香典 の 代わり。 家族葬における香典とお花代のマナー

香典》お香典・御香典/表書き/葬式/法事法要/金額相場/渡し方/新札/郵送

香典 の 代わり

・香典を渡すまでの関係じゃない ・渡すタイミングを逃してしまった ・気持ちだけお供えしたい 香典を渡すまでの関係じゃない 香典(お金)を渡すまでの関係ではない。 渡す相手の関係性によって、お金を渡すよりお供え物を贈った方が良い場合ものあります。 送り手としても気が楽。 渡すタイミングを逃してしまった 不幸の知らせを教えてもらったものの、遠方だったり、諸事情があって通夜や葬式に出れなかった。 香典を渡すタイミングを逃してしまった場合です。 今更香典を渡しても…。 そんな風に思う人も少なくないはず。 気持ちだけお供えしたい 葬儀に行くほどじゃないけど、昔お世話になった人だから気持ちだけでもお供えしたい。 そんな時もありました。 香典だと相手に気を遣わせるかもしれないからお供え物で渡しました。 香典以外の贈り物4選 香典以外のお供えものは何があるのでしょうか? 私が実際に贈ったも4つのお供え物です。 ・宗派 ・地域性 宗派 宗派によって渡してはいけないものがあります。 それは、 線香です。 線香の紹介でも少し書きましたが、キリスト教・神式の場合は線香は贈れません。 というのは、 キリスト教や神式では線香を使うことがないからです。 無宗派と言う場合も同じく線香は避けた方が無難。 線香は仏教だけです。 地域性 住んでいる場所によって違う場合があります。 私の地域ではお供え物は特にないですが、香典は中袋を使用しません。 お供え物を贈る前に、出来ることなら身近な人に聞いた方が良いですね。 時期がずれても香典を渡す場合もある お葬式が終わって、時期がズレても香典を渡したこともあります。 それは、 相手との関係性からです。 『昔、すごくお世話になった。 』 『現代も付き合いがあった。 』 自分自身が渡したい、渡すべき。 と思う相手は必ず葬儀が終わって渡すタイミングを逃したとしても香典を渡しました。 やっぱり 相手との関係性が香典を『渡すか』、『渡さないか』の決め手となりますね。 最後に 香典以外の贈り物はいかがだったでしょうか? 参考になれたら幸いです。 友人の身内の不幸となると、失礼なことにならないよう気を遣いますよね…。 特に香典以外となると、何を贈っていいか悩んでしまうのは確かです。 相手に重荷にならない程度の物を選んで渡せると良いですね。

次の

家族葬で香典を辞退された時の代わりとは?オススメや渡し方も紹介|終活ねっと

香典 の 代わり

………このページの内容……… 1. 香典とは 2. 死亡の連絡がきたら 3. 香典のマナー(不祝儀を贈るときの注意とポイント) 4. お供物、供花を贈る 5. お香典の相場(香典料の金額のめやす) 6. 香典は、通夜または葬式(葬儀)のいずれかに持参します。 御香典を入れる熨斗袋の表書きや、のし袋そのものも宗教によって異なるため(例えば蓮の花の絵が入っているものは仏教にしか使えません)、もし先方の宗教がわからない場合には「御霊前」と書いたものであれば、たいていの宗教(の通夜・葬儀・告別式)に用いることができます。 また、御霊前は、通夜・告別式のいずれでも使えます。 上記では、急なご不幸があった場合など、どうしても先方の宗教がわからないというケースに無難な書き方として「御霊前」という表記を紹介していますが、浄土真宗に関しては、「御霊前」の表記は使えません。 他にもキリスト教なら「御花料」など(詳細は下記の、3. 一般的には忌明けの頃に送られるようです。 2.死亡の連絡がきたら(訃報を受けたら) 故人や遺族とのおつきあいの深さにより弔問の時期や方法が違います。 親しい友人や近い親戚の場合はできるだけ早くかけつけます。 一般的な友人、知人、会社間系の場合は、通夜以降に弔問する方が良いでしょう。 連絡を受けたら、お悔やみを述べるとともに、通夜、告別式の日時、場所、宗教を確認することを忘れないで下さい。 香典は通夜または葬儀のどちらかに持参します。 もし通夜のときに香典を持参した場合には、葬儀では記帳のみを行います。 葬儀またはお通夜のいずれにも参列できない場合や、勤務先など仕事関係者は弔電を打ちます。 下記で香典のマナーをご紹介します。 ・会社関係者 ・一般的な知人や友人 の場合には、むしろ準備が整った後、通夜の席に弔問する方がよいでしょう。 基本的には断らないのがマナーです。 顔にかけた白布は遺族がはずすので、勝手にとらないこと。 遺族が白布をはずしたら故人に向かって手を合わせ冥福を祈ります。 通夜または葬式の香典は別途現金書留などで送るようにします。 宛先の名前はフルネームにします。 NTTの電報は115。 【香典を送る・郵送時のお香典の入れ方】 現金を香典袋に入れ、表書きを通常の不祝儀袋と同様に書きます(例えば上段を御霊前、下段を佐藤一男)。 上記香典袋をそのまま現金書留の専用封筒に入れます。 便箋にお悔やみの手紙を書き、これも現金書留の封筒に入れ、郵便局の窓口などから送ります。 【遺族への手紙の書き方文例(お悔やみの文面)】 突然の訃報に驚いております。 遠方のためご葬儀に参列できず申し訳ございません。 ご遺族の皆様に心よりお悔やみを申し上げますと共に、私も遥かな地より故人の御冥福をお祈りしたいと存じます。 なお、弔電は友引でも送ってかまいません。 3.香典のマナー(不祝儀を送る時のポイント) 不祝儀の表書きの書き方は宗教によって変わるので最も難しいといえます。 どうしても葬儀や通夜に出席できずに郵送で送る場合は、弔電を打ち、現金書留で香典を送ります。 必ずお悔やみの言葉を書いた手紙を添えましょう(香典郵送のしかたは、上の項でご説明しています)。 会葬者名簿にも同じように書きます。 会葬者名簿にも同じように書きます。 もし上司の名刺を預かっていれば、その名刺の右上に「弔」と記し、左端か下隅に「上司の代わりにご会葬をさせて頂きます。 鈴木花子」と小さく書き添えて受付に渡しましょう。 先方の宗教がわからないときに、どんな宗教でも使え、通夜でも葬儀でも使える表書きは「御霊前」です。 現代ではこだわらないという考え方もありますが、ご遺族の中には年輩の方もいらっしゃいますので旧習に従ったほうが無難でしょう。 新札しか持ち合わせがないときには軽く折り目をつけてから香典袋にいれます。 水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを用います。 おつき合い上、今後また使うこともあるかと思いますし、薄墨専用の筆ペンも市販されていますので一本常備しておくと良いでしょう。 その場合には「御花料」を。 中心に来るようにバランスよく配置しましょう。 会葬者名簿にも同じように書きます。 どうしても一行に収まらないばあいには、行を分けて書くことになりますが、氏名は中央にくるようにします。 会葬者名簿にも同じように書きます。 その場合、一番上の人または代表となる人の姓(または氏名)が一番右側に来るように書きます。 三人の名前を書く時には二番目の人の名前が中心(センター)に来ることになります。 1名あたりの金額が少額の場合には「お返し等のお心遣いはなさいませんようお願い申し上げます」「お返し等のお心づかいは御無用に願います」 香典の渡し方のマナー 【香典の渡し方】 受付でお悔やみの言葉を述べ、記帳するときに香典も渡します。 香典の渡し方のマナーを下記にご紹介します。 2)受付係が「お忙しいところご会葬頂き恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」などと言いますので、まずは記帳をします。 3)記帳を済ませたらふくさから香典を取り出し、先方から見て名前が読めるように袋の向きを改めて「どうぞ御霊前にお供え下さい」と一言添えて香典を渡します。 香典は必ず両手で差し出します。 一礼して受付の前を去ります。 1)受付でふくさから香典袋を取り出し「このたびは御愁傷様です」といって受付係に手渡します。 香典は必ず両手で差し出します。 2)受付係から「御丁寧に恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」と指示されますので、記帳をします。 3)記帳を済ませたら一礼して受付を去ります。

次の

香典を代理で持参しても大丈夫? 渡し方や記帳の仕方は?

香典 の 代わり

御香典の代わりに贈る、お花代のつつみ方 家族葬は基本的に、御香典を遠慮する方が多くいらっしゃいます。 ですので、 ここでは御香典の代わりに贈ることの出来る、お花代のつつみ方についてお話ししようと思います。 宗教や、宗派によって封筒の表の書き方が変わったり、注意すべき点があるので、覚えておくとよいでしょう。 お花代は、葬儀に参列するときに供花など生花代として渡す役割と、後から訃報を聞いたときに、香典の代わりとして渡す役割にわけられます。 まず、供花代としてのお花代についてです。 名前付きの祭壇横へ飾る生花を贈るのであれば、喪家や葬儀社に連絡し、手配となるので依頼先へ、お花代を渡します。 一般的な価格は、1万5千円前後で、包むときは不祝儀袋、もしくは、無地の封筒に御花代と書いて使います。 このとき封筒を豪華なものにしてしまうと、中身も弾んだ金額が入っているのだろうと思われてしまうので、使用する封筒に見合った額を入れましょう。 また、神式とキリスト教は作法が違い、香典という考え自体がありません。 なので、お金を渡すときは、献花費として表に御花料と書いて渡します。 蓮の絵が描いてある封筒は、仏式専用なので、避けましょう。 御香典の代わりに渡すお花代 家族葬で葬儀が行われるときや、友人や親せきの訃報をあとから知ったときに、御香典を送ろうと思ったときには、 御香典ではなく、御花代として贈りましょう。 白の無地封筒に、「御花料」か「御花代」と書きます。 大体の相場ですが、御香典と同等の価格を包むのが一般的でしょう。 大体の御香典の相場は、 両親 10万円 、祖父母 1万円から3万円 、会社関係 5千円から1万円 、友人や知人 5千円から1万円 となっています。 ですが、 御香典を遠慮することの多い家族葬で、御花代を贈るときは、高額な御花代を包まないように注意しましょう。 もしも、高額な御花代を渡してしまうと、せっかく御香典返しを用意せずに葬儀を終わらせた遺族の方は、お返しをしなければ、と想定していなかったことでアタフタ慌てることになってしまうからです。

次の