パップ フー テント 2。 新作の後継モデル「DODパップフーテント2」の全容が明らかに

ワイルドな野営スタイルの新星現る?!ドッペルギャンガー新作!パップテントみたいなパップフーテント!

パップ フー テント 2

ソロキャンプには行きたいけど、決してそんな理由じゃないんですよ。 世の中には、ソロキャンプを楽しめる人と楽しめない人がいると思います。 大抵のお父さんは、家族がいるので1人だけでキャンプに行けないって思っている事でしょう。 逆に1人で行かせてもらえる人は、とても幸せですよね。 ソロキャンプに行きたいけどいけないお父さん、まだまだ諦めてはいけません。 明日にもチャンスが訪れるかもしれませんよ。 だから、いつ来るかもしれない1人キャンプの時の為に、コッソリと準備をしておいても良いかも知れません。 そんな風に思ったら、まずはテントが欲しくなっちゃいませんか? ファミキャンで使う大きいテントで、1人ひっそりとキャンプをするのも良いですけど、やっぱり雰囲気が出ないし設営も大変です。 テントはやっぱりコンパクトとな物を準備しておきたいですよね。 そこで、テンマクデザインから新しく発売される『煙幕』と『煙幕DX』という、ソロ用のコットンテントなんてどうですか? ちょっとワイルドで、世知辛い世の中で荒んでしまったお父さんにはピッタリかも(笑) テンマクデザインの新しいテント、炎幕と炎幕DXを紹介します。 コットン製のシェルター炎幕 炎幕はパップテントのようなワイルドなデザイン 出典: テンマクデザインの炎幕は、軍用シェルターのパップテントのようなデザインをしています。 パップテントは、昔の軍隊で1人に1枚ずつ支給されていたテントシートで作ったテントを指します。 テントシート1枚ではシェルターとして使えず、2枚を組み合わせてシェルターを作っていたようです。 それが野営キャンパーさんの間で人気になっているようです。 確かに軍用のテントと聞くとワイルドでカッコいいイメージがありますよね。 ミリタリー好きや、ブッシュクラフト好きにはたまらない、テントなんですね。 最近では、DODがパップフーテントとして同じようなデザインのテントを、販売し始めましたよね。 テンマクデザインの炎幕も、確かにワイルドなデザインなので、野営するのが似合いそうですね。 焚き火が無ければ、キャンプは盛り上がらないんです。 それがソロキャンプなら、焚き火をしないで夜を過ごすなんて事できますか? 焚き火をすると火の粉が飛んで来るから。。。 と言って、テントから離れてするのも心細くなっちゃいます。 しかし防炎加工はされてないので、炎が当たるような距離ではしないでください。 炎幕の別売りキャノピーポール 出典: 炎幕がただの寝るだけのテントだと思っていませんか? パップテントでもそうですが、テントの片側をポールを、使って跳ね上げる事が出来るんです。 テンマクデザインの炎幕では、キャノピーポールが別売りになっていますが、このポールがあれば、リビングスペースが広がり快適に過ごせるようになります。 跳ね上げた部分には、屋根が出来るので雨が降ってきても安心です。 コットンは、水を含む事によって防水性が高まります。 天井からポタポタと雨が滴って来るようなことはないんです。 しかもコットンは遮光性も高いので、強い日差しを防いでくれるんです。 暑い夏でも、しっかりとした陰を作ってくれるので快適に過ごせます。 コットン製シェルター炎幕のハイスペックバージョン『炎幕DX』 炎幕のバージョンアップ版、進化版、デラックス版と、どの言葉も当てはまりそうな炎幕DXは、どんな天候や季節でもキャンプを楽しめるテントなんです。 炎幕DXはサイドパネルがある 出典: 炎幕の前面のパネルを跳ね上げて、タープのようにした時に、雨が降ってきたら、横から雨が吹き込んできてしまいます。 炎幕DXは、炎幕よりもさらに快適に過ごせる工夫がされていて、サイドパネルで雨の侵入を防げるようになっているんです。 これならタープの下に座っていても、テント内の荷物も、雨に濡れる事を防いでくれるので安心ですよね。 しかもこのサイドパネルは、使わないときには、巻き留めておく事が出来るんです。 雨や風が無い時には邪魔になってしまうサイドパネルを収納すれば、視界も開けて良さそうです。 炎幕DXにはスカートが標準装備 出典: 炎幕には無かったスカートが、炎幕DXには標準装備されているんです。 秋冬のキャンプでは、スカートがなければテントの下から冷気が侵入してきて寒いですよね。 しかも、ソロ用のコンパクトなテントなので、冷気の影響をモロに受けてしまうと思います。 冷気を防ぐスカートがあれば、テント内の温度も保てやすいんです。 しかも雨が降って来た時に、スカートがあれば泥はねも防いでくれます。 夏だけではなく、一年中キャンプを楽しみたい方に、炎幕DXはおすすめです。 炎幕と炎幕DXを比較 基本的なスペックは、炎幕、炎幕DXでは変わりがありません。 炎幕DXは、サイドパネルとスカートがある分だけ、重量がありますね。 値段もその分、違いがあるようです。 6kg 本体 2. 8kg、ポール 0. 94kg、グランドシート0. 42kg 約 7. 6kg 本体 3. 68kg、ポール 1. 88kg、グランドシート0.

次の

「DOD パップフーテント」の口コミ・評判|野営スタイルで人気のテント!

パップ フー テント 2

ソロキャンプには行きたいけど、決してそんな理由じゃないんですよ。 世の中には、ソロキャンプを楽しめる人と楽しめない人がいると思います。 大抵のお父さんは、家族がいるので1人だけでキャンプに行けないって思っている事でしょう。 逆に1人で行かせてもらえる人は、とても幸せですよね。 ソロキャンプに行きたいけどいけないお父さん、まだまだ諦めてはいけません。 明日にもチャンスが訪れるかもしれませんよ。 だから、いつ来るかもしれない1人キャンプの時の為に、コッソリと準備をしておいても良いかも知れません。 そんな風に思ったら、まずはテントが欲しくなっちゃいませんか? ファミキャンで使う大きいテントで、1人ひっそりとキャンプをするのも良いですけど、やっぱり雰囲気が出ないし設営も大変です。 テントはやっぱりコンパクトとな物を準備しておきたいですよね。 そこで、テンマクデザインから新しく発売される『煙幕』と『煙幕DX』という、ソロ用のコットンテントなんてどうですか? ちょっとワイルドで、世知辛い世の中で荒んでしまったお父さんにはピッタリかも(笑) テンマクデザインの新しいテント、炎幕と炎幕DXを紹介します。 コットン製のシェルター炎幕 炎幕はパップテントのようなワイルドなデザイン 出典: テンマクデザインの炎幕は、軍用シェルターのパップテントのようなデザインをしています。 パップテントは、昔の軍隊で1人に1枚ずつ支給されていたテントシートで作ったテントを指します。 テントシート1枚ではシェルターとして使えず、2枚を組み合わせてシェルターを作っていたようです。 それが野営キャンパーさんの間で人気になっているようです。 確かに軍用のテントと聞くとワイルドでカッコいいイメージがありますよね。 ミリタリー好きや、ブッシュクラフト好きにはたまらない、テントなんですね。 最近では、DODがパップフーテントとして同じようなデザインのテントを、販売し始めましたよね。 テンマクデザインの炎幕も、確かにワイルドなデザインなので、野営するのが似合いそうですね。 焚き火が無ければ、キャンプは盛り上がらないんです。 それがソロキャンプなら、焚き火をしないで夜を過ごすなんて事できますか? 焚き火をすると火の粉が飛んで来るから。。。 と言って、テントから離れてするのも心細くなっちゃいます。 しかし防炎加工はされてないので、炎が当たるような距離ではしないでください。 炎幕の別売りキャノピーポール 出典: 炎幕がただの寝るだけのテントだと思っていませんか? パップテントでもそうですが、テントの片側をポールを、使って跳ね上げる事が出来るんです。 テンマクデザインの炎幕では、キャノピーポールが別売りになっていますが、このポールがあれば、リビングスペースが広がり快適に過ごせるようになります。 跳ね上げた部分には、屋根が出来るので雨が降ってきても安心です。 コットンは、水を含む事によって防水性が高まります。 天井からポタポタと雨が滴って来るようなことはないんです。 しかもコットンは遮光性も高いので、強い日差しを防いでくれるんです。 暑い夏でも、しっかりとした陰を作ってくれるので快適に過ごせます。 コットン製シェルター炎幕のハイスペックバージョン『炎幕DX』 炎幕のバージョンアップ版、進化版、デラックス版と、どの言葉も当てはまりそうな炎幕DXは、どんな天候や季節でもキャンプを楽しめるテントなんです。 炎幕DXはサイドパネルがある 出典: 炎幕の前面のパネルを跳ね上げて、タープのようにした時に、雨が降ってきたら、横から雨が吹き込んできてしまいます。 炎幕DXは、炎幕よりもさらに快適に過ごせる工夫がされていて、サイドパネルで雨の侵入を防げるようになっているんです。 これならタープの下に座っていても、テント内の荷物も、雨に濡れる事を防いでくれるので安心ですよね。 しかもこのサイドパネルは、使わないときには、巻き留めておく事が出来るんです。 雨や風が無い時には邪魔になってしまうサイドパネルを収納すれば、視界も開けて良さそうです。 炎幕DXにはスカートが標準装備 出典: 炎幕には無かったスカートが、炎幕DXには標準装備されているんです。 秋冬のキャンプでは、スカートがなければテントの下から冷気が侵入してきて寒いですよね。 しかも、ソロ用のコンパクトなテントなので、冷気の影響をモロに受けてしまうと思います。 冷気を防ぐスカートがあれば、テント内の温度も保てやすいんです。 しかも雨が降って来た時に、スカートがあれば泥はねも防いでくれます。 夏だけではなく、一年中キャンプを楽しみたい方に、炎幕DXはおすすめです。 炎幕と炎幕DXを比較 基本的なスペックは、炎幕、炎幕DXでは変わりがありません。 炎幕DXは、サイドパネルとスカートがある分だけ、重量がありますね。 値段もその分、違いがあるようです。 6kg 本体 2. 8kg、ポール 0. 94kg、グランドシート0. 42kg 約 7. 6kg 本体 3. 68kg、ポール 1. 88kg、グランドシート0.

次の

パップテントのおすすめ10選。無骨な軍幕テントで快適なソロキャンプを

パップ フー テント 2

僕は軍幕なのでメッシュがありません。 虫がすごいんです。 しかも虫嫌いなのですよ。 キャンプ始めた頃は蚊帳は必須でした。 それが今は軍幕で、虫への耐性も出来てきました。 キャンプの成果です(笑)。 フロアレス構造 出典: 虫嫌いの僕も今やフロアレスのテントが大好物です。 ユーチューブを見ていると、パップフーテントで虫対策をやっている方がいました。 僕ならその対策は必要ないかな、と思います。 虫は夏場に多いですよね。 夏場は蚊との闘いです。 それは蚊帳があるので防げます。 キャンプのゴールデンシーズン秋冬なら虫も少なくなります。 問題は地面からの虫と言われていますが、虫の多くは木の下や湿ったところを好みます。 虫が少ないところに設営すれば出会う確率も減らせると思います。 ポリコットン 出典: みんな大好きポリコットン素材です。 火の粉に強く通気性もいいのです。 掲載している動画は前モデルのパップフーテントですが、火の粉に強い事がわかります。 僕はポリコットンの風合いも好きです。 ナチュラルカラーもいいですが、黒も無骨でカッコイイですね。

次の