うめこ ふりかけ。 ふりかけ界の大型新人“白いゆかり”と不運な「うめこ」の物語 三島食品 末貞社長が語る(食品新聞)

巣ごもり需要で“ふりかけ”業界好調、「ゆかり」広報語る 「姉妹」へのSNS支持

うめこ ふりかけ

紫のパッケージでお馴染み、三島食品(広島市)のロングセラー商品「ゆかり」。 ネット上では同社が販売する青じその「かおり」(1984年~)、ピリ辛たらこの「あかり」(2010年~)の存在がたびたび話題となり、名前やパッケージが類似していることなどから「三姉妹」と称されている。 そんなゆかり三姉妹に、新たな妹(?)が誕生したとツイッターで注目を集めている。 その名も「うめこ」。 20年2月1日に発売された、カリカリ梅の混ぜご飯の素だ。 パッケージはゆかり・かおり・あかりとそっくりで、妹と思われても無理はない。 これら4商品が並んだ写真を投稿したツイッターユーザーのまゆてぃ.(@mayukakei)さんは、 「また知らない女が居る…」 とツイート。 ほかのユーザーからは、 「ゆかりの立場が危うい。。 笑 白ごはんモテモテやね 笑 」 「新たな姉妹が?でも1人だけシワシワネームだし、何かワケありなの?だからカリカリしてるのかな…うめこ」 「4人の女がいて『うめこ』だけ最後に『り』が付いてない!なにか特別な事情があるんでしょうか!?」 といった声が寄せられている。 たしかにパッケージは似ているが、もう一つの共通点であった名前の「り」がうめこにはない。 担当者によれば、うめ味のふりかけは過去に「カリカリ梅」という名前で販売していたが、18年をもって終売。 梅を大きくして味付けを変えた「うめこ」としてリニューアル登場した。 はたして、うめこはゆかり・かおり・あかりの妹なのか。 うめこ以外はすでに三姉妹と呼ばれていることも含めて聞いてみると、 「関係性について弊社としては特に決めてないです。 みなさんの中で想像して楽しんでいただけたら」 とのこと。 指摘があった名前に「り」がないことついても、 「特に理由はないです。 (うめこにしたのは)梅だからっていうのはもちろんありますが…みなさんのご想像にお任せしたいなと思います」 2年の時を経て復活したうめこだが、今年で発売50周年を迎えるゆかりから「減塩ゆかり」が同日に発売。 担当者によれば、せっかくの再デビューが霞んでしまうことなどから、社長からは「不幸な女だ」と言われていたという。 しかしそんな心配をよそに、ネット上の反響や商談における引き合いはうめこの方が「かなり強い」とのこと。 担当者も「当社の見込みを覆してくれました」と良い意味で裏切られたようだ。 最後に、担当者はうめこの登場がネット上で話題になっていることについて、 「商品に対して親しみを持ってもらえるのは、非常に嬉しいと思っています」 と話している。 2020年3月21日 11時0分 Jタウンネット 画像.

次の

「また知らない女がいる!」三姉妹に古風な女が参戦?…ふりかけ界の話題の真相を聞いた

うめこ ふりかけ

新型コロナウイルスの影響で「おうち時間」への注目が集まっていることもあり、現在、「ふりかけ業界」が好調だ。 また、「ゆかり」シリーズで知られる三島食品は、2月より「ゆかり」シリーズの妹「うめこ」を発売。 これが予想外の売上になっているという。 そこで、ふりかけを姉妹に見立てた「ゆかり姉妹」など、大胆なプロモーションでも度々話題となる三島食品の広報部に聞いた。 マツコの知らない世界で注目浴びた「ゆかり三姉妹」に新たなオンナ「うめこ」登場 赤しそふりかけ「ゆかり」といえば、ごはんのお供でありながら漬け物のように箸休めの役割も担う、 1970年の発売以来、愛され続け、もはや日本のソウル・フードといえる逸品だ。 そして2020年2月には、 「料理素材シリーズ-カリカリ梅-」の「うめこ」が誕生。 広報担当「そもそも『ゆかり』や『かおり』も、最初から三姉妹シリーズを狙った商品戦略ではありません。 この展開は、『あかり』が出たときの顧客の『まるで姉妹!? 』というツイートに、『ゆかりしか知らなかった!』『姉妹でなく三姉妹だったなんて!』と共感された方々が連鎖的な投稿を発信してくださったことの副産物なんです」 生活者に親しみやすく、記憶に残りやすい商品名を付けるという商品開発コンセプトと、バラエティ番組『マツコの知らない世界』での紹介、そしてこのたびの外出自粛によって、自炊の機会が増えたことが、ふりかけ自体の需要とともに三姉妹の再認識と新加入である「うめこ」の人気上昇を後押しした。 コロナの影響で外食事業、給食事業は大打撃 「家庭用ふりかけ」は伸びる 新型コロナウイルス感染拡大防止によるリモートワークや臨時休校などにより、外食や給食が減り、自炊する家庭が増えた。 三島食品は、業務用商品も販売しており『学校給食や外食産業への商品売上が減少している』という。 だが、その赤字を相殺するように、ごはんのお供である家庭用ふりかけの売り上げが、例年にない盛り上がりを見せている。 ただ、この実績は新型コロナウイルスだけではなく、昨年からネットで話題になっていた『ふりかけ三姉妹効果』で商品導入が増加し、リピーターによる返り受注も追い風となっているからなんです。 さらに今年の2月に発売になった『うめこ』が三姉妹の妹であり、『ゆかりたちは四姉妹?』と言った更なる話題が拡散し、売上は増加の一途となりました。 家庭内飲食とこれらの話題が同調したのも、私たちメーカーにとっては嬉しい誤算といえますね」.

次の

また新しい女ができたの? 「ゆかり」三姉妹の妹「うめこ」が話題に

うめこ ふりかけ

三島食品は乾燥梅を原料とした混ぜご飯の素「うめこ」を発売した。 もともと08年に「料理素材カリカリ梅」として発売し好評を得たが、原料事情により18年に一度終売。 だが、復活を求める声が多く寄せられ、今回新たに「うめこ」として全面刷新し登場。 乾燥方法を変えることで、5mm大の大ぶりの梅となった。 実はこの「うめこ」、一時『あかり』というブランドで販売されていたことがある。 当時、『あかり』を掲げた商品は「カリカリ梅」ともう1品、「ピリ辛たらこ」があった。 売上面でも1億円プレイヤーに成長した。 末貞操社長は「たらこの『あかり』はスターになったが、梅の方は自らの不幸を嘆いていた」と振り返る。 そしてこのたび、根強いファンの声におされ「大きめカットで美しくなり、着物風のパッケージをまとった演歌歌手として再起を図る」(末貞社長)と再デビューを果たした。 だが、不運は続く。 念願の再登場だが、今回同時にデビューするのが三島の看板スター「ゆかり」の50周年記念商品という、「超大型新人」(同)なのだ。 原料の赤しそは100%国産、レギュラー品に比べ塩分を30%カット。 同社では前期から「新・調味料宣言 ゆかり!」を掲げ、食シーンの拡大を図っている。 末貞社長は「調味料として『ゆかり』の認識を高めたい」と強調する。 末貞社長は「けなげな不幸キャラの『うめこ』をじっくり育てていきたい」と話している。 なお、「減塩ゆかり」は16g、「うめこ」は12gで小売価格は各130円(税抜)。

次の