アフターピル どこで。 アフターピル

アフターピルの値段は?正しい使い方や相場について解説します!

アフターピル どこで

女性たちの間でジワジワと知名度が高まってきた アフターピル。 女性自身が自分を守るために常備薬として準備しておいた方がいいと言われているほどです。 そこまで言うなら私もひとつ準備しておこう、と思っても「 一体どこで買えるのだろう」「 そもそもアフターピルってどんな薬なの?」 と気になることがたくさんでてきます。 アフターピルの特徴をはじめとして、どんな効果があり、どんなときに必要になるのか、どこに行けば購入できるのかなど、初めてアフターピルを購入したい方に役立つ情報をお話していきましょう。 妊娠を望んでいないのに万が一妊娠してしまったら、女性の体も心も大きな負担を抱えます。 それを回避するために アフターピルが心強い味方になってくれることでしょう。 アフターピルはどこで買えるの? 自分の体を守るためにも手元においておきたい薬のひとつアフターピル。 どこで購入できるのか気になるとことです。 薬ですから、サプリメントとは違い手軽に、気軽にというイメージはあまりありませんね。 初めて服用する場合、おすすめしたい方法は近くの婦人科で受診することです。 薬は体質によって合う、合わないがあります。 また、普段から病院で処方されている他の薬を飲んでいるならば、その薬との飲み合わせも心配です。 なぜならば、場合によっては副作用が出てしまうためです。 まずは婦人科で診察を受けて、アレルギーなどがあるかどうか、普段飲んでいる薬はあるのか、常用しているサプリメントはあるのか、などを担当医に報告してください。 もしも飲み合わせが悪い場合はアドバイスがあります。 無事にアフターピルを処方してもらったら、薬がなくなったらまた診察を受けて薬をもらいに病院にいくのももちろんOKです。 女性は特に女性特有の病気を患う可能性もあるため定期的な検診が必要ですからね。 病院へ行く以外の方法としてネットショップで購入もできます。 この場合、アフターピルを取り扱っているネットショップが本当に信頼できるのかどうかしっかり確認してください。 以前病院で処方してもらったタイプと全く同じであれば心配もなくなりますね。 どこで購入できるかこれで安心できたでしょうか。 ネットショップを利用して購入できるの? ネットショップと言えば、スマホやパソコンがあってネットに接続できる環境ならいつでも、どこにいても買い物ができるのはとても便利です。 アフターピルもネットショップを利用して購入はできますが、ただ安いから、発送が早いから、というお得情報だけに飛びつくのはやめたほうがいいでしょう。 もちろんお得なキャンペーン情報などはとても助かりますから随時チェックしておくことはいいのですが、大切なのはそのショップが本当に信頼できるかどうか、ここが大きなポイントなのです。 最初に病院で処方してもらった薬と同じ正規品を取り扱っているかどうか、日本で認可されている薬を扱っているかどうか、購入に関するトラブルがあった場合のアフターケアは万全なのか、このあたりを事前に確認してください。 既にアフターピルの服用方法が分かっていて、副作用も把握できているのであれば、病院へ行かずとも手軽に買えるネットショップは便利と言えます。 通販サイトの場合、手元に届くまで日数がかかることがほとんどなので、 ストックがなくなる前に購入しておくといいでしょう。 アフターピルといえば、使うシーンは大抵急に訪れるものです。 あらかじめ用意しておく事が大切です。 アフターピルの特徴をご紹介 アフターピルとは、女性が服用する薬で、生理を誘発させる作用があります。 なぜアフターピルというネーミングがついたのかというと、避妊に失敗した性行為の翌朝飲んでも避妊に成功するという効果が由来と言われています。 別名緊急避妊ピル、緊急避妊薬と呼ばれることもあります。 コンドームをつけて性行為に及んだけれど、など避妊に失敗した場合、緊急的に避妊することができる薬として処方されています。 どんなに時代が変わっても、望まない妊娠によって体も心もダメージを受ける女性は少なくありません。 無責任な男性もいますが、女性自身も自分の体と心を守るためにアフターピルの存在を知っておいてください。 なぜモーニングピルを飲むと妊娠を回避できるのか、それは子宮内膜に受精卵が着床することを防いでくれるためです。 受精卵が子宮内膜に着床すれば妊娠となりますが、それを防ぐために性行為をした翌朝にアフターピルを飲むと効果を発揮するというわけです。 そのためにも、アフターピルはどこで買えるのか、どんな効果をもたらすのかなど正しい知識を知っておくことは大事ですね。 どんな場面で必要になる薬なの? 望まない妊娠をしそうなとき、性行為をした後にアフターピルを服用します。 望まない妊娠ですから、例えばしっかり避妊をしたはずなのにコンドームが破れていたことに気づいて焦ったとか、終わった後に確認したらコンドームがずれていたとか、避妊に失敗したときにすぐ服用して欲しいのがアフターピルです。 例えばこんな事件は起きてほしくないのですが、強姦などで無理やり襲われてしまったとき妊娠する可能性が高まってしまうときなどにもアフターピルの存在は心強い味方となります。 強姦ではないものの、恋人が避妊を嫌がり無理やり性行為をした場合も女性の体と心を守ってくれます。 避妊を嫌がるような男性とは早めに別れた方がいいでしょう。 望まない妊娠によってどれだけ女性に負担がかかるのか理解していないような人ですから、その後二人が幸せになれるとは到底思えませんからね。 状況は様々ありますが、妊娠を希望していないのに妊娠してしまう可能性が高くなったとき、緊急的に妊娠を回避できるのがアフターピルなのです。 どこで買えるのか知っておくことは自分のためなんですね。 アフターピルにどんな効果があるのか アフターピルにはどんな効果があるのか気になりますね。 緊急避妊薬として女性たちの間でも話題になっていますが、まだ服用したことがない人にしてみれば未知の薬と言えるでしょう。 アフターピルとは、性行為をした後に妊娠を回避するために服用する薬です。 たとえば、しっかり避妊したと思っていたところコンドームが破れていたとか、コンドームが外れていて避妊に失敗したときなど、ひょっとして妊娠した可能性がある、と気になるはずです。 このときアフターピルを性行為の後に服用すれば避妊ができるというわけです。 その確率は性行為24時間以内で95%、72時間以内で75%と言われているので、性行為の翌朝に飲むことをおすすめします。 アフターピルを飲むと、受精卵が子宮内膜に着床することを防いでくれます。 妊娠を回避できるわけですね。 そのため、服用してから3日〜3週間以内に生理がきます。 緊急避妊薬として日本でも一般的に使われるようになりましたが、日本ではまだ3人に1人の割合しか薬の存在を知らないと言われています。 自分の体を守るためにアフターピルを 望まない妊娠によって女性の体だけでなく、心にも大きなダメージを与えます。 妊娠したかもしれない、と悩みながら過ごしていくことは予想以上に大変なことです。 妊娠を望まないのであれば避妊が第一です。 これはもちろん女性だけでなく男性も真剣に考えなければいけません。 万が一に備えて、アフターピルを準備しておくことは自分の体と心を守るためです。 コンドームを使った避妊は避妊率が高いものの、しっかり装着していなかったり破れてしまえば避妊できていません。 その事実を知ったときは女性も男性も焦ってしまうでしょう。 そんなとき心強い味方になるのがアフターピルの存在です。 まずは自分の体との相性を確かめてもらうために婦人科で診察を受けること、安心して服用できると分かったのであれば常にストックを準備しておくこと、これで不安がなくなるはずです。 もしも男性が、妊娠を望まないなら堕胎すればいい、などと無責任な発言をする場合、男性の存在が大事なのか、女性自身の体を大事にしたいのか、決断したほうがよさそうです。

次の

アフターピルの効果は?正しい飲み方と副作用

アフターピル どこで

避妊に失敗したときのため、 アフターピル=緊急避妊薬を買っておきたいという女性が増えています。 アフターピルは、産婦人科やレディースクリニックで処方してもらうのが一般的な入手方法。 しかしアフターピルの確実な避妊効果を得るためには、24時間以内遅くとも72時間以内に服用する必要があります。 「避妊に失敗しちゃった・・・!」というとき、翌日に病院を受診してアフターピルを処方してもらって、はたして間に合うのでしょうか? 働いている女性なら、どうしても仕事のスケジュールが調整できないことだってあるでしょう。 もしも妊娠してしまったらという不安・・・ 早く病院へ行かなくてはという焦り・・・ できることなら、そんな気持ちは味わいたくないですよね。 そんな女性が自分の身を守る手段として選んでいるのが、アフターピルを通販で買うこと。 病院へ行かなくても購入はできますが、アフターピルの働きや副作用、自分にはどんな種が適しているのかなど、わからないこともあるはず。 アフターピルを買う前に知っておくべきこと・知っておきたいことについてチェックして、ネット購入の不安をなくしていきましょう。 Contents• アフターピル=中用量ピル?? ピルには、超低用量・低用量・中用量があり、用途はもちろん、体質や体型によっても使い分けられています。 毎日服用して一定のホルモン量を維持し、避妊効果を維持し続けるためには超低用量~低用量ピルを服用。 妊娠しないコンディションを作りだすので、避妊の失敗率は0. 3%ほどという高確率で妊娠を防ぐことができます。 「コンドームでの避妊がうまくいかなかった」「避妊せずにセックスをしてしまった」など、事後避妊を要する場合には、中用量ピルによってホルモンバランスを乱して排卵および着床を防止。 中用量ピルの「プラノバール」がアフターピルとして長く使われてきましたが、現在はより副作用の少ないアフターピルへと移行しています。 プラノバールからノルレボへ プラノバールで事後避妊を行うときには性交後72時間以内に一度服用し、その12時間後にもう一度服用する「ヤッペ法」という方法が用いられていました。 しかし、副作用で吐き気を感じる人や実際に吐いてしまう人が多いことや、2度目の服用を忘れてしまうリスク、避妊率などから、現在は「ノルレボ錠」によるLNG(レボノルゲストレル)法が主流となっています。 ノルレボ錠による事後避妊には、 ・性交後72時間以内に1度服用 ・24時間以内の服用で避妊率はおよそ95% ・吐き気を感じる人は3%程度 といったメリットがあり、多くのクリニックで用いられている理由がよくわかりますね。 ノルレボのジェネリック アフターピルの処方には健康保険が適用されないので、費用は自己負担。 ノルレボ錠の価格は、10,000円~15,000円が相場のようです。 妊娠や中絶のリスクを考えれば、この程度の出費で済めば安いもの・・・と思えるかもしれませんが、決して安価ではないのも事実。 アフターピルが必要になってしまうことが何度も起こってしまえば、金銭的な負担も大きくなってしまいます。 「アフターピルに頼りたい、でも多くの費用は出せない」といった際に使いたいのが、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。 ジェネリックという言葉を耳にしたことはありますか? 新薬の開発・研究にはとてつもない費用がかかっていますが、特許が切れたあとに同じような薬を作るなら研究費用はさほどかかりません。 大きなコストをかけずに再開発された後発薬のことをジェネリック医薬品といい、先発薬よりもリーズナブルな価格設定が大きなメリットです。 ノルレボ錠にも、 インド製の 「アイピル」や タイ製の 「マドンナ」といったジェネリックが出ていて、より安価で購入することができるようになりました。 アフターピルは通販で買ってもいいの? ノルレボ錠の働きを低価格で買えるのがジェネリック医薬品ですが、日本ではまだ承認されていないため医療機関では出してもらうことができません。 日本人女性がリーズナブルなノルレボ錠を使うためには、海外製のアフターピルを購入する必要があります。 海外医薬品専門の通販サイトならアフターピルも多く取り揃えているので、一度チェックしてみましょう。 処方薬と通販の違い 日本では未承認の医薬品を通販で買えるというのは、一体どういうことなのでしょう。 正確には「個人輸入」と言って、 ・個人で使用する場合のみ ・指定された用法用量からみて1ヵ月分以内の量(医療用医薬品の場合) ・他人に譲渡しない など、薬機法で定められているルールを守れば、海外製の薬を買うのは合法。 海外では、アフターピルだけでなくさまざまな薬のジェネリックが流通しているので、薬の費用を抑えたいというときにはとても便利なツールと言えます。 ただ、医師の判断が介入しないところで医薬品を使うのですから、十分な予備知識を持っていることが必要。 服用方法や効果についてはもちろん、副作用のリスクについても把握しておかなければなりません。 通販でも安心して買うために 通販を利用するというのは、顔の見えない相手からアフターピルを買うということ。 利用するサイトが信用できるかどうかが重要なポイントです。 もし悪徳業者に引っかかってしまったら、いつまで待ってもピルが届かなかったり偽物が届く可能性が。 いざ使ってみたら避妊効果がなく妊娠してしまった、重篤な体調不良を起こしてしまったなどのリスクを回避するためには、どんなサイトを利用すれば安心でしょうか。 1、100%正規品であると堂々と記載されている 2、電話対応のスタッフがいて適切な対応を行っている 3、支払いにクレジットカードを使える 4、口コミでの評判がいい 5、第三者機関による鑑定書が公開されている 6、他サイトと比べて値段が安すぎるということはない これらの点を、信用できるかの判断材料にしてみてください。 アイピルやマドンナを取り扱うサイトはたくさんありますがどこで買っても同じというわけではなく、安心して服用できる正規品でなければ元も子もありません。 また、海外から発送されるので注文から到着までは日数がかかります。 アフターピルを使うのは緊急時ですから、必要になってからではなく事前に購入しておくことも大切ですね。

次の

アフターピルでの避妊成功は時間がカギ!

アフターピル どこで

「 アフターピルの値段はいくらくらいなのだろう」あなたは今、そう疑問に思っていませんか?また、アフターピルは種類によって値段が様々なので、どのアフターピルを選べば良いのか迷ってしまいますよね。 この記事を読めば、 アフターピルの種類と値段について知ることができます。 アフターピルの値段だけではなく、それぞれの薬の特徴も併せて説明しますので、 アフターピルを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。 アフターピル(緊急避妊薬)とは? 「ピル」という言葉を聞くと、女性が避妊や月経困難症の改善のために毎日服用する 低用量ピルを思い浮かべる人が多いですが、 アフターピル(緊急避妊薬)は低用量ピルとは異なり、避妊に失敗したときの緊急避妊法として用いられている薬です。 コンドームの破損や 低用量ピルの飲み忘れなど、うっかり避妊に失敗してしまった可能性がある場合、性交から一定の時間内にアフターピルを服用することで妊娠を防ぐことができます。 アフターピルのメリット アフターピルの最も大きなメリットは、 性交時の 避妊に失敗してしまっても妊娠を防ぐことができる確率が高いという確実性にあります。 アフターピルのデメリット アフターピルのデメリットは 一部の人に 副作用が現れるという点です。 アフターピルは安全な薬として知られており、 重篤な症状や将来的な不妊を引き起こすことはありません。 しかし、 アフターピルはホルモンバランスを変化させるため、服用後に 吐き気、 頭痛、 不正出血、 倦怠感、 乳房の張りなどの副作用が現れる可能性が指摘されています。 アフターピルで副作用を感じる人の割合は決して多くなく、重症化することはないため心配しすぎる必要はありませんが、服用前には副作用の可能性を理解しておく必要があります。 アフターピルの種類 アフターピルは薬によって値段が異なります。 値段が3倍以上異なるものもあるので、 経済的な負担と 薬の特徴を比較して検討しましょう。 値段 いつまでに服用すべきか 有効成分 国内での承認 ノルレボ錠1. 5mg 16,000円 性交から72時間以内 レボノルゲストレル 承認済 ノルレボ日本製ジェネリック 9,000円 性交から72時間以内 レボノルゲストレル 承認済 ノルレボ海外製ジェネリック 5,000円 性交から72時間以内 レボノルゲストレル 未承認 エラ 12,000円 性交から120時間以内 ウリプリスタル酢酸エステル 未承認 アフターピルは、 値段によって薬の良し悪しが異なるわけではなく、安いアフターピルだからといって高いアフターピルに品質が劣るというわけではありません。 さらに詳しくそれぞれのアフターピルの特徴を解説しますので、自分でもきちんと理解した上でアフターピルを選びましょう。 ノルレボ錠1. 5mg 16,000円 出典: 名前 ノルレボ錠1. 5mg 値段 16,000円 いつまでに服用すべきか 性交から72時間以内 有効成分 レボノルゲストレル 国内での承認 承認済 ノルレボ錠1. 5mgは、世界的に広く使われている緊急避妊薬です。 世界保健機構(WHO)からも必須薬の指定を受けており、日本でも2011年に緊急避妊薬として国内で初めて承認されていることから、 安全性と効果は特に保証されています。 2011年5月に発売され、それまで利用されていたヤッペ法という緊急避妊法に代わる薬として利用されています。 ヤッペ法と比較して、避妊効果の高さと副作用出現率の低さが確認されており、安心して服用できるアフターピルです。 ノルレボ日本製ジェネリック 9,000円 出典: 名前 レボノルゲストレル錠1. 5㎎「F」 値段 9,000円 いつまでに服用すべきか 性交から72時間以内 有効成分 レボノルゲストレル 国内での承認 承認済 アフターピルのジェネリック医薬品としては国内で初めて承認を受け、2019年3月より販売されているのが、富士製薬工業の レボノルゲストレル錠1. 5㎎「F」です。 先発医薬品の ノルレボ錠1. 5mgと同じ成分が使われており、 同等の避妊効果を得ることができます。 値段はノルレボ錠の6割に抑えられており、国内で承認済みのアフターピルを服用したいけれど経済的な負担も抑えたいという人におすすめです。 ノルレボ海外製ジェネリック 5,000円 名前 アイピル(i-pill) 値段 5,000円 いつまでに服用すべきか 性交から72時間以内 有効成分 レボノルゲストレル 国内での承認 未承認 ノルレボ錠の海外製ジェネリック医薬品の中で、日本国内でも多く処方されているのが アイピルです。 ノルレボ錠1. 5mgと同じ避妊効果を得ることができますが、 値段はノルレボ錠1. 5mgの3分の1と経済的な負担も大幅に軽くすることができるのが特徴です。 ただし、 アイピルは通販サイトで偽物が多く出回っているとされており、購入には細心の注意が必要となります。 正規品か判断できない通販で購入するのではなく、 医師の処方を受けて利用するようにしましょう。 5mgやノルレボ錠1. 5mgのジェネリック医薬品よりも、さらに高い避妊効果が認められています。 妊娠阻止率で比較すると、ノルレボ錠1. 5mgやノルレボ錠1. また、一般的にアフターピルは性交後72時間以内に服用する必要がありますが、 エラは 性交から120時間以内の服用で高い避妊効果を得ることができます。 そのため、性交から72時間以上経過した場合ではエラが唯一の選択肢です。 国内での承認はまだですが海外では広く使われており、 安全性は実証されているので安心して服用することができます。 アフターピルの値段が違うのはなぜ?安いと効果がないのか? 一口にアフターピルといっても薬によって大きく値段が異なります。 ジェネリック医薬品(後発医薬品)や 海外製のアフターピルは、日本製の先発医薬品に比べて値段が安く、海外製ジェネリックのアフターピルともなると先発医薬品アフターピルの3分の1の値段です。 ジェネリック医薬品は、 先発医薬品ですでに使用されている有効成分を使って作られます。 有効成分を新たに開発する必要がなく、 開発費用が抑えられるため、値段が大幅に安くなるという仕組みです。 そのため、ジェネリック医薬品でも 先発医薬品に比べて効果がなくなったり、少なくなったりすることはありません。 しかし、アフターピルは人によって合う薬が異なります。 値段の安さから自己判断するのではなく、医師に相談してから決めるようにしましょう。 まとめ:アフターピルはどこで購入できるの? この記事では、 アフターピルの種類と値段について解説しました。 アフターピルは市販品を購入することはできず、 医師に処方してもらう必要があります。 通販サイトでアフターピルが販売されていることもありますが、 偽物が紛れている可能性があるためおすすめできません。 病院での処方はハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、2019年からは オンライン診療でアフターピルを処方してもらうことが可能になったため、病院に行かずともアフターピルを手に入れることができるようになりました。 アフターピルを使用する場合は、 病院またはオンラインで医師の診察を受け、正しく使用するようにしましょう。 東京プレイヤーズクリニックなら、アフターピルの無料オンライン診察・当日受け取りが可能です。

次の