コロナ 品薄 に なり そう な もの。 コロナで品薄になった物リスト・理由・買えない時の対処法

新型コロナウイルスによりドラッグストアで品薄、売り切れのものへの原因と対策

コロナ 品薄 に なり そう な もの

足りないのはマスクだけではない。 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスの感染が日本でも広がる中、ドラッグストアなどでのマスク不足が深刻になっているが、その影響はマスク以外にも及んでいた。 流通アナリストの渡辺広明氏は16日、当サイトの取材に対し、割りばしなど生産を中国に頼っている商品が既に品薄になっていることや、化粧品やアパレル業界で春に向けて新商品発売のめどが立っていない状況を指摘した。 渡辺氏は「日本で流通しているマスクのうち、国内生産は約2割、輸入が8割。 そのうち大半が中国製です。 現在、中国の工場は日本メーカーよりも中国国内のメーカーからの発注を優先している状況。 日本に輸出できるものは現状でほとんどない。 日本のマスクが品薄の状況はこの先しばらく続くでしょう」と、マスクについての基本的な状況を示した。 政府側の反応として、菅義偉官房長官は12日の会見で、「1億枚以上の供給」が可能であるとして、早ければ次週にもマスクの品薄が解消されるとの見通しを示した。 だが、業界内では「不透明」として、現時点では楽観視できない見方もある。 いずれにしても、マスクだけに限らず、日本が中国に生産を依存している商品は多い。 渡辺氏は「100円ショップなど小売業で販売されている使い捨ての安価な商品。 例えば、割りばし、ビニール傘、消毒液、除菌シートなどが既に品薄になっています。 割りばしは、中国でも使われていますが、 世界で 最も使用量が多いのは日本です。 そして、そのほとんどが中国で生産されています。 コンビニでは 弁当など購入時に サービスで付ける割りばしがなくなると困るので、その確保に努めているようです」と説明した。 さらに、渡辺氏は「春からの新商品にも影響が出ています」として、「アパレルではインナー、アウターとも中国で生産されているもので発売の目途が立たない商品が出始めています。 また、化粧品も春の新商品のめども立たずに発売が遅れています。 ノズル、ポンプ、ラミネートチューブといった容器が中国で生産されているためです」と解説した。 つまり、化粧品の「中身」はあっても、「器」が不足しているのだ。 同様のことは消毒液にも言えるという。 渡辺氏は「ハンドソープであれば、詰め替え用があるので 器は同じものを使えるため 品薄にはなりづらいですが、消毒液は詰め替えが少ないのでピンチです。 中国で生産されている容器がなくなっているのです」と指摘した。 今後の行方について、渡辺氏は「中国の工場がある場所や中国政府の差配にもよります」と前置きしたうえで、「日本において安定供給の〝最後の場所〟となるコンビニの商品が消えると『アウト』です。 また、3~4か月分の在庫のある100円ショップで商品がなくなってくれば、その前段階である『兆し』となります」と解説した。 1967年生まれ、静岡県浜松市出身。 コンビニエンスストアの店長、スーパーバイザー、バイヤーとして22年間、メーカーのマーケッターとして7年間従事。 現(株)やらまいかマーケティング代表。 商品開発700品の経験を活かし、顧問、講演、バラエティから報道までのメディア出演と幅広く活動。 フジテレビ「Live News a」のレギュラーコメンテーター。

次の

コロナでノートパソコン、iPad、SSD、Nintendo Switchなどが品薄状態

コロナ 品薄 に なり そう な もの

での品薄 みなさん、こんばんは。 の影響 デマ でトイレットペーパーが品薄になったのは記憶に新しいと思います。 これはデマで実際は在庫が十分あるものでした。 しかし、マスクや消毒液、ハンドソープなど品薄状態が今も続いている品目もあります。 これらは、ウイルスから防御するための必需品ですからお店での品薄、品切れもうなずけます。 そうした品目以外にもウイルス関連で品薄になっているものがあります。 PC関連機器などがそうで、ノートパソコンやなどの端末、などが品薄だったり、価格が以前より高騰していたりしています。 ノートパソコン 以前は結構安く変えた記憶もあるノートパソコンですが、昨今では再びお高い品物になっています。 禍では、リモートワークが増えたせいもあり、ノートパソコンの需要が増えているようで、品薄になっているようです。 また、が増えた結果、ウェブカメラやヘッドセットの需要も増えたそうです。 中国では3月半ばには品薄状態になっていた模様。 日本では、ここ数週間で在庫切れが顕著になってきました。 一斉休校による自宅学習用としての需要が増えたためと考えられています。 一番安い 10. 2インチ がまず在庫切れとなり、やや高額となる 64GB も品薄状態になっています。 のほうは買おうかなと悩んでいて、アマゾンで在庫や値段、ポイントなどを毎日確認していましたが、昨日、ついに「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 」と表記されるようになりました。 けして安いものではないですが、コロナ禍での教育面での需要はかなり高いようですね。

次の

スーパー品薄状態いつまで続く?売り切れ商品の入荷日時間は?

コロナ 品薄 に なり そう な もの

ドラッグストア マスク売り切れの原因と対策 マスクは、コロナウイルスの報道から間もなく、1月下旬から次々に売れ始めました。 報道されているように、中国人観光客が家族のために、50枚入りのケースのマスクを段ボールごと買うという光景もありました。 一方で、日本人も• コロナウイルスに対策しなければ• 花粉がそろそろ近づくから という理由で、マスクを大量に買われる方が、非常に多かったです。 数々のメーカーのマスクが欠品状態で、箱のマスクも一部しか入らない状態でした。 一方で、ブランド(国産であるかどうか?)やメーカー、マスクの形状にさえ、こだわらなければ、朝一にドラッグストアへ入れば、いくつかのマスクは入荷されている状態です。 呼吸器の専門家の先生の話を聞いたことがありますが、マスクが、空気中のウイルスを防げるのは6割程度。 マスクの効果として• すでに感染している場合、周りにうつさない• 雑菌のついた手を唇や鼻の粘膜に触れない 以上の点で、効果的ということです。 マスクの販売個数に制限をかけているドラッグストアもあるため、制限をかけているをチェックして、翌日に開店と同時に入るのが、お勧めでしょうか・・・ただ周囲のドラッグストアを周るだけでも大変ですし、感染リスクもありますからね・・・ 主要のネットショップもまわってみましたが、どれも転売屋による高騰合戦が始まっています。 マスクにこだわりを持たず、「頑張っても6割しか防げない」と割り切って、目の前にあるマスクを数個ずつ購入するのが、今のところよさそうです。 定価販売になりますが、コンビニであれば、ドラッグストアよりマスクが買いやすいかもしれません。 また一部家電量販店やショッピングモールの地下にあるドラッグストアもねらい目 いずれにしても、開店時間前に並ぶなどの努力をしなければ、入手は困難な状態です。 普通のマスクや、子供用マスクは飛ぶように売れて、濡れマスクや、蒸気タイプのマスクだけが残るという状況になります・・・・ 消毒用ジェル 手ピカジェルプラスをはじめ、売り切れ続出 消毒用エタノールなどメーカーを選ばなければ、ネットでも適正価格で買える マスクの次に売切れていったのは、消毒用ジェルです。 特にコロナウイルスの予防に効果的と報道された、エタノールが主成分で、ウイルスへの殺菌力を強化している、黄色の手ピカジェルプラスは、すでに入らない状態でした・・・ 消毒用アルコールの方が、マスクよりも入手が難しくなってきています。 理由は、商品の種類や数といった母数が、マスクよりも圧倒的に少ないからです。 消毒用ジェルが、いかに貴重であったかわかります。 そのため、マスクのように開店前に並んでも、入荷自体されていないこともあります。 キレイキレイ、ビオレuなど、視野を広げて狙っていくのがいいでしょう。 代用として、健栄製薬の「消毒用エタノール」「イソプロピルアルコール」を購入される方がいらっしゃいます。 楽天で購入 「無水エタノール」を求める方もいらっしゃいますが、無水エタノールはすぐに揮発して、手指の消毒には希釈しないと不向きです。 イソプロピルアルコールは、エタノールより殺菌力が若干劣り、皮脂をとってしまうため、手荒れのリスクがあります。 エタノールよりも殺菌力が落ちる、ベンザルコニウムが主成分であっても、添加物がエタノールの消毒用ジェルもあります。 エタノールの消毒用ジェルを利用したからといって、100%コロナウイルスを防げるという確証はありません。 日ごろの手洗いを、手指までしっかり徹底することをまず第一に考えたいです。 コンビニの日用品、エチケットコーナーでも除菌アイテムは、販売されていますが、マスクほど幅広く、大量に発注していることは、考えにくいので、あまり期待できないでしょう。 メーカーや商品にこだわり(特に手ピカジェル)がなければ、一部ネットショップでも適正価格で販売されているのが、現状です。 災害時にもあって、損はないですからね。 クレベリン スティックタイプは、インバウンドはじめ集中して購入される 空間除菌で用いられるクレベリンも、置き型やスティックがまとめて売り切れています。 トイレ用ぐらいしか残っていません。 クレベリン以外の二酸化塩素商品なら一部あるかも・・といった状況。 アマゾンでも似たような状況です。 ただ、クレベリンは部屋を閉め切って、効果が発揮されるというもので、一人暮らしや、休日は部屋にこもっているという利用法でないと、十分に効果が発揮されないといわれています。 クレベリンがあったとしても、部屋の換気や湿度には、細心の注意を払うべきでしょう。 除菌・ウェットティッシュ 水だけで構成されているウェットティッシュも売れている。 将来的に普通の紙ティッシュまで売り切れの恐れもある? 除菌スプレー、除菌用ハンドジェルが、品薄であることを受けて、除菌ティッシュを買われるお客様が、増えています。 除菌アルコールほどの品薄ではありませんが、除菌アイテムを渇望されている方は、多く、まとめ買いされる方が、多く夕方に入店したら売り切れ・・・ということもあります。 アルコールティッシュだけが、限定的に売れている・・・わけではなく、シルコットなど水分だけで構成されたティッシュもかなり売れています。 外出時に頻繁に使いたい、触れるものをあらかじめ、ふいておきたいという心理が働いているのでしょう。 こちらもマスク同様、箱入りやボックス入りなどにこだわらなければ、ドラッグストアやコンビニでも購入できる可能性が高いです。 納品日であれば、ドラッグストアでも昼過ぎまでは、一定数の商品があるかも・・・ただ大量に売れることで、欠品状態になっている可能性もあるので、保証はできません。 消毒用エタノールにティッシュをしみこませて、即席の除菌ティッシュなどを作ったりする人も増えそうなので、現在の状況が続けば、除菌・ウェットティッシュのみならず、普通のティッシュでさえも、日によっては、売り切れになっている可能性も懸念されます。 新型コロナウイルスによるドラッグストアの品切れ状態は、情報リテラシーがまさに試される さて、2月1日時点で、品薄になっている商品を紹介しました。 あくまで、推測ですが、うがい薬なども危ないのでは・・・?と考えています。 まさに非常事態。 私の店でも売り上げは上がっていますが、結局、発注した商品が入らなかったり、ドラッグストアに入店するお客様の目的に沿ったラインナップになっておらず、直帰されたりで、利益爆増・・・ではないんですよね。 周囲にドラッグストアが多いこともあって 「A店でなければ、B店で買えたらいい」 「自分の欲しい個数、ブランドがない」 という理由で、店を出られるお客様が多いですが、ほかの店も似たような状況ですし、商品の方向性あえば、こだわらずに購入して、使用してみることも重要です。 新型コロナウイルス以降も、同様の売り切れパニックが起こる可能性はあるので、その時に、「この商品はこのように活躍してくれた」というご自身のデータベースを活かすことも重要です。 また、マイナーにみえる商品でも、大企業が出していたり、お客様相談センターが設置されているため、少しでも不明な場合は、聞いてみて情報を落とし込むことも重要になってきます。 まさに、新型コロナウイルスは、個々の情報リテラシーを試されている状態であると感じます。 また、新しい情報があれば、この記事で更新していくことを考えています。 記事には筆者の体験談も記載いたしますが、あくまで個人の感想です。 たまにゲームレビュー、京都の飲食店、投資情報も随時更新 ブログでの、コメントは現在受け付けていないので、質問やお仕事の依頼がございましたら ツイッター メールアドレス tukasamakoto5 gmail. com まで THE カテゴリー•

次の