有隣堂 本店。 伊勢佐木町本店

有喜堂 本店 (ゆうきどう)

有隣堂 本店

有隣堂 伊勢佐木町本店 商品移動・「コミック王国」統合のお知らせ 平素より有隣堂 伊勢佐木町本店をご利用いただき、誠にありがとうございます。 2019年7月12日 金 より、「伊勢佐木町本店 別館コミック王国」を「伊勢佐木町本店」へ統合いたします。 上記に伴い、同年6月下旬~7月中旬にかけて、「伊勢佐木町本店」店内の商品配置を変更させていただきます。 商品移動の期間中は店頭の検索機をご利用いただけません。 また、Webサイト「本の在庫検索」には伊勢佐木町本店・別館コミック王国の在庫情報が表示されません。 ご不便をお掛けいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。 大変申し訳ございません。 何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 詳しい日程は下記をご覧くださいませ。 商品移動の日程 《移動の前後数日について》 ・売場の商品位置が随時異なります。 ご来店の際は、大変恐れ入りますが、売場の掲示等もご覧ください。 ・商品の運び出し・新しい位置へ陳列する作業のため、商品を探しづらくなる時間帯がございます。 お探しの商品が見つからない際は、大変恐れ入りますが店頭スタッフへお問い合わせください。 ・書籍をお探しの際は、1Fサービスコーナーもお気軽にご利用くださいませ。 医学書センターには影響ございません。 本・雑誌のご注文には、店舗受取で送料無料の通販サイト「HonyaClub有隣堂」もご利用いただけます。 取扱フロアのレジカウンターへお申し付けください。

次の

有隣堂 伊勢佐木町本店周辺のグルメ 5選 【トリップアドバイザー】

有隣堂 本店

だいしちと読む「第七有隣堂」 相模鉄道本線西横浜駅から歩いて5分ほど、「藤棚町」の交差点を中心に展開するのが、通称藤棚商店街。 今回依頼があったのは、この「藤棚町」の交差点の一角に建つ「第七有隣堂」という書店についてのもの。 「有隣堂」といえば、神奈川県下を中心に展開する大手書店チェーン。 読者の中にも、一度は利用されたことのある方がいらっしゃるのではないだろうか。 「藤棚町」の交差点に建つ、「第七有隣堂」外観 ところが、この店舗は「第七」という独自の屋号を持っている。 いったい、そこにはどんな事情があるのだろう。 そこで、同店に取材を申し込んでみた。 このお店を開いたのは、祖父にあたる故人、浅海卓 あさうみ・たく さんになるそうだ。 しかし、記録などを残していた訳ではないので、聞かされていた話の範囲でしか説明できないという。 栄一さんの母親かつ子さんと、店内の様子 まず、もともとの有隣堂は、19世紀の終わり頃に創業したと聞いているそうだ。 そして、創業者の兄弟たちが、第二有隣堂から第四有隣堂を次々に開業していったらしい。 伊勢佐木町にある、現在の「有隣堂本店」 転機はその3年後に訪れる。 1923 大正12 年9月1日に発生した関東大震災である。 震災によって店舗や書籍を焼失した有隣堂は、学校の指定図書なども扱っていたため、顧客のフォローが急務となったようである。 そこで書籍の供給体制を整えるべく、第五有隣堂から第九有隣堂までの独立した新店が、ほぼ同時に誕生したそうだ。 1923 大正12 年に発生した関東大震災直後の、関内方面の様子 「横浜市市史資料室」所蔵資料 「第四有隣堂」に勤めていた浅海卓さんは、永年番頭と呼ばれるほど信頼されていたため、新たな店を任されることになったようだ。 時期は不明だが、当時、藤棚町にあった旧制第一中学校 現、神奈川県立希望ヶ丘高校 に近い、現在の場所を選んで「第七有隣堂」を出店。 資本などの提携はなく、完全に独立した店舗だったとのこと。 名だたる進学校で学ぶ県下の秀才たちが、まるで下宿先のようにこの店で過ごしていたという。 紙の原料である木をモチーフにした、同店のカバー類 しかしこれらの各店も、戦時中の横浜大空襲によって焼失。 再建したのは、本店の系列を除いては、唯一「第七有隣堂」だけとなってしまったようだ。 残念ながら、栄一さんが把握できているのはここまでとのこと。 そこで、有隣堂本社にご協力をいただき、もう少し詳細な経緯を調べてみることにした。

次の

有隣堂 伊勢佐木町本店・医学書センター(横浜市中区伊勢佐木町)|エキテン

有隣堂 本店

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 横浜市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 人気の料理• ホテル周辺• 観光スポット周辺• 鉄道駅周辺• 大学周辺•

次の