菊池 風 磨 sixtones。 SixTONESの彼女・熱愛情報まとめ【好きな女性のタイプは?】

KAT

菊池 風 磨 sixtones

ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr. チャンネル」。 現在、Snow Man(水曜)Travis Japan(木曜)SixTONES(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。 そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、8月2日~7日公開の動画をチェックします! 「蓮とビス」Snow Man・向井の参加でコントが成立 通常の「Jr. チャンネル」は、月・火曜日以外にそれぞれ5グループの動画がアップされているが、7月29日より5組出演の特別企画「蓮とビス(はすとびす)」がスタート。 「7夜連続」と打ち出したわりに更新が遅れて1日2本になる回もありつつ、8月4日分をもってついに完結した。 前回の記事にて、筆者は4話までの感想を「意味がわからない」「カオス」と、やや否定的に表現していたが……。 最後まで見た現在の心境は、正直言って「これなら全員で普通にフリートークやゲームをした方が良かったのでは……」と、モヤモヤした気持ちが残ってしまった。 そもそも、これは「ドラマ風?ワンシチュエーションコメディー!」と銘打ったもので、「稽古なし、リハーサルなしのいきなり本番収録スタイル」で撮影が行われたという。 物語の設定は「ちょっとだけ未来の東京・葛飾区に存在するカフェでのお話」で、Snow Man・深澤辰哉はカフェのマスター、SixTONES・ジェシーがカフェのアルバイト役を演じている。 1~4話は、タイトルの「西部劇を愛する葛飾ウエスタン高校」「筋肉を愛する墨田スクワット体育高校」「波を愛する江戸川サーフィン水産高校」「足立油田高校…おぼっちゃま兄弟現る!」に沿って、SixTONES、Travis Japan、Snow Manメンバーがユニットの超えた組み合わせで登場していた。 ストーリーの合間には、ミニゲームも盛り込まれており、4話に出てきた美 少年(渋谷区生まれのイケメンアイドル・シャイニーズ役)が、自分たちの動画で過去に行ったドゥビドゥバドゥゲームを楽しむ姿も。 そして、5話はカフェのバイトを演じるSnow Man・向井康二が「ふっかさん、カメラOKです」と、何やらカメラをセッティングするシーンから始まり、お客さん役のTravis Japan・中村海人、松倉海斗、松田元太、宮近海斗、吉澤閑也、Snow Man・宮舘涼太の会話パートへ移行する。 この後、カフェ内ではバイトの面接を実施するとのことで、「何ができる人探してるんですか?」(宮舘)と聞かれた深澤は、言いづらそうに「編集」「編集っていうか。 まぁ、パソコン?」と、返していた(ここで深澤が『編集』の言葉を誤魔化した理由は、後に公開される動画内で判明する)。 まずやって来たバイト候補者は、やたら声の大きいSnow Man・佐久間大介。 現場のカフェはシンプルでオシャレな内装だが、「佐久間くんがうちで働くと、メリットってあるのかな?」(深澤)の質問に対し、「僕は、ここをメイドカフェにしようと思っています!」(佐久間)と的はずれな回答。 すかさず、向井は「絶対アカンやん!」と吠え、メイドカフェに乗り気な深澤が「お帰りなさいませ、ご主人さま~!」とメイドになりきった時も、「もう実践してる!」とツッコミ。 関西Jr. そんなバランサーの向井も、次のバイト志望者・Snow Manの阿部亮平が入って来た際は「店長は僕です」とボケをかますなど、笑いに貪欲な姿勢が微笑ましい。 以降、面接の場面も「阿部くんは、メイドの経験ってある?」(深澤)「あるわけないでしょ」(向井)「2年ほど」(阿部)「あるん!? 」(向井)「うちはまぁ、見ての通りメイドカフェなんだけどさ」(深澤)「えっ、どこがですか?」(向井)と、向井効果でテンポの良いラリーが続く。 最後のTravis Japan・七五三掛龍也も含めて3人がバイトに受かると、8分頃からは、もはや「Jr. チャンネル」レギュラー・ノニジュース(においの強い健康ドリンク)を賭けた一発芸大会に発展。 コメント欄やSNS上では、「SixTONES推しだけど、これまでの回で1番コントとして成り立ってて面白かった。 Snow Manスゴい」「視聴者を置いていかない笑いで面白かった! 向井くんいいね!」「康二いるからか、コント感があって見やすかった」「トラジャも萎縮してないし、適度な後輩感が可愛い。 スノトラ、もっとコラボしてほしい!」と、高く評価されていた。 5話の再生回数は9日時点で38万台。

次の

「メンバー違くない!?」「正直喜べなかった」、Sexy Zoneが結成当時の心境を赤裸々に明かす|ジャニーズ研究会

菊池 風 磨 sixtones

One night 引き金すらも 気付かず引いていた If I could tell you「 sorry... 」 Tonight 止まることなく刻みつづけた秒針 巻き戻せたら Baby 抱きしめていても 唇を重ねても oh... why? 本当のあなたはどこ? Maybe 名もなき感情の色は 混ざり合い濁って oh... I'm missing you Baby let you go your own way あなたのことを想っても But... but... but... Sorry baby But.. but... but... 今さら Don't lie to me 素直な気持ち話してよ But... but... but... I might be the one who isn't honest enough I love you but... Down... down... down... Love you but... Down... down... down... And down... down... down... I might be the one who isn't honest enough I love you but... Down... down... down... Love you but... Down... down... down... And down... down... down... I might be the one who isn't honest enough Last night 「わからなくなった」って 言われて気付いた If I could tell you「 sorry... girl」 To love 何とかするよ あの日の秒針はまだ動かないけど Baby すぐ隣にいるのに こんなにも遠くて oh... why? もう触れられない? Maybe 名もなき感情の音が 鳴り止まなくなって oh... I'm missing you I'll be fine on my own, you won't have to worry anymore But... but... but... Sorry baby But... but... but... 今さら Don't lie to me 素直な気持ち話してよ But... but... but... I might be the one who isn't honest enough Yeah... Don't let me go baby... The more I love, the more it hurts あなた以外誰もいないよ Love you... Love you... But I don't know what I think of you Hey,baby? 今はまだmy lady... だけどmaybe このままじゃそう lazy あなたから見る僕はso crazy? あなたから見る空はどう? hazy? 交錯する想いの中で 捜索する気持ちもどこかで 一挙手一投足 拘束 なんてどうかしてるのは確かで... Baby let you go your own way あなたのことを想っても But... but... but... Sorry baby But.. but... but... 今さら Don't lie to me 素直な気持ち話してよ But... but... but... I might be the one who isn't honest enough I love you but... Down... down... down... Love you but... Down... down... down... And down... down... down... I might be the one who isn't honest enough I love you but... Down... down... down... Love you but... Down... down... down... And down... down... down... I might be the one who isn't honest enough.

次の

【夢を叶える名言集】菊池 風磨

菊池 風 磨 sixtones

Smile Up! Project 〜リモート夜会〜 菊池風磨・田中樹・渡辺翔太 まずはじめは、お互いの第一印象について。 菊池と田中は2008年4月入所の同期。 当時、菊池家のFAXの故障によりオーディション参加のタイミングを逸した菊池だが、一週間後に再び届いたFAXによって参加、無事に4月27日入所となったという。 自身より入所が一週間遅いことから「だから敬語じゃないとオカシイんだよね? これはね」という田中に、「いやぁ(笑)。 気持ち悪いだろ、俺がおまえに敬語でしゃべってたら」と菊池。 冒頭から息の合った、いかにもな同期トークだ。 続いて、田中から「渡辺が俺らの5~6年くらい後輩か」と振られると、「そうだねぇ」と渡辺がほのぼのとしたトーンで参戦。 菊池25歳、田中24歳からのキラーパスに「ごめんごめん……どっちにのればいい?」と、2005年入所、27歳の渡辺は早くも翻弄されていた。 実は3年先輩の渡辺、当時の一番大きな仕事は修二と彰「青春アミーゴ」のバックダンサーだと明かすと、「全然テレビでみてた」という菊池に、田中も「そうそう、俺らその世代だよね!」。 菊池から「(本当に)いた?」とまたしてもいじられていた。 話題はジャニーズJr. 時代の思い出へ。 Hey! Say! JUMPのバックダンサーで大阪遠征となれば、気合が入ったという菊池。 「東京ジュニアとしてのプライドを持ちつつ、関西ジュニアどんなもんじゃい! と。 肩でも風切ってさ、大阪入って、いざ会場つきましたってなった時の、アイツらの衣装のいかつさハンパなくない?」と、現ジャニーズWESTのメンバーが着ていたファーつきの衣装に圧倒されたという。 「東京では(森本)慎太郎しかつけられなかったじゃん」と振り返る菊池に、「あいつ当時小学生だったけど仕切ってたよね」と田中も共感する。 ここから、渡辺が所属するSnow Manが昔は怖かったという話題に。 「今のSnow Manはみんな怖かったよ」と田中。 菊池も「イキってたもん確実に」と頷くと、いまはみんな優しいと言い「どうしちゃったの?」「思い出せよあの時を!」と煽れば、田中も「もっとガッとガッと来いよ」と乗っかる。 手を叩いて笑っていた渡辺は、「怒ることがカッコいい」という風潮があったと明かした。 粋がっていた胸の中には、菊池や田中の世代はマイクを持たせてもらえるメンバーが多かったことから、羨ましさもあったと赤裸々に告白。

次の