのようなイメージを払拭する為に、徹底した清潔感や接客指導をスタッフ全員で取り組んでおりますので、安心してご利用頂く事が出来るようになっております。 また安心と品質を重視しておりますので、800件以上の月間実績がございます。 不用品・粗大ゴミの事なら、是非ダストレにご相談下さい。 また、ダストレでは即日回収を原則とさせて頂いておりますので、関西全域であれば「今すぐ処分をしたいものがある!」という場合であっても、すぐに駆けつけることが出来ます。 特に粗大ゴミ等は家の中で場所を取る物ですので、不要になった際にはすぐにでも処分をしたいものです。 そのような不要品回収なら大阪のダストレにお任せ下さい。 年中無休ですので、年末年始やゴールデンウィーク等、どのような時であってもすぐに回収に伺います。 粗大ゴミの事でお悩みでしたら、まずはご連絡を下さい。 他に、サービスだけでなく価格面でも利用しやすいように心がけておりますので、ダストレでは、安心の明朗会計でお客様に事前に料金に納得して頂いた上で作業に入らせて頂きますので、後になって追加料金を請求されたといった心配もございません。 ですので、安心してご利用頂けます。 「引き取ってもらいたいものがあるけれど、このような物を引き取ってくれるのだろうか」と心配している方もまずは、ダストレにご相談下さい。 大阪市にある不要品回収・粗大ゴミ回収のダストレでは、一般的な家具や家電はもちろんのこと、流し台や便器といった物も対応をしております。 他に自動車や自動販売機といったどのように処分をして良い物なのか分からないといった物であっても対応可能となっておりますので、「引き取ってもらえないかも…」という物がございましたら引き取り可能かどうかのお問合わせだけでも結構ですので、何時でもダストレにご相談下さい。 年中無休で受け付けておりますので、気になることに対しても何時でもお答え致します。 粗大ゴミを大阪市で処分をしようとした際に、人の往来が多い都市だけに、粗大ゴミや不用品を処分する際に周囲の人に迷惑がかかるかもとお思いの方は是非、ダストレにご相談下さい。 ご相談頂ければ、大阪市での処分もスムーズ!また、料金も事前にお伝えさせて頂きますので安心してご利用頂けます。 もう粗大ゴミのことで悩む必要もありません。 不用品から遺品整理までお困りの方は、是非ダストレにご相談下さい。

次の

大阪市中央区|大阪の粗大ゴミ・不用品回収ならオーケー

大阪市 粗大ごみ 回収

粗大ごみ:電話申込制 高石環境サービスセンターに電話申込のうえ指定日に出してください。 フリーダイヤル:0120-13-7008 (通話料無料、携帯電話・PHSからはかかりません) 一般回線:072-264-2008 受付時間は、月曜日~土曜日の午前9時~午後1時(祝日も受付) 【注意事項】聴覚障害者の方は ファックス:072-264-1790 で受付します。 詳細は、「高石市ごみの収集」をご覧ください。 生ごみ、紙くず、プラスチック製品等の焼却するごみ。 平成25年4月から、ごみの減量化・再資源化の取組みをより一層促進するため、各世帯の人数に応じた無料普通ごみ処理券を配付し、それを超えて排出される場合はご負担をお願いする一部従量制によるごみの収集を実施しています。 ・普通(可燃)ごみを出される時は、普通ごみ処理券を貼ってお出しください。 15リットルの袋の場合は1枚、30リットルの袋の場合は 2枚、45リットルの袋の場合は3枚の貼付となります。 無料普通ごみ処理券を使い切って、さらにごみを出される場合は有料普通ごみ処理券(10枚1組300円(1枚30円))を購入の上、ごみ袋に貼ってお出しください。 ・普通ごみは、必ず中身の見える無色透明または白色半透明袋(15リットルの袋・30リットルの袋・45リットルの袋)に入れて、お出しください。 なお、黒・青色袋、段ボール箱、紙袋等、中身の見えない袋等に入れたごみは収集できません。 ・ごみ袋にすこしだけごみが入っているような場合でも、使われているごみ袋の大きさに応じたシールの枚数が必要となります。 (例 45リットルのごみ袋にごみが半分だけの場合でもシールは3枚必要となります。 ・15リットルの袋より小さな袋の場合も、シールが1枚必要となります。 ・オムツ、ストーマ用装具は、袋にまとめてお出しいただいたものについては、シールを貼らずに「オムツ」と表示してお出しください。 無料で回収します。 ・生ごみは水を切って、袋の口をしっかりむすんで出してください。 ・古紙類(新聞・雑誌・段ボール・紙パック・その他雑紙)・古着類は、自治会・子供会の集団回収または、再生資源回収業者に出してください。 再生資源として利用するごみ 缶ビン類 アルミ缶・スチール缶・スプレー缶・缶詰の缶・透明ビン・茶色ビン・その他ビン ・中身を出して(使い切って)水洗いをしてから、中身の見える無色透明または白色半透明の袋に入れて出してください。 缶の穴開けは不要です。 ペットボトル 飲料およびしょうゆ等のペットボトル容器 ・キャップをはずして、水洗いしてから、中身の見える無色透明または白色半透明の袋に入れて出してください。 プラスチック製容器包装 商品を入れたり包んだりしているプラスチック製の容器や包装でその商品を使ったり取り出したあと、不要になるもの 例 カップ麺の容器、卵のパック、食品トレー、プラスチックボトル、ペットボトルのふた、ラベルなど ・必ず中身を使い切り、洗って乾かしてから、中身の見える無色透明または白色半透明の袋に入れて出してください。 詳細は、「あき缶圧縮機の貸し出し」をご覧ください。 【注意事項】テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機の家電製品は、買った店・買い換える店に引き取ってもらいましょう。 (家電リサイクル法によるリサイクル料金が必要です。 メーカー引取場所までの収集運搬料金が必要です。 ) 粗大ごみの電話申込 1. 高石環境サービスセンターに電話申込してください。 フリーダイヤル:0120-13-7008 (通話料無料、携帯電話・PHSからはかかりません) 一般回線:072-264-2008 受付時間は、月曜日~土曜日の午前9時~午後1時(祝日も受付) 【注意事項】聴覚障害者の方は ファックス:072-264-1790 で受付します。 収集日、手数料、受付番号などをご確認ください。 申込1回につき6点までです。 収集日の指定はできません。 「粗大ごみ処理券」を購入してください。 申込時にお知らせした手数料額分の「粗大ごみ処理券」(300円券1種類)を最寄りの処理券取扱所で購入してください。 【注意事項】処理券の払戻しや再発行はできません。 収集日当日の午前7時までに出してください。 シールになっている粗大ごみ処理券に、受付番号・収集日・申込した粗大ごみの品目・名前を油性マジックで記入し、粗大ごみの品目ごとに貼ってください。 その際、粗大ごみ処理券の半券(シールの台紙)は、収集が終わるまで保管してください。 粗大ごみの収集は、午前7時から順次行います。 現地での立会いの必要はございません。 なお、粗大ごみの種類によって処理方法が異なるため、数台の収集車が異なった時間にお伺いする場合があります。 【注意事項】申込内容と異なる場合や粗大ごみ処理券が確認できない場合、収集できません。 割れ物や先のとがった物を出す場合は、厚紙等に包み、「危険」と表示してください。 臨時ごみ・転宅ごみ 家の片付け・大掃除や植木の剪定などによる多量のごみを一度に出す場合は、地区別収集業者に申し込んでください。 手数料は、2トン車1回につき15,500円(内訳:収集運搬料8,000円+処分手数料7,500円)、 軽トラック1回につき6,500円(内訳:収集運搬手数料5,000円+処分手数料1,500円)です。 【注意事項】地区別収集業者の連絡先は「高石市のごみの収集」(保存版冊子)をご覧いただくか、生活環境課にお問い合わせください。 事業系ごみ 飲食店・商店・事業所から出るごみ(事業系一般廃棄物)は、事業者が自ら責任を持って適正に処理することになっています。 具体的には、次の処理方法になります。 分別したうえで、ごみ処理施設に直接持ち込む(有料) 【注意事項】直接搬入ごみを参照してください。 分別したうえで、市の許可を受けた地区別収集業者に依頼する(有料) 【注意事項】指定ごみ袋(黄色)での排出をお願いします。

次の

大阪市の粗大ごみルール

大阪市 粗大ごみ 回収

東大阪市で処理してもらえる粗大ごみについて 東大阪市では粗大ごみの回収を 10点まで受け付けています。 単体で通常の使用ができるものを1点とします。 例えば食卓一式のテーブルと椅子4脚の場合は、それぞれを1点と数えて合計5点です。 また、3人がけのソファで3つに分けることができる場合は離した状態で数えるので合計3点です。 なお、畳は1枚1点で1度に2枚までしか出すことができません。 粗大ごみの種類について 具体的には次のようなものを回収品目と定めています。 家具類 タンス、食器棚、椅子など• 寝具類 布団、マットレス、木製ベッドなど• 電化製品・暖房器具 電子レンジ、ストーブなど• 燃える小物 人形、プラスチック製品など• その他 剪定枝、自転車、家庭用ミシン、スプリング入りマットレス、脚立など 小物とは1辺が30センチ以下のものに限ります。 これらは、透明か半透明のごみ袋 45リットルで無色のもの に入れた状態で1袋1点と計量します。 布団や敷物類は、なるべく小さく畳んだり、潰したりして紐でしばってください。 木片は太さ10センチ以下で長さ50センチ以下に切って出してください。 脚立やはしごは材質によって回収できるサイズが異なります。 アルミ製の場合は2メートル未満、スチール製の場合は1. 5メートル未満に限ります。 そのほかの品目はに紹介されています。 東大阪市の粗大ごみ受付方法について 東大阪市では、粗大ごみは回収に来てもらうのが基本で、 処分料金 手数料 は無料です。 粗大ごみの処理に手数料がかかる自治体が多いなか、無料で処分できることは大きなメリットです。 ただし、通常の家庭用ごみのように回収日が決まっていないので、自分で回収の依頼をする必要があります。 以下に申し込みの方法や回収時の注意点をまとめましたので、参考にしてください。 申し込みの事前準備 粗大ごみの回収は車で行うので、回収車が横付けできる場所が必要です。 戸建て住宅は基本的に家の前などに置いて回収してもらいますが、車が横付けできない場合は相談して回収場所を決めます。 事前に候補となり得る場所を検討しておくとスムーズに話が進むでしょう。 なお、集合住宅やマンションの場合は通常のゴミステーションなどを利用します。 申し込み手順 1. 粗大ごみの受付窓口に申し込みの連絡を行います 基本的には電話による申し込みです。 聴覚障害などで通話できない方はファックスでも申し込めます。 申し込み時に以下の5つの事項を伝える必要があります。 電話番号 ファックスの場合はファックス番号• 粗大ごみの種類• 粗大ごみの数量 なお、申し込みの際の間違い電話が多く、掛け間違いのないように注意してください。 回収日の確認および受付番号を受理します 申し込みの際に回収日や受付番号を案内されます ファックスで申し込まれた場合は後日返信が送られてきます。 粗大ごみに受付番号を明記します 大型ごみ1点ごとに不用品という文字を明記して、ごみであることを分かりやすくします。 申込時に告げられた受付番号も明記します。 油性マジックなどを使用してしっかりと書いてください。 直接書けない場合は紙やシールに書いて剥がれないようにしっかりと貼りつけます。 回収日にごみを出します 回収日の朝は午前9時までに指定の場所に粗大ごみを出します。 なお、回収の時に立ち合う必要はありません。 粗大ごみ回収の申込先• お申込先:• 電話番号:072-962-5374• ファックス番号:072-962-1673• 受付時間:月曜日~金曜日、日曜日 祝日含む 午前9時~午後5時 年末や年始を除く なお、東大阪市では粗大ごみのことを「大型ごみ」と呼んでいます。 回収してもらう場合の注意事項 申し込める粗大ごみの数量は決まっていて、一度の回収につき10点までです。 回収場所に出されている粗大ごみが、申し込み時の内容と異なる場合や受付番号などが確認できない場合は回収してもらえません。 間違いのないように注意して出すようにしてください。 また、事業系のごみは受け付けていません。 個人で産業廃棄物を処理する業者に申し込みます。 申し込み後の数量などの変更について 収集日の4日前 土・日、祝日を除く までなら、出したい粗大ごみの数量などを変更できます。 申込先に再度電話して問い合わせてみましょう。 回収日までに日程について 年末年始などの長期休暇を挟む時期や繁忙期には、 回収日まで7日以上の日数を要する場合があります。 また台風や降雪などの天候によっても回収日がずれこむことがあります。 転居などで、ごみを処分したい期日が決まっている場合、申し込みは余裕をもって行いましょう。 なお、次の回収申し込みは、回収予定の分が終了してから受け付けます。 未回収の粗大ごみがあるうちは、申し込めません。 大量の粗大ごみが出た場合の処分方法 粗大ごみの回収は一度に10点までしか受け付けていないため、多くのごみを一括で処分するには適していません。 引っ越しなどで大量のごみが出る場合は、市で処理してもらうことはできません。 自分でごみ処理施設に持ち込みをしたり、市の許可業者に依頼したりして、有料で処理することになります。 東大阪清掃施設組合に持ち込み 車を運転して自分で粗大ごみを運べる場合は、東大阪都市清掃施設組合 水走の焼却工場 に直接持ち込みます。 ごみ処理の手数料は 10kgにごとに90円です。 事前の予約について 予約をせずに、いきなり持ち込むことはできません。 予約専用ダイヤルから予約してください。 持ち込み予定日の2週間前から2日前まで受付しています。 聴覚や言語に障害があって通話が困難な場合は、ウェブサイトにある申込書を印刷して記入したものを、ファックスしてください。 お申込先:• 予約専用電話番号:072-975-5341• 受付時間:月曜日~金曜日 祝日を除く 午前9時~午後4時• 持ち込み可能時間:月曜日~金曜日 午後12時45分~15時30分 祝日 月曜日~土曜日までの祝日 午前9時30分~11時30分、午後12時45分~15時30分• 住所:大阪府東大阪市水走4丁目6番25号 持ち込みの際の注意事項 持ち込みの際使用できるのは、最大積載量2トン以下の車です。 必ず2人以上乗車して持ち込んでください。 持ち込むことのできないごみ 家電リサイクル法対象品目 冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン、テレビ 、パソコン、危険物 ガスボンベ、灯油、農薬、バッテリー、消化器など 、処理困難物 オートバイや自動車の部品、金庫、コンクリートブロックなど 、産業廃棄物は持ち込みができません。 該当するか不明な場合は、持ち込む前に問い合わせましょう。 持ち込みができない場合 市の許可業者に依頼して処理することになります。 お問い合わせ先:東大阪清掃事業協同組合• 電話番号:06-6783-0053• 受付時間:月曜日~金曜日 午前9時~午後3時 料金は、粗大ごみの分量や内容により異なります。 詳しくは、許可業者に問い合わせてください。 東大阪市で回収していないごみ 東大阪市では、ごみとして回収できないものを大きく6つに分けて分類しています。 それぞれ例をあげて紹介します。 これらのごみは、購入した店や引き取りサービスをしている販売元、一般廃棄物の許可業者などに問い合わせて、処分してもらいましょう。 有害・危険なごみ LPガスボンベ・ボタン型電池・ガソリンなど、処理を行う際に有害物質が発生するものや危険をともなうものは取り扱っていません。 処理が困難なごみ 廃タイヤ・車やオートバイの部品・金庫・ピアノなど、処理が困難なごみは受付していません。 自身で判断がつかない場合は市の窓口に問い合わせてください。 リフォーム工事などで出た浴槽・便器・建築廃材などのごみは工事請負業者に処理してもらいましょう。 金庫やピアノなどの処分方法を紹介していますので下記の関連記事を参考にしてください。 消化器 消化器は 社 日本消化器工業会が販売代理店と協力して処分しています。 処分にあたっては消化器リサイクルシール代金と運送費や保管費の支払いが必要です。 消火器の処分の際は、に連絡してみてください。 二輪車 バイクは、指定の引き取り窓口があります。 まだ乗れるものであればリユースし、乗れないものは廃棄処分を行います。 まずは、二輪車リサイクルコールセンターに相談してください。 持ち込み先などの案内を行ってくれます。 の対象バイクは、処理費用はかかりません。 電話番号:050-3000-0727• 受付時間:月曜日~金曜日 祝日・年末年始を除く 午前9時30分~午後5時 バイクの詳しい処分方法も紹介していますので参考にしてみてください。 買取サービスを利用して売却 不用品を粗大ごみとして処分してしまう前に、買取サービスを利用して買い取りしてもらえるか調べてみてはいかがでしょうか。 おいくらといったリサイクルショップの一括査定・見積もりサービスを利用すれば、一度の査定申し込みで最大20社から買取価格が届きます。 全国対応かつ利用料は無料なので、試しに活用してみることをおすすめします。 おかたづけ業者の一括比較もおすすめ こちらは複数の不用品回収業者の作業料金・内容を一括見積でもらうことができるサービスです。 とにかく手間なく安く片付けたい、重くて自治体の回収指定場所まで運べない粗大ごみが大量にあるといった場合におすすめです。 利用する大きなメリットは料金が明確になる点と、業者の比較をしっかり行える点が挙げられます。 ぜひ利用してみてください。 まとめ 東大阪市に粗大ごみを回収してもらう場合、手数料は掛かりません。 ただし、引っ越しなどで多量のごみがある場合は市の指定するごみ処理施設に有料で持ち込むことになります。 自分で持ち込むことが困難な方は、市の許可業者に収集を依頼することもできます。 ご自身の出される粗大ごみの種類と分量、持ち込むための搬入手段の有無に応じて、適切な処分方法を選択しましょう。

次の