な な つぼ し。 足つぼ図・図解でマッサージ 足つぼCafe

鍼灸師が教える、効果のあるツボ一覧|美容鍼コラム

な な つぼ し

足裏は体全体を投影しています 足には多くの重要なツボがあり、その多くは足の裏にあります。 下の図を見てもわかるように、親指を頭として親指の付け根が首、そこからかかとへ向かって気管支、肺、胃、腸から膀胱へと、あぐらをかいた人の体を真後ろから見た状態と同じように内臓・器官に効くツボが並んでおり、足裏はまさに人体の地図となっております。 このように、足うらのツボは体全体につながっていますので足うらのツボを刺激することで、血行が促進され症状を緩和改善することができるのです。 足のツボとそれに対応する臓器は、原則として同じ側にあります。 左胸にある心臓のツボは左足に一つだけ。 肺は左右両方にあるので、両足にそれぞれツボがあります。 左側にあるものは左足に、右側にあるものは右足に、と覚えておきましょう。 ただし、耳と目だけは例外です。 耳や目に効くツボは、左右逆になっています。 例えば、右足の人差し指と中指は左目に対応しています(上図参照)。 耳や目の調子が悪くなったときは、反対側の足の指を揉む、と覚えておきましょう。 また耳や目は、片方が悪くなるとバランスが崩れもう片方も悪くなる傾向がありますので、予防のため左右両方の足裏を刺激するとよいでしょう。 また、足裏のツボをさがす際には、下図のように椅子に座った姿勢でさがすと楽にさがすことができます。

次の

つぼみ (AV女優)

な な つぼ し

ツボは体の異常が痛みなどの感覚として現れる場所であり、全身に660点存在します。 またツボは全身の筋肉・神経・血管・リンパ節・内臓などの器官の働きを促進させる位置にあるといわれています。 頭部にも多くのツボがあり、それらを刺激することで全身をほぐす効果があります。 しかし、人それぞれ頭の形ややわらかさが異なり、ツボを探し当てることはとても困難です。 また、皮膚の栄養状態が極端に悪くなると、皮膚のハリや色艶、弾力性が劣り、その部分の筋肉がやせて凹みを感じることがあります。 これだけは覚えておきたい頭部の主なツボ ツボを刺激して器官の働きを良くすることは大事ですが、血液やリンパを流すためには硬くなった筋肉(コリ)をほぐすことが最も重要になります。 そのため、ただ単にツボを刺激しているだけでは根本的な解決にはならず、その場のみの気持ち良さでしかありません。 (1)百会(ヒャクエ) 自律神経を整える。 (2)神庭(シンテイ) 老化防止。 不眠症の改善。 (3)曲差(キョクサ) 頭痛、神経痛の改善。 (4)頷厭(ガンエン) 偏頭痛、めまい、耳鳴りの改善。 (5)和りょう(ワリョウ) 目の疲れ、目の充血の改善。 歯痛、耳鳴改善。 (6)かん骨(カンコツ) 頭痛の解消。 肩こり改善。 (7)天注(テンチュウ) うなじのこり、肩こりの改善。 (8)あ門(アモン) 後頭部痛の解消。 不眠症の解消。 (9)風池(フウチ) 血行促進の改善。 肩こり、背中の痛みの改善。 頭痛・眼精疲労の解消。 ツボの押し方• つまり指で触って凹んでいるところがツボになります。 また、表皮の細胞が劣化して均一に整っていないために皮膚表面に当たった光は乱反射をし、まわりの皮膚に比べてツボは少し暗く見えます。 押し方 基本的に凹んでいる部分を押します。 (1)ゆっくりと垂直に深く押していきます。 ひびきを感じたら指を止めます。 (2)そのまま、3~8秒間停止します。 この時、奥の筋肉まで力を届けます。 (3)凹んでいる中心をぶらさずに、凹みの側面をなでます。 この時に側面の硬くなった筋肉部分をほぐします。 表面の筋肉だけを指圧すると、筋肉同士の摩擦が生じ筋肉がこわばります。 また、角質層や筋肉の位置がずれることで、シワや老化の原因にもなります。 このように筋肉に負担がかかると、もみ返しが起こる可能性があります。 しかし、過剰に筋肉が硬くなっている場合は、ある一点の血流やリンパの流れを改善すると、際立って他の部分が痛く感じる場合があります。 その場合、一点だけでなく全体をほぐし、筋肉をやわらかくする必要があります。

次の

足ツボの図(足つぼ反射区表)

な な つぼ し

ツボは体の異常が痛みなどの感覚として現れる場所であり、全身に660点存在します。 またツボは全身の筋肉・神経・血管・リンパ節・内臓などの器官の働きを促進させる位置にあるといわれています。 頭部にも多くのツボがあり、それらを刺激することで全身をほぐす効果があります。 しかし、人それぞれ頭の形ややわらかさが異なり、ツボを探し当てることはとても困難です。 また、皮膚の栄養状態が極端に悪くなると、皮膚のハリや色艶、弾力性が劣り、その部分の筋肉がやせて凹みを感じることがあります。 これだけは覚えておきたい頭部の主なツボ ツボを刺激して器官の働きを良くすることは大事ですが、血液やリンパを流すためには硬くなった筋肉(コリ)をほぐすことが最も重要になります。 そのため、ただ単にツボを刺激しているだけでは根本的な解決にはならず、その場のみの気持ち良さでしかありません。 (1)百会(ヒャクエ) 自律神経を整える。 (2)神庭(シンテイ) 老化防止。 不眠症の改善。 (3)曲差(キョクサ) 頭痛、神経痛の改善。 (4)頷厭(ガンエン) 偏頭痛、めまい、耳鳴りの改善。 (5)和りょう(ワリョウ) 目の疲れ、目の充血の改善。 歯痛、耳鳴改善。 (6)かん骨(カンコツ) 頭痛の解消。 肩こり改善。 (7)天注(テンチュウ) うなじのこり、肩こりの改善。 (8)あ門(アモン) 後頭部痛の解消。 不眠症の解消。 (9)風池(フウチ) 血行促進の改善。 肩こり、背中の痛みの改善。 頭痛・眼精疲労の解消。 ツボの押し方• つまり指で触って凹んでいるところがツボになります。 また、表皮の細胞が劣化して均一に整っていないために皮膚表面に当たった光は乱反射をし、まわりの皮膚に比べてツボは少し暗く見えます。 押し方 基本的に凹んでいる部分を押します。 (1)ゆっくりと垂直に深く押していきます。 ひびきを感じたら指を止めます。 (2)そのまま、3~8秒間停止します。 この時、奥の筋肉まで力を届けます。 (3)凹んでいる中心をぶらさずに、凹みの側面をなでます。 この時に側面の硬くなった筋肉部分をほぐします。 表面の筋肉だけを指圧すると、筋肉同士の摩擦が生じ筋肉がこわばります。 また、角質層や筋肉の位置がずれることで、シワや老化の原因にもなります。 このように筋肉に負担がかかると、もみ返しが起こる可能性があります。 しかし、過剰に筋肉が硬くなっている場合は、ある一点の血流やリンパの流れを改善すると、際立って他の部分が痛く感じる場合があります。 その場合、一点だけでなく全体をほぐし、筋肉をやわらかくする必要があります。

次の