風邪 すぐ に 治す。 プロ直伝!風邪で声が出ないのを一日で治す!即効性の対処法とは?

風邪を早く治すために覚えておきたい3つのポイント|一般内科|東京都墨田区両国の湘南メディカル記念病院

風邪 すぐ に 治す

風邪の引き始めの症状はどんな感じ? 咳や鼻水が止まらない、熱が上がる、体が怠い・・。 このような症状があると人は「風邪を引いた」と判断しますよね。 病院に罹る人もいれば、市販の薬で治そうとする人もいますが、風邪の原因となるウイルスは数百種類に及ぶと言われており、特定をすることは現実的には不可能だと言われています。 つまり、薬はウイルスを撃退するものではなく、症状を緩和・改善するために飲むので、対処が遅れると症状が悪化したり長引いてしまうことがあります。 風邪は誰もがよく罹るため、どこか軽く見られがちですが、高熱が続くと体力の消耗が激しいですし、止まらない咳や鼻水は日常生活に大きな支障をきたします。 そのため、できれば引き始めに治してしまいたいものですよね。 しかし、風邪に罹った場合の症状についてはよく知っていても、風邪の引き始めの症状は詳しく知らないという方は以外に多くいます。 それでは適切な対処ができなくなってしまうので、風邪の引き始めにはどのような症状があるのか、あらかじめ知っておくことが大切です。 次のような症状がある場合は、風邪を引いているかも知れませんので、早めの就寝と栄養バランスのよい食事を心掛けるようにしましょう。 ・くしゃみ ・鼻水 ・寒気 ・頭痛 ・喉の痛み、イガイガ ・体が怠い 風邪をひいたら風邪薬は本当に効果があるのか? あ、風邪引いたかもしれない。 そんな時、自宅にある置き薬に手を出し、そのあとゆっくり睡眠。 朝を迎えて、よし完治!このような対処をしていませんか? もしくは、なかなか重度かもしれない、と感じ医療機関受診、「あ~風邪ですね。 薬出しておきますね」と、処方された薬を1日、2日飲んで、「よし!完治。 」袋には余ったままの薬が残っていませんか? よくよく見ると、そんな飲みかけで余った薬の袋がここにも、あそこにも・・・。 まず、注意して欲しいことは「置き薬」の処方。 しっかり、商品の説明を受け購入した薬かもしれませんが、その時その時の風邪の症状は違います。 この間、これで治ったから大丈夫だろう、という安易な考えは危険です。 薬の効力を感じることが出来なくなる、聞いたことありますよね? 同じ薬を飲むことで、その薬に対して体が反応できなくなることがあります。 すると、効果が実感できないという感覚が生まれてしまいます。 そして 「処方された薬」。 その時の症状で医師が必要な薬を必要な日数、処方しています。 「もう治ったから、薬はいいや。 」 処方された薬には勝手に止めてはいけない薬があります。 自己判断で急に止めてしまった場合に、治まっていた症状が急に悪化することがあるのです。 処方薬は日数通りに飲みきる!大事ですよ。 「風邪をひいた時のための風邪薬でしょ?」 もちろんそうです。 急な風邪に対処できるようにと常時してある置き薬なんですが、その症状によっては悪化の危険や、なかなか回復を感じられない場合もあります。 置き薬、しっかりと知識がある場合は問題ありませんが、不安を感じたら購入先に確認をとるといいでしょう。 風邪の引き始めに「葛根湯」は効果があるの? 「あれ、風邪引いたかな?」と思うような症状が現れても、病院に行くのは少し早い気がしたり、市販の薬を飲むのも躊躇ってしまうことがありますよね。 そのような時、葛根湯を飲むとよいという話を聞いたことがないでしょうか。 葛根湯は、葛の根を主成分として、麻黄(まおう)、生姜(しょうきょう)、芍薬(しゃくやく)、甘草(かんぞう)、桂皮(けいひ)、大棗(たいそう)と言った生薬が配合されている漢方薬です。 漢方薬は西洋薬とは違い、直接病原体に効くわけではありません。 そのため、効き目が現れるのが遅いと言われることもありますが、風邪の引き始めのように体の防御力を高めて自然治癒を目指す時には即効性を感じるケースもあります。 葛根湯の場合、配合されている生薬には体を温める働きや、発汗を促す作用があります。 体に風邪のウイルスが侵入すると、体の免疫機能が働いて体温を上げてウイルスを殺そうとしますが、その際葛根湯の成分によって体を温めることで、この働きを補助します。 また、発熱によって奪われる体力を発汗することで熱を下げ、体力の余分な消耗を減らす効果も期待できるのです。 葛根湯は、風邪の症状がはっきりと出てしまったタイミングでは、あまり効果が期待できないと言われていますが、引き始めに飲むことで免疫力を上げ、ウイルスの増殖を防ぐことはできると考えてよいでしょう。 風邪をひいたときに即行で実践してほしい風邪を治す7つのコツ え、これ風邪?、でも薬は安易に飲まない方がいいんでしょ? でも、すぐに病院に行けない・・・そんな時にぜひ! 1.風邪に効くツボ 意外に効果的、ツボ押しで早目の回復! くしゃみ、鼻水に効くツボ くしゃみが止まらない、鼻水がつらい~。 そんな時は、目頭内側にある清明(せいめい)、小鼻のふくらみの外側、迎香(げんこう)、そして、巨りょう(こりょう)。 首の裏側、大椎(たいつい)も効果的です。 【清明】 なんか目がぼやけてる、疲れてる、そんな時に押さえたことあるかもしれません。 指の腹を当てて固定、押し込むように刺激してください。 【迎香】 小鼻の左右、最も広がったところのくぼみを、強く刺激してください。 【巨りょう】 鼻の左右、頬骨の高いところです、指の腹で少し強く刺激しましょう。 【大椎】 首の後ろ、首を前に倒して見て下さい、そして左右に振った時に動く骨があります。 その骨のしたくぼみが出来ます。 その部分を弱い力で長く刺激してください。 他にもホッカイロや温かい缶コーヒーやドライヤーで温熱刺激も効果的ですよ。 寒気に効くツボ ううううう~寒い・・・。 そんな時におススメのツボ、女性なら冷え症改善にも繋がるので寒い時期は、意識しておくといいですよ。 【ゆう泉(ゆうせん)】 このツボは足の裏、真ん中より少し中指よりにくぼみがあります、そこがゆう泉。 ゆう泉を親指の腹を使ってギュギュっと押しましょう。 棒などを使ってもOK!体内の新陳代謝があがり、体の中からぽかぽか、寒気やめまいに効きます。 のどの痛み、咳に効くツボ 喉がイガイガ、乾燥で咳も止まらない・・・ そんな時は喉元の近い場所にある水突(すいとつ)、天突(てんとつ)、気舎(きしゃ)。 そして首の裏側にある、風池(ふうち)。 手の甲にある合谷(ごうこく)が効果を発揮しますよ。 【水突】 左右の耳元から鎖骨の真ん中にかけて斜めの位置にある筋、指の腹で弱い力で刺激しましょう。 【天突】 首の付け根、左右の鎖骨に挟まれたくぼみ、強すぎず優しく刺激しましょう。 【気舎】 天突ツボの左右、指2本分のところにある鎖骨の位置、天突と同じ強すぎず優しく刺激しましょう。 【風池】 天突ツボのさらに指1本分の外側にあるくぼみ、親指の先をくぼみに当て、残りの指で頭を包み込むように強めに刺激しましょう。 【合谷】 手の甲側で親指と人差し指の間にある骨の付け根部分から少し外側にあります、酢浴、長めに刺激しましょう。 2.とにかく体を温めて免疫力を上げる 風邪をひいたかも、風邪ひきそう・・・。 そんな時はとにかく体を温めましょう。 なんとなく体が熱く感じる症状があるかもしれません。 その時に汗をかく必要はありませんが、突然感じる寒気。 この寒気はまだ熱が上がってくる時です。 多少、熱くても少し厚着をしたり布団を増やしたりして体を温めます。 そして体を温めるときは必ず水分補給を忘れないようにしましょう。 3.お風呂に温もって温熱療法(但し注意が必要) え?お風呂はだめじゃないの・・・? はい、 風邪の症状があるときのお風呂は避けなければなりません。 でも、それはどうしてでしょう? それは、風邪などの発熱時に入浴やシャワーは、自分で感じるよりも体力を消耗します。 回復には体力が必要ですが、そこでお風呂に入るという行為は体力消耗に繋がるからです。 しかし、今回お風呂で体を温める行為を勧めているのは、熱が上がったり下がったり、繰り返す風邪で、発汗も多く気持ち悪く感じることはありませんか? タオルで体を拭いても、まだ気持ち悪い、少しならお風呂に入れそう!と感じるなら、お風呂に浸かってさっぱりすることは問題ないということです。 しかし、湯ざめは避けましょう。 普段より短めにするのも大切です。 4.睡眠と安静 ウイルスに立ち向かうためには、あなたの体内体力が必要になります。 ウイルス感染中に、頑張って無理して体を動かすと、体内の体力が落ち、ウイルスはますます活発に動き出します。 体内の体力を上げるためには、反対に体はしっかり休ませましょう。 5.水分補給を行う 風邪をひくと、体の免疫機能を活発に働かせようとして、体温を上げ血流を促進し、自然と熱が出て体温が高くなります。 風邪で体温が高くなると、寝ている間も大量の汗を多くかきますよね。 大量の汗をかくということは水分が体から失われ始めます。 ここでしっかりと補給してあげないと、脱水状態に繋がってしまいます。 体は必死に活動しているのに、水分補給をしないと、今度は脱水症状が起こりうるのです。 体内が一生懸命活動しているなら、あなたはしっかり水分の補給に努めましょう。 6.栄養ある食事を摂る 風邪をひくと「しっかり栄養を摂りましょう」と言われますが、そもそも栄養のある、風邪に効く食事ってなんでしょう?このような記事を見つけました。 「体を温める食べ物」は風邪予防につながる~低体温者が増える現在~ 体を温める食べ物を選ぶポイントを五つ挙げます。 1.寒い地方で産出された食べ物や冬が旬の食べ物 鮭やソバなどは寒い地方で取れる食材で体を温めます。 果物は体を冷やす作用がありますが、例外としてリンゴ、サクランボ、ブドウ、プルーンなどの果物は体を冷やしません。 2.色の黒っぽい食べ物や色の濃い食べ物、暖色(赤・黒・黄・橙色)の食べ物 黒豆、小豆、ヒジキなど黒に近い色をしているものは体を温めます。 また、白米より玄米、緑茶より紅茶、白ごまより黒ごま、白砂糖より黒砂糖、白ワインより赤ワインなど色の濃いものは体を温めます。 肉や魚も白身より赤身、肉ではレバーや羊肉はさらに体を温めます。 3.地下でエネルギーを蓄えた食べ物 地面の下に埋まっているものは、体を温める性質を持っています。 根菜類やイモ類は自ら熱を持っているので、太陽から逃れようと地面の下へ深く伸びようとします。 根菜類がすべて体を温めるというわけではありませんが、加熱することで体を温める食べ物になります。 4.水分が少なく硬い食べ物 軟らかい食べ物は、水や油分を多く含み体を冷やします。 水分は体にとって大切ですが、摂取した水が尿や汗として排出されると水分が体にたまって体を冷やします。 5.塩(ナトリウム)の多い食物 塩、みそ、しょうゆ、明太子、ちりめんじゃこ、肉、卵、チーズ、漬物、根菜類(ゴボウ、ニンジン、レンコン、ネギ、玉ネギ、ヤマイモ)やショウガ、ニンニクなども体を温めます。 冬の食べ物は体の粘膜や抵抗力を強め、体の熱を逃がさないため風邪の予防にもなります。 魚介や肉、根菜類や旬の野菜をたっぷり使ったスープや鍋などを中心にした食生活を心掛けましょう。 さらに家族みんなで楽しく食べると心まで温まります。 意識すると、意識するだけ難しく考えがちですが、なんかこの記事を読むと納得って感じです。 やはり旬の食材、手に入りやすいですし、旬の時期は普段より美味しく頂けます。 色の濃い食材、味噌やしょうゆ、少し頭に入れておくと、簡単に手に入る食品ばかりで分かりやすいですよね? 風邪をひいてしまった時、なかなか思考回路が回りません。 でも旬の食材、濃い食品、味噌やしょうゆ、このワードだけでも頭に入れておくと良いと思いますよ。 7.保湿やうがいをする 乾燥時期にはじめに感じる異変は、喉のイガイガが多くないでしょうか? 喉の痛みで乾燥を感じることもあります。 もちろんうがいは大事です。 この時期はお茶を使ってうがいすると予防効果は高まります。 そして乾燥の環境を保ってしまうと、ウイルス増殖に間違いなく繋がってしまいます。 加湿器などの利用で湿度50~60度にしっかり保ちましょう。 まとめ いかがでしたか?風邪かも、風邪ひいた・・・ そんな時はまず薬に頼らず治せることが理想です。 そのためにも、まずは風邪のひかない予防が大事ですが、今回紹介した「ツボ」。 そして食事の知識を身に付けておくと長引く風邪に悩まされることはないかもしれません。

次の

風邪を早く治すコツ7選+風邪が長引くNG習慣5選。【全て実践済み!】

風邪 すぐ に 治す

本記事の内容• 風邪を早く治す方法!たった1日で治すために必要なことまとめ 風邪を治す方法は、薬を飲む以外に何があるんだろう? と検索されてこちらのブログにたどり着いた方もいらっしゃる思いますが。 風邪薬を飲んでも、実は早く治ったりはしません。 なぜなら、風邪薬を飲んでも「辛さを和らげる」効果しかないから。 風邪薬に入っている成分を知ってますか? 主に咳止めや解熱剤、抗炎症剤といった成分で構成されています。 つまり、一時的に症状を抑えてはくれるけど、早く治す成分が入っているわけではないということ。 で、身体のなかから風邪のウィルスを自力で倒す。 そうすることで風邪が治るわけですね。 免疫力を上げるためには、• 水分補給• 栄養価の高い食事• 長時間の睡眠 の3つが必要になります。 風邪だ!と気づいた瞬間から、これらの3点を意識してみてください。 水分補給 脱水症状にならないように水分をこまめに取る。 これが非常に重要になります。 ただ注意点として、身体を冷やさないために、冷たすぎる飲み物は口にしないこと。 利尿作用が高いお茶は避けて、保水効果のあるスポーツドリンクか普通の飲料水を飲むのがいいですね。 特に夏場は、ちょくちょく水分をとらないと身体にも悪いので。 汗を掻いたまま水分補給を怠ると、体力が低下するし、汗で身体が冷えます。 その結果、簡単に夏風邪になったりするので注意して下さい。 それと、鶏肉ささみなどのタンパク質。 これらの栄養素を取って下さい。 ただし、栄養を取るのがいいからと、満腹になるまでは食べたりしないこと。 なぜなら、風邪をひいてると胃腸が弱くなるから。 消化には凄くエネルギーが必要なんです。 風邪のウィルスと全力で戦ってるのに、消化吸収するためにも力を割かないといけないとなれば、エネルギーが足りなくなる。 風邪の治りを早くしたいなら、食べ過ぎたりはしないでくださいね。 胃腸に優しいものを、エネルギー補給のために必要な分だけ食べる。 それが一番良い方法と言えます。 お粥+野菜スープなどスープ系のもの このようなメニューの軽い食事をすると。 でももし、食欲が湧かないのなら… 食欲を増進するものもあわせて食べて下さい。 代表格は梅干しです。 味覚を刺激し、唾液を出させたり、食欲を出させる効果があるので。 ちなみにですが。 普通に食事をする以外に、ビタミンCを取ることも風邪対策になります。 インフルエンザとかノロウィルス対策にもなるので、コンビニでビタミンCのサプリメントを買ってくるのもいいでしょう。 長時間の睡眠 睡眠は、風邪を治すために必要になります。 体力や免疫力を高めて、風邪ウィルスと戦うための貴重な時間になるわけですね。 できれば、1日中寝ていた方がいいくらいです。 なお、寝ている間は、風邪ウィルスを身体から追い出すために体温が高くなり、汗も掻きます。 寝起きの水分補給も大事になってくるので、できれば枕元には飲み物を用意しておきたいところです。 それから、身体を温めておくことも重要なポイント。 体温を上げると免疫力も上がるので。 体温を上げるのは身体が勝手にやってくれるので、意識的にやるべきなのは、身体を冷やさないことです。 そのために、冷えすぎた飲み物は飲まないとか、暑いからと言って冷房なんて入れないこと。 むしろストーブや暖房を付けてもいいくらいです。 まぁ、部屋を暖めすぎると逆に身体に悪くなることもあるので、ほどほどに。 湯たんぽや電気あんかを使ったり、カイロを貼ったりするのがおすすめですね。 定期的に水分補給して、栄養のある食事と、睡眠を取ること。 それが風邪に対する一番の対策になります。 これを1日中やっていれば、体内の解毒が早くなります。 特に、高熱が出れば1日~2日以内で治る可能性も高い。 また、風邪だとわかったら安静にしているのが一番だということで、家で寝ているだけという方が非常に多いですが。 病院に行って診察を受け、処方してもらった薬をしっかり飲んで休んでいたほうが、早く完治しやすいです。 実際、病院に行ったほうが結果的に早く治った!という体験談はよく聞きますし。 どうしても早く直したい、という方は、朝イチで医者に診てもらうのもいいかもしれません。 即効性のある風邪の喉の痛みの治し方とは?ゆっくり休む以外にできる方法 風邪にかかったとき、かなり厄介なのが喉の痛み。 高熱は何とか我慢できるけど、息をするだけで、唾を飲み込むだけでも喉が痛い! というのは本当に辛いものですよね。 そこで、喉の痛みだけでも何とかできないか? ってことを調査して、自分で風邪を引いたときに試してみました。 マスクを濡らして、それをつけたまま寝るのも喉に良いですよ。 うがい薬を使うか、殺菌作用のある緑茶を利用してください。 僕の経験上、こののど飴だけは別格です。 これ舐めてるだけでも、喉の痛みは相当楽になりますよ。 まぁ、即効性はないので実際に効いたかどうかはよくわかりませんでしたが。 理論的には、体温が上がれば免疫力が上がるのは確かだし。 乾燥すると菌が繁殖しやすくなるというのは証明された事実なので。 首元を温めるのと、加湿器を使って乾燥を防ぐことはしておいた方がいいかも。 大した手間でもないし、心なし楽になる気がします。 なお、加湿器がなければ枕元に濡れタオルを置いておくだけもOK。 これらの方法を実践するだけでも、喉の痛みはかなり楽になります。 喉が痛くて寝られないとか、あんまりにも辛すぎるという場合は試してみて下さい。 風邪の治りかけに強まる咳と痰と鼻水への対処法 それから、注意すべきなのは風邪が治りかけている時期。 咳が出たり、痰がからんだりしやすくなります。 これが意外と辛いものなんですよね。 風邪の終わりかけのタイミングでは、咳が発生しやすくなるとはいえ、早めにどうにかしたいもの。 なので、ここでは風邪の治りかけの時期にやるべき対策をお伝えします。 まず大前提として。 完全に風邪が治るまでは無理をしないこと。 もう治りかけだから大丈夫、などと安心して外出したり仕事を頑張ったりすると… 風邪がぶり返しどころか、さらに悪化する可能性があります。 すると、どうなるか? 気管支炎や肺炎にまで発展することもあります。 そんなことになったら、後悔してもしきれませんよね。 後1~2日間で完治するはずだったのに、無理したばかりに入院することになった、なんてことになったら。 なので、最後まで気を抜かずにいてください。 でも、やること自体は、風邪を治すための対策方法と一緒です。 つまり、風邪は寝て治すのが一番だということ。 水分補給と栄養を取ることを忘れずに、ゆっくりと身体を休めると。 それと、長風呂はしてはいけない、ということも覚えておいて下さい。 風邪をひいたら入浴はNGだと思い込んでいる方も多いですが、実はお風呂に入ること自体は問題ありません。 特に、風邪を治すために身体を温めると、ガンガン汗を掻くものですからね。 お風呂に入らないと、身体が気持ち悪いと思います。 ただし、身体を温めすぎないことには気を付けること。 身体を温めるのが良い、というのは風邪を治すための鉄則なので、お風呂の温度も高くしたり、頑張って長風呂をしようとする方もいますが。 これは逆効果になります。 それは何故かというと、お風呂に入るという行為は体力を使うものだから。 つまり、身体が弱っているときに湯船につかる時間が長いと、大きな負担になるわけです。 それが悪影響を及ぼすので、お風呂に入るにしても短時間で済ませるようにして下さい。 この 「風邪を治すための基本」を実践した上で、咳の痛みや痰や鼻水に個別に対処するとしたら。 咳にはのど飴や蜂蜜など、喉に良いものを食べたり飲んだりするのが良いです。 それで喉の痛みはある程度緩和させることができます。 ただ、かなり咳が出るのは、喉の粘膜を修復しようとしているためなので、仕方がないこととも言えます。 なので、治りかけてるんだと考えて、気にしすぎないようにするのが一番良い対応と言えるでしょう。 それから、痰の色も変化してきます。 風邪のひき始めは透明もしくは少し黄みがかった色だったのが。 治りかけてくると、黄色みが増して粘着度が高くなります。 ウイルスなどの死骸などが痰に混ざるから。 なので、鼻水も同じく、黄色っぽくなっていきます。 長くても2~3日でおさまるので、それまでは安静にしているのが一番だということですね。 手っ取り早いのは、辛い鼻水に効く風邪薬を飲むこと。 漢方薬を利用するのもありですね。 スポンサーリンク 風邪をこじらせて長引く原因は?こんな症状が出たら迷わず病院に行くべし 上記の方法を忠実に実践していれば。 つまり、安静にしていれば風邪も普通に治りますが。 風邪のときに無理をすると、症状が悪化する場合があります。 風邪を引いているにも関わらず、仕事を頑張ったりすると風邪をこじらせることがあるんです。 それと気をつけるべきなのは、風邪が治りかけている時期ですね。 ウイルスや細菌がまだ完全に体内から消えていないのに、もう大丈夫だと安心して、仕事に行ったり遊んだりすると… その場合でもこじらせてしまう場合があります。 風邪がぶり返したり、最悪の場合は別の病気を発症することもあります。 一番多いのは肺炎、それから喘息。 実はほかにも、風邪が悪化することでかかる病気は多いんです。 気管支炎• 副鼻腔炎• 髄膜炎 などなど。 もし、風邪がなかなか治らない…とか。 下記のような症状が出てきたら、風邪が悪化している可能性が高いので、速やかに病院へ行って下さい。 自分で動けない場合は、救急車を呼ぶこと。 風邪が1週間以上治らない• 高熱が続く• 咳が多くなり、治る気配がない• 黄色や黄緑色の膿のような痰が出る• しばらく風邪が続いた後、身体の特定の部分が痛むようになった 10日以上、1ヶ月以上風邪が治らないときは、迷わず病院で診てもらって下さい。 風邪なら内科、もしくは耳鼻咽喉科です。 ほかの症状があるなら、それにあわせて何科にするか決めて下さい。 わからなければ受付で聞けばOKです。 風邪をすぐに治す方法まとめ 風邪を治すための基本は、• 水分補給• 栄養価の高い食事• 長時間の睡眠 の3つ。 あとは身体を温めることも心がけて、1日静養していればだいぶ良くなります。 特に、熱にはウィルスを倒す効能があるので、高熱が出たら水分補給と胃に優しい食事を取って、寝てるのが一番です。 そうすれば、たった1日で治すこともできるでしょう。 逆に、薬で熱を下げると、解熱剤の効果で体温が下がるので、短期間で治したい方は薬の使いどころはよく考えて下さい。 ただもちろん、効果がないわけではないので、うまく使い分けるのが良さそうです。 風邪薬の副作用で眠くなるので、寝すぎて眠れないときとかに使うと良いかも。 少なくとも、常備薬として常に用意しておきたいところではありますね。 市販薬のほか、病院で処方される薬は効果も強いことが多いので、医師に診てもらったら積極的に使いたいものですし。 バファリンやルルアタック、パブロンゴールドといった市販薬のほかにも、漢方薬のひとつである葛根湯などを使うのもありです。 そのほか、辛い喉の痛みを早めに治す方法と、風邪をこじらせて長引く原因についてもお伝えしました。 風邪になった際に利用して下さい。 なお、風邪の予防法についてはこちらで解説しています。 今度から予防できるよう、こちらの記事も読んでみて下さい。

次の

風邪を早く治すために!医師が教える「よく聞く風邪の治し方」本当のところは…

風邪 すぐ に 治す

Sponsored Link 微熱がある時に気をつける4つのポイント 1. 体を冷やさない 風邪をひいた時にまず注意すべきポイントです。 微熱が出た!ということは 体がウイルスと戦っている証拠です。 そのためには、体に余計な負担をかけさせてはいけません。 疲労や冷えは悪化のもとになってしまいます。 温かくして、ゆっくり横になっているのがベストといえます。 熱があがる状態なのに、下げてしまうと治りが遅くなってしまうので要注意です。 入浴はぬるめのお湯でOK 37. 5度までの微熱であれば、入浴しても問題ありません。 ぬるめのお湯に15~20分程度、リラックスも兼ねてゆっくり入浴します。 湯冷めを防ぐために、脱衣所は温かくしておきましょう! さらに、入浴後は早めに布団に入るようにした方が良いですね。 冷えは大敵なので、湯冷めしない内に布団の入りましょう! 3. 食事は無理をしない 微熱がある時は、食欲が落ちることも多いと思います。 そんな時に、栄養を取ろうとして、無理に食べようとする人もいますね。 でも、それは逆に体には良くないとされています。 食欲のままに食べられるものを食べられる分だけ、自然にまかせましょう。 体は正直です。 その時その時で体が欲している状態があります。 この時に消化にエネルギーのいる肉などを食べるとそちらに力が注がれてしまい、回復に時間がかかるので要注意です。 食欲が出たら、しっかり食べて栄養をつけてくださいね! 4. 解熱剤に頼らない 風邪による発熱は、ウイルスと体が戦うために起きる症状です。 ですから、むやみに熱を下げようとしてはいけません。 早く熱を下げようとして、解熱剤を使いたい!という人もいると思います。 でも、熱を抑えてしまうとかえって、微熱が続いたり治り際が悪くなります。 なぜかというと、熱を持つことで、戦っている細胞が働けなくなってしまうからです。 体の自然な経過を妨げてしまうと、しっかり治しにくくなってしまうんです。 熱を出す力を、体が忘れないように 薬に頼り過ぎないことも大事です。 微熱に効果バツグンな4つの方法とは? 1. コーヒーや小麦粉を控える コーヒーは利尿作用がありますが、 その反面、体を冷やします。 さらに、小麦粉の加工品も体が冷えるので、微熱がある時または寒気や悪寒があり熱が上がってきているは控えましょう。 生姜やニンニクを摂る 体を温めるためには、生姜湯などで生姜を摂るようにした方が良いです。 梅肉エキスを生姜湯に入れて飲むとさらに効果アップです。 食欲があれば、生姜やニンニクを使った 料理も体が温まり効果的です。 エキナセアを飲む 「エキナセア」とは、キク科のハーブで、免疫強化の効果があり、注目されています。 欧米では、常備薬として昔から用いられています。 消炎作用もあり、 ウイルスによる炎症を和らげ 熱を下げる効果があります。 サプリメントやハーブティーとして販売されています。 後頭部を温める 電子レンジで、濡らしたタオルを気持ち良い程度の熱さに温めます。 そして、後頭部に当てます。 タオルがぬるくなったら、再度温めてください。 これを15分程度、繰り返すと、汗が出てきます。 そうなれば、熱がスムーズに 下がりやすくなります。 血流促進と全身を温める効果がある為、体の免疫機能が高まり、また汗をかく事で、微熱を下げる効果もあります。 さらにこの首を温めるは風邪に即効性の効き目があります。 すぐに熱を下げるたった2つの方法とは? そうは言っても明日は休めない!すぐに熱を下げる方法が知りたいという方におすすめがあります。 方法は簡単です!• 熱を上げきるタイミングを見逃さない• 熱を冷ますタイミングを外さない この2つだけです! これをタイミング良くできれば、最短で体調は回復傾向に向かいます。 1)熱を上げきるタイミングを見逃さない 熱を上げきる!というのは、熱はある程度上がったあとは下がる傾向にあるからです。 そもそも熱が上がってくるのは、• 体内で風邪ウイルスの増殖を抑制するため• 白血球の機能を促進してウイルスを攻撃する• 免疫系の機能を高めるため という3つ理由があるからです。 なので、風邪で熱が出ているときは、この戦いが体内で行われている最中なのでそれを外からも助けてあげようというわけです。 また、熱をあげる手助けをするタイミングも重要です。 むやみに上げ続けてもしんどいので、ポイントを抑える必要があります。 そのポイントとは、 【寒気がなくなった時!】 です。 寒気がなくなれば、熱産生が落ち着いたことを示すので、寒気悪寒がなくなれば水分補給をして安静にするといいですよ。 また何とかこの段階までくれば、解熱剤や栄養ドリンクも効果的です。 解熱剤で熱を下げつつ、栄養剤で元気を取り戻して仕事にいく!大事な会議などがあればこれで乗り切れると思います。 ただ、これは一時的な処置のため、数日は安静が必要です。 たとえ体が一時的に軽くなってもまだウイルスはくすぶっているので、仕事終わりに飲み行きたくなっても我慢して数日は安静にしておいて下さいね。 2)熱を冷ますタイミングを外さない 熱を冷ますタイミングは、先ほどもお伝えした、寒気悪寒が止まり、熱が上がりきった後が有効です。 熱による体の影響は、ふらふらしたり、ぼーとしたり、と仕事に影響もあるので、なるべくなら熱を下げて仕事開始したいですよね。 正しい熱冷まし!クールダウンの方法!• 熱を冷ますには、血液を冷やして上げると効果的• 体の中の大きな血管が通っている所を冷やす 場所としては、わきやまた下に大きな動脈がと通っているので効果的です。 小さなアイスノンなどを使用すると簡単ですよ。 まとめ 微熱が出た時の対処法• 体を冷やさないようにする• 入浴する際にはぬるめのお湯にする• 食事は無理をしない• 解熱剤はできるだけ使わない 微熱を下げる効果的な方法• コーヒーや小麦粉の加工品は控える• 生姜やニンニクを努めて摂る• エキナセアを飲む• 後頭部を温める 熱を早く下げる方法• 熱を上げきる• 熱を冷ます いかがでしたか? 最近はなかなか休めないとこも多いですからねw 今回紹介した方法を試して、なるべく早く回復してください! お読み頂き、ありがとうございました。 こちらの記事もおすすめです! Sponsored Link.

次の