お悔やみ メール 部下。 上司・部下等へのお悔みメールの例文13選|訃報への返信にNGな言葉も

お悔やみメール》同僚/返信/友達/友人/友人の父/取引先/親戚/例文/文例/上司/返事

お悔やみ メール 部下

このページの目次• 忌引メールの返信 会社を忌引で休む場合は上司・部下に忌引メールか電話で連絡をします。 忌引のメールを受け取ったら お悔やみメールを返信してください。 返信メールの基本的な構造は「タイトル」と「本文」です。 忌引メールの返信する時のタイトル(件名) お悔やみメールであることと「名前」をタイトルに入れます。 同僚や上司の場合は部署名も明記しておくと受け取った側が誰からメール返信があったのか送 り主がわかりやすいです。 <名前>より お悔やみ申し上げます• お悔やみ申し上げます <名前>より• <部署名> <名前>より お悔やみ申し上げます• <名前>より 哀悼の意を表します などをタイトルとして入れてください。 遺族の方は悲しみをこらえて葬儀の準備をしています。 悲しみの中バタバタとたくさんの方に電話をしたり、メールを送ったりする作業に追われているのが想像できます。 分かりにくい件名のメールは後回しにされたり、迷惑メールと間違えられる可能性もあります。 普段にも増して件名を簡潔に、用件が分かるようにする必要があります。 忌引メールの返信する時の本文 忌引メールへ 返信する本文は2~3文程度で大丈夫です。 1文目に忌引メールの内容を確認したことが分かる文を入れます。 忌引メールの送った方が 「送った忌引メールを読んでくれた」「内容が伝わった」と分かるようにするためです。 ご身内にご不幸がおありだったと伺い、心からお悔やみ申し上げます。 などで始め、お悔やみの気持ちを表す言葉を加えてください。 上司や部下への返信の場合は 2文目に安心して会社を休んでも大丈夫という内容の文を入れます。 いろいろと大変ですが、業務の方は気にせずに休んでください。 仕事の事は気にせずに、故人をお見送りください。 仕事のことはお気になさらず、最後のお別れをして下さい。 仕事については、心配無用です。 などです。 最後の 3文目に結びの言葉を入れます。 哀悼の意を表します。 ご冥福をお祈りいたします。 安らかなご永眠をお祈りいたします。 など、シンプルな言葉を用いると相手に負担をかけません。 件名と同じく 本文も簡潔に、伝わりやすさや読みやすさを意識して書くようにしてください。 葬儀に参列できない場合はもう1文付け加える 葬儀に参列できない場合は 弔問に伺えないお詫びを加えるようにしてください。 一文目と二文目、または二文目と三文目の間に• 都合によりご葬儀に伺うことが出来ず申し訳ありません。 遠方のため、駆けつけることが出来ず申し訳ありません• 本来であれば直接お会いしてお悔やみを申し上げるところですが、略儀ながらメールにて失礼します。 などと入れておくと親切です。 本来であれば直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、略式ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 仕事のことは全て任せてください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 自分より目上の方へのメールだということを念頭に置き、 かしこまった形で返信してください。 失礼のない、 シンプルな言葉を慎重に選んで下さい。 相手に必要以上の負担をかけることのない内容になるよう注意しながら書いてください。 忌引メールの返信事例2(会社の同僚・後輩・部下に返信するメール) タイトル: <部署名> <氏名>より お悔やみ申し上げます 本文: この度はお身内にご不幸があったと伺い本当に驚いております。 略式ながら、メールにてお悔やみ申し上げます。 仕事のことは気になさらず、最後のお別れをなさって下さい。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 会社の 上司に返信するよりも少し柔らかい表現で大丈夫です。 身内に不幸があった場合は忌引休暇を取り、仕事を数日休む方が多いです。 仕事のことは心配ないという内容の一言を付け加えると相手も安心します。 忌引メールへの返信のポイント 忌引メールの返信にはいくつかポイントがあります。 忌引メールの送信主である遺族は家族を亡くして悲しい気持ちの中にいます。 葬儀の準備でバタバタしていることが予想できます。 その心境を思いやり、 言葉遣いには細心の注意を払って下さい。 「忌み言葉」を使わない 忌み言葉とは、 縁起の悪い言葉のことです。 相手によっては気にしない方もいますが、常識として使わない方が無難です。 不幸が重なることを連想させる単語です。 重ね重ね• たびたび• またまた• いよいよ• ますます• 返す返すも• 追って• 浮かばれぬ などは忌引メールの返信には使わないようにしてください。 宗教の違いに注意する 宗教によっては 死を表す言葉に違いがあります。 仏教では「成仏」「冥福」• 神道では「永別」「帰天」• キリスト教では「召天」「神のもとに召される」 などと表現します。 亡くなった方や遺族の方がクリスチャンの場合は「ご冥福をお祈りします」という仏教の言い方は避けるようにしてください。 忌み言葉も宗教によって違いがあります。 仏式での忌み言葉は「浮かばれない」「迷う」などです。 神式やキリスト教式葬儀での忌み言葉は「成仏」「供養」「冥福」「往生」などです。 相手の宗教まで分からないことも多いと思いますので、 忌引メールの返信にはなるべくシンプルな言葉を使うのが無難です。 故人の死因を尋ねない 遺族の気持ちを考えると、 忌引メールの返信で死因を尋ねるのはタブーです。 亡くなった状況を思い返すと悲しみが増し、思い返すのがつらいと思っている遺族の方も多いです。 生死に対する直接的な表現を避ける 「死亡」「死去」「亡くなった」は「ご逝去」、「ご存命」「生きていた頃」は「ご生前」に言い換えます。 直接的な表現は遺族の方の悲しみを増幅させてしまう可能性があります。 生死についての直接的な表現は避けるようにしてください 絵文字は注意して使う 絵文字を使ってはいけないわけではありませんが注意が必要です。 携帯の機種によっては絵文字のニュアンスが変わることもあります。 表示されずに、文字化けすることもあります。 絵文字は使わない方が無難です。 どうしても使いたい場合は、絵文字がなくても内容が伝わる文章になるようにしてください。 最後に読み返してチェックする 送信する前に 誤字脱字がないか、不適切な表現がないか確認してから送るようにしてください。 書いている時は気がつかなくても、あとで読み返すと直した方がいいところが目につくこともあります。 客観的に見直してから送るようにしてください。 忌引と忌引き休暇 忌引(きびき)と忌引休暇を同じ意味で捉えている人も多くいます。 社会人や学生の場合、身近な人が亡くなると自分自身は健康で出勤あるいは出席できる状態でも会社や学校を休むというイメージが強くあるためです。 忌引とは本来は身近な親族が亡くなり喪に服すことを表しています。 忌引休暇の日数 忌引休暇となる日数は会社の就業規則や労働条件、学校の場合は教育委員会で定められている教務規則などによって様々です。 正確な日数は会社や学校で確認してください。 一般的な日数は、• 配偶者 … 10日間• 父母 … 7日• 子 … 5日• 祖父母 … 3日• 兄弟姉妹 … 3日• 叔父・叔母 … 1日• 孫 … 1日• 配偶者の父母 … 3日• 配偶者の祖父母 … 1日• 配偶者の兄弟姉妹 … 1日 です。 遠方に住んでいる親族が亡くなった時に葬儀に参列する場合は、 移動に日数が追加されるケースもあります。 会社や学校によって様々です。 日数は必ず確認するようにしてください。 会社の場合は 総務部に確認すると教えてもらえることが多いです。 まとめ 人の死は突然訪れます。 急な忌引メールにどう返信しようか焦ってしまいますが返信はそんなに難しくありません。 亡くなった方や遺族の方を思いやる気持ちが一番大切です。 悲しみを共感し、心身をいたわる気持ちを素直に伝えるように心がけてください。 忌引メールの基本的なポイントを確認して送るようにすれば大丈夫です。 メールでのやりとりは直接顔を見てお悔やみを伝えるのとは違います。 小さな誤解や受け取り方の違いも、すぐに訂正することができません。 顔が見えないからこそ、 誤解が生じたり失礼があったりしないように注意してくださいね。 今後もよい付き合いをしていくためにも、適切なお悔やみを伝えられるといいですね。

次の

上司・部下等へのお悔みメールの例文13選|訃報への返信にNGな言葉も

お悔やみ メール 部下

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 最近では、メールやLINEなどでコミュニケーションをとることが当たり前になっています。 では、お悔やみの言葉をメールで送るのは問題ないのでしょうか? お悔やみメールは、故人を偲び、ご遺族に対して心配している気持ちを伝えること自体はなんら問題ありません。 特に、普段から親しい間柄で、訃報をメールやLINEで知らされた場合は、その お返事を行うことは自然な流れとなります。 また、メールでお悔やみを送ることで、いち早く相手を気遣うことが出来たり、葬儀などで忙しい中でも相手が自分のペースで読むことができるなどの利点もあります。 ただし、あくまで 形式上はメールは正式なものではないので、普段から親しい人以外は注意が必要です。 メールを送っても良い相手として、親しい友人、親しい同僚、親しい取引先の方などが挙げられます。 それ以外の方は、メールでのお悔やみは避けた方が良いでしょう。 お悔やみメールのマナー いくら、親しい間柄と言って、普段と同じメールのつもりで送ると、相手に不快な思いをさせてしまうなど大失敗につながることもあります。 お悔やみメールを送る際は、相手を思いやる気持ちを持ちつつ文章を作ることが重要です。 ここで、 お悔やみメールのマナーにはどのようなものがあるのかきちんと知っておきましょう。 タイトル・件名は簡潔にまとめる タイトル・件名は簡潔にまとめ、お悔やみメールだという事が一目でわかるようにしておくことが大切です。 「大丈夫ですか?」や「心配しています」などは一見、自分の気持ちが伝わっていいように思いますが、きちんとお悔やみメールであることがわかるようにしておくことがマナーです。 「〇〇です お悔やみ申し上げます」の文のように、 メールの差出人が誰かわかるようにしておくといいでしょう。 時候の挨拶は置かない お悔やみは、自分がどれだけ相手のことを思っているかを伝えるものではなく、あくまで悲しみの中にいる ご遺族を気遣う目的があります。 時候の挨拶などは、葬儀の準備などで忙しい相手に時間を取らせてしまうため、前置きは書かないようにしましょう。 丁寧な言葉遣いを心掛ける お悔やみメールは普段のメールとは違います。 弔意を示すための文書になります。 親しい間柄の方に送るため、極端に形式ばった文章にしなくてもよいですが、普段よりは 丁寧な言葉使いをするように心がけましょう。 使ってはいけない忌み言葉 お悔やみの言葉には使用してはいけない言葉を 忌み言葉といいます。 以下の言葉が忌み言葉となるので、お悔やみメールでは使わないようにしましょう。 件名:〇〇です。 お悔やみ申し上げます。 本文:突然の訃報に驚いています。 直接お悔やみを伝えたかったのですが、遠方のためすぐに駆け付けられなくてごめんなさい。 今、大変な時期だと思いますが、体調を崩していないか心配です。 私にできることがあればいつでも連絡してください。 会社内の部下・同僚・上司に送る場合 会社の部下・同僚・上司に送る場合にお悔やみメールを送る場合は、どこの課の誰なのか件名でわかるようにしましょう。 親しい関係であるが、仕事上の間柄ですので、 砕けた文書は避けるようにしましょう。 また、相手は葬儀などで忙しいため、手間をかけさせない配慮が必要です。 一般的な書き方の例は、以下のようになります。 お悔やみをメールで伝えることは問題ありません。 ただし、近しい人に限定すべきです。 親しき中にも礼儀あり。 忌み言葉を使用しないなどマナーが必要です。 お悔やみの言葉は丁寧に、相手を気遣う文言を入れましょう。 自分がお悔やみメールをもらった時には、返信は落ち着いてから行いましょう。 お悔やみは、「人の死を悼み、弔う」や「残されたご遺族にかける慰めの言葉」という意味があります。 物理的に遠かったり、葬儀に参列できない状況だったりすることがあると思います。 そうなった場合は、現代では近しい人に限り、メールでお悔やみを伝えることは悪いことではありません。 ただし、失礼なことでは無いのですが、本来なら、直接お会いしお悔やみを伝えなくてはいけません。 お悔やみメールはあくまで略儀ですので、後に時間が出来たら、直接会いに行ってお悔やみを伝えましょう。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、この他にも葬儀に関する記事を多数紹介しておりますのであわせてご覧ください。 以下の記事では、葬儀の費用について詳しく解説しておりますのでぜひご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お悔やみメールの注意点!?祖父母を亡くした友人に送るベストな例文を紹介!

お悔やみ メール 部下

目 次• 社内メールの敬称ルールって? ビジネスメールでよく使われる敬称には、「様」や「殿」、そして「さん」などがあります。 どの敬称を選べば良いのか、特に 迷いやすいのが上司に対してメールを送信するときでしょう。 実は、社内メールにおける敬称マナーは、はっきりと定められているものではありません。 状況や相手に合わせて、自分自身で使う敬称を決めることができます。 社内ルールの確認は必須 ただし、敬称マナーがないとはいえ、自分のルールに沿って行動していたら、社内で自分だけが浮いていたなんて失敗にもつながりません。 できれば 社内ルールを確認して、それに従うのがおすすめです。 ときには部署ごとに異なるルールが適用されている場合もあるので、相手に不快感を与えないためにも、事前に確認しておくと安心です。 スポンサーサイト 「様」と「殿」の使い分けについて 社内で明確なルールが存在しない場合、自分自身の判断で敬称を選択することになります。 基本的には「様」や「殿」、「さん」など、何を使っても良いということになりますが、一般的なメールマナーだけは頭に入れておきましょう。 「様」は誰に対しても使える敬称なので、上司、先輩、部下のそれぞれで区別する必要はありません。 しかし 「殿」を使う場合には注意が必要です。 「殿」はもともと、宛名が役職名であるときに「部長殿」などの形で使われるのが一般的とされてきました。 しかし近年では、「殿という敬称は、目上の人が目下の人に対して使う言葉だ」という考え方が広がってきています。 受け取る人によっては、不快な思いをさせてしまう可能性もあるので、 上司や先輩に対する敬称は「殿」以外を使う方が安心です。 「様」を使うときの注意点 「さん」ではカジュアルになりすぎるという場合に、便利に使えるのが「様」です。 「殿」のように対象が限定されることもありませんから、 上司、先輩、部下と幅広く活用できることでしょう。 しかし「様」を使うときにも、いくつか注意しなければならないポイントもあります。 以下の点を頭に入れておきましょう。 肩書きに「様」を付けると二重敬語に! 上司に社内メールを送信するときには、「山田部長」「鈴木課長」のように、名前と肩書きをセットにして宛名にする方も多いことでしょう。 「山田部長」「鈴木課長」だけでは、なんとなく失礼に当たる気がするという理由で「山田部長様」「鈴木課長様」と、「肩書き」+「様」という形にする方がたまにいますが、これは間違いです。 「部長」や「課長」といった 肩書きには、すでに敬称が含まれています。 ここに「様」を加えると、敬称に敬称を重ねて二重敬語になってしまいます。 普段の関係性によっては不自然になる可能性も 非常に便利な「様」という敬称ですが、相手との関係性によっては不自然になってしまう可能性もあります。 自分と立場が似ている相手や気の置けない 部下と社内メールでやりとりするときには、より シンプルな「さん」や「君」を使った方が良いケースもあるので、状況に応じた判断を心掛けましょう。 複数に宛てて送信する社内メールの敬称は? 情報共有を目的とした社内メールでは、複数人に宛てて一斉にメールを送信することもあります。 人数が多くなれば「各位」という言葉を使うケースも多いはずです。 「総務部各位」「プロジェクトメンバー各位」といった形で使うのが一般的ですが、肩書きと同じく 「各位」にはすでに敬称が含まれています。 「各位様」「各位殿」という形にすると、こちらも二重敬語になってしまうので注意してください。 まずは職場内のメールルールの確認から 社内メールにおいて、正しく敬称を使うためのコツは、何はともあれまずは職場内でごく自然に使われているルールを確認することです。 明確にルールとして決められている場合もありますが、「慣例」としてルールめいたものが決まっているケースもあります。 この場合、先輩が送信するメールを参考にするなどして、 社内もしくは部署内での敬称ルールを学んでみると良いでしょう。 敬称がしっかりと使えるようになれば、社内メールでのやりとりもよりスムーズにできるはずです。 より自信を持って、毎日の業務をこなせるよう、早めに社内の敬称ルールを身につけておきましょう。

次の