サーカス tc グランド シート。 サーカスTC DX ハーフインナーセット使用レビュー

テントのグランドシートは安いシートで自作するのがおすすめ!大きさや使い方を詳しくブログで紹介。 : Kutikomi

サーカス tc グランド シート

新しくテントを購入したらグランドシートを一緒に購入されるか、自作されることをおすすめします。 「グランドシートは絶対必要」 テントを設営する時は、グランドシートを必ず敷いて予防するのが大事。 グランドシートの役割は雨のしみ込みを防いだり、テントの底の痛みを保護します。 「グランドシートは、とても重要な役割をする」 地面に石など、とがった物があるとグランドシートを敷かないと、テントの底が破れるおそれがありテントの底が痛んできます。 「せっかく購入されたテントが傷むと、もったいないです」 一度破れたり傷んだりすると修復するのが大変なので、必ずテントの下にはグランドシートを敷くことをおすすめします。 今回は、グランドシートの必要性からグランドーシートの大きさ、使い勝手などを詳しくブログで紹介したいと思います。 せっかく購入したテントが、ボトムの痛みや破れで使えなくなるのは、とてももったいないです。 テントによって、専用のグランドシートがある物もあります。 ただ、専用のグランドシートは値段が高いのでおすすめできません。 「専用のグランドシートは、高価なので購入する必要はない」 専用のグランドシートは、値段が高いので購入する必要はないと思います。 ブルーシート・グリーンシート・シルバーシートはグランドシートとして代用ができ、 ハサミで切ってもほつれないのでとても便利。 グランドシートは、テントのボトムより少し大きめに切って、ボトムの下に織り込みます。 「テントのボトムより 小さく織り込むことが大事」 グランドシートをテントのボトムより小さく織り込むことによって、雨がボトムとグランドシートの間に入ってこないようにします。 グランドシートとボトムの間に雨水が入ると、最悪テントの中まで雨水が染み込む可能性もあります。 下記の写真を見ていただくと、テントのボトムより、グランドシートを小さく織り込んでいるのがわかると思います。 「グランドシートを自作するポイント」 グランドシートは、雨水が入ってこないようにボトムより少し大きめに切って、小さく織り込んで下さい。 「四角いグランドシートの形でOK」 テント下にグランドシートを織り込むので、グランドシートをボトムの形にしなくてもよく、 四角い形にグランドシートを切っても大丈夫です。 まとめ: 基本、グランドシートはテントのボトムより、小さ目のサイズにします。 そうすることによって雨の侵入を防ぎます。 特に雨の時は、しっかりとボトムの下に織り込まなければ、雨水が染み込んできます。 古いテントを使用している方は、テントのボトムの性能が落ちているので、ブルーシートよりシルバーシートの方がおすすめ。 我が家がおすすめするのは、生地が分厚いシルバーシート シルバーシートは、ボトムの保護や雨の侵入にもっとも適していて、効果的だと思うのでグランドシートとして安心して使って下さいね! 以上、「テントのグランドシートは安いシートで自作するのがおすすめ!大きさや使い方を詳しくブログで紹介」でした。 Check!

次の

サーカスTC|tent

サーカス tc グランド シート

ハーフグランドシートであれば、3畳のサイズがベスト 私は半土間スタイルでキャンプをしていますので、半分は地面、半分はブルーシートです。 無駄なスペースなく全面を埋めたい場合は、大きいブルーシートを図面に沿ってカットする必要があります。 もちろん、ブルーシートは長方形なので、ハーフの場合も端までピッタリ埋め尽くすのは無理ですが、端は靴置きにしたり、地面に置ける荷物を置いたりすれば、全く気になりません。 私が使っているブルーシートは取り扱いがなくなってしまいましたが、類似品はこれです。 後述しますが、ブルーシートと言えど、色はブルーじゃない方がいいと思います。 この3畳サイズでサーカスtcの半分を敷き詰めるのに丁度良いサイズです。 五角形という構造上、半分であれば長方形で十分快適な空間が作れます。 残り半分、地面の部分はコットを置いているので、腰掛ける場所として活用しています。 暗い色のブルーシートを選ぼう 「ブルーシート」と言う表現が正しいのかは分かりませんが、 ブルーシートの色は暗めがおすすめです。 なぜなら、 ブルーシートを地面に近い色にすることで、その上に置くものが映えるからです。 上に置くものと言うのは、例えばラグマットやストーブ、テーブル等です。 ブルーシートの色が地面の色に近いと、地面と連続しているように見えるため、地面の上に直接ものを置いているように見えます。 そうすることで、ブルーシートが変に目立たず、自然な空間を創出することができます。 一般的なホームセンターではあまり暗い色のブルーシートは売っていませんが、インターネットであれば簡単に手に入ります。 送料がかかってしまうので少し割高になってしまうこともありますが、 どうせならテントにマッチする色合いの方がいいですよね。 芝サイトの時は緑!という具合に使い分けていたら物凄い拘りですが、そこまでするのは流石に難しいでしょう。 スポンサーリンク 同サイズ、または一回り小さいラグマットを置こう グランドシートの代わりにブルーシートを置いたら、上にラグマットを置きましょう。 ラグマットはブルーシートと同じサイズか一回り小さいサイズがおすすめです。 私は一回り小さいサイズを使っていますが、特に不便を感じたことはありません。 同じサイズは空間を最大限活用できるメリットがありますが、端が汚れやすいというデメリットもあります。 しかし、同じサイズであれば3畳ぴったりなので、探しやすいというのもメリットです。 私が使っているのはアウトドアショップのワイルドワン wild-1 でたまたま見つけたので、同じものは見つかりませんでしたが、似たようなものであれば探せばいくらでも出てきます。 3畳のマットは色々なデザインがあるので、自分の好みのデザインを選べば良いと思います。 ラグマットを敷くのはデザイン面もありますが、冷気を遮断する目的もあります。 ブルーシート直接では非常に寒く、ローチェアを置いても物凄く冷えます。 ブルーシートは肌触りも良くないので、快適な空間を作るにはラグマットは必須と言えます。 まとめ。 サーカスtcに限らず、グランドシートは工夫次第! グランドシートはどのテントも純正のものが売っていますが、ブルーシートで代用可能な部分が多いです。 もちろん、ブルーシートを活用する場合は、 本当のジャストサイズにならなかったり、耐久面や冷気遮断効果で差が出ることは考えられます。 また、純正のグランドシートはぴったりサイズになっており、無駄な空間なく、サーカスtcの魅力を最大限に活かすことができます。 もしお金に余裕があるのであれば、純正グランドシートを購入して二つ折りにするというのが一番手っ取り早いかもしれません。 しかし、 グランドシートも純正品は決して安くなく、新しくテントを買った時にはその出費が響く場合もあります。 日用品で代用できる場合はフル活用して、出費を抑えたいところです。 グランドシートは純正品ではなくても大きな問題はない場合が多いので、ブルーシートを活用してみてはいかがでしょうか。 日常の知恵で工夫するのも、キャンプの醍醐味の一つだと思います。

次の

【設営レビュー】テンマクデザイン【サーカスTC DX】+【焚火タープTC コネクトヘキサ】を連結張りしてみた!!使い勝手と注意点は?

サーカス tc グランド シート

過去モデルとの変更点• 2018年生産モデル• 出入り口のファスナーを凍結等に強い「」に変更• 2017年生産モデルの変更点• 張綱は「白」自在は「赤のアルミ自在」に変更• スカートのペグポイントが、3箇所 両端と中央 から2箇所 両端 に減った 本当に人気のテント 2018年の2月に、森のまきばにキャンプに行った時には、かなりの数のサーカスTCを見かけました。 奥の一角などは、15個あるテントのうち、6個がサーカスでした。 ここまでの人気なのか!と驚きました。 2月の森のまきばは「フリーサイト」「冬キャンプ」ということで、こだわり抜いたソロキャンパーの方々が多かったです。 これだけ多くの玄人に支持されているということは、使いやすいテントであることは間違いないです。 ソロでもファミリーでも使えるサイズ サーカスTCは、サイズ感が絶妙です。 ソロで快適に使える• ファミリーでも使える ソロキャンプに最適なサイズ ソロキャンプならコットを置いて、テント内にリビングスペースを確保することができる広さです。 キャンプ用品をテント内に収容することができます。 設営手順の詳細は、に掲載されています。 二股ポールでセンターポールを排除 DODから販売されている、二股のセンターポール「フタマタノキワミ」を使うことで、センターポールを排除することができます。 DODの「フタマタノキワミ」をサーカスTCに使ってみた 傾斜がある場所は左右の高さの調整が必要だけど平坦だと付属のポール全部使って丁度いい感じ 中央のポールが無くなると広く使えるからサーカスTCにはマストアイテムになると思う ホントDODは素晴らしい企業だわ — あかぎ akagi819 フタマタノキワミの付属のポールをすべて使って、サーカスTCのサイズにちょうど収まるとのこと。 また、他の口コミでは「一方は全部繋げて最短、もう一方は一本抜いて最長」という方もいます。 地面の状況に応じて高さを調整すれば使えますね。 そこそこのお値段ですが、センターポールを排除することで、かなり内部のスペースが有効活用できるようになります。 タープを連結して設営• ハーフインナーを使う シッカリ乾燥させないとカビる ポリコットンの生地は、水を含むため、テントを乾燥させるのに時間がかかります。 雨に打たれた• テント内が結露した という時には、家に帰ってから、再度乾燥させると安心です。 乾きが甘い状態で保管していると、テントにカビが生えてしまいます。 その点は注意が必要です。 まとめ テンマクデザインのサーカスTCに思いを馳せてみると、人気が出る理由が分かりました。 3万円ほどで手に入るポリコットンのテント• コストパフォーマンスが良い!• デザインも良い• 冬に活躍、夏でも快適• ソロで快適、ファミリーでも使える• 防災の備えにもなって安心。

次の