背中 に あっ た 翼 は 歌詞。 ボクの背中には羽根がある KinKi Kids 歌詞情報

背中 に あっ た 翼 は 歌詞

まず、一番初めに、[君]はしんでいます。 背中にあった翼=約束でしょう。 [君]が死んでしまったため[君]と共に無くしたのでしょう そして、後半の 背中にあった翼は今やもう必要ない ですが。 恐らく[僕]も死んでいます。 最後の雫が落ちてく の後に 突然夜が弾けた光が空にとびちったたまらず閉じた瞼を開けるとそこに君がいた ですね。 恐らくこの時に[僕]は死んでいます。 何で死んだって言えるの? と思うでしょう。 1番に戻りましょう。 僕がいなくても地球は周り続ける 君がいないなら僕の朝はもうやってこない わかりますね? 僕がいなくても地球は周り続ける=自分はいなくてもいいんだと言う心情が表されています。 君がいないなら僕の朝はもうやってこない=[君]がいなくなったため夜にはしんでいるという意味。 これがしんだ夜です。 光が空に飛びちった=死んで君がいる世界に逝ったため朝が来た。 こーゆーことでしょう。 背中にあった翼は今やもう必要ない =もう会えて約束を果たしたのでしょう。 最後の洗いたての太陽が僕らを優しく照らしてるこれからは大地を踏みしめて君をだいて歩いて行こう これは結婚し、太陽が祝福してくれているかのような表現です。 そしてこれからは大地を踏みしめて は堂々としているのがうかぶとおもいます。 君をだいて歩いて行こう 堂々と君をだいて歩いて行こう まとめると 翼=結婚するという約束 しかし結婚する前に彼女はしんだ。 そのため自分も死に、あの世で彼女と結婚。 そのため、翼は必要ないとなった。 1番、2番のaメロbメロでは死ぬ前の[僕]の様子が描かれています。 このストーリーはアニメの主題歌にもなった獣の奏者と似ていますね。 あくまで予想ですが一番説得力あるとおもいます! あと、僕も雫大好きです! 何かあれば補足に。

次の

MONKEY MAJIK Together 歌詞

背中 に あっ た 翼 は 歌詞

「世界を旅する音楽室」へようこそ! こんにちは。 作曲家の弓削田健介です。 今日はリクエストの多かった「翼をください」の解説をします。 人生は夏休み ホスピスで演奏をさせていただいたある日。 命の時間を大切に刻んでおられる患者さんに、こんな言葉をいただきました。 人生は夏休みみたいなものだった 夏休みみたいにあっという間に過ぎていった 宿題のような大変なこともあったけど 夏休みみたいに最後には友達と思い出がたくさんできた。 最後はね、お金も名誉も全部関係なくなって、友達と思い出が助けてくれる。 ゆげちゃん。 友達と思い出、大事にな。 そして、リクエストいただいた曲が「翼をください」でした。 途中まで歌って、2番の歌詞が目に飛び込んできたとき、心が震えました。 涙をこらえながら歌いました。 富でも名誉でもなく、自分にとっての翼ってなんだろう。 子どもたちにとっての翼ってなんだろう。 そんなことを考えながら歌っている曲です。 夏休みの最後に、答えがわかるのかな。 翼をください|歌詞 1. いま私の願いごとが かなうならば翼がほしい この背中に鳥のように 白い翼つけてください この大空に翼をひろげ 飛んで行きたいよ 悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ 行きたい 2. いま富とか名誉ならば いらないけど翼がほしい 子どものとき夢みたこと 今も同じ夢に見ている この大空に翼をひろげ 飛んで行きたいよ 悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ この大空に翼をひろげ 飛んで行きたいよ 悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ 行きたい ボーカロイド合唱団 職人技! 口が動くのが不思議! 「翼をください」の混声三部合唱 ゆげた編曲版がボーカロイド合唱になりました。 作っていただいたのは、 ボーカロイド合唱界の重鎮、合唱団Pさん。 感謝! 使っていただいているのは、 夏に出版した「しあわせになあれ」に収録の楽譜です。 合唱団Pさんのボーカロイド作品はどれも澄んだ音色で 癒やされます。 ぜひ、他の曲も聴いてみてください。 新しい世界に出会えるかも!? 【VOCALOID合唱団ぷらす】 「翼をください」 A hit song sung by a Japanese folk group. It is also published in Japanese music textbooks. Covered by many musicians around the world.

次の

背中 に あっ た 翼 は 歌詞

「世界を旅する音楽室」へようこそ! こんにちは。 作曲家の弓削田健介です。 今日はリクエストの多かった「翼をください」の解説をします。 人生は夏休み ホスピスで演奏をさせていただいたある日。 命の時間を大切に刻んでおられる患者さんに、こんな言葉をいただきました。 人生は夏休みみたいなものだった 夏休みみたいにあっという間に過ぎていった 宿題のような大変なこともあったけど 夏休みみたいに最後には友達と思い出がたくさんできた。 最後はね、お金も名誉も全部関係なくなって、友達と思い出が助けてくれる。 ゆげちゃん。 友達と思い出、大事にな。 そして、リクエストいただいた曲が「翼をください」でした。 途中まで歌って、2番の歌詞が目に飛び込んできたとき、心が震えました。 涙をこらえながら歌いました。 富でも名誉でもなく、自分にとっての翼ってなんだろう。 子どもたちにとっての翼ってなんだろう。 そんなことを考えながら歌っている曲です。 夏休みの最後に、答えがわかるのかな。 翼をください|歌詞 1. いま私の願いごとが かなうならば翼がほしい この背中に鳥のように 白い翼つけてください この大空に翼をひろげ 飛んで行きたいよ 悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ 行きたい 2. いま富とか名誉ならば いらないけど翼がほしい 子どものとき夢みたこと 今も同じ夢に見ている この大空に翼をひろげ 飛んで行きたいよ 悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ この大空に翼をひろげ 飛んで行きたいよ 悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ 行きたい ボーカロイド合唱団 職人技! 口が動くのが不思議! 「翼をください」の混声三部合唱 ゆげた編曲版がボーカロイド合唱になりました。 作っていただいたのは、 ボーカロイド合唱界の重鎮、合唱団Pさん。 感謝! 使っていただいているのは、 夏に出版した「しあわせになあれ」に収録の楽譜です。 合唱団Pさんのボーカロイド作品はどれも澄んだ音色で 癒やされます。 ぜひ、他の曲も聴いてみてください。 新しい世界に出会えるかも!? 【VOCALOID合唱団ぷらす】 「翼をください」 A hit song sung by a Japanese folk group. It is also published in Japanese music textbooks. Covered by many musicians around the world.

次の