きめつ180。 鬼滅の刃ネタバレ最新180話確定【玄弥と実弥は助かる】

【オセロニア】アルキメデス(激級)の攻略とおすすめデッキ【最凶】|ゲームエイト

きめつ180

『鬼滅の刃 きめつのやいば 』 最新話 181 話を読んでの感想を書きます! (ネタバレ注意です!!) 前回、復活を遂げた無惨。 珠世の顔を握り潰し、集まっていた隊員を皆殺しにして行きました。 では気になる続きを見ていきましょう!! 181話の感想とあらすじ 自分を責める輝利哉。 采配をしくじったせいで大勢の人が虐殺されたからです。 何百年と言う年月をかけ、無惨を倒すためにしてきたことが自分のせいで無駄になったのだと・・・。 声をかけても動かない輝利哉にビンタした妹。 しっかりしなさいませお館様!!早く次のご指示を!!と。 戦いはまだ終わっていないのです。 父やお爺さんのことを思い出した輝利哉。 皆重圧に耐えて指示をしてきたのだと感じました。 地図を再び確認し、無惨の位置を捕捉し続けろと輝利哉。 攻撃の間合いがとてつもなく広いため、距離を詰めるなと告げました。 さらに、柱も他の隊員も全て集結させると指示を出しました。 そしてかなたとくいなに礼を告げた輝利哉。 蜜璃の元にカラスがやってきました。 無惨の復活を知らせ、 至急集結セヨとカラス。 命令を聞いた蜜璃は自分がもたもたしている間に無惨が復活してしまったことに驚きました。 一方、無限場内を走る伊黒。 時透も玄弥も死んでしまったが上弦の壱を倒したことと、自分を比較しました。 琵琶女の血鬼術は殺傷能力が高くはないけれど、頸を狙えず苦戦し続けています。 柱2人がここで足止めを食らっている状況をなんとか打破したい伊黒・・・。 蜜璃は命令に戸惑いました。 琵琶女を放って集まった方がいいのか否か・・・。 すると蜜璃の襟元を何者かが背後から掴みました。 え!?誰!?と振り返った蜜璃・・・。 (誰!?こんな乱暴に掴む隊服を着た人って・・・兪史郎とか!?) 琵琶の音が激しく鳴り響く中、無限場内を移動する義勇と炭治郎。 すると二人の目の前に無惨が現れました。 ハァッハァッハァッと、息が荒くなる炭治郎。 皆殺しにされ、血塗れになった家族のこと、それを目の当たりにし涙を流す禰豆子のことを思いました。 そして共に戦って亡くなった煉獄やしのぶ、無一郎、玄弥のことも思い出しました。 (やだ無理しんどい) ギシッ 強く刀を握り直した炭治郎。 義勇が落ち着けと声をかけました。 しかし、義勇の目も怒りからか充血しています。 二人を目の前にし、しつこいと無惨。 口を開けば親の仇、子の仇、兄弟の仇、馬鹿の一つ覚えと。 (いや、まだ二人とも何も言ってないけどね?) 冷い目線のまま、お前たちは生き残ったのだからそれで充分だろうと無惨。 無惨の発言に唖然とする炭治郎。 お前何を言ってるんだ?とつぶやきました。 私に殺されることは大災に遭ったのと同じだと思えと無惨。 雨が風が山の噴火がどれだけ人を殺そうとも、天変地異に復讐しようと言う者はいない。 いつまでもそんなことに拘ってないで、日銭を稼いで静かに暮らせば良いだろう。 なぜそうしない?と。 無惨は人差し指を立てると、理由は一つ、 鬼狩りは異常者の集まりだからだと。 異常者の相手は疲れた。 終わりにしたいのは私の方だと。 炭治郎はそんな無惨に、お前は存在してはいけない生き物だと告げました。 つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 で使える 600 ポイント( 600 円分)がすぐ貰えますので、 実質無料で無惨にブチギレる炭治郎が見れちゃいます!!• U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントで新刊を購入• 新刊を読む!• valuecommerce. valuecommerce.

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』180

きめつ180

おしながき• 思い入れ 二人の死を伝える鴉。 それを聞く炭治郎と義勇。 炭治郎にとって、無一郎と玄弥は戦友であり友達です。 二人がいなくなった事を知り、さぞかし炭治郎は辛いことでしょう。 無一郎も玄弥も最初は炭治郎と仲良くありませんでしたが、刀鍛冶の里編で打ち解ける事ができました。 その後の柱稽古では無一郎に稽古をつけてもらい、玄弥には反復動作を教わりました。 そしてそこから二人が亡くなるまでに、それほど時間は経っていないように思えます。 杏寿郎が亡くなり、今回の戦いではしのぶが先に亡くなり。 そして今回の、無一郎と玄弥の死。 炭治郎は無惨を倒すという目的のため、走り続けなければなりません。 どれだけ辛くても、例え不完全な状態であったとしても。 ちなみに今回、炭治郎の包帯の下から痣が少し見えています。 猗窩座戦の後も、痣は発現しっぱなしという事です。 なので、もう元の傷跡に戻るという事はなく、今の痣の状態で固定されているという事でいいのでしょう。 これが何を示すのか。 悲鳴嶼さんや実弥も黒死牟を倒した後、痣が発現しっぱなしの状態でした。 これが寿命を表すものだとしたら…。 少し怖いところです。 そして、義勇の気持ちについてですが、義勇は無一郎や玄弥とそこまで関わりが無かったように思えます。 義勇にとっては、しのぶの時の報告の方が辛かったかもしれないですね。 不完全 今回明らかになった、千寿郎からの手紙の内容。 そこから分かったのは、ヒノカミ神楽は十三の型があり、炭治郎は十二までしか型を知らないという事です。 これを炭治郎は「不完全」だと言いました。 という事は、炭治郎はやはり、炭十郎に型を教わった時期があるという事なのでしょう。 そこで十二しか型を教わっていないという事。 炭十郎はあえて教えなかったのか、もしくは知らなかったのか。 そこも気になるところです。 そしてヒノカミ神楽の型についてですが、今のところ作中で炭治郎は、十二のヒノカミ神楽の型を出しています。 ただ「炎舞一閃」という技に関しては「炎舞」という技を改良したような技のようなので、正確には十一の型になるのかもしれません。 十三の型がどんなモノなのか、すごく気になりますよね。 私の予想では、いつか炭治郎が十三の型を使い、無惨を倒すのではないかと予想しています。 自信 千寿郎の手紙の内容についてですが、これは縁壱が無惨と対峙した時の事を、当時の炎柱に話したとされる内容です。 そこで出てきた、ヒノカミ神楽の型の数。 これがどういう繋がりを持つのか。 まずここまでくると、ヒノカミ神楽は日の呼吸で間違いないと言えそうですよね。 そして、炎柱も関係してくるという事は、ヒノカミ神楽と炎の呼吸にも、何かしらの関係性があったと言えそうです。 日の呼吸と炎の呼吸を掛け合わせたモノが、ヒノカミ神楽という事なのでしょうか? 十三の型には、その辺りも関係してきそうですよね。 そして、どうして炎柱はそれを聞いて自信をなくしてしまったのか。 やっぱりここにも十三の型が関係してくる? ここで私の予想をしておきます。 炎柱 これは私の予想です。 実は当時の炎柱の呼吸は、ヒノカミ神楽だったのではないでしょうか。 呼び方は炎の呼吸だったとしても、ヒノカミ神楽に近い形だったと予想します。 炎とヒノカミという言葉からも、技の性質が近いのは確かです。 そして当時の炎柱は、ヒノカミ神楽の十二の型まで使用することができた。 しかし、十三の型だけは使えなかった。 それが、日の呼吸と炎の呼吸が分かれた理由なのではないでしょうか。 そうして自信をなくした炎柱は、独自の方向に炎の呼吸を変えていった。 何てことも考えられます。 なので、ヒノカミ神楽十三の型を使えるのは、縁壱だけだったという事なのかもしれません。 そして縁壱が炭吉に伝承する際も、十二までしか伝承できなかった。 なので竈門家には十二の型しか伝わらず、炭治郎は十二の型しか使えない。 私はこんな感じで予想をしておきます。 縁壱 もう一つ、千寿郎の手紙から気になる事がありました。 それは、縁壱が無惨と対峙した時、何があったのかという事です。 そこにヒノカミ神楽十三の型が関係してくるという事になるので、無惨と十三の型にも、何かしらの繋がりは出てくると思います。 十三の型でしか無惨を倒せない。 こんな感じでしょうか。 なので、十三の型を使えない当時の炎柱は、自信をなくしてしまった。 でもやっぱりここでも気になるのは、どうして縁壱は無惨を倒さなかったのかという事です。 ここについては、もう少し続報が欲しいところです。 炭治郎 もう少しヒノカミ神楽について考えてみます。 炭治郎の言葉で気になる部分がありました。 「俺は受け継ぐことができなかった者だった」 この言葉です。 「俺は」という言い方。 「受け継ぐことができた者もいる」ということですよね。 なので、縁壱から炭吉にヒノカミ神楽が伝わった際、十三の型まで受け継いだという可能性もあります。 そこから代々十三の型は伝承されていくものの「使える者と使えない者がいた」という事になるのではないでしょうか。 炭十郎は使えたとか、そういった感じです。 でもやっぱり炭治郎は主人公なので、千寿郎の言ったとおり、乗り越えてくれるものと思います。 まとめ的なもの 今回は、前半のヒノカミ神楽のあたりを考えてみました。 後半では、無惨様について考えてみましょう。 この無惨様、やばすぎないですか? この人に勝てる人、いるのでしょうか…? 全然想像ができません。 それにビジュアルもイケてますよね。 完璧すぎる無惨様。 次回じっくり考えてみたいと思います。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』179

きめつ180

スポンサーリンク ついに無惨復活!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 一方無惨が間もなく復活することを察知した産屋敷輝利哉。 一般隊士たちが無惨のところへ到着しそうだという報告を聞くと一瞬の沈黙ののち待機命令を出すよう叫びました。 しかし隊士たちにその命令が伝わる前に第一陣が到着してしまいます。 ついに見つけた無惨!! 柱はまだ誰も到着していません。 どうやって斬ろうか、はっきり指示を出せる者もなく口々に倒す方法を叫んでいたとき、隊士の一人がようやく輝利哉からの待機命令の指示を聞き周囲に伝えます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 が、待機している場合ではない、柱が来るまでに少しでも何か役に立たなければ・・・と一人が言いかけたそのとき。 肉塊から無惨が飛び出してきてそこにいた隊士たちを襲いました。 隊士は少なくとも15~16人はいたように見えます。 それが逃げる間もなく一瞬で襲われてしまいました・・・! ついに肉塊から現れた無惨。 その体は以前と比べて変化しています。 頭髪は白または銀色で、顔だけ見ると端正な顔立ちの人間です。 が、手足には鋭い牙を持った口がいくつも作られていて、そのどこからも人を喰うことができるようです。 スポンサーリンク 輝利哉の焦り 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 輝利哉は鴉を通じて柱が到着するまで待機するよう叫びますが、返事をする隊士はいませんでした。 全滅です。 ただ一人残った無惨が、最後に飛んでいた鴉の頸を斬り殺してしまいました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 珠世の毒を分解するためにエネルギーを使った無惨は、隊士たちを喰うことで回復をはかり、そして輝利哉に向けて、わざわざ食糧を運んできたことを褒めてやろうと笑います。 跡継ぎとなった者は実に優秀であるという、恐ろしい皮肉とともに。 無惨を倒すために向かった隊士たちは、逆に無惨の回復の糧となってしまいました。 間もなく到着しそうな第二陣を下がらせるよう叫ぶ輝利哉、しかしそれも間に合わず。 力の差はあきらかです。 スポンサーリンク 珠世の死 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 珠世はどうなったのでしょうか? 無惨は右手に、頭だけになった珠世をつかんでいました。 珠世はこの時点でかろうじて生きています。 お前は今日必ず地獄に堕ちる・・・と、怒りの表情で言いますが無惨は意に介さず。 今まで何百もの人間に言われてきた言葉だがそれが叶うことは決してなかったと笑います。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 珠世は涙を流して夫と子供をかえせと言いますが、ならばすぐ死んでしまえと、次の瞬間頭を握りつぶしてしまいました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 珠世の死とともに愈史郎にも変化が起こったようです。 他の隊士と行動を共にしていましたが、いきなり倒れてしまいます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 その表情は苦痛にゆがみ、苦しそうにも、悔しそうにも見えます。 愈史郎は無惨ではなく唯一珠世によって鬼になった者。 珠世が死ぬと愈史郎も死んでしまうのでしょうか? それとも、珠世の死を察知して激情を抑えることができなくなってしまっているのでしょうか・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 無惨は無限城を飛び回り、隊士を次々に殺していきます。 輝利哉は、義勇はまだかと叫びますが、どうやら無惨は義勇たちとは反対方向に向かっている模様。 子供たちが次々に殺される・・ 無惨は回復し珠世さんの命も無駄になってしまう、と輝利哉は必死で考えますが為す術がありません。 無惨は微笑みながら言います。 「誰も彼も役にはたたなかった 鬼狩りは今夜潰す 私がこれから皆殺しにする」 次回へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 180-181 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 ついに無惨が復活してしまいました!! 珠世の薬は結局効かなかったのでしょうか? 童磨のときのようにせめて時間差で効いてくれば良いのですが・・・ 肉塊でいる間にすべて分解されてしまったのでしょうか。 今回の様子だけでは無惨の強さがどの程度なのか計りかねますが、やはり上弦の鬼よりもさらに数段格上なのでしょう。 それにしても自分に数百年仕えてきた上弦の鬼が死んだことに何の感情もわかず、むしろ役に立たなかったと切り捨てるあたり冷酷極まりないです。 一般隊士では歯が立たないため次に出会う柱との戦いが本格的となりそうですが、誰が出会っても簡単に勝てそうになく恐ろしいです。 輝利哉もわずか八歳ながらこれまで立派に隊を指揮していましたが、無惨が復活してしまった今、焦りを隠せません。 産屋敷家を引き継いで最初の試練がこれでは、あまりに過酷な運命・・・ 柱頼みといっても、肝心の柱もかなり戦力が削がれています。 これまでの戦いで柱はしのぶ、無一郎が死亡、実弥は重傷。 鬼殺隊は無惨によって壊滅させられてしまうのでしょうか? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 また、ヒノカミ神楽は全部で十三の型があるにもかかわらず、炭治郎は十二しか受け継いでいなかったことも判明しました。 残りの一つの型はなぜ受け継がれていないのでしょうか? この、受け継がれていない型というのが今後の無惨討伐の鍵になってきそうな気がします。 そして人間に戻る薬を服用し、その薬と戦っている禰豆子。 そろそろ禰豆子の覚醒もかかわってきそうな気もしますが、どうなるのでしょう。 鬼殺隊の勝利は信じていますが、ここからどうやって勝ちにいくのか、想像もつきません。 何とかこれ以上犠牲が出ないよう、祈るばかりです・・・!!.

次の