インフルエンザ うつる。 【いつからうつる?】インフルエンザの潜伏期間について / インフルエンザNavi

インフルエンザはいつまでうつる?感染期間・潜伏期間などまとめ

インフルエンザ うつる

症状が現れて一気に体調が悪くなっていく時が、感染力が最も強いと考えられます。 インフルエンザを発症すると、急激に全身の悪寒・関節痛や筋肉痛・喉の痛み・発熱など症状が現れます。 その後3日間程度、38度を超えるような高熱が出ます。 このタイミングが最も感染のリスクが高いです。 うつる期間はインフルエンザA型・B型も同じ どちらも 同様に潜伏期間から感染力があります。 その後、症状が重く出る数日間が感染力も強くなります。 薬で感染力は弱まるの? 「ゾフルーザ」と「タミフル」のウイルス排出時間の違い インフルエンザの薬は、体の中からインフルエンザウイルスを排出して早い体調の快方が期待できます。 現在の研究では、インフルエンザの発症後に薬を服用した場合、体からインフルエンザウイルスの排出が始まるのが最も早いのが 「ゾフルーザ」の約24時間後からで、 「タミフル」は約72時間後からでした。 ゾフルーザの方が今までの薬よりも早くウイルスを排出させてくれるので、 感染期間も平均48時間ほど短くできるということになります。 また、ゾフルーザは細胞内で増殖したインフルエンザウイルスの拡散をさせないという今までの薬の働きとは大きく異なり、細胞内でのインフルエンザウイルスの増殖を抑えてしまうので、さらに早い快方が期待できる場合があります。 家族・周りの人にうつさないように気をつけること インフルエンザウイルスの 症状を感じたらすぐに病院を受診しましょう。 インフルエンザの薬は、発病から48時間以内に使用した場合に働きを発揮します。 なるべく部屋から出ないようにして、 無理に会社や学校へ行かないようにしてください。 家の中でもマスクを着用し、他の家族への感染を食い止めましょう。 また、 うがい手洗いを忘れずに行い、触ったものにウイルスが付着するのを少しでも減らしましょう。 まとめ インフルエンザウイルスは、発症前から感染力があり、さらに熱が下がった後も2日間ほど感染力をもちます。 家族間での感染を抑えるためにも早い段階で受診しましょう。 <参考> (FNNPRIME 1回飲めばOK インフルエンザに注目の新薬登場).

次の

インフルエンザは人から動物にもうつる?そもそも感染する?犬の場合は?|コンビニ店員の呟き

インフルエンザ うつる

もっと見る インフルエンザは感染力が強く、毎年冬になると流行します。 例年11月頃から患者数が増え始め、1月から2月に流行のピークを迎えます。 この記事では、インフルエンザはどのようにしてうつるのか、うつる期間や予防法について解説します。 インフルエンザの感染について 1.インフルエンザの感染経路 インフルエンザの感染経路は、 飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染(せっしょくかんせん)の2つです。 飛沫感染 『飛沫感染』は、インフルエンザに感染した人のせきやくしゃみ、話しているときの唾液などが飛び散り、吸い込むことでうつります。 インフルエンザウイルスは、唾液などに含まれる『飛沫』(水分を含む小さな粒子のこと)に含まれます。 健康な人の口や鼻を通って体内へと入り込み、体内でウイルスを増殖させます。 接触感染 『接触感染』は、感染した人の手に触れたり、感染した人が触れたドアノブや手すり、スイッチなどに触れたりしてうつります。 インフルエンザ感染した人の手に、咳やくしゃみの飛沫、鼻水などがついていると、触れることによって他の人の手にウイルスがうつり、その手で鼻や口に触れると、体内へとウイルスが入り込んでしまいます。 2.インフルエンザが感染する期間 潜伏期間もうつるのか? インフルエンザの潜伏期間は、 感染後1~4日間(平均2日間)です。 潜伏期間の感染力は、発症しているときよりも弱いものの、感染する可能性はあります。 潜伏期間中、感染している人も自覚がないことがほとんどなので、この間の接触を防ぐことは難しいです。 発症中 高熱などの症状を発症すると、感染力は増していきます。 ピークを迎えるのは、発熱から3日後だといわれています。 発症前日から、発症後3~7日の間は、鼻やのどからインフルエンザウイルスを排出します。 その期間はとくに感染力が強いので、外出を控えるなど、二次感染の予防につとめましょう。 症状が治まったあと 熱が下がると、排出されるインフルエンザウイルスの量は減少します。 とはいっても、ウイルスの排出は続いています。 排出期間の長さは個人差がありますが、せきやくしゃみなどの症状が続くようであれば、感染する可能性があります。 マスクなどを着用し、周りの人に感染させないよう注意しましょう。 3.学校や会社にはいつからいける? 学校は熱が下がって2日経ってから インフルエンザにかかったら、『学校保健安全法』により、「 発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで」は、出席を停止するよう定められています。 幼児は、熱が下がって3日経つまで出席停止 幼児の場合は、解熱後3日が経つまでが出席停止期間です。 会社も、なるべく2日経つまでは休むことをおすすめ 会社も、周りの人に感染させる可能性があるため、学校と同様の期間は休むことをおすすめします。 ただし、病状によって感染のおそれがないと医師が判断した場合は、この限りではないとされています。 なぜ、インフルエンザは感染力が強い? 1. インフルエンザは、あっという間に増殖する インフルエンザの感染力が強い理由は、 『 ウイルスの増殖の速さ』にあります。 インフルエンザは、体の中に侵入すると、『上気道』(喉と肺の入り口の間)や肺に付着してから、わずか20分ほどで細胞内まで到達します。 その後、ウイルスはどんどん増殖します。 1つのウイルスが、8時間後には100個になり、16時間後に1万個、24時間後には100万個にもなります。 この「速さ」によって潜伏期間は短く、次々に発症するため、感染者が急激に増えます。 インフルエンザの流行が続く期間 インフルエンザの感染者が急激に増えると、 流行は3~4週間ほど続き、減少していきます。 そのため学校や会社などで、インフルエンザが流行していたら、3~4週間たつまでは、特に感染に気をつける必要があります。 インフルエンザがうつる確率と予防法 1. インフルエンザがうつる確率はどれくらい? 周囲にインフルエンザにかかっている人がいる中で、 インフルエンザに感染する確率は、10%前後といわれています。 しかし、体力や年齢等によっても異なるため、はっきりとは分かっていません。 ただ、家族間で感染することが多く、子どもの看病をしている親へ感染する可能性は高いといわれています。 その理由は、飛沫感染や接触感染を受けやすい状態にあるからだと考えられます。 インフルエンザの感染を予防するために インフルエンザの感染を予防するためには、次のことに気をつけましょう。 流行前にワクチンを接種する インフルエンザのワクチンを接種しておくことで、感染しても発症する可能性が低くなります。 また、 発症した場合の重症化を防ぐ効果も見込まれます。 マスクを着用する 飛沫感染を防ぐため、マスクを着用しましょう。 また、インフルエンザに感染した人も、家族にうつさないためにマスクを着用することをおすすめします。 マスクを着用していないときでも、咳やくしゃみが出るようであれば、人に向けないようにして、口と鼻を覆いましょう。 そして、覆った手はすぐに洗ってください。 外出したら手洗い・アルコール消毒を 外出から帰ってきたら、流水や石けんで手を洗い、アルコールを使って消毒しましょう。 適度な湿度を保つ 空気が乾燥すると、気道の粘膜の防御機能が低下します。 加湿器などを用いて、50~60%の湿度を保つよう、心がけましょう。 十分な睡眠とバランスのとれた食事をとる 体の抵抗力を高めるため、しっかり休養しましょう。 また、1日3食、バランスよく食事をとることも大切です。 人混みを避ける インフルエンザの流行期は、なるべく人混みを避けましょう。 特に妊婦や高齢者は免疫力が弱い状態にある方が多く、基礎疾患がある確率が高いため、注意する必要があります。 どうしても外出する必要があるときは、マスクを着用し、できる限り短い時間ですむようにしましょう。 まとめ インフルエンザは、感染力の強い病気です。 うつらないようにするには、マスクの着用したり、手洗い・消毒をしたりして、『飛沫感染』や『接触感染』を防ぐことが大切です。 また、流行期前にインフルエンザのワクチンを接種しておくと、重症化の予防になります。 さらに、日頃から十分に睡眠をとり、バランスよく食事をとって、体の抵抗力を高めておきましょう。

次の

インフルエンザがうつる期間は?潜伏期間中や解熱後の感染力にもご注意を!

インフルエンザ うつる

もくじ• インフルエンザの家族からうつらない方法は? 私は家族内でどちらかというとインフルエンザウイルスを持ち込む役割だったんですが…、その時に母が気を使っていたことなどを含めて、家族からインフルエンザがうつらない方法をご紹介しますね! 母の処置が適切だったためか、私がかかってからは家族は誰もうつった人はいませんでしたよ〜! ちなみに、私、父、母、兄の4人家族でしたが、インフルエンザにかかるのは毎年私だけでした… 感染者は隔離する インフルエンザの家族内感染率は、一般の市中感染に比べると2倍~3倍とも言われるほど家庭内での感染率って高くなるんです。 それでも、おおむね20%~30%くらいの感染率なので、適切に処置をして入ればうつらなくて済みます。 まずは、 感染者と部屋を別にするなど接触時間を少なくすることが重要です。 私が学生の時にインフルエンザにかかった時、必ずと言っていいほど使用頻度の低い和室に隔離されていました。 高熱が出ていたのと、体のあちこちが関節痛というか筋肉痛のような痛みで動くのが億劫だったのもあって、熱が下がるまでの間は部屋から出ずにぐったりしていたのを覚えています。 食事も母が作ってくれたものを食卓では食べず、和室内で食べました。 インフルエンザにかかった時、私と接触するのは基本的に母のみで父は朝晩に挨拶に来る程度、兄との接触はなかったです。 感染者にマスク着用を義務付ける インフルエンザにかかった時に母から口すっぱく言われていたのが、「マスクをつけなさい」ということでした。 これは、 インフルエンザが空気感染ではなく飛沫感染だからです。 飛沫感染というのは、飛沫、つまりくしゃみをした時などに出る唾液や鼻水などにウイルスがいてそれが体内に入ることで感染するということです。 感染者にマスクをつけさせると、口と鼻を覆うことになるので感染原因である飛沫を撒き散らすことを防ぐことができます。 私がマスクを着用することはあっても母がマスクを着用することは少なかったように思います。 もちろん、人混みに行く時などは着用していましたが、家庭内の感染対策としてマスクを着用しているのは主に私でした。 適度な加湿を行う それから、加湿を行うこともしていました。 インフルエンザウイルスは、冬の時期の乾燥した空気の中では活発ですが湿度が苦手です。 部屋の空気が乾燥しないように加湿を行うことでウイルスの活動を弱めることができます。 例えば、私が1日中着ていたパジャマを洗濯した場合、干すのは私の隔離されている和室という感じで加湿器を使わなくても加湿ができるように工夫していました。 加湿と同時にちょこちょこ部屋の換気をしてくれたのも覚えています。 熱で高温になった体に外の新鮮なひんやりとした空気が入ってくるのは気持ちいいものでしたね。 母が基本的に行なっていた家庭内インフルエンザ対策は、今まで記してきた3点です。 ・感染者を隔離する ・感染者にマスク着用を義務付ける ・適度な加湿を行う この3点が主な対策でしたが、家庭内で感染する人は今まで1人もいませんでしたよ〜! インフルエンザの家族からうつる期間は? それでは、家族がインフルエンザにかかった場合、どのくらいの期間気をつけなければいけないのでしょうか? 家族内感染はおおむね1週間~8日以内に感染者が出ることが知られています。 家族内で誰かがインフルエンザを発症してから1週間が大体の目安ということですね。 インフルエンザのウイルスに感染して発病するまでの潜伏期間は、最短1日、長くて5日くらい、平均2日~3日というところです。 つまり、家族が感染して、誰かがうつってしまった場合、症状が出るのは5日以内ということですね。 基本的に、 インフルエンザは熱が下がってから丸2日(48時間)経てば感染率が落ちるとされています。 ただし、感染率が下がるだけで感染しないわけではないので1週間は注意が必要です。 1週間を過ぎれば、ほぼ感染の可能性はないでしょう。 ただ、ウイルスの排出量には個人差があるので、熱が下がって丸2日経った後でも感染者にはマスクを着用させるのだけは心がけた方がいいですね。 くしゃみや咳をしている状態が続いている場合は、まだウイルスを撒き散らしている可能性があるので、熱が下がっても症状が治まるまではマスク着用を義務付けましょう! スポンサーリンク インフルエンザで家族からの感染を予防するには? では、家族がインフルエンザにかかった場合の感染予防策をご紹介します。 感染者との接触を避ける 最初に書いたことと同じようなことですが、感染者を隔離するのはもちろん、 接触を避けるのが一番です。 部屋数が少なくてどうしても隔離が難しい場合でも、マスクが着用できない食事の時は時間をずらしてなるべく離れ、別々に食べるなどの工夫が必要です。 感染者に触られたからといって必ず感染するわけではありませんが、顔を近づけて会話をするなどの行為は感染の確率が高くなるので避けるようにしましょう。 感染者と接する時はマスクをつける よく「マスクなんて意味がない」と言われたりしますが、家庭内では別です。 マスクをしっかり着用して、口や鼻からウイルスが侵入するのを防ぎましょう。 ただし、マスクの取り扱いを誤ってしまっては意味がありません。 すでに感染している人がつけるマスクは、マスクの内側にウイルスがびっしり付着していますが、これからの感染を予防するためのインフルエンザにかかっていない人がつけるマスクは、マスクの外側にウイルスが付着しています。 マスクを着用した時に外側からマスク本体を触ってしまっては、ウイルスをじかに触るようなものです。 できるだけ、ゴム紐を使っての着脱を心がけましょう。 食事の時にマスクを外した場合は、その場で捨てて新しいマスクを着用する方がいいです。 感染者を隔離している場合、四六時中マスクをつける必要はありませんが、隔離している部屋に入る場合は必ずマスクをつけるようにしてくださいね! できるだけ部屋中を加湿し、水分補給をする インフルエンザウイルスは、乾燥していて湿度が低い状態を好みます。 部屋の加湿を行うだけでもインフルエンザの感染率を下げることができるので、加湿器を使うだけでなく、濡れたタオルを干すなどの措置を取ってください。 また、赤ちゃんなどがいる家庭では、なるべく赤ちゃんにこまめに水分補給をしてあげましょう。 喉が渇いていると感染しやすくなります。 よく言われる「手洗い・うがい」ですが、うがいをすると喉に付着したウイルスを洗い流す効果と同時に喉の加湿にもなります。 感染予防の基本ですが、重要なことなんですよ〜! 体を温めて栄養をしっかり摂り、睡眠をよくとる そして、何より大切なのは、 自分自身の免疫力を高くすることです。 いくらマスクや手洗い・うがいをしていても、体の免疫力が低ければ感染しやすいです。 冬の時期は手足が冷えがちになりますが、体を温めて日頃からウイルスに負けない体を作ることが重要になります。 特に、温かいものを食べたり飲んだりして体の内側から温めるのが有効ですよ〜。 私はよく、ホットのジンジャーレモンティーなどを飲むようにしています。 生姜は体を温めるのにとても効果のある食材なので、食事を作る時も積極的に取り入れてますね。 冬場の温かい豚汁なんかも具材をたっぷり入れれば栄養にもなるので、生姜も食材もたっぷり入れて作るのがオススメです! カップラーメンや菓子パンなどの食事は避けて、体が温まるような食事を取り入れてくださいね。 免疫力の向上自体が、インフルエンザウイルス感染の予防策として一番効果を発揮しますよ〜! スポンサーリンク まとめ 家族がインフルエンザになった場合に怖いのが家庭内感染です。 特に、小さい子供がいる家庭での感染は避けたいですよね。 家族に感染者が出た場合は、速やかに隔離を行なってマスク着用を義務付けてください。 熱が下がってから丸2日間は感染力が高い状態なので、それまでは濃厚接触を避けてくださいね。 1週間ほど経てば感染力はほぼ無くなります。 感染した場合は、5日以内には症状が出る場合がほとんどなので目安として覚えておいてください。 家庭内感染の予防の基本は、隔離・マスク着用・加湿です。 感染者との接触をなるべく避けて、接する時はマスクを着用し、部屋の加湿を行いましょう! ただし、自分の体の免疫力を高めることが一番有効な手段なので、温かいものを食べたり飲んだりして体を冷えから守り、たっぷり寝ることが大切です。 逆に言うと、不摂生な食生活・睡眠不足は体の免疫力を下げてしまいます。 いくら感染予防をしていても体の免疫が低ければ感染率は高くなるので注意してくださいね!.

次の