アルバハhl。 【グラブル】アルバハHLソロクリア!風マグナの動き方

【完全版】アルバハHLソロ 両面土マグナ① 準備編

アルバハhl

オススメ属性 アルバハ初級者向けにオススメの属性は光属性です。 ランク170前後でそろそろアルバハに行きたいと考えた際に、光マグナ編成が一番てっとり早く装備を揃えることができます。 光マグナ編成の場合普段から使っているシュバ剣で自然にHPを盛ることが可能で、フレンド石にルシファーを選べますので、HP回復もできて安定度が増します。 ゼウス編成の場合はHPを盛るのが難しく、フュンフも必要になってくるので、まずはマグナ編成で行くことをお勧めします。 最低限の準備 ・シュバ剣4凸or終末4凸合わせて5本 ・無凸トール (できれば)最終ソーン シュバ剣4凸or終末4凸合わせて5本入れて、ルシ5凸をフレ石に設定すれば、主人公3万、他キャラ2万5千前後のHPは確保できると思います。 このくらいHPがあればそうそう全滅することはありません。 現環境で光属性の1番の役割は70トールを入れることなので、無凸トールは必須としています。 これは今後もアルバハに行く限り必要になりますので、優先してサプチケで取ってしまいましょう。 逆に麻痺はあれば嬉しい程度なので、最終ソーンは必須とまでは言えません。 最終ソーンの奥義バフがないと火力が出ないので、あった方がいいのは間違い無いですが、最終ソーンがないからアルバハ行けない、なんて思わなくても大丈夫です。 主人公ジョブ スパルタ一択。 現環境では全員スパルタが安定します。 セージは回復が追いつかないので微妙です。 アルバハにおけるセージは慣れている方の火力職となります。 アビリティはクリアオール、リヴァイブは確定。 これは使ってみて使いやすい方で。 かばうはリヴァイブが外れること、慣れない内は事故の原因になることから非推奨です。 光属性オススメキャラ 理想PTとしては最終フュンフ、銃ゾーイ、最終ソーン辺りとなりますが、他のキャラでも十分クリア可能です。 手持ちと相談の上色々と試して自分がやり易い編成を探しましょう。 最終ソーン 麻痺役および奥義バフでの火力補助役。 2アビのディプラも3ターン麻痺や睡眠が入る場合もあるので便利です。 必須とまでは言いませんが、持っていれば最優先で編成しましょう。 最終フュンフ 奥義でディスペル、1アビで全体回復+活性+ストレングス、2アビで全体クリア+弱体耐性、3アビで単体自動復活。 4アビで全体復活+HP全回復+ガッツ効果。 とにかく支援性能がハンパないです。 アルバハで大活躍間違いなし。 持っていれば最優先で編成しましょう。 未最終フュンフ 奥義でディスペル、1アビで全体回復+再生、2アビで全体クリア、3アビで単体自動復活。 どれもアルバハに有用で、3アビを主人公に使っておけば事故も防げます。 未開放でも十分有用なので、安定感重視であれば優先的に編成しましょう。 特に防御100%UPが強く、ファランクスなしで特殊も受けても問題ありません。 ざっくりダメ半減と思ってもらえれば。 消去不可な点も頻繁にバフを消去してくるアルバハとマッチしています。 使用可能ターンは5ターン後ですが、ファランクスや全体バフで短縮可能で実際は3ターンくらいで打てます。 十天衆の2人を除いたキャラの中で一番オススメです。 持っていれば最優先で編成しましょう。 リミテッドヴィーラ 2アビでディスペル、1アビで全体かばう持ち。 無属性シリウスを受けたり、全体攻撃もかばえるため破局を一人で受けて落とすこともできます。 編成優先度は高めですが、ビット管理が必要でアビリティを打ちたい時に打てない場合があるので、慣れないとやや使いにくい印象です。 アーミラ 1アビで全体連撃UP+奥義ゲージ上昇量UP、3アビで自身の強化と弱体無効。 加えて1アビ、2アビで銃ゾーイのラストウィッシュのターン短縮ができるので、非常に相性がいいです。 入れるなら銃ゾーイとセットがおすすめ。 火力を出すために編成するキャラなので、どちらかというと慣れて来た方向け。 水着ノイシュ 1アビの全属性50%カットと属性カット50%以上を合わせて100%カット可能。 2アビで光属性防御DOWN、サポアビで敵OD時ダメージ20%カット。 3アビで全体奥義ダメアップ。 防御だけでなく火力補助も可能で、非常に優秀です。 2アビで単体2500回復+強化、奥義でガード効果と、なかなか便利です。 火力は出ませんが、盾として非常に優秀です。 無属性シリウスを吸う役としても。 サンダルフォン サポアビで弱体回復+活性、ガッツ効果を持つため、しぶといです。 2アビでダメのひと押しや自身の回復もできます。 ハロウィンシャルロッテ サブに入れるだけでオールポーション1個もらえます。 オールポーション1個とはいえ侮れず、安定度が格段に増します。 ソフィア サブ向けキャラ。 3アビの復活が確定となり、主人公がやられても立て直しができます。 奥義で全体回復、1アビで単体回復、2アビで全体クリアも可能です。 ペコリーヌ サブ向けキャラ。 2アビで全体かばう持ち。 火力が低いのでサブから出して無属性シリウスの壁役に。 プリキュア サブ向けキャラ。 かばう回避持ち。 こちらもサブから出して無属性シリウスの壁役に。 サブなしの4人編成か、サブにシリウスを受けるキャラを入れる編成のどちらかにすることになります。 サブなしの場合はバスコンの入れ替えを無視できるので、ソーンを入れて70%で麻痺を入れたい場合や、編成を固定して火力を出したい場合はこちらがおすすめです。 50%のシリウスは素で受けることになりますが、主人公のHPを90%以上維持していればそうそう落ちることはありません。 フュンフの3アビを主人公に使っておくという手も。 最初は4人編成で行くのは不安に感じるかもしれませんが、慣れて来るとこちらの方が楽です。 サブ入りの場合はシリウス要員のペコリーヌ・プリキュア等を編成します。 フロントキャラがランダムで後ろに下がるので、ソーンで70%の麻痺が打てなかったり、主力が下がって火力が落ちたりします。 5人入れてもいいですが、シリウス要員だけの4人編成でもOKです。 バスコンで入れ替わるキャラは5人編成の場合は2人、4人編成の場合は1人です。 最初はサブ入りでシリウスを受ける流れを把握し、慣れて来たらサブなしにするのが良いかと。 私のアルバハ光編成。 サブは無し。 サンダルフォンはコスモスBLの対象になるのと、他のキャラがいなかった時に入れていて、今はもっといいキャラもいるのですが、 どうせ火力出ないし面倒なのでそのまま使っています。 装備編成 メイン ・ゼノコロゥ剣 ・七星剣・真以上 メインはゼノコロゥ剣が火力を出せて強いです。 安定性重視なら奥義で30%カットのある七星剣・真がオススメです。 どちらもなければ黄龍槍4凸でもOK。 サブ ・シュバ剣4凸4〜6本 ・終末4凸 ・ゼノコロゥ剣 ・黄龍拳4凸(なければEX武器4凸でOK) ・バハ武器 ・コスモスBL ・無垢(オメガ)武器 ・天司琴3凸 HPは高いほど安定するので、+は振れるだけ振りましょう。 シュバ剣4凸+終末武器4凸で最低計5本、最大計7本まで入れてOKです。 残りの枠は手持ちにあるもので埋めればOK。 無垢武器、天司琴は少々優先度が落ちますが、無垢武器は他に入れるものがなく武器種が合うキャラが2人以上いれば。 天司琴は無属性相手なのでダメージアップの効果はありませんが、神威でHPが上がるので、HPが足りない場合や、他に入れるものがなければ。 シュバ剣4本で組んだ例。 終末4凸がなければシュバ剣は5本に。 写真のシュバ剣、黄龍拳は5凸ですが、4凸で問題ありません。 天司琴も3凸でOK。 マグナ2武器も入ってこないので、他属性のアルバハ編成と比べても一番作りやすい編成かと思います。 オススメ召喚石 メインはシュバマグ4凸、サポ石はルシ5凸。 サブ1枠はトール、1枠はカット石、残り2枠は自由枠です。 カット石 アテナ、ヘクトル、ケロちゃん、ゴブロ、闇カーバンクル 1枚はファランクスと合わせて破局の100%カットに使うので、闇or全属性30%カット以上のものを用意しましょう。 残りの自由枠は以下がオススメです。 なければステータスが高いものを入れてもOK。 ルシフェル 4凸で3000回復、5凸で3000回復+活性。 ステも高くHPが増えて安定します。 バハムート 4凸で奥義ダメUP、5凸で奥義ダメUP+奥義上限UP。 ステも高くHPが増えて安定します。 光の場合開幕召喚可能なので、開幕に打ちましょう。 グリームニル 10000バリア。 エウロペ 2人まで復活。 事故った時にあると助かりますが、あれば保険で入れる程度でOKです。 サンダルフォン 3凸でHP1000回復。 効果量は低いですが意外と使えます。 フレイ ソーンの麻痺を打つ際の補助に。 私のアルバハ用召喚編成。 バハルシ5凸に無凸のアテナとトールです。 もちろんここまで揃っていなくても上記の条件で選べば大丈夫です。 後半の動き方編はとなります。 ランキング参加しています。 応援よろしくお願いします。

次の

【光マグナ】アルバハHLソロ初クリア!編成&流れ【グラブル】

アルバハhl

アルティメットバハムートHL 「アルバハHL」と言えば、ルシファーHARDが追加された今となっては最高難易度のクエストではなくなりましたが、それでも グラブルの中での最高峰と言って良い難易度のコンテンツです。 もちろん 生半可な編成では討伐失敗も大いにありうるので、まず自分が挑めるレベルなのかを把握してから、入念な準備を経て挑むべきクエストである事は間違いありません。 とはいえ6人の中に慣れている人が多かったり、 団内などの身内(信頼できる相手)でやるアルバハにおいては、若干ハードルが下がると思っています。 具体的にどれぐらいのレベルから参加できるのか、戦力のおおまかな指標に関して私見を挙げたいと思います。 (真面目な記事だぞ!) 必要なものと編成ラインの目安 簡単に必要なものを挙げると以下のようになります。 トールを召喚する理由としては、アルバハくんが デバフ消去を頻繁に行うことと デバフ耐性が高いからです。 トールを召喚すると攻略が楽になりますが、 1回しか召喚できない石なので複数人で撃つ場所を事前に決めておく必要があります。 初心者が貢献するには 第一に死なない事! まず、一番大事なのはできるだけ 死なずに立ち回る事です。 初心者は火力に貢献できなくても、 死なずにファランクス、トール、クリアオールなどを回すだけで多大な貢献になります。 主人公が落ちると召喚やファランクスが撃てなくなるので、特に 主人公を落とさないようにする必要があります。 その為に必要なのが 十分なHPと 行動の把握です。 (後述) HPの目安 世間的に言われているのが「 主人公HP3万以上、他のキャラは2万5千以上」というライン。 素だと8000ダメージのトリプルアタックとかが飛んで来たりするのでこれぐらい無いと落ちたりします。 最初はめちゃくちゃハードルが高いと思いますが、 正直1本ぐらい守護武器入れても良いと思います。 (初心者は前述したように火力より死なずにファラ回したりして欲しいので) 守護武器とは、攻刃の付いていない(攻撃力の上がらない)守護のみの武器です。 例えば、シュヴァリエブージマグナ(斧)など。 光はとにかくシュヴァ剣の神威でHPを盛れるのでマグナで一番入門に最適な属性だと思います。 終末の神器 最近ではルシの「終末武器」が神威IIIが付いているのでどの属性でもHPを盛りやすくなりました。 アルバハに行きたい属性の終末武器は優先して作成しておくと良いと思います。 味方全体HP上昇LB そして、パーティ全体のHPを盛るのに重要なのが ジョブLBの「味方全体HP」。 こちらは Rank155でIが、 Rank185でIIが、 Rank210でIIIが解放されます。 それぞれ基礎HP(スキルが乗る前のHP)が1000ずつ伸ばせるので、大幅なHP上昇効果を得られます。 個人的には、他の装備やキャラ編成の状況もありますが、この Rank155がアルバハHLに行ける最低ラインだと思っています。 召喚石を投げよう! 火力を出すのが難しい初心者でも、有用な召喚石を投げてあげる事で、他の参戦者に貢献する事ができます。 アルバハHLはスパルタのみだと回復手段が少ないのでジリ貧になっていきます。 それでも火力で押し切るんですが、ゴブロ、グリームニルなどの防御系石やルシフェルなどの回復石など、合体召喚できた時の恩恵が大きい石は大変喜ばれます。 ただし、覚えるべきトリガーがめちゃくちゃ多く、他のクエストの比じゃないです。 これを細かく説明すると ここまで書いた内容の3倍ぐらい書く必要があるので、こればっかりは他の攻略サイトや動画などを見てみてください。 めちゃくちゃ簡単にやる事を書いていきます。 めちゃくちゃ多いですよね。 わかる。 ただ、 これは最低限覚えないと事故ります。 速度の遅めなアルバハ動画を見る事をオススメします。 正直、 これを覚えるのが一番ハードルが高い事だと思います。 だって行かないと覚えられないんだもんw 百聞は一見に如かずとはいいますが、実際やらないと覚えられない事は多いので、そういう意味での「団内練習」ですね。 リンク 偉そうに講釈垂れてますが、ぼく自身団内アルバハで2、3回事故ったことあります。 (あと反省はしよう) そうすれば、「事故った人がいるから慎重にいこう」と周りも慎重な立ち回りになるので二次被害が出にくくなりますし、どこのトール担当者が欠けたかわかるので他の人が代わりにトールを撃ってくれたりします。 討伐失敗するパターンはだいたい、1人が事故った事を他の参戦者が知らずに火力重視の立ち回りで進めてしまい更に事故犠牲者が出たりして残りの面子が動けなくなる感じだと思います。 (もしくは棒立ちワンパンがいたり) 大体しっかり連携取れる人同士なら慎重に進めれば討伐失敗することはないと思うので、初心者であることと、 練習したい(不慣れである)ということを他の参戦者に伝えておくことが大事です。

次の

【グラブル】アルバハHL 金箱ドロップ

アルバハhl

実施日 2020年4月7日 火 内容 ・自発箱のヒヒイロカネ率 UP ・金箱のヒヒイロカネ率 DOWN 4月7日 火 のアップデートにてアルバハHLの「ヒヒイロカネ」ドロップ率調整予定。 発見者報酬 自発赤箱 のドロップ率引き上げが行われ、代わりに 通常報酬 金箱 のドロップ率引き下げが行われる。 3月24日に「天破の祈り」実装 実装日 3月24日 火 3月24日より、アルバハHLに『天破の祈り』機能が実装。 称号を獲得すると、報酬として至極の指輪が入手可能。 団内等で安定して討伐できる場合はその限りではありませんが、やはり他マルチと比べて戦力的なハードルは高め。 初挑戦はシュヴァ剣の揃った光、もしくはダメカや回復を用意しやすい水などがおすすめですね。 ターゲッティングを付与されたらクリアかカットで対処。 弱体をしっかり入れてHPを高く保ちながら動きたい。 特殊技を受けると参戦者全員が全滅するので一度も受けてはいけない。 参戦者の火力次第では恐怖やテュポーンでの対策が必要。 属性防御や累積防御DOWNは効くので、入れておくと楽になる。 エッセル4アビを回すために開幕から奥義OFFでターン回しが重要。 こちらはイクサバの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 後半一気に削るときのフルチェイン用に 4凸テュポーンや水着マキュラなど奥義ゲージを増やせる召喚石があれば採用しましょう。 こちらはブルースフィアの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 オクトー奥義やギルガメッシュ召喚の土属性攻撃力UPを強化できるブローディアのサポアビが優秀。 また、 PTの奥義回転率が高く、カイン2アビの強化効果や奥義の追撃付与が途切れにくいのも強み。 こちらはキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA ニオ2アビやアンチラ3アビ、グリム2アビなど火力支援が豊富な編成例。 通常攻撃中心でターンを回して、 火のエッセル砲などに合わせてニオ4アビやグリム2アビの2回発動できる状態にしておきたいですね。 こちらはキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA 与ダメや連撃率UPを持つクビラとTA確定や全体かばう持ちのヴィーラを入れた編成例。 こちらはエデンの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA 闇クラリスと闇フェリを入れた闇渾身編成例。 10T経過してから強化されるアビが多いため、 バレクラ3アビで一度に複数ターンを進めるのが重要ですが、敵のCTも早く溜まる点には注意。 こちらはフォールン・ソードの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 ファランクスなど 50%以上のダメカと合わせて敵の多段攻撃を100%カットできるため、非常に動きやすくなる。 リヴァイヴ 主人公以外が倒された場合に立て直せるので、安定度を上げることができる。 参戦者内にエウロペを用意できなければ候補。 ディスペル 95%特殊の高揚など、敵の厄介な効果を消去する手段。 フュンフ、ブローディア、アンチラ、カトルといった ディスペル持ちキャラが参戦者内に居なければEXアビ採用も選択肢。 討伐速度次第だが、HP70%時は必須のため1枚以上は必ず用意したい。 また、10%でトールを召喚した後に攻撃すると弱体効果が解除されてしまうので、 召喚後は更に5%まで待機という流れになります。 HP75%時の『バース・コントロール』を受ける場合は、ソーンを控えに編成するか、メインに編成して控えを0人にするのが得策。 参戦者の火力次第では テュポーン又はアビリティの恐怖を使って切り抜ける必要がある。 全員が超えたことをしっかり確認しよう。 無視でも構わないが、PTごとの個別効果なので各自で対応する必要がある。 麻痺中でも発動するので注意。 特殊技を誰か1人でも受けると全体が壊滅するというポイント。 3:恐怖を入れる場合はトールを入れる選択肢も 恐怖を利用してCT増加を防ぐ場合は、トールを使用すると命中率を上げられる。 属性防御DOWNを入れて味方の火力を上げ、敵の攻撃に対してはカット、回復を駆使して戦っていこう。 万全を期すならトールで連続攻撃DOWNを入れておこう。 直前で特殊技を受け、カットを無駄にするといったことはないようにしよう。 4:敵の「TA確率UP」をディスペルで消去 特殊技『ゴッドブレス』で敵に付与されるTA確率UPは放置しておくと事故につながるのでしっかりディスペルで消去しよう。 自動復活なども消去されてしまうので注意。 なおビッグバンには弱体消去がついているので、 しっかり全員が通過したことを確認するように。

次の