世界が君の小さな肩に乗っている。 「天気の子」大丈夫 RADWIMPS (歌词+罗马音)

「天気の子」大丈夫 RADWIMPS (歌词+罗马音)

世界が君の小さな肩に乗っている

今回紹介するRADWIMPSの「大丈夫」は、映画「君の名は。 」で爆発的ヒットを記録した新海誠監督の新作映画「天気の子」の挿入歌として使用された楽曲です。 公式で紹介されているあらすじは 「あの光の中に、行ってみたかった」 高1の夏。 離島から家出し、東京にやってきた帆高。 しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。 彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。 そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。 ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。 彼女には、不思議な能力があった。 といったものです。 映画を見た後はきっと 帆高の真っすぐ過ぎる想い に感動すること間違いなしで、 これから考察を行っていく「大丈夫」も、そんな帆高の真っすぐな想いが、歌詞に映されているように感じました。 歌詞考察の中で映画のネタバレは、 ございませんのでご安心下さい。 さっそく楽曲の考察に移っていきます。 楽曲名「大丈夫」とは 「大丈夫」とは あぶなげがなく安心できるさま。 強くてしっかりしているさま。 という意味になっています。 圧倒的な安心感を伝えるための言葉で、日常の中では、相手を気遣う際に疑問形で使ったり、自分の無事を知らせるために口にしますね。 シンプルながらに心強い言葉「大丈夫」 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 歌詞 時の進む力は あまりに強くて 足もつかぬ水底 必死に「今」を掻く 足掻けど未来は空っぽで いつも人生は 費用対効果散々で 採算度外視、毎日 僕はただ流れる空に横たわり 水の中 愚痴と気泡を吐いていた だけど 世界が君の小さな肩に乗っているのが 僕にだけは見えて泣き出しそうでいると 「大丈夫?」ってさぁ 君が気づいてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って僕は慌てて言うけど なんでそんなことを言うんだよ 崩れそうなのは君なのに 安い夢に遊ばれ こんなとこに来た この命の無目的さに 腹を立てるけど 君がいると 何も言えない 僕がいた 君がいれば 何でもやれる 僕がいた 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて かける言葉を探したよ 頼りないのは 重々知っているけど 僕の肩でよかったら 好きに使っていいから なんて言うと 君はマセた 笑顔でこの頭を 撫でるんだ 取るに足らない 小さな僕の 有り余る今の 大きな夢は 君の「大丈夫」になりたい 「大丈夫」になりたい 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての「大丈夫」になりたい 世界が君の小さな肩に乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると 「大丈夫?」ってさぁ 君が気づいてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って 僕は笑って言うんだよ 何が僕らに降りかかろうとも きっと僕らは大丈夫だよと 僕は今日から君の「大丈夫」だから 作詞:野田洋次郎 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 時の進む力は あまりに強くて 足もつかぬ水底 必死に「今」を掻く 冒頭の歌詞は• 時の儚さ• 足がつかない 落ち着かない様子• 必死に足掻く などの心情が強調されて綴られており、 切羽詰まった情景 であることが、ただただ連想させられる。 足掻けど未来は空っぽで いつも人生は 費用対効果散々で 採算度外視、毎日 僕はただ流れる空に横たわり 水の中 愚痴と気泡を吐いていた だけど 費用対効果とは、主にビジネスで使われる言葉で かけた費用に対して、どのくらい効果があるか。 と、いった意味を持つ言葉。 採算度外視とは、 利益が出るかどうかを考えないさま 金銭を費やすさま気前よく・奮発して などの意味を持ちます。 つまり、これら二つのビジネス用語を組み合わせることで 「全力で取り組むものの、なかなか結果に結びつかない」、主人公の空を切るさまを演出しているのです。 何に対して右往左往しているのか。 それは、以降の歌詞で明らかになります。 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると 作詞:野田洋次郎 「世界」という膨大な大きさを連想させる言葉と、対照的に綴られる 「君の小さな肩」 このテクニックにより とてつもなく重い重圧が圧し掛かっている ことが分かるようになってます。 君が背負うものの大きさや、君の過剰すぎる負担に、いち早く気付いた主人公は、君の周りでのたうち回っています。 その後の展開は、日常の中でもかなりあるあるなのではないでしょうか。 「大丈夫?」に対して「大丈夫」と応えるのは、もはや脊髄反射レベルですよね。 なんでそんなことを 言うんだよ 崩れそうなのは 君なのに 作詞:野田洋次郎 ふと「大丈夫」と答えた主人公でしたが、 崩れそうなのは君なのに すなわち 声を掛けるべきは僕だったのに と、やるせない感情に包まれています。 2番に続きます。 安い夢に遊ばれ こんなとこに来た この命の無目的さに 腹を立てるけど 君がいると 何も言えない 僕がいた 君がいれば 何でもやれる 僕がいた 安い夢とは、• くだらない夢• 取るに足らない夢 を表す際に使われる言葉。 それこそ、主人公の夢は 「君に勇気づける声をかけること」なのですが、第三者からみると、おそらくは取るに足らない出来事に違いありません。 使命を果たせない自分 命の無目的さ に、どうしようもない葛藤をしているのです。 取るに足らない 小さな僕の 有り余る今の 大きな夢は 君の「大丈夫」になりたい 「大丈夫」になりたい 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての 「大丈夫」になりたい 作詞:野田洋次郎 どこにもいけない感情を、 「君に対する決意」という形で昇華させます。 それが、感動のラストフレーズ。 ここかなりグッときますよね。 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての 「大丈夫」になりたい 意味が深く、考え方が素敵すぎます。 ラスト全体を解釈すると、.

次の

【ネタバレ感想考察】「天気の子」を君の名は。嫌いがみた結果|愛が歌われ尽くした世界で描かれた現代人への応援歌

世界が君の小さな肩に乗っている

今回紹介するRADWIMPSの「大丈夫」は、映画「君の名は。 」で爆発的ヒットを記録した新海誠監督の新作映画「天気の子」の挿入歌として使用された楽曲です。 公式で紹介されているあらすじは 「あの光の中に、行ってみたかった」 高1の夏。 離島から家出し、東京にやってきた帆高。 しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。 彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。 そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。 ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。 彼女には、不思議な能力があった。 といったものです。 映画を見た後はきっと 帆高の真っすぐ過ぎる想い に感動すること間違いなしで、 これから考察を行っていく「大丈夫」も、そんな帆高の真っすぐな想いが、歌詞に映されているように感じました。 歌詞考察の中で映画のネタバレは、 ございませんのでご安心下さい。 さっそく楽曲の考察に移っていきます。 楽曲名「大丈夫」とは 「大丈夫」とは あぶなげがなく安心できるさま。 強くてしっかりしているさま。 という意味になっています。 圧倒的な安心感を伝えるための言葉で、日常の中では、相手を気遣う際に疑問形で使ったり、自分の無事を知らせるために口にしますね。 シンプルながらに心強い言葉「大丈夫」 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 歌詞 時の進む力は あまりに強くて 足もつかぬ水底 必死に「今」を掻く 足掻けど未来は空っぽで いつも人生は 費用対効果散々で 採算度外視、毎日 僕はただ流れる空に横たわり 水の中 愚痴と気泡を吐いていた だけど 世界が君の小さな肩に乗っているのが 僕にだけは見えて泣き出しそうでいると 「大丈夫?」ってさぁ 君が気づいてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って僕は慌てて言うけど なんでそんなことを言うんだよ 崩れそうなのは君なのに 安い夢に遊ばれ こんなとこに来た この命の無目的さに 腹を立てるけど 君がいると 何も言えない 僕がいた 君がいれば 何でもやれる 僕がいた 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて かける言葉を探したよ 頼りないのは 重々知っているけど 僕の肩でよかったら 好きに使っていいから なんて言うと 君はマセた 笑顔でこの頭を 撫でるんだ 取るに足らない 小さな僕の 有り余る今の 大きな夢は 君の「大丈夫」になりたい 「大丈夫」になりたい 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての「大丈夫」になりたい 世界が君の小さな肩に乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると 「大丈夫?」ってさぁ 君が気づいてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って 僕は笑って言うんだよ 何が僕らに降りかかろうとも きっと僕らは大丈夫だよと 僕は今日から君の「大丈夫」だから 作詞:野田洋次郎 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 時の進む力は あまりに強くて 足もつかぬ水底 必死に「今」を掻く 冒頭の歌詞は• 時の儚さ• 足がつかない 落ち着かない様子• 必死に足掻く などの心情が強調されて綴られており、 切羽詰まった情景 であることが、ただただ連想させられる。 足掻けど未来は空っぽで いつも人生は 費用対効果散々で 採算度外視、毎日 僕はただ流れる空に横たわり 水の中 愚痴と気泡を吐いていた だけど 費用対効果とは、主にビジネスで使われる言葉で かけた費用に対して、どのくらい効果があるか。 と、いった意味を持つ言葉。 採算度外視とは、 利益が出るかどうかを考えないさま 金銭を費やすさま気前よく・奮発して などの意味を持ちます。 つまり、これら二つのビジネス用語を組み合わせることで 「全力で取り組むものの、なかなか結果に結びつかない」、主人公の空を切るさまを演出しているのです。 何に対して右往左往しているのか。 それは、以降の歌詞で明らかになります。 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると 作詞:野田洋次郎 「世界」という膨大な大きさを連想させる言葉と、対照的に綴られる 「君の小さな肩」 このテクニックにより とてつもなく重い重圧が圧し掛かっている ことが分かるようになってます。 君が背負うものの大きさや、君の過剰すぎる負担に、いち早く気付いた主人公は、君の周りでのたうち回っています。 その後の展開は、日常の中でもかなりあるあるなのではないでしょうか。 「大丈夫?」に対して「大丈夫」と応えるのは、もはや脊髄反射レベルですよね。 なんでそんなことを 言うんだよ 崩れそうなのは 君なのに 作詞:野田洋次郎 ふと「大丈夫」と答えた主人公でしたが、 崩れそうなのは君なのに すなわち 声を掛けるべきは僕だったのに と、やるせない感情に包まれています。 2番に続きます。 安い夢に遊ばれ こんなとこに来た この命の無目的さに 腹を立てるけど 君がいると 何も言えない 僕がいた 君がいれば 何でもやれる 僕がいた 安い夢とは、• くだらない夢• 取るに足らない夢 を表す際に使われる言葉。 それこそ、主人公の夢は 「君に勇気づける声をかけること」なのですが、第三者からみると、おそらくは取るに足らない出来事に違いありません。 使命を果たせない自分 命の無目的さ に、どうしようもない葛藤をしているのです。 取るに足らない 小さな僕の 有り余る今の 大きな夢は 君の「大丈夫」になりたい 「大丈夫」になりたい 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての 「大丈夫」になりたい 作詞:野田洋次郎 どこにもいけない感情を、 「君に対する決意」という形で昇華させます。 それが、感動のラストフレーズ。 ここかなりグッときますよね。 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての 「大丈夫」になりたい 意味が深く、考え方が素敵すぎます。 ラスト全体を解釈すると、.

次の

世界の悲しみを、ひとりで背負わないで。「天気の子」を見て考えたこと(ネタバレあり)|八ツ本 真衣|note

世界が君の小さな肩に乗っている

-------------------- 『大丈夫』 by 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると 「大丈夫? 」ってさぁ 君が気付いてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って 僕は慌てて言うけど なんでそんなことを 言うんだよ 崩れそうなのは 君なのに 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると 「大丈夫? 」ってさぁ 君が気付いてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って 僕は慌てて言うけど なんでそんなことを 言うんだよ 崩れそうなのは 君なのに 取るに足らない 小さな僕の 有り余る今の 大きな夢は 君の「大丈夫」になりたい 「大丈夫」になりたい 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての 「大丈夫」になりたい -------------------- さて! ここでみなさんに質問です。 誰かに『大丈夫?』と聞かれたとき、本当は大丈夫じゃないのにあえてなんともない顔で『大丈夫』と答えたことはありますか? その結果、心は軽くなりましたか? 今日は、辛いときに誰にも相談せず1人で抱え込んでしまう人に向けて、大丈夫じゃないのに大丈夫と言ってしまう人に向けて、大丈夫に1歩でも近づくためのきっかけとなってほしいとの想いを込めて記事を書きます。 辛いときに我慢することは美徳であるという固定概念を考え直した上で、監督の最新作『天気の子』の主題歌「大丈夫」の歌詞をもとにに、大丈夫に近づくためのヒントを探ります。 辛いときに我慢することは美徳なのか? 辛いときにあえて笑顔で大丈夫って言ってしまうのは、どうしてでしょうか? 周りに心配をかけたくないから大丈夫と言ってしまう人。 本当は大丈夫じゃないけど、とっさに大丈夫と言ってしまう人。 なんとなく説明する気分になれないから大丈夫と言って片付けてしまう人。 理由もなく強がって大丈夫と言ってしまう人。 他言できない事情や秘密があるから大丈夫と言ってしまう人。 みんなきっと大丈夫じゃないのに、本音では大丈夫じゃないってことを相手に気づいてほしいのに、なぜか大丈夫と言ってしまう。 もしかしたら「辛いときに我慢することは美徳だ」っていう謎のDNAが生まれたときから組み込まれているのかもしれません。 ただ、我慢することが美徳という言葉には語弊があります。 だって... 辛いときに我慢する姿は必ずしも美徳じゃない。 辛いときを乗り越えた姿に美しさは宿る。 我慢することで辛いときを乗り越えられるなら、我慢すればいい。 でもそうじゃないなら、我慢なんていらない。 だから、我慢することが美徳という謎の概念は捨てて、辛いときは辛いって言えばいい。 泣きたいなら、泣けばいい。 ただ、美徳のために我慢することはナンセンスでも、自分を守るために我慢することには一理あるかもしれません。 大丈夫じゃないと勇気を出して告げたところで、余計に大丈夫じゃなくなることもあるからです。 それは... 『そんなの大丈夫だよ。 』の罠 もし自分が大丈夫じゃないときに、友達とか同僚とかパートナーに「そんなの大丈夫だよ」と一蹴されたら? 自分にとっては、今いる状況が恐ろしく辛いものなのに、違う状況にいて自分の気持ちがわからない人から「そんなの大丈夫だよ、なんでそんなことで悩んでんの」というような反応をもらったら? 「そんなの大丈夫だよ」のセリフに垣間見えるのは、それぐらいのことで凹むなよというメッセージ。 それぐらいのことで凹むお前は弱虫だなという隠れたサイン。 ちょっと考えすぎかもしれませんが、大丈夫じゃないから相談しているのに、それぐらい大丈夫って言われると、なんともいえない感覚になりますよね。 こんな適当にあしらわれるぐらいなら、相談なんてしなきゃよかったと思いますよね。 「そんなの大丈夫だよ」と適当に返す人は限られていると思いますが、適当に返すだろうと見当がつく人に対しては、もしかしたらあえて自分の悩みは打ち明けない方がよいのかもしれません。 III. 『天気の子』の主題歌が教えてくれること 結局のところ、誰かから『大丈夫?』と聞かれたときは、どう返したら心が軽くなるのでしょうか? 『大丈夫?』と聞いてくるくせに相談しても「そんなの大丈夫だよ」と適当に流す人や、社交辞令の一環としてうわべだけの『大丈夫?』を聞く人には、悩みを打ち明けて相談しても心は軽くならなさそうですよね。 じゃあどうすればいいかというと... 辛いときは、なんでもかんでも悩みを会う人全員に打ち明けるのではなく、本当に自分のことを心から想って話に耳を傾けてくれる人だけに打ち明けること。 『天気の子』に出てくるの大丈夫という歌に、こんな歌詞があります。 君の「大丈夫」になりたい 「大丈夫」になりたい 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての 「大丈夫」になりたい あなたが辛いときに、あなたをろくに相手にしてくれない人は論外です。 そしてあなたを「大丈夫にしたい」と思ってくれる人はいい人です。 でも、最上級なのは「あなたの大丈夫になりたい」と思ってくれる人。 その人がいることで初めてあなたは大丈夫になれる。 裏を返せば、その人が常にあなたのそばにいなくてはいけない。 その人がいなくなってしまったらあなたは大丈夫じゃなくなってしまうのだから、「君の大丈夫になりたい」といってくる人はちょっと理不尽かもしれません。 でも、「大丈夫にしたい」ではなく「大丈夫になりたい」という言葉は、あなたのそばを離れずにあなたを守り抜く覚悟があるからこそ言えること。 だからこそ「君にとっての大丈夫になりたい」は、君を大丈夫にしたいよりも最強なのです。 そして辛いときには、うわべだけの「大丈夫?」を聞いてくる人でもなく、「そんなの大丈夫だよ」と適当にあしらう人でもなく、「君にとっての大丈夫になりたい」なんて思ってくれる人に頼ることで、初めて心が救われるものです。 「君にとっての大丈夫になりたい」 こんな風に思ってくれる神がかった人を見つけるのは大変かもしれません。 だからこそ、そんな人を見つけたら絶対に手放しちゃいけない。 『大丈夫?』と聞かれたときに『大丈夫』と答えてその場をやり過ごすことに慣れてしまって、感情を漏らさずに1人で殻に閉じこもって処理することに慣れてしまったわたしは、『大丈夫?』としつこいぐらいに聞いてくる人を正直うざったいと感じていました。 でも、今となっては、「とりあえず大丈夫?って聞いとけばいいだろう」とか「そんなの大丈夫だよ」と言ってくる人より、「大丈夫?」としつこいぐらいに本気で聞いてくれる人がどれだけ貴重な存在だったか... ということを痛感しています。 だから、そんな人を見つけたら絶対に手放しちゃいけないし、そんな人が見つからなければ、自分が誰かの大丈夫になるところから始めてみればいい。 つまるところ1番言いたいのは、の「大丈夫」がだということです。

次の