がっちゃん 名前。 ランニング「何となく」始めてみる

がっちゃん(youtube)は何者?おすすめ動画は?収入や親の噂も!

がっちゃん 名前

こちらのYoutuberも人気です• 「英語を喋れるようになりたい」と思う方におすすめ!聞き流すだけでいいので勉強している感じがあまりしないです。 家事の合間や寝る前に聞くだけで […]• 日本語ペラペラ発音もきれいなニック先生が英会話のコツを教えてくれるチャンネルです。 […]• アメリカに住んでいたことのある、日本語と英語のバイリンガルの女性のチャンネルです。 日常会話からビジネス、旅行英語まで幅広く英語に関する動画 […]• 中国の生まれの姉と日本生まれの妹による中国語講座のチャンネル。 初心者から上級者まで幅広く口座を開いている。 文法のみならず中国の生活や文化、 […]• 日本に住むアメリカ人女性アイシャさんと日本人男性の国際結婚カップルの日常と子育てについてのYoutubeチャンネル。 自分自身の英語の勉強に […]• 「将来英語が喋れる子に育ってほしい!」「海外旅行くらい困らずに行ってほしい!」そう思う親御さんは多いはず。 2~12才の子ども向け外国語チャ […].

次の

【がっちゃんねる】名前は本名からつけられた?ママやパパについても解説!事務所には所属している?

がっちゃん 名前

Contents• ごく普通の外国人・がっちゃんってどんな人? Youtuberがっちゃんさんは、 1986年生まれの韓国在住の韓国人女性。 後の項目でも説明しますが、在日やハーフではなく、純粋な韓国人の方です。 名前の由来は、日本での交換留学生時代に、周りの日本人からつけてもらったあだ名。 本名から「が」を入れて「ちゃん」をつけているんだそうです。 大統領との通訳をしたり、大学の生徒会役員を勤めたりしたこともあるとのこと。 動画の喋りっぷりから考えても、かなり優秀な人物だということが伺えますね。 そんながっちゃんさん、素顔は公表されていないようですが、こんな画像を見つけました! 出典:映画. com トマトをかぶって豚鼻をつけている方が、がっちゃんさんです(笑) 実はこれ、本の出版記念サイン会での写真なんです!「えっ?本を出版してるの?」って思いますよね。 次の項目で詳しく説明していきます! もともとは東方神起のカリスマブロガー! 実はがっちゃんさんは、もともとは東方神起のファン。 日本と韓国で東方神起に関することを綴るブログを運営しており、10年前、 日本のブログでは1日20万アクセスも記録した、 東方神起ファンの間では有名なカリスマブロガーなんです! 内容については、 見たら分かる!としか言えないのですが(笑) 少しでも「英語が苦手」と思っている人には、ぜひ一度は見てほしい!めちゃくちゃおすすめな動画です。 分かりやすさやおもしろさがすごいのはもちろんですが、私が思うこの動画の何よりすごいところは、 「私も外国語できるかも」「英語って思ってたより簡単かも」と思わせてくれるところです。 個人的に、日本人に英語が喋れない人が多い理由のひとつには、ほとんどの人が「英語って難しい」「日本人には無理」と思い込んでいるってことがあると思うんです。 でも、この動画を見ると、むしろ 「日本語が母国語でよかった!英語って簡単かも!」って思えるようになります。 私はいまだかつて、こんなすごい外国語講座を見たことがなかったので、本当に衝撃的でした…こんなすごい講座を惜しげも無くアップしてくれるがっちゃんさん、すごすぎます。 ありがたい。 尊敬です。 しかし実は、がっちゃんさんは有料チャンネルもお持ちなんです。 有料チャンネル「どん底からの英語革命」も開設! 有料チャンネルはYoutubeの裏授業。 生放送もたまにあるそうで、月496円で見放題なんだそうです。

次の

【がっちゃん】英語初心者がYoutubeで勉強・学習【必見】

がっちゃん 名前

さて、うちのワンコ、がっちゃんがっちゃんと呼んでいるので、よく「アラレちゃんから?」と聞かれるのですが、本名ガトと言います。 スペイン語で猫という意味。 親の仕事で住んでいたスペイン語圏の国から帰国した直後に飼い始めたコだったので、せっかくだからスペイン語の名前をつけようとなったのです。 そこで思いついたのが「犬」。 ) 犬はPERROと書きます。 日本語だと「ペロ」になってそれはそれで可愛いのですが、ただ「ペロ」と発音すると、スペイン語では意味が変わってくるのです。 日本語の発音のペロは「だけど」という意味(but)になるんですよね(PERO)。 犬にするにはロを巻き舌にする必要が。。。 「ペェロロロ」って発音の感じかな、気持ち。 そんな面倒な発音してられないし、かと言って「ペロ」ちゃんにしてしまうとあんまり意味がない。 どうしよっか~と悶々とし始めた時に、父親の「じゃ、猫にしよう。 」という一言にて決定いたしました(これまた単細胞・・・。 名前の由来を聞かれたときに、「スペイン語で猫」なんて答えると「は・・・!?なんでスペイン語!?」となって説明が面倒なのと、犬なのに猫っていう理由のこっ恥ずかしさみたいなものもあって、だいたい「ガトーショコラのガトーです。 」って言ってマス。 そうするとすぐに「はぁん。 」と納得してもらえるので・笑。 ちなみにペロはもう一つ意味あり。 PELOという綴り&発音だと「髪」という意味になります。 犬なのに猫という名前をつけられてしまったから、あんなにひねくれた性格になってしまったのかと勘ぐってしまうほど天邪鬼ながっちゃんデス。 ココは譲らないかんねー。 (邪悪顔) そうだ、明日からまたまた外泊につき、日記更新はちとお休みです。

次の