分散 登校。 「授業できないのに…」 “分散登校”方針に困惑 栃木県立高、感染対策など準備|社会|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

緊急事態解除、首都圏も学校再開へ…分散登校や時差通学

分散 登校

久しぶりに全学年で授業が始まり、マスク姿で登校する小学生=羽曳野市立西浦小学校 羽曳野市立西浦小学校ではこの日、全校生徒の半数にあたる約220人が朝から登校した。 各クラスをそれぞれ2グループに分け、午前中で授業を終えるグループと入れ替わりに、午後から授業を受けるグループが登校する。 久しぶりの登校とあって通学路や校門には羽曳野署の警察官が配置され、交通安全やマスク着用などを車載ディスプレーで呼び掛ける警察のサインカーも啓発にあたった。 同市立の小中学校はこれからの2週間、分散登校と短縮授業を続ける予定。 西浦小では当面、音楽の合唱や家庭科の調理実習を延期する。 長谷川裕明校長は「クラス替えもあり新しいクラスの仲間、先生となじんでもらいながら、手洗いや消毒励行などの衛生管理を徹底していく」と再開を歓迎。 「登校できない期間が続いたので、徐々に長くなる学校生活に体を慣らせていってほしい。 気温の変化も大きい時期なので体調管理にも注意を払っていきたい」と、児童らが学校生活にスムーズに復帰することを願った。 枚方市立東香里小学校では午前8時、竹林清校長が校門前に立ち、登校してくる児童らに声をかけた。 校門付近には、付き添ってきた保護者の姿もみられた。 5月11日から週に1~2度の分散登校を続けていた同校だが、この日は休校後初の始業チャイムが、授業の始まりを告げた。 PR 「新しい教科書は4月初めに親に取りに来てもらったが、新年度に学校が一括購入して児童に配るノートは今朝、子供たちに配布した。 いよいよ生身の授業が始まる」と6年生を担任する中井直志教諭。 春の遠足や田植え学習、保護者参観など中止になった行事は多いが、竹林校長は「春先のクラスづくりができていない中で児童が社会性を身につけることを念頭に、慎重に楽しく運営していきたい」と、休校によるデメリット回避に努める考えを示した。 午前、午後に分けた分散登校と短縮授業を2週間続け、15日からの本格再開を目指すのは、大阪、堺、富田林、藤井寺、和泉、泉大津、高石、八尾、吹田、摂津、池田などの各市も同様。 阪南市や箕面市は同期間を2グループが隔日登校し、岸和田市は学校によってどちらかの分散登校になる。 泉佐野市も隔日登校だが、8日までは午前中のみ、9~12日は午後も授業がある。 泉南市は8日からクラス全員での短縮授業となる。

次の

岡山)通学は2日に1度、倉敷の小中学校で分散登校:朝日新聞デジタル

分散 登校

分散登校始まる! 始まる!……というか、6月1日から始まってるので、もう2週目に入っておりますね。 (6月9日現在) うちには2人小学生がいるので、今、分散して登校しとります。 5月の終わりごろ、「ほぉーん、分散するんだー。 ほほほーう。 」……と、まるで他人事のようにニュースを見ていたら、お知らせのプリントが届いた。 まず、名字でグループを二つに分けるとのこと。 で、早出登校と遅出登校の2種類を交互に繰り返す。 低学年は2時間、高学年は3時間の授業を実施。 で、この時間差の為か、低学年高学年は違う登校時間になっている。 なので、登校のタイミングと下校のタイミングが1日それぞれに4回ずつあるらしい。 わかってもらえる説明をかけた自信はないのだけど、ややこしいのは伝えられたと思う笑 低学年の親、仕事行けないやつw 分散登校初日、たまたま仕事が休みだったので、子供たちの送り迎えをしたんだけど、なっかなかのせわしなさだったw.

次の

分散登校

分散 登校

分散登校とは 分散登校とは、その名の通り、学年ごとに分かれたり、クラスが半分に分かれたりして、できるだけ少ない人数で登校することです。 北海道の鈴木知事が最初に提案したのか、文科省が先だったのか…そこは正直、よくわかりません。 しかし、全国に先駆けて一斉休校していた北海道の3月、積極的に分散登校が行われていました。 そういう意味では北海道知事肝入りの政策ではあったのだと思います。 文部科学大臣も、何かと分散登校を口にしているように感じまね。 学校(教室)こそ、究極の「3密」というべき場所である• 3密の状態を避けつつ登校するのが分散登校である 学校再開に向けたてベストな選択なのかもしれません。 分散登校は意味ある? 分散登校は意味があるのでしょうか? 「意味がない」という声も聞きますね。 先に書いたように3密を少しでも避けて学校を再開する手段として分散登校があります。 確かに、通常登校に比べると、分散登校は3密ではありません。 ニュース等で様子を見ても• 体育館で、椅子の間隔を2mほどあけて座っていました。 子どもたち同士が関わる活動もありません。 特定の学年のみの登校なので、登校時は混みあいません。 3密を避けるという意味では有効なのでしょう。 問題は、その中身(内容)ですね。 北海道で3月に行われた分散登校は 学校にいる時間は1時間程度• 子どもたちの健康状態を聞く• 宿題や返却物を配る この2点がメインだったと聞いています。 突然の休校だったこと、そして学年末でしたので、持ち帰らなければならない物がたくさんあったのでしょう。 しかし、たった1時間の登校で、授業はなし。 そのため、保護者にとっては「意味がない」という反応につながったのだと思います。 分散登校に反対の声 散登校は意味があるのか?と思っている方は、分散登校に反対かもしれません。 反対の声で多いのは、「感染防止のために休校措置をとっているのに、感染リスクがある中、登校させなくてもよいのでは。 という意見です。 確かにそうですよね。 ずっと休校するわけにはいかず、学力低下も問題だとは思います。 しかし地域によってはクラスターが発生しているところもあります。 そんな中、登校させる必要はないと思う保護者がいるのも仕方がないですね。 国や自治体としては、学校再開のきっけかが必要なのでしょう。 だからと言って、いきなり普通に学校再開というわけにもいかず、学力のことを考えると早く再開させたい。 その折衷案が分散登校。 そう考えると、文部科学省の指針に「分散登校」が出てくるのもわかりますね。 分散登校で給食は食べるの? 3月に北海道で分散登校が行われたときは、札幌市は給食を食べていました。 他市町村は食べずに帰ったところが多かったと記憶しています。 せっかく学年を分けて人数を少なくして分散登校しているのに、マスクを外して給食を食べる必要があったのか…疑問です。 中途半端に給食を食べて給食費を払うくらいなら、最初から食べないほうが良かったのではないでしょうか。 短時間で行われる分散登校の場合は、感染防止の意味でも給食はいらなかったと思います。 分散登校 北海道では 3月は、北海道でも分散登校が行われていました。 知事の要請• 北海道独自の非常事態宣言解除• 感染者数の減少 以上の理由から、行われていたのだと思います。 しかし、4月は、最初から行わなかったり、行う予定を変更して止めたりしていました。 (実施した地域もあります) 4月は札幌や千歳などでかなり状況が悪化しました。 そのため、教育委員会で「できない」という判断を下したのでしょう。 5月、今のところ10日まで休校延長となりました。 おそらく総理の非常事態宣言延長で、休校も延長されるでしょう。 それを見越してか、文科省から、またまた分散登校の通知。 既に発表されているように、小1、小6、中3を優先的に分散登校としています。 これを受けて知事が分散登校を要請することになるでしょうね。 市町村教育委員会はどうするのか・・・4月中旬以降、北海道の状況は決して収束していません。 クラスターも発生しています。 少なくとも札幌や札幌近郊は、分散登校をするにもリスクが高すぎると思うのですが・・・。 今回の分散登校は授業を意識しているようですが、果たしてこの状況で登校、授業をして学んだことが身に着くのでしょうか?• 学校再開しています。 学力低下を懸念し、授業を開始しています。 そんなアピールのようにも感じてしまいます。 非常事態宣言の延長は確実。 5月31日まで休校延長。 しかし、再開にこだわり、分散登校が始まるのでしょうか…。 あくまでも自治体の判断のようです。 学校を再開するにしても、地域の状況に合わせて、無理のないようにしてほしいところですね。 まとめ 分散登校を意味あるものにするためにも、反対の声に応えるためにも、• まずは非常事態宣言解除までしっかり休校する。 解除の時点で学校再開し、心配な状況なら分散登校。 感染が落ち着いていれば普通に登校 ということでいいと思うのですが。 少なくとも、今回通知に示された小1・小6・中3優先の分散登校は、先に登校する学年にとっても、登校できない学年にとっても、釈然としないもののように思いますね。 追記 北海道では18日から段階的に分散登校とのこと。 札幌は分散登校を行わないことにしましたね。 今日も札幌市内の感染者数は2桁(16人)ですから、無理はできないのでしょうね。 北海道の分散登校は札幌市・札幌市近郊と、他の管内で対応が分かれるかもしれませんね。 25追記 札幌を含む石狩管内は分散登校していませんが、非常事態宣言も解除されましたから、ようやくと言うべきなのでしょうか、6月1日から学校再開ですね。 すぐに学校生活の流れを取り戻せるのでしょうか。 テレワークに慣れてきた大人、休校に慣れてしまった子ども、日本人みんなが以前の生活のリズムを取り戻すまで、大変なのかもしれません。

次の