ゆるキャン 3話 感想。 【ゆるキャン△】第3話ネタバレと感想!餃子をほおばる福原遥がかわいい!レシピも公開!

ドラマゆるキャン△2話の口コミ感想!3話のあらすじやネタバレは?見逃し配信についても

ゆるキャン 3話 感想

なでしこは、リンと出会ったことでキャンプに興味を持ち、転校して早々高校の「野外活動サークル」 通称「野クル」 に入っていた。 「野クル」部員の大垣(田辺桃子)と犬山(箭内夢菜)は、なでしこを連れ校庭でテントを組み立てていたが、テントのポールを折ってしまう。 その光景を見ていたリンは…。 (より) つまらない。 見れないです。 やはりナレーションがあった方が良かったのでは、、アニメとは主役も違うし。 音楽も全然違うから実写版というか全く別の番組と言われれば見れるかも。 キャストも合ってない気がする。 やっぱりどうしても実写版はオリジナルを超える事は出来ない。 福原遥ちゃんはかわいいけどぶりっ子みたいな話し方が全部の作品で一緒なので。 しっかり見れない。 内容もオリジナルのが楽しい。 実写版の特徴を出さないといけないかもしれないですが、オリジナルから見てる方が期待して見始めたと思うのですが落胆してしまうんでは、、 と思います。 二人が初めて出会ったとき、リンがなでしこに振る舞ったカレー麺のお返しにと、なでしこは坦々餃子鍋を作り始める。 無事完成した鍋を食べている最中、リンはなでしこから「野外活動サークル」(通称「野クル」)に誘われたときに嫌そうな顔をしてしまったことを謝る。 しかしそんなことは気にしていない様子のなでしこ。 なでしこはすかさずリンに、またお鍋キャンプに行こうと誘うのだが…。 (より) キャストがどう変わっていくのか成長していくのかが気になります。 今のままだと演技が下手で正直内容が入ってこないです。 実写版というのはただでさえ、否定から入る方が多いと思うのでいい意味で裏切られたぐらいの意外性などがないとヒットは難しい。 ゲストキャストを考えた方がいいと思います。 それかもう、原作無視のオリジナルを知らない方をターゲットにしたらヒットできるかもしれないです。 振り切ること。 レシピを楽しむなど違う楽しみ方かで見ればみれる。 でもそれならおぎやはぎのハピキャンとかのが楽しいのかもしれないです。 しかし、 無料になるのは最新話のみ、1週間限定です。 この期間を過ぎてしまった場合や最新話以外の放送は見ることができません! また、広告が入るのも地味にストレスです…。 それなら、『Amazonプライムビデオ』がおすすめです!! Amazonプライムビデオは、アマゾンのプライム会員限定のビデオオンデマンドサービス。 国内外のドラマや、アマゾンプライムだけのオリジナル番組なども視聴できます。 料金は年会費4,900円か、月額500円となりますが、 初回登録の人であれば30日間の無料体験が可能なんです! もちろん、アマゾンプライム会員となりますので、プライムビデオ以外の会員サービスも完全無料で利用できますよ。 無料期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。 ソロキャン中のリンのもとへなでしこがやってきて料理を振る舞い、おそらくそのまま二人でキャンプでしょうか? なでしこはまた二人でキャンプをしようと誘うそうですが、リンはきっと二つ返事で「うん」とは言わないような…。

次の

【ゆるキャン△】第3話ネタバレと感想!餃子をほおばる福原遥がかわいい!レシピも公開!

ゆるキャン 3話 感想

リン(福原遥)と「野外活動サークル」(通称「野クル」)メンバーは、それぞれの冬キャンを楽しんでいた。 高ボッチ高原に辿り着いたリン。 松本市や諏訪湖、富士山までも一望できる山頂に行ったり、キャンプサイトでスープパスタを作ったりソロキャンを満喫する。 その頃、ほったらかし温泉で湯上り後、名物の温玉揚げを食べてそのまま休憩所で寝てしまった野クル。 夕方まで寝ていた野クルは、急いでパインウッドキャンプ場へ!無事に着いた一同は、設営にとりかかる。 そしてなでしこ(大原優乃)は、煮込みカレーを作りはじめる…。 tv-tokyo. 千明はキャンプ場には昼過ぎに行く予定なのでまだ時間はあると言っている。 温泉から上がった3人はすっかり気が抜けていた。 その頃、志摩リン(福原遥)はようやく目的地の超絶景スポットで有名な高ボッチ高原に到着する。 ここでは富士山、松本市、諏訪湖が絶景できる。 頂上まで後9km。 リンは再び原付を走らせ、ついに150kmを走破する。 着いたのはいいが何もない。 リンは温泉を目指す。 温泉までは6kmある。 原付を走らせながら、頭の中は温泉に入ることばかり考えていた。 諦めたリンは温泉近くで、景色を見に行くが、曇っていて何も見えない。 地面をけるリンは高ボッチ山頂まで、400mの標識を見つけて歩いて登っていく。 1人ぼっちで高ボッチを目指したリンが山頂に着くと、 雲がなくなり、富士山、松本市、諏訪湖の絶景を見ることができて、ようやく気持ちが晴れたリンである。 リンはテントを張り、コフィル1つでできるスープパスタを作り始める。 ゆで汁が出ないのでキャンプにはお勧めのようだ。 オリーブオイル大さじ1、おろしにんにく小さじ1、他にもあらかじめ用意していた具材を入れて、リンはキャンプ料理を楽しんでいる。 パスタは標高が高いところでは水の沸点が低いので細目を使うのがポイント(ここはだいたい標高1600m)。 水が減ったら、 牛乳とチーズを入れ、最後に黒コショウを入れると完成! リンはこれまではカップラーメンばかり食べていたので今回が初めてのまともなキャンプ飯である。 リンは写真を撮ったあと食べると、うまい!寒空の下、キャンプご飯を堪能し夕方になる。 リンがなでしこにスープパスタの写真をメールすると、なでしこはメールの着信音で目が覚める。 なでしこはリンのメールを見て、おいしそうと言いつつ、寝過ごしたことに気が付く。 なでしこは千明とあおいを起こし、急いでPINE WOODキャンプ場へと向かう。 なでしこたちも景色を楽しみ、テントを張ることに。 千明とあおいがテントを張る間、なでしこは持ってきた土鍋を取り出し、晩御飯の準備。 今日の料理は煮込みカレーである。 カレーが出来上がるころには外は真っ暗になっている。 あらかじめ切って、素あげしておいた具材をルーで煮込んだ、簡単煮込みカレー。 3人がカレーを食べると、あまりのおいしさに千明がなでしこを師匠と呼ぶ。 3人は奇麗な景色を見ながら外でご飯を食べるというキャンプの醍醐味も味わっている。 千明が隠し味に気が付くと、なでしこがこのカレーには隠し味にラーメンのスープが入っていると説明する。 すると、千明は家では肉じゃが、あおいはおでんを使ってカレーを作るという。 あおいのおでんには千明となでしこは驚いている。 夜になり、2人用のテントでなでしこたち3人が寝る。 もう一つのテントは1人用なので誰も行きたがらない、しかし、あまりの狭さに3人はジャンケンをすると、なでしこが負けて1人用のテントに行く事になる。 1人用のテントに行ったなでしこがリンにメールすると、リンから寝ていると返信が来る。 なでしこはリンとメールをすると、リンから星空と夜景が奇麗だとメールが来る。 すると、なでしこは怖いながらもライトを持ち1人で夜道を歩きだす。 なでしこは夜景がきれいなところに行って写真を撮りリンにメールすると、リンも高ボッチ高原から見えるきれいな夜景の写真を撮ってなでしこに返信する。 2人は夜空を見上げていた。 スープパスタはキャンプらしからぬご馳走。 でも、なでしこのカレーも3人で楽しく食べていて、ほっこりしました。 夜景もリンの勝ちかな。 でも、夜景より、リンとなでしこの心のつながりがきれいでした。 メールっていいですね。 昔の手紙ではこうはいきませんね。 思いのほか、メールの凄さに感動しました。 今度私も誰かに夜景を送ろう!問題は、夜景と相手だ!これぞ、ゼロからのスタート。 今から探そう!とドラマを見てこんな衝動になりました。

次の

『ゆるキャン△』10話のネタバレ感想!鳥羽先生がグビ姉と身バレする!

ゆるキャン 3話 感想

そんなリンから、なでしこにメッセージとともに通行止めの写真が届きます。 なでしこの見舞いに来ていた野クル(野外活動サークル)の部長・大垣千明(田辺桃子)のアドバイスで、リンは通行止めを無視し通り抜けることにします。 リンは無事にキャンプ場に辿り着き、早速、テントを設営。 展望台に向かいます。 展望台からの夜景は美しく、リンは写真を撮りなでしこに送ります。 昼食を遅く摂ったリンは、夜は軽めに『焼き肉まん』にします。 ホットサンドメーカーの両面にバターを塗り、肉まんを挟み焼くだけです。 山ガールのお姉さん(向里祐香)に貰った焙茶を淹れ飲むと、意外と肉まんと合うことに気づき、リンはお姉さんに感謝します。 通行止めを喰らい遅れてキャンプ場に来たリンが旅下手と落ち込んでいると、なでしこから電話が来ます。 その声が、千明の声色とリンは直ぐに見破ります。 通行止めが何故通れると知っていたか、リンは千明に尋ねます。 写真を見た千明は、通行止めの理由もなく柵も端に寄せられていたことに気づき通れると思ったのです。 以前、家族と車で出掛けた時に、似たようなことがありました。 リンが感謝すると、たまにはグルキャン(グループキャンプ)も楽しいと、野クルのクリキャン(クリスマスキャンプ)に、千明は誘います。 しかし、千明はリンにフラれてしまい、なでしこが慰めるのでした。 すると、今度は斉藤恵那(志田彩良)からメッセージが届きます。 リンがクリキャンを断ったことを知った恵那は、愛犬のチワワ・ちくわが話す風の動画でリンを説得します。 「リンちゃん僕と一緒にクリスマスキャンプ行こうよ」 千明はなでしこの家からの帰り、「やっぱりキャンプ、考えとく」とリンからのメッセージを受け取るのでした。 校庭で野クルのクリキャン会議が実施され、恵那も参加しクリキャンの説明を受けます。 日程は24、25日、場所は富士五湖周辺ということは決まっていましたが、具体的にキャンプ場は決まっていませんでした。 おやつは好きなだけ持って行けました。 テントは野クルとリンのものがあり、恵那は寝袋だけでした。 恵那の買った寝袋は5万円もし、千明は衝撃を受けます。 良い経験になるからと、父親が買ってくれたのでした。 図書室のリンに、クリキャンで焚き火をやろうと、千明から購入した焚き火台の写真が届きます。 千明の中では、既にリンはクリキャンに行くことになっていました。 そんな千明にリンは「オッケー」と返します。 そんな中、図書室の片隅で、赴任して来た教師・鳥羽美波(土村芳)は部活を担当するよう説明を受けます。 リンは美波が誰かに似ていると思いつつ、思い出せずにいました。 野クルは焚き火台を使い、焚き火を始めていました。 恵那が当日のキャンプ飯のメニューを尋ねると、犬山あおい(箭内夢菜)が『歳末お客様感謝キャンペーン』のチラシを見せます。 1等の国産A5等級の黒毛和牛肩ロースが当たったのです。 なでしこと千明は大喜び、肉を称え舞うのでした。 部活の顧問に悩む美波、土日も練習ある部活だったら酒を飲み海外ドラマを観る時間がなくなると思っていたのです。 そんな時、美波は校庭で焚き火をする野クルに気づきます。 クリスマスプレゼントはお金がなく出来ないため、なでしこはおもてなしを提案します。 なでしこは、図書室のリンにメッセージを送りキャンプ場の場所を相談します。 希望は富士山が見え、芝生があり、近くに温泉があるところでした。 リンは心当たりがあり、調べておくことにします。 校庭で焚き火をする野クルを、美波が注意。 サークルの活動ということで、教師の大町に許可は取っていました。 それでも心配する美波に、大町は顧問になり監督するよう勧め、なし崩し的に顧問にさせられてしまいます。 野クルはあまり忙しくなく、美波は安心します。 すると、なでしこが美波にポーズを取らせ写真を撮影、スマホペンで眼鏡と酒を描き足します。 図書室のリンは送られて来た美波の写真を見て、四尾連湖キャンプ場で会った酔っぱらいのお姉さんを思い出したのでした。 四尾連湖キャンプ場で会ったグビ姉が、赴任して来た美波であることに、ふたりがやっと気づき、これで落ち着けます。 美波は何をするにも酒が基準で、最近、美味い酒を呑んでいない身としては、ある意味羨ましいです。 ゆるーい野クルは、グビ姉が顧問するには、お手頃なサークル。 所謂、聖職と呼ばれる教師という職を、何故、美波が選んだのか不思議ですが、酒でのトラブルを起こさないことを願います。 あの穏やかでおしとやかそうな鳥羽先生が、四尾連湖キャンプ場で飲んだくれていたグビ姉とは信じ難い! でも、なでしこが撮った写メで完全一致! クリキャンに同行する鳥羽先生ことグビ姉。 また凄まじい飲みっぷりを見せてくれるのか楽しみですね。 野クルメンバーとクリスマスキャンプをすることになったリン(福原遥)。 キャンプ当日、野クルの顧問になった鳥羽先生(土村芳)と、予定の時間より早く今回のキャンプ場である富士山YMCAに到着した大垣(田辺桃子)と犬山(箭内夢菜)。 二人は、キャンプ場近くの馬飼野牧場でジェラートを堪能する。 一方、リンとなでしこ(大原優乃)も到着し、焼きマシュマロをチョコビスケットに挟んだおやつを堪能。 そして、まだ到着していない斉藤(志田彩良)からリンに意味深なメッセージが届く…。 tv-tokyo.

次の