阿部 慎之 助。 阿部慎之助 通算成績

阿部慎之助…高校時代は甲子園に出場歴があるのか?出身高校はどこ?

阿部 慎之 助

略歴 [ ] 2003年に『』でデビューし、その後も仮面ライダーシリーズで度々ゲスト出演をしている。 2004年に放送された『』でインパクターロギアを演じ、知名度を得る。 ロギアはダークヒーローという出で立ちながら非常に人気のある役柄である。 2010年に『グランセイザー』で共演したセイザーリオン役のがにオープンさせた(現在は閉店)ダイニング「Sushi To Dai For」にと共に来店していた。 2019年1月に公開された初の長編映画主演作となる『』では、企画と原案も担当した。 また、同年8月から放送された『』で、初のテレビドラマ主演を務めた。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• 第1話(2003年) - 木場一彰 役• 第11・12話(2010年) - 筑波敬介 役• 第1シリーズ 第3話(2003年、)• ・(2005年、) - 鳥飼祐平 役• 第2話(2005年、テレビ朝日) - 梶竜一 役• ・36 河津・天城連続殺人事件(2006年1月9日、TBS) - 竹内健治 役• ・(2006年4月2日、テレビ東京) - 波多野賢一 役• 第5話(2006年5月17日)• 第11話(2006年9月13日、テレビ朝日) - 平原 役• (、) - 鮎川拓真 役• 「美しい闇」(2007年、テレビ東京) - 黒川医師 役• 第3話(2008年4月16日、テレビ東京) - 辰二郎 役• (2008年7月12日、テレビ朝日) - ストリートミュージシャン 役• (2008年11月17日、TBS) - 野村秀一 役• 萬屋長兵衛の隅田川事件ファイル 其の弐(2010年2月15日)• (2009年1月 - 3月、フジテレビ) - 神田 役(原作は「神崎」)• (2009年3月30日、フジテレビ)• 第1話(2010年1月14日、テレビ朝日) - 青木武史 役• (2010年1月 - 3月、TBS) - 磯貝有紀 役• 第1話「顔のない男」(2010年10月20日) - 篠原孝介 役• 最終話「プロテクト」(2014年3月19日) - 御影真一 役• 「分身」(2011年5月14日、フジテレビ) - 暮林英二 役• 第5・6話(2011年8月7・14日、フジテレビ) - 蒔田高巳 役• 第10話 - 第12話(2011年9月、日本テレビ) - 鬼塚 役• (2012年10月、) - 城戸一真 役• (2013年1月 - 2月、) - 西岡 役• (2013年3月9日、) - 小次郎 役• (2013年4月 - 6月、TBS) - 香川竜一 役• 土曜ワイド劇場・(2013年8月、テレビ朝日) - 岡部篤志 役• 第10話(2013年9月12日、フジテレビ) - 中原雅人 役• 第9話(2014年6月10日、フジテレビ) - 坂下 役• 第10・最終話(2014年6月16日・23日、TBS) - 高村サダオ 役• (2014年、NHK) - 役• 最終話(2014年9月9日、TBS) - 新山友宏 役• (2014年10月 - 12月、フジテレビ) - 役• (2015年4月 - 6月、MBS) - 新田広重 役• (2015年10月 - 12月、TBS) - 埜村耕助 役• (2015年12月12日、テレビ朝日)• 第4話 - (2016年2月 - 3月、TBS) - 譲二 役• 第8話(2016年12月8日、TBS) - 真島一郎 役• (2017年6月 - 7月、) - 吉田幸作 役• ドラマスペシャル (2017年12月17日、テレビ朝日) - 乾義男 役• (2018年1月18日 - 3月15日、テレビ朝日) - 清田春孝 役• 第7話(2019年2月21日、テレビ朝日) - 山之辺裕作 役• (2019年8月30日 - 10月18日、) - 主演・女衒 役• 第11話・最終話(2019年9月21日・9月28日、テレビ東京) - 坊野洋平 役• (2020年5月16日 - 〈予定〉、WOWOW) - ベルトホルト 役 映画 [ ]• (2004年1月、監督) - 斉藤清 役• (2005年、監督) - 準主演• (2005年、及川中監督) - 準主演・津山 役• (2006年1月、監督)• (2006年5月、堤幸彦監督) - 渡辺謙(青年時代)• (2007年7月、監督) - 準主役・河島徹 役• (2006年、監督) - 伊勢崎真一郎 役• (2007年、堤幸彦監督)• (2007年、及川中監督)• (2009年、武藤数顕監督)• ・テケテケ2(2009年、監督) - 武田慎 役• (2009年、三池崇史監督) - 川西昇 役• (2010年、三池崇史監督) - 出口源四郎 役• (2011年、監督)• (2011年、監督)• (2013年3月、監督、)• (2013年、監督) - 新田 役• (2014年、監督)• (2016年1月、監督) - 役• (2016年3月、監督)• 「優しい日常」(2017年10月、監督)• (2018年2月、監督)• 栞 2018年10月、榊原有佑監督 - 藤村孝志 役• (2018年11月、監督)• (2019年1月、監督) - 主演・明石幸次 役• 2019年、監督 - バジオウ 役• (2020年春公開予定、監督) - 渡辺 役 Webドラマ [ ]• (2011年、) - 新田広重 役 DVD [ ]• 超星神グランセイザー公式超技ビデオ(2004年) - インパクターロギアの声• (2008年、池田哲也監督) - 小山田浩司 役• (2008年、池田哲也監督) - 小山田浩司 役 CM [ ]• (2003年)• (2004年)• (2006年 - 2007年)• (2007年6月 - 2008年5月)• (2008年)• 「春」篇 脚注 [ ] []• 2019年8月7日閲覧。 2019年1月26日. 2019年8月7日閲覧。 ウォーカープラス. 2014年9月21日. 2014年9月21日閲覧。 映画ナタリー 2019年6月10日. 2019年8月6日閲覧。 テレビ東京. 2019年9月14日閲覧。 映画ナタリー 2020年2月24日. 2020年2月24日閲覧。 CINRA. NET 2017年8月18日. 2019年8月7日閲覧。 コミックナタリー 2018年10月9日. 2018年10月9日閲覧。 2019年5月20日. 2019年8月7日閲覧。 外部リンク [ ]• shinnosuke. abe -• デニス• 小林伯熙• 原田一輝• 林晃平• 井上稀翔• 中村祐翔• 髙橋龍星• 渡辺雄斗• 大倉空人• 堀間翔• 今井楓• 小林大暉• 山下夕越• 芳賀柊斗• 朝美瑠音• 内野伶菜• ジャスミン• ライラック• 高橋咲樹• 羽野瑠華• 彩永あいり• 岡村梨里• 桐山花綾• 有原さな• 佐野愛夏• 加藤未来• 高岡凜花• 白川怜奈• 白石南帆• 土岐瑞葵• 秦穂香• 朝日奈芙季• 山崎美月• 湊梨紗• 小出華苑• 杉浦さくら• 河村花• 小椋梨央• 櫻愛里紗• 鮫島彩華• 青山愛依• 横堀菜々美• 渡辺梨世• きなこ• 朝倉さくら• 小栗まりな• 渡邊璃音• 大高みなみ• 檜山奈南果• 西谷星彩• 朝倉ひなか• 星乃明日美• 山川虹羽• 葉山未来• 亘理舞• 堀口日萌• 星谷汐音• 木下夏希• 吉村栞乙• 吉村眞乙• 山崎友莉花• 桜野希子• 広井こころ• 早川あひる• 石黒詩苑• 西田圭李• 深川和音• 勝又春• 三井マリナ• 青木菜々香• 神山凛• 美南早希• 阿部美月• 渡辺くるみ• 美波はる• 本庄風月• 石井るり• 華野瑚子• 安積美唯• 月井美緒• 太田彩巴• 安田野乃• 崎本紗衣• 武野汐那• 藤井桃香• 西垣有彩 キッズ• 山口莉来弥• 山中しいた• 谷垣有唯• 沖田有和• 窪田吏玖• 渡嘉敷龍• 大塚陽斗• 櫻莉杏• 藤村木音• 瑞城さくら• 山口にこ• 和泉詩• 橋本和• 天川れみ• 中西真優• 羽野真央• 森嶋さくら• 磯山ふみ• 斉藤萌紅美• 中村いお• 加々谷日彩• 綾波亜弥• 角田麗衣• 本堂杏奈• 平良圭叶宇• 谷口華音• 鈴木ありさ• 川本結月• 永岡心花• 仲村悠菜• 来栖美歩• 風見和香• 大塚咲希• 松尾由愛• 久永莉穂• 冴樹侑和• 千葉さりあ• 浅井アヤネ• 国本姫万里• 渡嘉敷杏• アーティスト• 愛甲朔也• 麻井香音• 浅賀望大• 朝葉珠璃• 嵐祐人• 有村悠真• 有元啓太朗• 有本大貴• 安藤稜浩• 飯坂和矢• 石井雅哉• 市川陽夏• 伊藤玻羅馬• 井上愛梨• 今井春登• イングリス海偉• 植田香凜• 内山愛美• 海上学彦• 江口シオン• 大橋典之• 大橋龍馬• 大屋香乃• 岡野敬• 小川礼• 荻野直哉• 荻野龍斗• 尾﨑実生• 落合晴音• 乙羽真凜• 樫本詠知• 春日結心• 春日レイ• 香瀬あざみ• 片山蔵人• 金井マイ• 兼子丈輝• 上村謙信• 神谷勇楽• 川嶋夏実• 河島英人• 菊地美結• 清瀬このは• 工藤愛由夢• 久保楓• 熊谷魁人• 黒澤諒• ケイラ• 小泉陽菜乃• 越山敬達• 後藤田由起子• 近藤ゆき• 今野亘琉• 坂井太陽• 佐藤昊希• ジェフリーマローン• 志田弦音• 島田惇平• 鈴木智有• 鈴木心愛• 鈴木雄大• 関空亜• 高尾颯斗• 高桑真之• 髙橋蓮欧• 高村晃平• 武井駿• 田村ニコラス• 津田愛奈• ティアラ• 得能志生• 得能勇志• 冨波心• 中川享之介• 長野蒼大• 中野龍• 長野凌大• ナポレオンスター• 西田喜穏• 虹野優太• 能浦航汰• ノエル• 浜田麻希• 林優心• 原田怜生爽• 平野勇樹• 平野音郁• 平野翔馬• 福田桃芭• 藤井航• 藤澤雛• 藤田陽士• 藤田優斗• 藤野煌• 船橋蘭• 星野仁• 堀越リアム• マークルシアン蓮• 前出燿志• 牧野太英• 増田みずき• 松澤遼太郎• 松本ししまる• 松本龍之介• 水口隆志• 水野瑠偉• 溝上青王• 三本健介• 三富大成• 南野大地• みのり• 宮内杏璃• 宮崎杏樹• 村崎秀明• 森田悠斗• モルル夕菜• 八木優羽亜• 山下竜輝• 山下永玖• 山下遼• 山根大弥• 山橋明日菜• 吉岡琉生• ラウアー亜未衣• 瑠伊穂• REY• レックス• ローズ杏美• 渡邉瑠南• 渡邉花鈴• 渡来航太• 有岡歩斗• 安藤夢叶• 石田ノエル• 石田ローウェン• 五十﨑優真• 出田ブランドン• 岩井里奈• 岩井蓮• 梅田凌佑• 浦山天斗• 大島夏乃• 大西伊紗• 大山蒼生• 岡香鈴• 岡本結芽乃• 岡本芽唯• 奥野楓佳• 小野結月• 加藤翔太• 鎌田聖菜• 川口大翔• 河村朱莉• 川村伯真• 紀田直哉• 北脇里紗• 栗瀬陸• 小森大輝• 小山杏果• 佐々木櫂• 佐々木頼忠• ジェイ• 下山天• JURI• 白石嵐丸• 髙田侑希• 髙橋美利阿• 宝川紗羅• 橘祐里• 田中博翔• 千知謙• 徳井太一• 永田陸斗• 中野瑠偉• 中村まな• 西川陽菜• 西村零• 橋本歩夢• 林穂乃花• 原野琴美• 福井太陽• 福島愛• 藤川希子• 松川日陽• 松川明衣花• 松田しのん• 松村泉輝• 松元寧音• 三屋響• 宮本弘佑• 森兼菜緒• 安田依唆• 矢内姫愛• 山口瑞姫• 山﨑日和• 湯浅凛子• 吉村信愛• 由本脩真• Rinka• ルディック詠美• 若井瑛人.

次の

阿部 慎之助(読売ジャイアンツ)

阿部 慎之 助

経歴 経歴 安田学園高-中央大-巨人(2001〜2019、2020年〜) ドラフト 2000年ドラフト1位 初出場 2001年3月30日 対阪神1回戦 東京ドーム 初安打 2001年3月30日 対阪神1回戦 星野伸之 東京ドーム 初打点 2001年3月30日 対阪神1回戦 星野伸之 東京ドーム 初本塁打 2001年4月13日 対横浜1回戦 河原隆一 東京ドーム 初盗塁 2001年4月11日 対中日2回戦 ナゴヤドーム タイトル 首位打者賞(2012年) 最多打点者賞(2012年) 最高出塁率者賞(2012年) 表彰 最優秀選手賞(2012年) ベストナイン賞(2002、2007〜2014年) ゴールデングラブ賞(2002、2008、2013、2014年) 正力松太郎賞(2012年) 記録 [日本記録] 捕手・最多連続守備機会無失策1709(2010年4月4日〜2011年9月29日) 6試合連続本塁打(2004年4月9日〜4月16日) 背番号 10(2001〜2019年)-80(2020年〜) 一軍打撃成績 年 度 所 属 試 合 打 席 数 打 数 得 点 安 打 二 塁 打 三 塁 打 本 塁 打 塁 打 打 点 盗 塁 盗 刺 犠 打 犠 飛 四 球 死 球 三 振 併 殺 打 打 率 長 打 率 出 塁 率 2001 巨人 127 428 386 40 87 18 0 13 144 44 3 0 2 2 31 7 79 9. 225. 373. 293 2002 巨人 127 511 446 62 133 26 0 18 213 73 4 1 4 3 46 12 81 10. 298. 478. 377 2003 巨人 94 371 314 46 95 15 1 15 157 51 1 1 3 4 40 9 52 7. 303. 500. 392 2004 巨人 108 436 379 61 114 22 1 33 237 78 0 0 1 0 43 13 87 6. 301. 625. 391 2005 巨人 130 534 476 56 143 16 0 26 237 86 0 2 0 6 51 1 78 15. 300. 498. 365 2006 巨人 129 497 452 39 133 26 2 10 193 56 0 2 4 2 35 4 76 8. 294. 427. 349 2007 巨人 140 580 499 72 137 20 0 33 256 101 1 2 3 10 57 11 76 17. 275. 513. 355 2008 巨人 125 484 428 60 116 27 0 24 215 67 1 1 4 0 44 8 66 17. 271. 502. 350 2009 巨人 123 462 409 63 120 20 2 32 240 76 1 1 2 7 34 10 87 9. 293. 587. 357 2010 巨人 140 569 498 85 140 27 2 44 303 92 0 0 1 1 58 11 91 8. 281. 608. 368 2011 巨人 114 437 390 45 114 21 0 20 195 61 1 1 2 1 35 9 66 12. 292. 500. 363 2012 巨人 138 556 467 72 159 22 1 27 264 104 0 0 2 8 69 9 47 11. 340. 565. 429 2013 巨人 135 529 422 81 125 17 0 32 238 91 0 0 0 6 86 15 59 8. 296. 564. 427 2014 巨人 131 526 459 49 114 24 0 19 195 57 1 3 0 2 58 7 77 16. 248. 425. 340 2015 巨人 111 419 343 44 83 14 0 15 142 47 0 0 0 4 64 8 84 9. 242. 414. 370 2016 巨人 91 387 335 43 104 13 0 12 153 52 0 1 1 3 44 4 55 8. 310. 457. 394 2017 巨人 129 512 455 41 119 13 0 15 177 76 0 1 1 7 41 8 67 13. 262. 389. 329 2018 巨人 95 223 198 22 49 6 0 11 88 46 0 0 1 1 21 2 55 6. 247. 444. 324 2019 巨人 95 192 158 15 47 8 0 7 76 27 0 0 0 2 28 4 23 1. 297. 481. 411 計 2282 8653 7514 996 2132 355 9 406 3723 1285 13 16 31 69 885 152 1306 190. 284. 495. 368.

次の

阿部慎之助の実家を紹介…父親の職業は会社経営?母親、兄弟について

阿部 慎之 助

阿部慎之助 基本 籍 出身地 生年日 体重 9 kg 選手 投球・打撃 右投左打 守備位置 、 入り (逆名) 経歴 選手歴• - 歴• - 際大会 代表 、 、 学園、を経てのでを逆名して入団する。 の開幕戦で出場。 では年振りの新人開幕スタメンを果たす。 はの立となり、打を何本も打ち、「慎ちゃん」と呼ばれるようになった。 更にその際のでは 「!」とよく言っていた。 にはに16(間記録)を放ち、には「開幕33試合で20」という記録に並ぶ。 最終的には33だったが、 のでを記録したのはが初めてである。 には右肩痛もあり、初めてを経験する。 にはが3割を切りも自己となる10本に終わったが、キャとなる率. を記録。 には将に任命され(以降まで将を務める)、の故障で第代の4番打者にもなった。 また、自身初のを記録。 のはの以来で史上4人、のではの門前佐人以来で史上2人。 には第2回に出場した。 ではにのとしては初となる通算200を達成。 のを記録し、3連覇に貢献。 7年ぶりのにも貢献し、を受賞した。 一方でがの時はにを譲っていた。 にはの対戦でとしては、に次いで3人のを達成。 の、また左打者のとしては史上初。 最終的にを放った(のとしては歴代3位)。 は負傷もあり出遅れたが、5年連続で20を打った。 また、には連続守備機会記録の新記録9を達成。 はに4番として起用され、史上最多となる3度の間を受賞するなど打撃守備ともにを引っり、自身初のとなると王を獲得。 はとしては史上最高(にが. をしたが、は. 5、は. 8)、 王はのとしては初。 27本ものウラジミール・(本)に次いで。 またのと共に、選手としてはの以来12年ぶりに 正賞を受賞し、にもくなどキャを記録した。 ではの球を受けていたが、されたことで頭をたたき、このことでが締まってを掴むきっかけとなった。 には、第3回の代表として出場。 更に4番と正も兼任した。 2次ラウンドでは1イニング2を記録するなど好調であったが、準決勝の戦ではに打てず、も3連覇を逃した。 ものとしてを打っていたが、終盤に帯状疱を患い、まともに投げられなくなる程の状態に陥る。 その後は出場機会が怪のため減し、打撃不振に陥った。 最終的には. と3割を割ったが(それでも6位)、はの善により去年より多い本(3位)、(3位)でを終えた。 なおはでは両通してだった。 では怪を抱えながらの出場となった。 ・共にを被り続けたが打棒は奮わなかった。 また味方から大事なところにをぶつけられる等も起こった。 は深刻な打撃不振に陥ったが後半に復調。 の戦でをでの通算号を達成(、、に次いで4位に浮上)、またこのでとして 史上5人のを達成した。 からはにコントする。 開幕戦からで出場していたが、移籍してきたの故障によりの戦からの守備にうになった。 の戦で通算を達成。 はコンディションで開幕をで迎えたが、に一軍に昇格。 この日の戦で逆転2ランを放ち、に貢献した。 にはが就いていたため、として試合に出場。 規定未達ながら以来の3割をした。 また、入り後初めてとして出場のないとなった。 終了時点でまであと本とした。 にはがしたため、最年長選手・現役最長選手となった。 はのをに譲りに専念、登録となる。 の戦で通算試合出場、の戦で史上人の通算を達成した。 はの台頭ででの出場がになる。 試合の出場に留まったが、入団後18年連続で二桁を達成した。 にへの復帰を表明した。 は登録となったが、実際は、から移籍してきた、の3人体制となり、での出場となった。 の戦で史上19人の通算0を達成する。 5年ぶりのを決めた翌日にと、思っていることが一致したことから現役を表明する。 に会見を行い、「できたこと、0号を打てたこと、がになって初めてできたことで肩の荷が降りた」とした。 の戦(本拠地最)では4年ぶりにとして出場し、一番球を受けたいとったとの球を受け、2回にはをたたこうとして握手を交わして一塁の守備に就いた。 その後から最後のを放った。 の戦では申告敬遠で終わったが、「球史に残るんじゃないかな」とした。 とのでは第1戦でを記録したが勝ちに結び付かず、それどころか4連敗でにを許した。 からされた後は、のからもされ、現役生活に別れを告げた。 に任意選手示された。 2試合の出場で. 、6、5とのとして数多くの記録を打ち立てた現役時代だった。 引退後です! にはのに就任することが判明した。 人物です! 顔立ちがのそっくりである。 以前はとしてと呼ばれていたが、あまりにそっくりなため近年ではに称として用いられている。 近年は単にと呼ばれることも多く、退時は、時はなどと呼ばれる。 余談だが、の省も同様のを持つ。 応援歌です! 球団 No 42 成績です!• 年度別打撃成績です! 年 度 球 団 試 合 打 席 打 数 得 点 安 打 二 塁 打 三 塁 打 本 塁 打 打 点 盗 塁 犠 打 犠 飛 四 球 死 球 三 振 併 殺 打 打 率 出 塁 率 386 18 0 13 3 2 2 7 9. 1 6 26 0 18 4 4 3 46 12 81 10. 1 46 15 1 15 1 3 4 9 7. 436 9 1 33 78 0 1 0 43 13 6. 1 4 476 56 16 0 26 86 0 0 6 1 78 15. 7 2 26 2 10 56 0 4 2 4 76 8. 0 20 0 33 1 3 10 11 76. 4 27 0 24 1 4 0 8 66. 4 9 20 2 76 1 2 7 10 9. 569 8 27 2 0 1 1 11 8. 3 4 0 20 1 2 1 9 66 12. 6 4 1 1 27 0 2 8 69 9 47 11. 429 9 4 81 0 0 0 6 86 15 8. 427 6 9 24 0 19 1 0 2 7 16. 111 9 14 0 15 47 0 0 4 8 9. 0 3 43 13 0 12 0 1 3 4 8. 4 2 5 13 0 15 76 0 1 7 8 13. 1 6 0 11 46 0 1 1 2 6. 1 15 47 8 0 7 27 0 0 2 4 1. 1 :19年 2 83 14 9 2 9 6 5 13 69 5 1 6 1. 3 通算守備成績です! 機構 守備位置 試合 刺殺 守備率 捕逸 16 9. 9 3 5 29. 9 - タイトル・表彰・その他です! 1回 王 1回 最高 1回 表 7回 、- 4回 、、、 最優秀賞 6回 ()、()、() (っ・)、()、() 間 6回 、、、・・ 2回 第2戦、第1戦 1回 1回 正賞 1回 その他 出場 13回 、、-、 関連動画です! 関連商品です! 関連コミュニティです! 関連項目です!• - での決まり文句• - 登場曲、「、阿部慎之助」のでお染み 外部リンクです!• もし上回っていればの以来、ではの以来、球団としてはの、としてはの以来2人のになっていた.

次の