弘前 映画館。 弘前の上映スケジュール:イオンシネマ

シネマ

弘前 映画館

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 弘前市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 弘前市の人気カテゴリ• 弘前市で検索数の多いキーワード• 空港周辺• 観光スポット周辺• 大学周辺• ホテル周辺•

次の

テアトルシネマグループ

弘前 映画館

写真1 時敏小学校前の歩道橋=1969(昭和44)年・藤田本太郎さん撮影『弘前の散歩みち』北方新社、1996年より転載 写真2 久一鳴海呉服店=昭和初期・『津軽名勝と産業』弘前市立弘前図書館提供 写真3 和徳町と東長町の商店街、そして岩木山。 ここから見る岩木山の美しさは、昔も今も変わらない=1963(昭和38)年6月8日・中園裕提供 弘前市の中心街である土手町や本町、銀座街や鍛冶町などにつながる街並みにも、さまざまな歴史がある。 郊外の大型スーパーを取り巻く住宅街に多くの人々が居住している現在、中心街とその周辺も大きく様変わりした。 記録を残すつもりで書いておきたい。 繁華街である本町に直結し、土手町や鍛冶町に近いため人通りが多く、戦前から劇場や映画館がそろっていた。 中央通りと接する交差点の南西寄りには、かつて弘前東宝映画劇場があった。 南隣にはスカラ座、道路を挟んだ東側にはオリオン会館(オリオン座)があった。 弘前東宝は弘前座と呼ばれた劇場が前身で、歌舞伎や芝居を中心に活動写真も上映していた。 活動写真が盛んになった昭和戦前期に映画専門館として改装され、弘前東宝映画劇場と改称した。 敗戦後、戦時中の抑圧から解放された弘前市民は映画に夢中になった。 市内各地には随所に映画の専門館が建った。 しかしテレビの普及に伴い映画は衰退していった。 従業員の削減や系列館の再編成が行われ、映画館と他の施設が同居する複合経営が主流となった。 オリオン会館は、1975(昭和50)年に1階建てのオリオン座を3階建ての映画専門館として新築したものだが、1階にパチンコ店を入れざるを得なかった。 映画館閉鎖後、現在はオリオン歯科が入居し開業しているが、映画専門館の面影を残す貴重な建物である。 他にも元寺町には歴史を伝える建築物が残っている。 27(昭和2)年建設の三上ビルは、かつて弘前無尽(後に弘前相互銀行)の本店だった建物で、国の登録有形文化財に指定されている。 近くの弘前教会は県重宝、その隣の石場旅館は国の登録有形文化財に指定されている。 三つの建物は青森県史の編さん事業でも取り上げ、『青森県史文化財編建築』(2015年刊行)で写真と共に解説を付して紹介した。 失われたものもある。 現弘前文化センターの場所は、かつて弘前市立時敏小学校だった。 自動車の増加に伴い、子どもたちの安全を確保するため歩道橋が設置された (写真1)。 79(昭和54)年に学校が現在地へ移転。 現在、この場所に歩道橋はない。 弘前文化センターも、老朽化のため大規模な改修が検討されている。 今後、建物周辺の景観も変わるだろう。 県道はかつて国道7号だった。 和徳町は県道(国道)沿いにも町域が続いている。 青森市方面からは弘前市への入り口だったため、藩政時代から明治・大正期にかけてにぎわった。 今も県道沿いには古い建物が残り、わずかに当時の面影を残している。 和徳町のにぎわいを象徴する存在が「久一鳴海」の呉服店である。 土手町の「角は宮川」や「角み宮川」と並ぶ弘前市三大呉服店と称された。 大正初期に立派な蔵造りに店舗を改装。 和徳町かいわいで際立つ存在だった (写真2)。 土手町に繁華街が形成され和徳町に陰りが見られると、「久一」も土手町へ店舗を移したが結局廃業。 戦後しばらくは他の業者が建物を使用していた。 61(昭和36)年に青森市の常光寺が建物を買い取り、その後移築した。 青森大空襲で焦土となった青森市の中心街には古い建造物が少ない。 当時の住職は歴史ある建物の大切さを痛感し、「久一」の建物を移築することにしたという。 現在の和徳町にも老舗の店舗がいくつか存在する。 写真3に見える川村タンス店は明治期の創業である。 戦後復興と高度経済成長で家具屋は重宝されたが、その後に業種を転換。 仏壇川村として和徳町を代表する商店の一つとなった。 写真3の右端に見える竹与雑貨店は戦前から続く老舗商店である。 菓子司みしまも同様で、ぶどう、りんご、栗の3種類の羊羹(ようかん)を合わせた「陸奥の園」と、姉妹品の「月の甘露」が、全国菓子大博覧会で名誉大賞を受賞した。 和徳町から朝陽橋を渡ると東長町である。 かつては商店が並んだが、現在は店舗数が減った。 それでも写真館ハセガワ(長谷川写真館)は戦前から続く老舗の写真店。 お茶の店スルガも店内が美術館的で興味深い。 和菓子屋のあずき庵には甘党の客が出入りする。 中心街周辺の商店街には、郊外の大型スーパー街にはない個性的な商店があるのだ。 地元のなじみ客が足しげく通う憩いの場である。 店主の菅原基夫さんが定年後に夫婦で開いた店だ。 菅原さんには弘前市内で過ごしてきた思い出や情報を数多くいただいた。 地元に長く生活してきた住民たちの思い出や、証言ないし体験談は、現代史を執筆編集する上で大切な情報源である。 紙に記された諸資料からはうかがえない時代の生々しさを感じ取ることができるからだ。 思い出や証言の裏付けを取ることは必要である。 多くの人たちの証言を得ることも大切な作業だ。 聞き取り調査は大変な労力を伴うが、喜んで話をしてくれる人たちの情報は、何らかの形で書き記しておきたい。 本紙の連載を執筆する上でも、多くの方々の協力をいただいた。 いろいろな情報、さまざまな体験談をすべて紙面に掲載できるわけではないが、可能な限り生かしていきたい。 地域の現代史は地元住民の協力を得ることで、一層内容が充実するからである。 (青森県県民生活文化課県史編さんグループ・中園裕).

次の

鍛冶町の飲食街 (青森県弘前市)

弘前 映画館

「図書館のお仕事やってみ隊」木曜日・金曜日コース 開催中止のお詫びとお知らせ 弘前図書館で7月30日 木 と8月6日 木 、7月31日 金 と8月7日 金 に予定して おりました木曜日コースと金曜日コースは、都合により開催中止となりました。 開催を心待ちにしていただいていたみなさまには、ご迷惑をおかけしましたことを 心よりお詫び申し上げます。 おくゆかしき津軽の古典籍 10月1日追加公開しました。 10月1日 『郷土文学館資料目録』 (うち陸羯南、佐藤紅緑、葛西善蔵、福士幸次郎は原稿等の画像も公開) 『弘前藩庁日記(国日記)安政7年~元治元年』 『成田文庫蔵書目録』 を追加しました。 雑誌スポンサー制度 ブックスタート情報 お知らせ 2020年7月3日 金 2020年6月19日 金 2020年3月9日 月 2019年10月19日 土 2019年4月1日 月 2019年4月1日 月。 2018年4月20日 金 2018年4月20日 金 2018年3月18日 日 2017年1月19日 木 2016年9月28日 水 2016年8月19日 金 2016年1月1日 金 2015年8月10日 月 調査室の利用について 2階にある調査室は、事典などを利用しての調べもの、古文書等の研究、古い新聞記事さがしなどでご利用いただく部屋です。 調査室も5月31日から利用再開しております。 新型コロナウイルスへの感染防止対策として、閲覧席等について一部ご利用いただけない席もございます。 また、マスクの着用など利用者へのお願いもいたしております。 詳しくは、こちらをご覧ください。

次の