ママ聞いて。 ママ・パパに聞いた!「子育て向いていない」と思うとき。育児に向いていないと感じやすい人の特徴とは?

【妊活】2人目産む・産まない?後悔しないための判断基準を先輩ママに聞いてみた(1/2)

ママ聞いて

旦那がママ友の事を根掘り葉掘り聞いてきます。 たしかにママ友は若くて可愛いので、まあ、興味深々なんだろうなあとは思っていましたが、最近はママ友の方からもうちの旦那の事を根掘り葉掘り聞かれるようになりました。 それを聞いてどうするの?って思うような事を聞いてくるんです。 今、病院きてました。 と言うと「旦那さんも一緒に?」とか旦那は出掛けたと言うと「旦那さんどこに行ったんですか?」とか「昨日は旦那さん何時に帰ってきました?」とか。 二人とも私を通して探り合い?していて気持ちが悪くて、そのママ友とは距離を置くようにしましたが、それでもたまにくるメールが「明日の参観日は旦那さんも来ますか?」とかなので本当に嫌です。 なぜ2人してわざわざ私を通してやりとりするのか、、、。 LINE交換とかすればいいのに。 だんだん、わざと私に嫌な気持ちにさせるために2人で笑ってるのかな、とまで考えてしまうようになりました。 子供同士が仲良しなので下手に気まずくなりたくないので、ハッキリ聞くのも怖いです。 なので今は気づいていないフリをして平静を装っています。 同じような事をされた方や同じ不信感を抱いて悩んでいる方いらっしゃいますか? 私はこのまま気付かないふりをしていればいいんでしょうか?.

次の

「ママ活」で男子高生が補導。ママ活女性に聞いた、年下くんにお金を払う理由

ママ聞いて

子供同士の喧嘩があり、その人の子供が拗ねていると、突然ブチ切れ、うちの子をいじめないで!!と叫び全力で他の子供達を怒り、それを見ていた他の子のお母さん達もびっくりしてしまいました。 喧嘩の内容はゲームの順番で揉めるみたいなほんのどうでもいいような喧嘩でした。 最近分かりましたが、うちの子供を色々なところに遊びに連れて行ったりとてもいいところはあるのですが、結局こんだけしてあげているのにどうしてうちの子を優先してあげないのか、というスタンスのようで、他のお友達と仲良くすると、すぐうちの子を仲間はずれにする、など言ってきます。 結局ずっとご機嫌を取っていてほしいみたいです。 とても疲れるので子供のけんか大人が口をすぐ挟む親は要注意です。 子供が友達同士だからって、親まで「友達」になる必要がどこにある? 元々人とつるむのが嫌いなので、会ったら挨拶程度。 あとは知らん。 子供の事、学校の事を知りたければ担任や学校に聞けばいい。 子供と話をすればいい。 よって、所詮よそ様のママ友は必要無し。 line聞かれても教えません。 関わり合いたくない。 慣れ合いたくない。 他人を信じていませんので。 自分の判断で行動出来るから全く困らないし。 今までもずっと自分で考え、判断して行動出来てたので、ママ友とかめんどくさいの要らない。 なんで女性って何歳になっても集団になりたがるの? 集団じゃないと何も出来ないのか?自分の意思で判断、行動が出来ないのか? 子供の事で相談あったら、私は担任に相談するか、市役所の子ども支援課に相談する。 プロの意見の方が良いし、親身になってくれる。 表面上の「友達」のママ友は必要無し。

次の

バレバレだよ…ママ友から届いた不倫の「言い訳LINE」3選 — 文・並木まき

ママ聞いて

ママ友との会話の中で、よくマウンティングのネタになるのが「家」のこと。 どの辺に住んでいるのか? 戸建なのかマンションなのか? 果ては、何階に住んでいるのか? うっかり質問に答えちゃったママたちを、家マウンティングの牙が襲いました! 格付けしあうママ友たちの、リアルな現実のお話です。 「戸建てなの? マンション?」とはじめに聞いてきたので、最初はなにも考えず、正直に「マンションだよ~」と答えました。 すると明らかにバカにした感じで「あ、マンションなんだ(笑)。 ちなみにどこ?」と重ねて聞いてきたんです。 知ってる?」と、私が住む高層マンションの名前を出しました。 すると今度は、急に鼻息荒く「え、あのタワマン?! すごいじゃない、高かったでしょ!」と値段を聞いてこようとします。 「いやいや、全然。 たいしたことないよ」と謙遜する私に、「やっぱお金持ちは違うね~」と、先ほどまでとは手のひらを返したよう。 「ちなみに何階?」とさらに聞いてきたので、正直に「 2階」と答えると、またまた態度が一変。 「なんだ、それなら高くないだろうね~」と、バカにしたように言い残し去って行きました。 「戸建てだよ」と答えると、今度は「注文? 建売?」と掘り下げてくる彼女、「建売が安かったから思い切って買っちゃった」と言うと、ニヤッと笑ったんです。 そして「私は注文なんだけど~」と言って、自宅である注文住宅の自慢を始めたんです。 「テレビにも出たことがある一級建築士が手がけたから高かったけど、注文住宅にして良かったと思ってる」とドヤ顔。 さらに、すべてがオーダーメイドであることの便利さや、家へのこだわりを力説。 そしてしまいには「構想やデザインから考得たから、とても大変だったの。 何度も打ち合わせをして。 その点、建売は手軽でいいから、うらやましいわ!」と締めくくったんです。 最初は気づかなかったんですが、これは明らかにマウンティング。 出席していたママたちは富裕層が多く、庶民には理解できない会話も飛び交っていました。 軽井沢の別荘がどうとか、旦那がロンドン出張中だから夏休みは遊びに行くとか…まるで雲の上の話。 そして、話題は自宅の話になりました。 どの辺に住んでいるとか、間取りはどうだとか、みんな持ち家の話で大盛り上がり。 あるママの家が 9LDKと聞き、(いったい何人家族なんだろう…)と考えていると、話が私にまわってきたんです。 「あゆみさんちはマンション? 戸建て?」と聞かれたので「うちは賃貸アパートです」と答えました。 すると「…あ。 そうなんだ…」と、明らかに引いた様子のママ友たち。 その後は私以外で家の話がはずみ、会は終わりました。 本当に嫌な思いでしたね。 iStock. ママ友の中には、興味津々で探りを入れてくる人がいるのは確かです。 できる限り、自分からは話題に出さない、話題に絡んでいかないなど、自衛することが大切ですね。 ライター:葛西 明 人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。 求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。 家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

次の