お腹 の 脂肪 落とす に は。 【男性必見】お腹の脂肪を落とすには?男性はこれで効果的な方法を紹介!

お腹の脂肪を落とす器具【痩せない続かないなら】

お腹 の 脂肪 落とす に は

内臓脂肪(落ちやすい)• 皮下脂肪(落ちにくい) 内臓脂肪は主に男性に付きやすい脂肪の種類です。 中年男性特有のぽっこり出ているお腹は、内臓脂肪と呼ばれる脂肪がお腹に付いた状態です。 見栄えは非常に悪いのですが、実は内臓脂肪は比較的落としやすい脂肪と言われています。 皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が代謝がしやすいので、運動と食生活を改善すれば内臓脂肪は落とす事は簡単です。 やっかいなのが皮下脂肪の方です。 皮下脂肪は女性に多い脂肪の種類です。 皮下脂肪とは名前の通り皮膚の下にある脂肪の事です。 皮下脂肪の役割はカラダを守る為のクッションの役割があります。 女性に皮下脂肪が多い要因として女性は出産を経験する事から、赤ちゃんを衝撃から守る為に男性に比べて皮下脂肪が多い傾向にあります。 ご参考までに。 皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方 ただ、自分のカラダに付いている脂肪が、皮下脂肪なのか内臓脂肪なのか判断が付きにくいのですよね。 そこで簡単な見分け方として直立して腹筋に力を入れてつまめる脂肪が皮下脂肪です。 お腹をつまんでみて皮下脂肪の下に他になにか脂肪がありそうならそれは内臓脂肪です。 そうやって簡単に判断する事が出来ます。 皮下脂肪がつく理由とは? そもそも、皮下脂肪というのは、どうしてつくのでしょうか? 理由は暴飲暴食と、慢性的な運動不足が大きな原因です。 この結果、 消費カロリーよりも、摂取カロリーが多くなってしまう事で皮下脂肪は付いていきます。 皮下脂肪を減らすためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする必要があるのです。 具体的に女性の場合は1800カロリーを超えると、脂肪が付きやすいと言われています。 これを超えないように意識する必要があります。 皮下脂肪は簡単に落とす事が出来ない!脂肪が落ちる順番は? 皮下脂肪は簡単に落ちてくれない脂肪として有名です。 なぜならお腹周りの皮下脂肪は脂肪の中で1番最後に落ちる脂肪だからです。 順番から言うと内臓脂肪が先に落ちていき、最後に皮下脂肪が落ちるイメージです。 その理由は、皮下脂肪が貯蓄タイプの脂肪だからです。 まず運動をしたら、1番最初にエネルギーとして使われるのはブドウ糖です。 ブドウ糖はいつでも使いやすいように、筋肉や肝臓の中に貯蔵されて、必要な時に必要な分だけ消費されます。 それに比例して、カラダの脂肪分も減っていきます。 しかしこの時に減っていく脂肪は、主に内臓脂肪で皮下脂肪はそのままなのです。 ブドウ糖が消費されて内臓脂肪が減った後に、ようやく皮下脂肪は燃焼されます。 皮下脂肪は脂肪細胞増殖型の脂肪 脂肪細胞増殖型とは、過剰なカロリーを摂取すると、脂肪細胞がどんどん増えていくタイプの脂肪です。 一度付いてしまうと落ちにくいばかりか、体内でどんどん脂肪が増えていきます。 最近の研究結果では、脂肪が増える原因は腸内の デブ菌が多い事も原因の1つとして考えれています。 では皮下脂肪は、主にどこに付きやすいのでしょうか? 皮下脂肪は主に筋肉が少ない部位に、付きやすい脂肪です。 主にお腹周り、腰回り、おしり周り、背中、二の腕、顔などが挙げられます。 全部脂肪が付いて欲しくない場所ばかりですよね。 脂肪の犯人はインスリン 皮下脂肪が付いてしまう原因は、 インスリン インスリンは血糖値を下げる唯一の成分です。 ですが食事から摂取した炭水化物がブドウ糖に変換されて、インスリンと結びつく事で脂肪に変わります。 インスリンは血糖値が上がった時に、大量に分泌されます。 脂肪を付けない為には、血糖値を上げない事が重要になってきます。 【本気】効果的な皮下脂肪の落とし方 皮下脂肪を効果的に落とす為には、 食事の改善と運動が大切になっていきます。 その中でも皮下脂肪を落とす為のもっとも効果的な方法をご紹介します。 食事の改善 炭水化物を制限する まず大切なことが、 炭水化物の制限です。 炭水化物はカラダを動かす為のエネルギー源です。 炭水化物は体内でブドウ糖に変換されてエネルギーとなります。 しかし炭水化物には血糖値を挙げてしまい、脂肪を溜め込んでしまうデメリットも。 食事で炭水化物が中心の人は、必然的に脂肪が付きやすいカラダとなってしまいます。 血糖値が上昇すると、体内に大量のインスリンが分泌されて、ブドウ糖と結びつく事で脂肪に変わっていきます。 ですがいくら脂肪が付くからと言っても、炭水化物を食べない訳にはいきません。 炭水化物を食べないダイエットはここでは推奨しません。 理由として炭水化物を抜くと、便秘になってしまい代謝が悪くなってしまうからです。 便秘になる理由として、炭水化物には食物繊維も含まれています。 食物繊維を摂らなくなると腸のぜん動運動が弱まり便秘を招いてしまいます。 そうなると腸内環境が悪化してしまい、代謝が悪くなってしまいます。 適度な炭水化物は絶対に必要になってきます。 そこで脂肪の蓄積を予防する、効率的な炭水化物の摂取方法ですが。 必ず前菜やお味噌汁などの汁物から食事を召し上げるようにしましょう。 野菜やサラダなどの前菜は主に 低GI食品と言われ、血糖値を上げにくい食材として有名です。 先に野菜を食べておく事で最後に炭水化物を食べても吸収が緩やかになり血糖値の上昇を防いでくれます。 食欲を抑える 次に食欲そのものを抑える努力も必要です。 食事前にきな粉牛乳を飲んだり、間食は果物や野菜スティックなどに置き換えたり、好きな音楽を聴いて空腹をごまかしたり。 また、ストレスと食欲は密接に関係しています。 何か好きなことに没頭したり趣味をすることで、ストレスを解消して食欲を忘れるようにするという方法も、大変おすすめです。 それでも小腹が空く場合は プロテインがおすすめです。 プロテインは筋トレや男性が飲むものと言うイメージが強いですが、実はプロテインに含まれるタンパク質は女性にとってもの凄く重要です。 お肌にハリや潤いを与えるコラーゲンやヒアルロン酸もタンパク質を原料にして作られます。 また、プロテインを飲んで適度な筋肉を付ける事で、基礎代謝が上がり痩せやすいカラダも手に入れる事が出来ます。 特に女性におすすめのプロテインは、大豆が原料のソイプロテインです。 ソイプロテインには食物繊維が豊富に含まれています。 小腹が空いた時に飲むと、腹持ちがよく空腹によるストレスを和らげてくれます。 もちろんソイプロテインも血糖値の上がりにくい低GI食品です。 皮下脂肪を落とす食事 皮下脂肪を落とす食事として、代表的なものが、 タンパク質を中心とした食事です。 タンパク質は、糖質や脂質と異なり、余剰分は体内に排出されます。 ですので脂肪として溜め込むリスクが少ないのです。 更には、タンパク質が代謝された、アミノ酸を摂取することで、筋肉量が増えて基礎代謝が上がるので一石二鳥と言えます。 もちろんタンパク質を食べただけでは、筋肉は付かないので、適度な運動が必要になります。 【最強コンビ】筋トレと有酸素運動で脂肪を落とす 皮下脂肪を落とす最適な運動は 有酸素運動です。 しかし、ただの有酸素運動よりも、もっと効果的に脂肪を燃焼させる運動方法があります。 それが、 最強の運動=筋トレ+有酸素運動 順番としては先に筋トレをおこない、その後に有酸素運動を開始する。 これが皮下脂肪を落とす最強の組み合わせです。 ですのでまずは、内臓脂肪の元でもあるブドウ糖を消費する必要があります。 そこでブドウ糖を落とす為に、もっとも効果があるのが筋トレや短距離走などの無酸素運動なのです。 無酸素運動はブドウ糖をエネルギーとして消費するので、効率的にブドウ糖を消費する事が可能です。 この工程を踏む事で、次におこなう有酸素運動で、皮下脂肪が落ちやすくお膳立てする事が出来ます。 筋トレ初心者の女性でも、自宅で簡単に出来る筋トレの動画がありましたのでご参考にしてみて下さい。 家で筋トレが出来るので、ジムに行かなくても良いので経済的です。 次に皮下脂肪を落とす為には、酸素が必要です。 酸素を取り込む為の、もっとも効果的な運動がジョギングなどの 有酸素運動です。 しかし急激な運動はかえって活性酸素が増えて老化の原因となってしまいます。 ですのでジョギングになれていない人は、ウォーキングから始めても全く問題ないです。 ウォーキングになれてきたらジョギングにトライしてみる事をおすすめします。 ジョギングの時間ですが20分程でも充分皮下脂肪は燃焼出来ます。 この他にもスクワットなども脂肪燃焼にはおすすめです。 最近では筋力アップをして、脂肪燃焼効果を高めるダイエットも非常に人気です。 この2つに取り組む上で、並行してやっていただきたいのが、 皮下脂肪が気になる部分のマッサージです。 マッサージは、脂肪を直接刺激して、老廃物を流し、皮下脂肪を落としやすい状態にする効果があります。 マッサージによってリンパはケアする事で体液の流れが良くなり代謝アップに繋がります。 代謝が上がる事によって脂肪も燃焼しやくなりますのでおすすめです。 簡単に出来るリンパケアマッサージはこちら 皮下脂肪を落とすなら水泳もおすすめ! 水泳は陸上と異なり、水圧による抵抗を全身を使って、対応しないといけないので、効率的に皮下脂肪を落とす運動して、女性の間で大変人気です。 自宅やお風呂で皮下脂肪を落とす方法は? 自宅編(ストレッチ) 自宅で出来る皮下脂肪を落とす方法は、ストレッチがオススメです。 ストレッチをする事によって、固まった筋肉をほぐしてくれて、リンパの流れを良くしてくれます。 これにより、カラダ全体の基礎代謝が高まり、痩せやすいカラダに導いてくれます。 ストレッチはこちらの動画参考になりますので、是非ご覧下さい。 腹筋運動にもなり、おすすめです。 お風呂編 お風呂もカラダを温めて、基礎代謝を高める手段としてはオススメです。 オススメは温かいお湯と、水を交互に浴びる、温冷交代浴です。 交互に浴びることで、血流がよくなって、代謝が高まっていきます。 皮下脂肪を落とすおすすめサプリは? 皮下脂肪を落とすおすすめのサプリメントは、炭を配合した チャコールクレンズの黒汁(KUROJIRU)がおすすめです。 黒汁は、美容大国アメリカで話題になった、 活性炭(チャコール)を配合したドリンクです。 活性炭には、脂肪を吸着して体内にデトックスする効果があります。 無理をしても長続きしなければ良い結果は望めません。 皮下脂肪がつきやすい理由や、皮下脂肪の落とすプロセスを知って、効果的に皮下脂肪は落としていきましょう。 『痩せて自分に、自信が持てるようになりたい』 これは女性なら切実な願いですよね。 まずは諦めずに、ゆっくりと頑張っていきましょう。 応援しています。

次の

お腹回りの脂肪を落とすのは超簡単!その理由とは?

お腹 の 脂肪 落とす に は

憎っくきお腹の皮下脂肪! どうにかしたい… どうしても気になってしまうお腹まわりの皮下脂肪。 ダイエットをしてもなかなか落とせず悩んでいませんか? この記事では、そんな悩みを持つ方にお腹まわりに皮下脂肪がつく原因から落とす方法までご紹介します。 おすすめのダイエット方法を参考にスッキリとしたお腹まわりを手に入れましょう。 つかめるお腹になる原因とは? つかめるお腹になる原因は、お腹周りについた皮下脂肪です。 皮下脂肪がつく原因は、1日の摂取カロリーと消費カロリーのバランスが崩れ、消費カロリーを摂取カロリーが上回ることにあります。 お腹周りの皮下脂肪を撃退するには、カロリーバランスを上手く保つことが大きなポイントなのです。 皮下脂肪とは? 皮下脂肪とは名前のとおり、皮膚のすぐ下につく脂肪のことです。 内臓の周りにつく脂肪「内臓脂肪」とは全く別物です。 一般的に、皮下脂肪は女性につきやすく、内臓脂肪は男性につきやすいという傾向があります。 そうは言っても男性も油断して良いものではありません。 皮下脂肪は内臓脂肪と違い、時間をかけてゆっくり身体に蓄積されます。 また内臓脂肪は燃焼させやすく落とすのも比較的簡単ですが、一度ついた皮下脂肪はそう簡単に落とすことができません。 このような特徴がある皮下脂肪ですが、男性の体に皮下脂肪がついているということは、内臓脂肪だけで済まないほど、体に脂肪がついてきているとも言えるのです。 皮下脂肪がつまめるほどついているという状態は、見た目が気になるのはもちろん、健康面への影響についても考えていかなければなりません。 今すぐに健康面に害があるわけではないからといって、放っておかず害のない今から改善することが大切です。 ここからは、落としにくい皮下脂肪の燃焼の仕組みや燃焼方法の仕方を説明していきます。 脂肪を燃焼させる仕組みを知り、対策をしっかり行っていくことで皮下脂肪を減らしていきましょう。 これから先の健康のためにもよくご確認ください。 脂肪燃焼の仕組みとは? 脂肪燃焼の仕組みは少し複雑ですが、皮下脂肪を落とすためにはしっかり把握しておくことが必要です。 まず最初に、体脂肪(皮下脂肪や内臓脂肪)はそのままの形でエネルギーとしては消費できず、運動を行っても即座に燃焼は始まりません。 運動時などに消費されていくエネルギーは、まず筋肉などに蓄えられている糖質(グルコース)からです。 運動時にアドレナリンが放出され、これにより脂肪を分解する酵素であるリパーゼが活性化します。 そのリパーゼの働きにより体脂肪が遊離脂肪酸とグリセロールに分解され、遊離脂肪酸が脂肪細胞から血液の循環によって全身へ巡り、そこでようやく筋肉が遊離脂肪酸をエネルギーとして使い、「燃焼」となるのです。 またせっかくの遊離脂肪酸も、使われなかった場合は分解前の脂肪へと戻ります。 これは遊離脂肪酸が細胞毒性を持っているため、そのままの形で残しておけない体の仕組みによるものです。 従来、「運動時などにアドレナリンが分泌され、リパーゼが活性化し遊離脂肪酸が巡る」までには20分程度の時間がかかると言われていましたが、最近の研究により運動を開始した直後から開始されていることがわかってきました。 よって、こまめに取り組む運動も決して無意味ではないということです。 毎日の生活に取り入れられる「早歩き」なども効果があります。 また運動時に代謝によって遊離脂肪酸が作られたとしても、余ったなエネルギーは脂肪に戻ってしまうことにも注意が必要です。 例えどれだけ運動を行ったとしても、摂取エネルギー量が消費量より上回っていれば脂肪に戻って蓄えられてしまうのです。 効率的な脂肪燃焼のためには、やはり食事量なども気をつける必要があります。 皮下脂肪が燃焼しにくい原因とは? 脂肪燃焼の仕組みはわかりました。 では、どうして皮下脂肪は燃焼しにくいのでしょうか。 「皮下脂肪は時間をかけてついていくもの」と説明しましたが、どうして少しずつ蓄えられてしまうのかと言うと、脂肪燃焼の仕組みの後半でも説明したように、消費されることがなかったエネルギーが少しづつ蓄えられているからです。 皮下脂肪は余ったエネルギーを蓄えてきた結果ですので、その蓄えを消費する運動を行わない限り簡単に落ちるものではありません。 運動を行った場合も、まずは筋肉などに蓄えられている糖質が使用されます。 そして内臓脂肪の順番にエネルギーが優先的に使われ、最後に皮下脂肪が使われるのです。 皮下脂肪を燃焼させるほどのエネルギー消費を行わない限り、順番として最後である皮下脂肪を燃焼することがないのはこのような理由からです。 また食事制限のみのダイエットの場合、体のエネルギー消費量は増えていません。 その場合、皮下脂肪(=体の蓄え)をエネルギーに変えて消費していくほどの消費も当然起こることはありません。 皮下脂肪を燃焼させるためにはエネルギー消費量を増やすこと、つまり基礎代謝の向上や運動が絶対に欠かせないのです。 皮下脂肪を落とす脂肪燃焼方法3選 ここからは、実際に皮下脂肪を落とす脂肪燃焼の方法を3つご紹介します。 筋肉を鍛えることにより成長ホルモンが分泌され、体の代謝を向上させます。 また、鍛えた筋肉量が増加することで脂肪をより燃焼しやすい状態を作ることもできます。 筋トレを全く行わず運動を行った場合のエネルギー消費量と筋トレ後に運動を行った場合では、エネルギー消費量にも大きな差がみられます。 皮下脂肪を落としやすい体を作るためにも、運動のエネルギー消費量を増やすためにも筋トレは積極的に行いましょう。 具体的な筋トレ方法をこれから説明していきます。 スクワット スクワットは、下半身を最もバランス良く鍛えられる筋トレのひとつです。 人間の筋肉の半分以上は下半身にあります。 1回の動作で大きな筋肉を複数同時に鍛えることができるスクワットは、効率のいいダイエットといえます。 また、道具も必要なく、わずかなスペースだけでもできるので手軽というメリットもあります。 <スクワットのやり方>• まず肩幅より少し広めに足を広げ、両手を前に揃えて出します。 そしてお尻をゆっくり下げながら腕も左右に広げ、後ろまで伸ばしたまま移動させます。 手を後ろに伸ばし、お尻をしっかり下ろしたら、またゆっくりお尻を上げながら手を前に戻します。 お尻をぐっと突き出し、背中が弓なりになるようにしましょう。 腕をよせることにより肩甲骨部分も刺激し、背中の筋肉もしっかり鍛えましょう。 急いで回数をこなそうとするよりも、しっかり体を落とし、肩甲骨をよせることを意識しましょう。 まずは正しいフォームを身につけてから、回数を増やしていきます。 回数をこなせるようになったら、片足スクワットに挑戦してみましょう。 お腹の筋肉、そして背中や太ももの脂肪を落としたい方はぜひ「スクワット」を実践してください。 プランク お腹がへこむ体幹トレーニング方法として「プランク」もおすすめです。 プランクとは、うつ伏せ状態から体を真っすぐ伸ばした状態で肘と足を使って体を上げ、一直線にした姿勢をキープするというものです。 <プランクのやり方> この姿勢をしっかり取るためのポイントがいくつかありますので、以下を必ず確認してください。 肘を肩の真下に来るようにすることで体重が分散されるので、その上で体と床が一直線になるように調整しましょう。 背中を反ったりお尻が出すぎてしまうと、正しく効果を得ることができません。 背筋はまっすぐ、また首も背筋と一直線になるようにし、しっかり前を向くようにしましょう。 お腹の筋肉を意識し、しっかり力を入れて引き締めると背筋も伸びやすくなります。 足はお尻よりやや広めに固定することによって、余剰な力がかかることを防止できます。 まずはこの姿勢を20秒間キープすることを目標とします。 一ヶ月の目標を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 無理をせず、まずは10秒からでもいいので自分のできる範囲ではじめましょう。 プランクは腰への負担もかかりにくく、そのうえで腹筋にしっかり負荷をかけることができます。 また背筋をしっかり伸ばすので、体の柔軟性をアップさせる効果もあります。 一日たった10秒から実践することができますのでまずは28日間、ちょっとした空き時間に取り入れてみてください。 皮下脂肪がつきやすい食生活を改善し、一日の摂取カロリーを考え直すことも必要になります。 内臓脂肪は食事制限でも落としやすいのですが、皮下脂肪はただ単純に食事量を減らすだけでは簡単には落とせません。 基礎代謝の向上のためにも、必要な栄養素はしっかり摂る必要があります。 大切なのは食事を減らすことではなく、摂取カロリーより消費カロリーを多くすることです。 そのためには自分の体格に合った消費エネルギーを知り、それに合わせたバランスの良い食生活を考える必要があります。 食事は1日3回は摂ること、そして朝食はしっかり食べることも大切です。 朝食は一日のエネルギー源となり、基礎代謝を上げるためにも絶対に必要です。 摂取カロリーの割合でいうと朝食が一番多く、夕食が少ない形にすることが理想です。 朝食を抜いてそのぶん昼や夜にたくさん食べてもエネルギーを最も消費する昼間に消費しきれず、皮下脂肪となって蓄えられやすくなります。 食事は「高タンパク質・低脂質」、そして「一日三食、朝食を特にしっかり食べること」を忘れず、摂取カロリーより消費カロリーが大きくなるように調整しましょう。 有酸素運動とは、ウォーキングやジョギングといった比較的負担の少ない、酸素を取り入れながら行う運動のことを言います。 運動を行うとアドレナリンが放出され、リパーゼという酵素を活性化させるという説明はしましたが、このようなアドレナリンやノルアドレナリン、また副腎皮質刺激ホルモンなどの分泌を助ける運動が「有酸素運動」です。 激しすぎる運動はむしろ逆効果で、酸素を取り込みすぎることにより「活性酸素」が増加し、老化の原因のひとつとなってしまいます。 効率よく皮下脂肪を燃焼させたり健康ためには、有酸素運動が効果的であることを忘れないようにしましょう。 有酸素運動は20分以上の運動が必須ではないことはすでに説明しましたが、皮下脂肪燃焼のためには合計20分以上を目指しましょう。 ウォーキングやジョギングなどといった負担の軽い運動の場合、「通勤時に一駅手前で下車して歩く」、「エスカレーターではなく、階段を使う」という工夫をするだけでも良いでしょう。 日常的にできる有酸素運動としては、「ドローイング」がおすすめです。 ドローイングとは、お腹を意識的にへこませる運動のことを指しますが、これも日常のちょっとした隙間時間で行うことができます。 ドローイングはお腹の皮下脂肪燃焼のためにも効率的ですので、ぜひ実践してみてください。 ドローイングは以下のように行います。 まっすぐ立ち、肩幅に足を開く• 大きく息を吸いこみながらお腹を膨らませ、口から息をゆっくり吐き出しながらお腹をへこませる• へこませた状態で30秒維持(この間も呼吸は意識的に行うこと) インナーマッスル(=体の内側の筋肉)が衰えていると、この「30秒維持」の段階で難しいと感じることも少なくありません。 まずはこの30秒維持をしっかりと、そしてそれができるようになればどんどん回数を増やしていきましょう。 理想は「30秒維持を10回で1セット、1日2セット」ができるようになることです。 初めから完璧にやろうとせず、少しずつ回数や秒数を増やすようにしていきましょう。 運動で皮下脂肪燃焼するコツ 皮下脂肪燃焼する際に有酸素運動で気をつけたいポイントやコツについてご説明します。 有酸素運動は大きな筋肉を使い脂肪を燃焼させる運動ですので、筋トレと合わせて行うと最も効率よく脂肪を燃焼させることができます。 筋トレの脂肪燃焼効果を期待するというよりも、筋トレで基礎代謝を上げ、より効率よく有酸素運動の効果を得ることが目的です。 ぜひ有酸素運動と筋トレを組み合わせて、毎日のメニューを考えましょう。 両方を同時に行う場合は、筋トレを先に行ってから有酸素運動することをおすすめします。 筋トレで体を温め、より皮下脂肪を燃焼しやすい状態を作ってから有酸素運動に移れるので最も効率が良い方法といえます。 また有酸素運動は、毎日継続して行うことで脂肪を燃焼しやすい体を作り、効率をさらに上げることが可能です。 皮下脂肪を燃焼させる運動で大切なことは以下の2点です。 毎日継続すること• 筋トレを先に行ってから有酸素運動を行うこと このポイントを基準に、無理のない範囲で毎日のメニューに組み入れてください。 脂肪燃焼には漢方がおすすめ また「運動や食生活の見直しだけではなかなか効率が上がらない」「もっと効率よく皮下脂肪を落としたい」という方には、漢方をおすすめします。 おすすめの漢方 【生漢煎】 生漢煎は、よくあるサプリメントではなく、18種類の生薬が配合された「漢方薬」です。 18種類の生薬が脂肪を分解・燃焼、そして排出を促進してくれます。 また、生漢煎は「満量処方」という特徴もあります。 一日分丸ごと配合されている生漢煎は、最大量27. 0gの原生薬を4,500mgのエキスに濃縮してあり、1回1包で摂取できる飲みやすさとなっています。 ダイオウやトウキなどといった生薬が代謝を高め、レンギョウなどの利尿成分、キキョウやサンシシと言った生薬が便通を促して余剰分を排出します。 肥満の方はもちろん、基礎代謝を向上させたい方や便秘やむくみで悩まされている人にもおすすめしたい漢方です。 上記で紹介した運動や食事方法に生漢煎をあわせることでより効率的に脂肪燃焼することができます。

次の

お腹の皮下脂肪を落とす落とす方法3選!つまめる脂肪を効率的に燃焼!

お腹 の 脂肪 落とす に は

お腹の脂肪がなかなか落ちない原因は? お腹は脂肪がつきやすく、なおかつ落ちにくいと感じたことはありませんか? これには、きちんとした理由があります。 お腹には、胃や腸を始めとして、肝臓や腎臓、膵臓といった内臓が集中しています。 それにも関わらず、体の他の場所のように骨に覆われていません。 そのため、外からの衝撃などから内臓を守る必要があり、脂肪がつきやいのです。 特に女性の場合は子宮や卵巣があることから、男性よりもお腹周りに脂肪を溜めこみやすいと言われています。 あなたのお腹の脂肪は「内臓脂肪」?それとも「皮下脂肪」? お腹周りの脂肪には、実は2種類あることをご存知でしょうか。 一見すると、どちらもポッコリと出ているように見えるお腹も、脂肪の種類によってその原因も対処法も大きくことなります。 お腹の脂肪は、とに分けられます。 内臓脂肪とは、その名の通り 内臓周りに付く脂肪で、主に男性に多いと言われているものです。 いわゆるメタボ腹と呼ばれるものは、内臓脂肪が原因と言われており、お腹のお肉をつまもうと思ってもつまめないのが特徴です。 内臓脂肪は、単に肥満体型が心配なだけではなく、生活習慣病の発症原因ともなりうることから、近年は健康状態の指針としてチェックされるようになりました。 一方の 皮下脂肪は、 皮膚の下につく脂肪のため指でつまむことができます。 皮下脂肪は女性に多いと言われており、内臓脂肪のように病気に直接関係するものではないと言われていますが、一度つくと落ちにくく、膝などに負担を強いることから、内臓脂肪と同様にできるだけ早く対処した方がよいと言われています。 内臓脂肪を燃焼させるおすすめの運動やエクササイズ 内臓脂肪を効率的に燃焼させるためには、どのような運動やエクササイズを行うのがよいのでしょうか。 ここでは、お勧めの運動やエクササイズをご紹介します。 ウォーキングダイエット 内臓脂肪を落とすには、有酸素運動を行うのがよいと言われており、中でも手軽に始めることができるウォーキングはお勧めです。 ただし、ウォーキングはただ歩けばよい、というわけではなく、背筋をピンと張り、やや早足で歩幅を大きくとって歩くことが大切です。 また、 脂肪燃焼効果が期待できるのは歩き始めて20分後と言われているので、20分は歩くようにしましょう。 スロージョッギングダイエット スロージョギングとは、歩くよりも少し速いスピードで走るダイエット方法です。 ジョギングに比べてスピードが遅いため、体力の消耗が少ないことから、高齢者でも行える方法となっています。 踏み台昇降運動 階段の一段目や、雑誌や古新聞を積み上げた物の上を、登ったり降りたりするだけでも、内臓脂肪を燃やす運動となります。 これなら天候に左右されず、気が向いた時にいつでも行えるため、外に出るのが億劫という方でも続けやすいのではないでしょうか。 なお、踏み台昇降運動も、20分を目安に続けるようにし、徐々に時間を伸ばしてみましょう。 皮下脂肪を落とすおすすめの筋トレや運動 一度つくとなかなか落ちないと言われている皮下脂肪ですが、適切な筋トレや運動を行うことで、少しずつ落とすことが可能です。 皮下脂肪は長期決戦を見据え、長く続けられるものを選ぶのがコツと言えます。 有酸素運動 有酸素運動とは、酸素を多く取り込みながら、負荷の少ない運動を長時間続けて行うものを言います。 ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリング、エアロビクスなどがありますが、どれも「ハァハァ・・」と息が切れるほどハードに行っては意味がありませんので注意しましょう。 筋トレ(腹筋など) 筋トレには脂肪を燃焼させる効果はありませんが、脂肪の分解を促進するため、有酸素運動前に行うと脂肪の燃焼を高めると言われています。 また、筋肉がつくことで基礎代謝が上がり、脂肪の燃焼効果を高めることもできます。 下半身の引き締めに効果があるスクワットですが、同様にお腹周りや背中の筋肉を鍛えるのにもよいと言われていますよね。 しかし、腹筋を重点的に引き締めたいなら、通常のスクワットよりも足を大きく開いて行うワイドスクワットの方が効果的です。 その理由は、ワイドスクワットでは下半身の中でも、特に太ももの内側にある内転筋を鍛えることができるから。 内転筋はお腹の筋肉(腹直筋)と繋がっているため、腹筋を鍛えるには通常のスクワットよりも効率よくお腹を鍛えることができます。 この時、正座の状態は崩さず、お尻が足の上に乗るようにしましょう。 ダイエットをしたいけれど、や運動は避けたい・・と思っている方にお勧めなのがストレッチです。 ストレッチには直接脂肪を燃やす働きはないため、効果が出るのは早くはありませんが、ストレッチを行うことで血行がよくなりします。 また、ストレッチは自律神経の中の副交感神経を優位にするため、内臓の働きを高めてくれるので、こちらも代謝が上がり痩せやすい体を作ることができます。 なお、お腹周りを重点的に引き締めたい場合は筋トレがよいと言われていますが、今回ご紹介している上記のストレッチ方法では、正座の状態で体を後ろの倒して伸ばすことで、骨盤の位置を矯正して、歪みによる内臓のたるみなどを解消する効果が期待できます。 始めてすぐに効果が現れるものではありませんが、寝る前に行うだけで少しずつ体質の改善に繋がるため、ぜひ一日の習慣としてお腹周りをすっきりと伸ばすストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか。 セルライトとは、脂肪と老廃物が結び付き、硬くなったものを言います。 お腹や太ももに力を入れて捩じると、皮膚表面がでこぼことしたら、それがセルライトです。 セルライトは一度できてしまうと、そのままでは解消されにくいため、マッサージによってやわらかくすることで排出しやすくなります。 効率的に脂肪燃焼を促す食事内容は? 脂肪を燃やすためには、食事の量を減らし、野菜を多く食べる食生活がよいと思ってはいませんか? 実はそれは大きな間違いで、中でも「ダイエットの天敵」と思われているお肉(牛肉)には、脂肪燃焼効果のあるLカルニチンや、筋肉の元となるたんぱく質が豊富に含まれているため摂った方がよいと言われています。 とは言え、お肉は食べ過ぎてしまうとカロリー過多となることから、毎日大量に食べるのではなく、野菜が多めの食事内容を心掛けながら適量摂取することが大切です。 お腹の脂肪燃焼に効果的な「ツボ」 お腹の脂肪燃焼を促すには、ツボを刺激することもよい方法になります。 目が疲れた時、目の上や目頭を押すとすーっとダルさがとれるように感じたことはないでしょうか。 もしくは、首や肩の凝りも凝っている部分を指で押すと軽くなったように感じますよね? 実はこれらはツボを刺激することで、血の巡りをよくし、老廃物の排出や代謝を活発にしていると言われています。 そこでここでは、お腹の脂肪燃焼に効果的なツボをご紹介したいと思います。 ツボ押しはすぐにダイエット効果が見えるものではありませんが、毎日続けることで少しずつ代謝のよい体質に変わることができると言われています。 どれも数分かからずにできますので、まずはコツコツを毎日続けてみましょう。 合谷 手の甲の人差し指と親指の間の凹み、手首側にあるツボです。 ここのツボを押すと代謝を高める働きがあり、脂肪燃焼効果が上がると言われています。 足三里 膝小僧の下から指4本分下がったところにあるツボです。 脛側にあります。 こちらもツボを刺激することで代謝を高まる作用があると言われています。 気海 おへその真下に向かって親指1. 5本分下にあるツボです。 このツボを押すことで腸が刺激されて温まり、代謝や老廃物の排出が促進されると言われています。 天枢 おへそから外側に向かって指3本分のところにあるツボです。 親指以外の4本の指をあて、刺激しましょう。 お腹の脂肪を落とすのに効果のあるおすすめの器具3選! お腹の脂肪を落とすためには、食事制限と運動が欠かせません。 中でも運動は、脂肪を燃やす有酸素運動だけではなく、腹筋を鍛える筋トレを行うことで、脂肪によるたるみを解消し引き締まったお腹を作ることができます。 腹筋を鍛えるのは一般的な腹筋トレーニングを行うことで可能ですが、ここではグッズを使った腹筋トレーニングの方法をご紹介したいと思います。 腹筋ローラー 腹筋ローラーは、本格的に腹筋を鍛えたい方にお勧めのグッズです。 使い方は、ローラーについている取っ手を両手で掴み、足元から床で転がして体を床につけないようにして下ろします。 そして、そこから腹筋を使ってローラーを元の位置に戻します。 初心者の方や女性の場合は、まずは膝をついた状態で元に戻れるようになりましょう。 フラフープ フラフープは子どもの時に遊んだことがある方が多いと思いますが、玩具用ではなくスポーツ用(ダイエット用)を使うことでお腹周りに適度の負荷をかけて、腹筋を鍛えることができます。 通常の腹筋トレーニングでは鍛えられない腹斜筋(お腹の横の筋肉)を鍛えることができ、女性らしいくびれのあるウエストを作ることができます。 バランスボール バランスボールは、ボールの上に座るだけでお腹周りの筋肉や体幹を鍛えることができます。 バランスを取ろうとするために、お腹の前の筋肉(腹直筋)だけではなく、お腹の横の筋肉(腹斜筋)も鍛えることができるので、お腹周りの脂肪をどうにかしたいと思っている方にお勧めです。 また、バランスボールは座るだけではなく、床に寝転んだ状態で足に挟んで持ち上げることでも腹筋を鍛えることができます。 お腹の脂肪を落とすのに役立つおすすめのアプリ3選! お腹の脂肪を落とすために色々なダイエットを行ったけれど、どれも長続きしない・・。 このようなお悩みを抱えている方は、スマホのアプリを活用してみてはいかがでしょうか。 アプリなら自分では見つけることのできないトレーニング方法を知ることができ、体重や消費カロリーの管理なども簡単に行えます。 ここでは、お腹の脂肪を落とすのに役立つお勧めのアプリをご紹介したいと思います。 30日でお腹の脂肪を落とす 1日10分汗をかくトレーニングを行うだけで、30日後には引き締まったお腹が手に入れられるためのプログラムが組めます。 消費カロリーが表示される他、毎日トレーニングを行うのではなく休養日の設定もあり、同じ運動を毎日するわけではないので飽きずに続けることができます。 参考URL: Gohobee 女子の腹筋アプリ スマホを手に持って、毎日40秒だけ腹筋するだけでOK。 カウントもスマホがしてくれ、3週間続けると運営側からごほうびが貰えちゃいます。 参考URL: 365日腹筋アプリ スマホを持って腹筋を行うと自動的にカウントしてくれます。 カレンダー機能で、履歴が残り腹筋を行った日をいつでも確認することができます。 参考URL: お腹の脂肪を落とすおすすめの漢方 最近は、脂肪を燃焼させる効果のある漢方薬が、ダイエットに関心の高い女性を中心に注目を集めています。 では、お腹の脂肪を落とす効果が期待できる漢方には、どのようなものがあるのでしょうか。 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 防風通聖散は、昔から肥満症に処方されていた漢方薬で、 主にむくみや便秘に悩む方に効果があると言われています。 参考URL: 扁鵲(へんせき) 血行及び、体内の水分の循環を促進することで代謝を上げ、脂肪の燃焼効果を高めてくれます。 九味半夏湯加減方とも呼ばれており、過食によってついた脂肪に効果があると言われています。 参考URL: 大柴胡湯(だいさいことう) 常習的な便秘や肥満症に効果があると言われている漢方です。 肝臓や腎臓の働きをよくすることで、デトックス効果を高め、主に内臓脂肪を落とすのに向いています。 参考URL: お腹の脂肪を落とす効果的な方法!お腹の引き締めにはコレ!のまとめ お腹の脂肪はなかなか落ちないと言われていますが、長期的にダイエットを持続することで引き締めることができます。 また、漢方によって体質改善を行うと、よりスムーズにお腹の脂肪を落とすことができるかも知れませんので、服用に関する注意をよく読んだ上で、是非試してみてはいかがでしょうか。

次の