絵 描き方。 初心者が陥りがちな誤った髪の描き方と解決法

初心者が陥りがちな誤った髪の描き方と解決法

絵 描き方

あなたは大丈夫? 違和感がある髪の描き方 初心者が陥りやすい「髪の毛の違和感」を4つ上げてみました。 あなたは当てはまりますか? ボリュームがない 頭蓋骨の形を意識せず描いたときに起こります。 頭部がえぐれて、顔が突き出して見えるような違和感があります。 ボリュームがありすぎる 頭蓋骨の形を意識しすぎたときに起こります。 「頭蓋骨があって、髪があって、その間にはなんとなく空間があって、だから髪の毛は盛り上がるはず……」と無意識に思っているうちに形が大きくなってしまいます。 顔と髪の向きが合っていない 顔が左斜めを向いていますが、サイドの毛量のバランスから 髪の毛だけ正面気味に見えます。 髪型に意図がない限り不自然な髪型です。 毛の流れが垂直すぎる 髪が不自然に垂直で 生え際がないです。 違和感のない髪の描き方 それでは上記のようなミスはどうやったら防げるのでしょうか? 大切なのは 頭蓋骨の形と生え際(髪の毛の生え方)を意識することです。 「ボリュームがない」の画像を例に、頭蓋骨の形を描いてみます。 頭蓋骨に赤線を引いてみると一目瞭然ですね。 後頭部が陥没しています。 頭部の形が決まらないと感じる人は、坊主頭の 人間にかつらを被せるイメージでアタリを取ると良いでしょう。 それでは描き方の工程を押さえましょう。 坊主を描く はじめは髪を描かず、坊主の状態を描きます。 参考:頭部の形の取り方について link 2. 髪型のアタリを取る 次に髪型のアタリを取ります。 生え際の位置も決めておきましょう。 男性は天然パーマ気味のショートで、女性は直毛気味のショートを想定します。 カツラを被せる 最後にカツラを被せるように髪の毛を描いて完成です。 描画しやすくなる髪の描き方 描き方の工程は分かったものの実際に描くと、髪の流れがよく分からないと思います。 そこで、 1. 生え際を分けて考える 2. 矢印で髪の流れ決める の手順を押さえることで描きやすくなります。 生え際を分けて考える 髪を描画しやすくする方法として、生え際を• フロント• サイド• もみあげ• バック• 襟足 の 6つに分けるのをオススメします。 色が付いている部分から髪の毛が生えているのをイメージしましょう。 矢印で髪の流れを決める 上記で 色分けした部分を元に、矢印でざっくり髪の毛の流れを決めると描きやすくなります。 [ どの髪型を描く場合でも、 生え際の意識は共通なので使いまわせます。 最初の段階で矢印を描くのが難しい方は、 1. 髪の毛のアタリを取ってから生え際を定め直す 2. 矢印を引いた後に流れを微調整 といったように「自分の絵に自分で赤入れする」のも良いでしょう。 応用編:髪を描く考え方 次は応用編として、髪を描くときに知っておきたい考え方をご紹介します。 髪の生え方を考える 初心者にありがちなミスとして「つむじ1点から髪の毛が生えている」ことがあります。 正しくは、生え際は様々な箇所にあるので 「つむじを中心に放射状に生えている」ことを意識すると自然な髪型になります。 特にくせっ毛やショートヘアを描くときに 、この構造を理解していると髪の毛の流れに困らないです。 頭部がえぐれて見える場合も、この「つむじ1点から髪の毛が生えている」パターンが当てはまることがあります。 頭皮と髪のアウトラインの隙間を考える 長髪でストレートだと、 生え際の意識が無くなりがちです。 基本は 「髪の毛は頭部全体から生えている」ことを意識して、生え際に膨らみが生じることを覚えておくと良いでしょう。 例えばこのように、一本一本の髪の毛は毛穴から直接下に垂れ下がっているのではなく、毛根近くは皮膚に対して垂直気味に生えています。 よって 頭皮と髪のアウトラインの間に空間が生まれるのです。 髪の毛の描き方まとめ これまで紹介した事項をまとめると 1. 頭蓋骨のかたちを描く 2. 髪の毛の生え際に沿って矢印の流れを作る 3. 毛の流れに沿ってカツラを被せる要領で髪を描き込む を順を追って制作すると、比較的まとまったイラストに仕上がります。 特に髪の毛の生え方は規則的な部分なので、構造を知っておくと「何かが違う」曲面に遭遇したときに、どこが間違っているのかの答えを見つけやすくなるので覚えておきましょう。

次の

『超』初心者さん用!簡単イラスト描き方講座〈はじめに〉

絵 描き方

うーん…これは合う人と合わない人にクッキリ別れる本かも。 この本はいわば 「毎日当たり前のように10km走ってるけど最近つらくなってきた」 「毎日当たり前のように10km走ってるけどいまひとつタイム伸びない」 「毎日当たり前のように10km走ってるけど今の走り方で入賞できるか不安」 そういう悩みを抱えてる人に「こんなフォームで走ってみたらどうかな」とアドバイスする本であって……。 「つらくてつらくて1kmも走れない、練習続かない」人につらくならない方法を教えてくれる本じゃない。 「ダイエットのために運動しなくちゃ、だけどつらくて続かない」 「楽しく運動できるようになりたいけど運動が苦痛で苦痛でしょうがない」 「運動しても痩せなかったらどうしようと考えると動けない、私にとって毎日1時間の練習は毎日監獄に入るようなもの、そんな苦しい思いを何年やっても痩せなかったらと思うと一歩も動けない。 楽しそうに運動して痩せてる友人を見ると嫉妬で気が狂いそうになって毎日悶々としていて苦しい」そういう悩みを抱えている人には向かない。 もっと言えばこうだ。 「ヘイユー!マラソンの練習がつらいって? だったら今日は焦らずじっくり筋トレしようぜ! 派手にブレイクダンスして気分転換するのもいいな! 運動の悩みは運動で解決だ!」と言われて「やってみよう!」と思える人はこの本向いてる。 「筋トレもダンスも運動すべてがつらいんだよ、だからつらくならない方法を聞いてるんじゃねえかコンチクショー!」と思う人はこの本向いてない。 「絵を描くこと自体好きじゃないけど自分の空想を形にしたい。 ドラえもんのマンガ製造箱があればいいなっていつでも思ってる。 だけどないから自分で描くしかない。 でも描くのがつらい、苦しい、続かない。 自分のヘタクソな練習絵を見るだけでグチャグチャに破いて捨てたくなる。 そういう話をすると周囲の人は『本当は賞賛が欲しいだけで絵なんてどうでもいいんじゃない』って言うけどそんなことない。 だって勉強やスポーツができる友だちを見ても全然嫉妬しないけど、絵が描ける友だちだけは腕を食いちぎってやりたいほど憎たらしいもの。 どうしよう、どうしたら描くことが楽しくなるの。 どうしたらつらくってキャンバスから逃げちゃって一枚も描けない状況から脱出できるの。 楽しく描くことが永遠にかなわぬ夢ならいっそのことジェイソンステイサムが毎日銃をつきつけて絵の練習を強制してくれたらいいのにって思う」 ……この本のタイトルに釣られるのはそういう人が多いと思うので、次回はぜひそういう人向けの本を作ってほしい。

次の

【ひまわりの絵の描き方】水彩絵の具で描く簡単な書き方を解説

絵 描き方

デッサンはこの本で一通り学べば上手くなる気がする この本、すごくやさしく描かれていて、めちゃくちゃわかりやすいんです。 何ごともそうだけど、とにかく基本的なところをおさえないと上達ってないですよね。 一つ一つの内容はシンプルで簡単そうに見えるんだけど、実際に描いてみると自分の中のクセみたいなものを感じます。 今後はそれをいかに排除していくかですねぇ。 上達のコツは基本をおさえて練習を繰り返すことですが、この本を最後までやりきったら普通に上手くなる気がします。 この本は以下の6つの章で構成されます。 絵の描き方を知ろう• 線を描いて表現しよう• 平面的な絵を描こう• 人物を描こう• 立体的な絵を描こう• 情景を描こう 章を進むにつれてだんだんと難易度も増していきますが楽しい! UdemyのThe Ultimate Drawing Course - Beginner to Advancedの方はもう少しテクニカルっぽいことも話していたので、この本で学びつつ、Udemyも活用していこうかなと。 は英語教材なので、最初は結構頑張って勉強していたのですが、最近は実験的に字幕も出るようになったので学習も捗ります! 「伝わる絵の描き方」は絵を描きたい人にも役立つし、子供に絵の描き方を教えたい人にもいいですよ!.

次の