大石 バリー。 「あんたすげーよ」と滝口幸広さん追悼 「空耳動画」でファンが込めた思いとは: J

空耳ミュージカル 「たこ焼きライス」 [ニコニコあっぷる]

大石 バリー

来歴 [編集 ] 広島県に生まれ、から体育学部体育学科へ進み卒業する。 のには陸上競技の円盤投げ選手として出場し優勝する。 その後、陸上競技との2足のわらじを履きながら、にボブスレー日本代表入りをする。 にはのボブスレー日本代表として出場。 と男子2人乗りで結果は17位であった。 男子4人乗りは15位。 次の出場し、三浦伸二との男子2人乗りで結果は29位。 その後は、競技から身を引き、スポーツトレーナーとして活躍。 のの監督、ゲーリー・サトウ監督の下、代表チームのフィジカルコーチを9年間務めた。 現在は日本バレーボール協会ハイパフォーマンスサポート委員会トレーナーユニットユニットリーダーやボブスレー強化部長など、NF強化スタッフとしてスポーツの発展に寄与している。 現在の主な活動は、様々なアスリートのサポートの他、大学や専門学校での講義や全国各地での講演活動など精力的に行っている。 職歴・役職 [編集 ]• BIG PERFORMANCE 代表• 日本オリンピック委員会 専任コーチ• 日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟 ボブスレー強化部長• 飛翔会グループ 株 ケアウイング• 福山平成大学 非常勤講師• 広島リゾート&スポーツ専門学校 非常勤講師• ハイパフォーマンスサポート委員会 トレーナーユニット ユニットリーダー• 日本オリンピック委員会 専任メディカルスタッフ• 日本トレーニング指導者協会認定 特別上級トレーニング指導者• 日本コアコンディショニング協会 認定 マスタートレーナー• 健康運動指導士• 中学・高校教員免許 主な戦績・記録 [編集 ] 円盤投• 自己ベスト:円盤投53. 50m• 1991年 日本学生対校選手権 円盤投:3位• 1996年 日本選手権 円盤投:3位• 1996年 全日本実業団選手権 円盤投:優勝• 1996年 広島国体 円盤投:優勝• 1997年 日本選手権 円盤投:3位• 1997年 全日本実業団選手権 円盤投:優勝• 2007年 全日本マスターズ 円盤投:優勝• 2014年 アジアマスターズ 円盤投:優勝• 2014年 全日本マスターズ 円盤投:優勝• 2019年 全日本マスターズ 円盤投:優勝 ボブスレー• 1996年 ワールドカップ ボブスレー日本代表• 1997年 世界選手権 ボブスレー日本代表• 1998年 :17位 男子4人乗り:15位• 1999年 世界選手権 ボブスレー日本代表• 1999年 ワールドプッシュ選手権 ボブスレー男子2人乗り:9位• 2000年 世界選手権 ボブスレー日本代表• 2001年 世界選手権 ボブスレー日本代表• 2002年 :29位• 2014年 ヨーロッパシニアカップ ボブスレー男子2人乗り:9位 所属歴 [編集 ]• 崇徳高等学校• 東海大学• 株 アスリート• TEAM BIG STONE 代表• 飛翔会グループ 株 ケアウイング• 日本オリンピック委員会 専任メディカルスタッフ• 福山平成大学 非常勤講師• 広島リゾート&スポーツ専門学校 非常勤講師• 日本オリンピック委員会 専任コーチ• BIG PERFORMANCE 代表 関連項目 [編集 ]• 日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟• 日本バレーボール協会 外部リンク [編集 ]• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語).

次の

大石バリー

大石 バリー

空耳「大石の照り鳥」でニコ動注目 滝口さんはテレビ・舞台・映画など幅広いジャンルで活躍してきた。 とりわけマンガ・アニメ・ゲームの舞台化作品、「2. 5次元舞台」での実績が豊富で、今後も2020年1月~3月に上演予定のゲーム「A3! 」の舞台「MANKAI STAGE『A3! 』~AUTUMN 2020~」に鹿島雄三役で出演予定だった。 5次元舞台と滝口さん、インターネットにとっての特筆すべき舞台が、「ミュージカル テニスの王子様(テニミュ)」だ、この長寿ミュージカルで滝口さんは、青春学園(主人公・越前リョーマの在籍する学校)の三代目キャストとして大石秀一郎役で出演していた。 当時の出演作のひとつ「ミュージカル『テニスの王子様』Absolute King 立海 feat. First Service」の映像が2008年にニコニコ動画に投稿されると、劇中のセリフ「大石のテリトリー」が「大石の照り鳥」に聞こえると「空耳」で話題になり、ニコニコ動画上でのテニミュの「空耳ブーム」にも影響した。 滝口さん本人も、三代目大石秀一郎としてユーザーやファンに親しまれていた。 2011年の「発言」 11月15日に滝口さんの訃報が伝えられると、この動画にも追悼のコメントが溢れる。 最も多いのは「あんたすげーよ!」というもので、これは滝口さんが2011年にニコニコ動画の番組内で「ブログに『あんたすげーよ!』ってコメントしてください」と発言し、その通りに「あんたすげーよ!」のコメントがブログに多数投稿された経緯で定着したものだ。 他にも 「ありがとうたっきー 最高の大石だよ」 「大石バリー(註:空耳から派生した大石の愛称)ありがとう」 「ありがとうたっきー... これがテニミュにハマったきっかけのひとつだったんだよ... 」 などの追悼と感謝のメッセージが16日現在も溢れている。 (J-CASTニュース編集部 大宮高史).

次の

グローバリーとは

大石 バリー

来歴 [編集 ] 広島県に生まれ、から体育学部体育学科へ進み卒業する。 のには陸上競技の円盤投げ選手として出場し優勝する。 その後、陸上競技との2足のわらじを履きながら、にボブスレー日本代表入りをする。 にはのボブスレー日本代表として出場。 と男子2人乗りで結果は17位であった。 男子4人乗りは15位。 次の出場し、三浦伸二との男子2人乗りで結果は29位。 その後は、競技から身を引き、スポーツトレーナーとして活躍。 のの監督、ゲーリー・サトウ監督の下、代表チームのフィジカルコーチを9年間務めた。 現在は日本バレーボール協会ハイパフォーマンスサポート委員会トレーナーユニットユニットリーダーやボブスレー強化部長など、NF強化スタッフとしてスポーツの発展に寄与している。 現在の主な活動は、様々なアスリートのサポートの他、大学や専門学校での講義や全国各地での講演活動など精力的に行っている。 職歴・役職 [編集 ]• BIG PERFORMANCE 代表• 日本オリンピック委員会 専任コーチ• 日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟 ボブスレー強化部長• 飛翔会グループ 株 ケアウイング• 福山平成大学 非常勤講師• 広島リゾート&スポーツ専門学校 非常勤講師• ハイパフォーマンスサポート委員会 トレーナーユニット ユニットリーダー• 日本オリンピック委員会 専任メディカルスタッフ• 日本トレーニング指導者協会認定 特別上級トレーニング指導者• 日本コアコンディショニング協会 認定 マスタートレーナー• 健康運動指導士• 中学・高校教員免許 主な戦績・記録 [編集 ] 円盤投• 自己ベスト:円盤投53. 50m• 1991年 日本学生対校選手権 円盤投:3位• 1996年 日本選手権 円盤投:3位• 1996年 全日本実業団選手権 円盤投:優勝• 1996年 広島国体 円盤投:優勝• 1997年 日本選手権 円盤投:3位• 1997年 全日本実業団選手権 円盤投:優勝• 2007年 全日本マスターズ 円盤投:優勝• 2014年 アジアマスターズ 円盤投:優勝• 2014年 全日本マスターズ 円盤投:優勝• 2019年 全日本マスターズ 円盤投:優勝 ボブスレー• 1996年 ワールドカップ ボブスレー日本代表• 1997年 世界選手権 ボブスレー日本代表• 1998年 :17位 男子4人乗り:15位• 1999年 世界選手権 ボブスレー日本代表• 1999年 ワールドプッシュ選手権 ボブスレー男子2人乗り:9位• 2000年 世界選手権 ボブスレー日本代表• 2001年 世界選手権 ボブスレー日本代表• 2002年 :29位• 2014年 ヨーロッパシニアカップ ボブスレー男子2人乗り:9位 所属歴 [編集 ]• 崇徳高等学校• 東海大学• 株 アスリート• TEAM BIG STONE 代表• 飛翔会グループ 株 ケアウイング• 日本オリンピック委員会 専任メディカルスタッフ• 福山平成大学 非常勤講師• 広島リゾート&スポーツ専門学校 非常勤講師• 日本オリンピック委員会 専任コーチ• BIG PERFORMANCE 代表 関連項目 [編集 ]• 日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟• 日本バレーボール協会 外部リンク [編集 ]• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語).

次の