素早さ 剣盾。 【ポケモン剣盾】スカーフヒヒダルマ育成論!速さで火力を活かせ!!

【ポケモン剣盾】ガラル登場ポケモン素早さ早見表【素早さ一覧】

素早さ 剣盾

ゲンガーの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 65 60 130 75 110 タイプ タイプ1 タイプ2 ゴースト どく 特性 のろわれボディ 30%の確率で受けた技を使えなくする 長所・短所 非常に優秀な種族値で、初代から活躍し続けてきたゴーストタイプの強豪です。 特に 特攻種族値が130とかなり高く、 素早さ種族値も110と高速特殊アタッカーとしてかなり優秀な能力を持っています。 また、攻撃技も変化技も多種多様なものが揃っており、 アタッカーとしてもサポートとしても使える万能なポケモンでもあります。 メガシンカこそ仕様の関係で無くなったものの、代わりに キョダイマックスを得たことで新しい使い方もできるようにもなりました。 …が、第八世代でドラパルトが現れてしまったせいで アタッカーとしての活躍の場を一気に奪われてしまうという事態に。 サポート型にしようにも ミミッキュやギルガルドの存在があり、それもままならない状態です。 結果、 メガシンカ以外は特に弱くなったわけでもないのに使い道が無くなって使用率がマイナー並に激減する羽目になってしまった模様です。 今後 DLCで旧ポケモンが多数登場するようになるため、そちらでゲンガーの使い道をまた得られるようになるのを祈りましょう。 育成論 特殊アタッカー型 努力値 特攻:252(実数値182) 特防:4(実数値96) 素早さ:252(実数値178) 技構成 解説 これまでも使い続けられてきた、特攻と素早さに特化した高速アタッカーの型です。 元々ゲンガーは技の多さと特攻・素早さの高さから、 対面性能の高い高速アタッカーとして使われてきました。 ドラパルトの台頭で厳しいことになってしまっていますが、それでも今の環境で通用する性能はあるので引き続き特殊アタッカーとして使用します。 努力値は当然 特攻と素早さに特化し、さらに性格補正も加えて 素早さも最速にしておきます。 また、持ち物は きあいのタスキにすることで連続技以外は耐えられます。 元の耐久の低さや特性と合わさって相性がいいので持たせておきましょう。 技構成は対フェアリータイプも兼ねた一致技の ヘドロウェーブは確定。 サブウェポンの きあいだまと補助技として おにびを持たせます。 これで最悪攻撃が通らない相手が来たとしても、 おにびで火傷を撒いてスリップダメージと攻撃ダウンのデバフをかけることができます。 もう一つの一致技は火傷状態の相手にダメージが倍になる たたりめか、安定した性能の シャドーボール。 好きな方を入れましょう。 実演してみた では、このゲンガーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 話題に出した天敵のドラパルトがいるんですがどうしたらいいでしょう。 対戦、よろしくお願いします。 まさかあのゲンガーがメジャーポケモンじゃなくなる環境が来るとはだれも思ってなかったと思います。 使用率が激減しても実力は衰えてません。 オーロンゲくらいならヘドロウェーブで一撃で落とせます。 先制技でも使われない限り、ゲンガーも速く動けるんじゃないかなと。 弱点を突いたとはいえ、ダイマックス相手にもこのダメージ。 やはり上位互換に近いのが現れたせいで使われないだけで、 実力に陰りは無いようですね。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 長い間環境で活躍し続けたポケモン、ゲンガーの育成論でした。 強力な特殊アタッカーとして君臨し続けた種族値と、攻撃も補助もなんでもござれの技の数々。 他の強豪ゴーストが君臨する今の環境でも、まだまだ戦える実力は十分にあります。 以上、管理人、八卦がお送りしました。 次回もよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】ガラル登場ポケモン素早さ早見表【素早さ一覧】

素早さ 剣盾

誰が1番「かたやぶり」? 今回は特性かたやぶりを持つポケモンを比較してみました。 「かたやぶり」とは 相手の特性を無視して攻撃できる。 「ふゆう」「ばけのかわ」「てんねん」「ちょすい」「よびみず」「ちくでん」「ハードロック」「マジックミラー」「ふしぎなまもり」などの特性を無視して攻撃を当てることができる。 現対戦環境で多い、ミミッキュの「ばけのかわ」貫通は勿論。 サザンドラの「ふゆう」、ヌオーの「てんねん」、トリトドンの「よびみず」、ドサイドンの「ハードロック」、ブリムオンの「マジックミラー」など全て貫通する。 基本的にアタッカーとしての運用が多いが、「マジックミラー」などの補助技を無効にする特性にも補助技を打つことができる面も良い。 デメリットとしてはとくせい「ふゆう」を無効にしてしまうので、ミストフィールドで状態異常が効かなくなる効果を受けない「ふゆう」ポケモンがフィールドの効果を受けるようになり、状態異常にならない。 かたやぶりポケモンを以下の順番で紹介していきます。 1「ゴロンダ」 ランクB 種族値 HP 95 攻撃 124 防御 78 特攻 69 特防 71 素早さ 58 合計種族値 495 低いすばやさ種族値 59 のため、トリルエースとしての運用が可能。 攻撃種族値 124 はかなり高く、耐久の数値も軒並み高めの数値なので、ちょっとやそっとでは落ちず、先制技の「バレットパンチ」や交代技の「すてゼリフ」で対面操作も可能です。 珍しい「かくとう」「あく」タイプで、トリル下なら「ミミッキュ」「ドラパルト」なんかにとても強い。 3色パンチも覚えて技範囲も優秀です。 「つるぎのまい」を覚えるので、受けポケモンにも強く出れます。 「ダイナックル」をタイプ一致で打てるため、ダイマックス状態なら火力を上げながら制圧することができ、トリックルームが終わっても攻撃ランクの上がったバレットパンチで活躍できる為かなりの脅威です。 先制技の「バレットパンチ」は「つるぎのまい」を積んだ状態であればミミッキュを確定1発にできます。 2「ルチャブル」 ランクA 種族値 HP 78 攻撃 92 防御 75 特攻 74 特防 63 素早さ 118 合計種族値 500 かたやぶり持ちの中でも、素早さが早い高速アタッカーです。 「ダイナックル」と「ダイジェット」をタイプ一致で打てるので物理高速抜きエースとして運用ができます。 「つるぎのまい」を覚えるので受けポケモンにも強く出ることができます。 すばやさが高い代わりに耐久が低いので、タスキを持たせたり、みがわりをバトンするなどして行動保証があると安定した活躍が見込めるかもしれません。 勿論三食パンチも覚えるので、環境に対応したパンチをサブウエポンにしましょう! No. 3「ドリュウズ」 ランクS 種族値 HP 110 攻撃 135 防御 60 特攻 50 特防 65 素早さ 88 合計種族値 508 毎度お馴染み、砂パエース「ドリュウズ」 高過ぎる攻撃種族値に加え、優秀なタイプに、じめん、はがね、岩タイプの優秀な技範囲。 環境に多くいる炎水ロトムに仕事をさせず、「がんせきふうじ」などの優秀なすばやさ操作技を覚えたり、対面で多くのポケモンに有利が取れる。 勿論つるぎのまいも覚え、受けポケモンに対しても強く出ることに加え、とくせい「すなかき」での採用も多いので、刺さるポケモンの数は半端なく多く、選出の段階でかなりのプレッシャーを与えることができます。 「じわれ」「つのドリル」の一撃技もあるため、どこからでも勝ち筋を掴みやすいという所も利点。 4「ダゲキ」 ランクB 種族値 HP 75 攻撃 125 防御 75 特攻 30 特防 75 素早さ 85 合計種族値 465 第5世代が産んだ格闘兄弟「ダゲキ」「ナゲキ」兄弟の打撃のほう。 勿論三食パンチも覚えるので、環境に対応したパンチをサブウエポンにしましょう! ナゲキより耐久が少し低いが、素早さが「85」とかなりいい数字で、準速ミミッキュや最速ギャラドス、最速トゲキッスより早い。 スカーフ運用や「がんせきふうじ」などで最速ドラパルトなども抜ける。 またこの兄弟は積み技はビルドアップしか覚えないので、アーマーガアなどに「てっぺき」を積まれると余裕で積み負ける No. 5「ナゲキ」 ランクB 種族値 HP 120 攻撃 100 防御 85 特攻 30 特防 85 素早さ 45 合計種族値 465 第5世代が産んだ格闘兄弟「ダゲキ」「ナゲキ」兄弟の投撃のほう。 専用技「やまあらし」は必ずきゅうしょに当たる為、能力アップや壁展開を無視して攻撃できるのは利点 ゴロンダも覚えました笑 すばやさが遅く、ゴロンダよりちょっとだけ硬いので、ゴロンダと同じトリルアタッカーで活躍出来そうだが、先制技は覚えない。 勿論三食パンチも覚えるので、環境に対応したパンチをサブウエポンにしましょう! 特性「こんじょう」で使った方が色々使いやすそうですが、そうなるとローブシンのほうが万能です。 またこの兄弟は積み技はビルドアップしか覚えないので、アーマーガアなどに「てっぺき」を積まれると余裕で積み負ける No. 6「バスラオ」 ランクC 種族値 HP 70 攻撃 92 防御 65 特攻 80 特防 55 素早さ 98 合計種族値 460 メガギャラドスが過去の遺産になり、唯一の水タイプかたやぶりポケモンとなった。 種族値はすばやさ種族値以外は高くなく、ミミッキュを抜けるという点のみ、他のかたやぶりポケモンより少しだけ秀でている点になるが ルチャブル以外 攻撃数値は低い。 特に積み技を覚えるわけではないので、ちょっと低めの攻撃力では相手を崩しにくい。 アクアジェットを覚えたり、自己犠牲技「いのちがけ」を使える唯一のポケモンなので、受け崩しにぶっ放してサイクル崩壊を狙うこともできるが、バスラオのHP種族値はそこまで高くないし、「いのちがけ」はかくとうタイプないので「ミミッキュ」や「サニーゴ」などのゴーストタイプには無効。 7「オノノクス」 ランクA オノノクスの種族値 HP 76 攻撃 147 防御 90 特攻 60 特防 70 素早 97 平均 90. 0 計540 あり得ないほど高い攻撃種族値 147 とミミッキュを1抜ける素早さ 97 「ドラゴン」技は勿論、「かくとう」「じめん」「どく」「あく」「はがね」「いわ」などの技範囲も優秀。 さらに今作で先制技の「であいがしら」も覚え、高速アタッカーにも役割を持てるようになりました。 高い攻撃力に加え「つるぎのまい」「りゅうのまい」などの積み技も覚えるため、耐久の高い受けポケモンにも押し切ることができます。 現在の対戦環境でも見かけることが多く、攻撃力が高く、広い技範囲の受けづらいアタッカーとして活躍でしています。

次の

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

素早さ 剣盾

誰が1番「かたやぶり」? 今回は特性かたやぶりを持つポケモンを比較してみました。 「かたやぶり」とは 相手の特性を無視して攻撃できる。 「ふゆう」「ばけのかわ」「てんねん」「ちょすい」「よびみず」「ちくでん」「ハードロック」「マジックミラー」「ふしぎなまもり」などの特性を無視して攻撃を当てることができる。 現対戦環境で多い、ミミッキュの「ばけのかわ」貫通は勿論。 サザンドラの「ふゆう」、ヌオーの「てんねん」、トリトドンの「よびみず」、ドサイドンの「ハードロック」、ブリムオンの「マジックミラー」など全て貫通する。 基本的にアタッカーとしての運用が多いが、「マジックミラー」などの補助技を無効にする特性にも補助技を打つことができる面も良い。 デメリットとしてはとくせい「ふゆう」を無効にしてしまうので、ミストフィールドで状態異常が効かなくなる効果を受けない「ふゆう」ポケモンがフィールドの効果を受けるようになり、状態異常にならない。 かたやぶりポケモンを以下の順番で紹介していきます。 1「ゴロンダ」 ランクB 種族値 HP 95 攻撃 124 防御 78 特攻 69 特防 71 素早さ 58 合計種族値 495 低いすばやさ種族値 59 のため、トリルエースとしての運用が可能。 攻撃種族値 124 はかなり高く、耐久の数値も軒並み高めの数値なので、ちょっとやそっとでは落ちず、先制技の「バレットパンチ」や交代技の「すてゼリフ」で対面操作も可能です。 珍しい「かくとう」「あく」タイプで、トリル下なら「ミミッキュ」「ドラパルト」なんかにとても強い。 3色パンチも覚えて技範囲も優秀です。 「つるぎのまい」を覚えるので、受けポケモンにも強く出れます。 「ダイナックル」をタイプ一致で打てるため、ダイマックス状態なら火力を上げながら制圧することができ、トリックルームが終わっても攻撃ランクの上がったバレットパンチで活躍できる為かなりの脅威です。 先制技の「バレットパンチ」は「つるぎのまい」を積んだ状態であればミミッキュを確定1発にできます。 2「ルチャブル」 ランクA 種族値 HP 78 攻撃 92 防御 75 特攻 74 特防 63 素早さ 118 合計種族値 500 かたやぶり持ちの中でも、素早さが早い高速アタッカーです。 「ダイナックル」と「ダイジェット」をタイプ一致で打てるので物理高速抜きエースとして運用ができます。 「つるぎのまい」を覚えるので受けポケモンにも強く出ることができます。 すばやさが高い代わりに耐久が低いので、タスキを持たせたり、みがわりをバトンするなどして行動保証があると安定した活躍が見込めるかもしれません。 勿論三食パンチも覚えるので、環境に対応したパンチをサブウエポンにしましょう! No. 3「ドリュウズ」 ランクS 種族値 HP 110 攻撃 135 防御 60 特攻 50 特防 65 素早さ 88 合計種族値 508 毎度お馴染み、砂パエース「ドリュウズ」 高過ぎる攻撃種族値に加え、優秀なタイプに、じめん、はがね、岩タイプの優秀な技範囲。 環境に多くいる炎水ロトムに仕事をさせず、「がんせきふうじ」などの優秀なすばやさ操作技を覚えたり、対面で多くのポケモンに有利が取れる。 勿論つるぎのまいも覚え、受けポケモンに対しても強く出ることに加え、とくせい「すなかき」での採用も多いので、刺さるポケモンの数は半端なく多く、選出の段階でかなりのプレッシャーを与えることができます。 「じわれ」「つのドリル」の一撃技もあるため、どこからでも勝ち筋を掴みやすいという所も利点。 4「ダゲキ」 ランクB 種族値 HP 75 攻撃 125 防御 75 特攻 30 特防 75 素早さ 85 合計種族値 465 第5世代が産んだ格闘兄弟「ダゲキ」「ナゲキ」兄弟の打撃のほう。 勿論三食パンチも覚えるので、環境に対応したパンチをサブウエポンにしましょう! ナゲキより耐久が少し低いが、素早さが「85」とかなりいい数字で、準速ミミッキュや最速ギャラドス、最速トゲキッスより早い。 スカーフ運用や「がんせきふうじ」などで最速ドラパルトなども抜ける。 またこの兄弟は積み技はビルドアップしか覚えないので、アーマーガアなどに「てっぺき」を積まれると余裕で積み負ける No. 5「ナゲキ」 ランクB 種族値 HP 120 攻撃 100 防御 85 特攻 30 特防 85 素早さ 45 合計種族値 465 第5世代が産んだ格闘兄弟「ダゲキ」「ナゲキ」兄弟の投撃のほう。 専用技「やまあらし」は必ずきゅうしょに当たる為、能力アップや壁展開を無視して攻撃できるのは利点 ゴロンダも覚えました笑 すばやさが遅く、ゴロンダよりちょっとだけ硬いので、ゴロンダと同じトリルアタッカーで活躍出来そうだが、先制技は覚えない。 勿論三食パンチも覚えるので、環境に対応したパンチをサブウエポンにしましょう! 特性「こんじょう」で使った方が色々使いやすそうですが、そうなるとローブシンのほうが万能です。 またこの兄弟は積み技はビルドアップしか覚えないので、アーマーガアなどに「てっぺき」を積まれると余裕で積み負ける No. 6「バスラオ」 ランクC 種族値 HP 70 攻撃 92 防御 65 特攻 80 特防 55 素早さ 98 合計種族値 460 メガギャラドスが過去の遺産になり、唯一の水タイプかたやぶりポケモンとなった。 種族値はすばやさ種族値以外は高くなく、ミミッキュを抜けるという点のみ、他のかたやぶりポケモンより少しだけ秀でている点になるが ルチャブル以外 攻撃数値は低い。 特に積み技を覚えるわけではないので、ちょっと低めの攻撃力では相手を崩しにくい。 アクアジェットを覚えたり、自己犠牲技「いのちがけ」を使える唯一のポケモンなので、受け崩しにぶっ放してサイクル崩壊を狙うこともできるが、バスラオのHP種族値はそこまで高くないし、「いのちがけ」はかくとうタイプないので「ミミッキュ」や「サニーゴ」などのゴーストタイプには無効。 7「オノノクス」 ランクA オノノクスの種族値 HP 76 攻撃 147 防御 90 特攻 60 特防 70 素早 97 平均 90. 0 計540 あり得ないほど高い攻撃種族値 147 とミミッキュを1抜ける素早さ 97 「ドラゴン」技は勿論、「かくとう」「じめん」「どく」「あく」「はがね」「いわ」などの技範囲も優秀。 さらに今作で先制技の「であいがしら」も覚え、高速アタッカーにも役割を持てるようになりました。 高い攻撃力に加え「つるぎのまい」「りゅうのまい」などの積み技も覚えるため、耐久の高い受けポケモンにも押し切ることができます。 現在の対戦環境でも見かけることが多く、攻撃力が高く、広い技範囲の受けづらいアタッカーとして活躍でしています。

次の