占い 無料2020。 四柱推命

Yahoo!占い

占い 無料2020

算命学の計算方法って? 算命学はその人の生年月日から元々の性質や人生の転換期や運命を算出するもので、伝統的な中国のが発祥で、鬼谷子という今から約2300年前の中国戦国時代に生きた人物によって各位立されました。 中国では占いというより学問として取り扱われていて、算命学を生み出した鬼谷子の考えでは、物事には何事も原因があり結果が存在すると考え、その原因を学ぶのが「陰占」、結果を学ぶのが「陽占」と別々に研究することで、人生の様々な側面を知ることができるという哲学的な思考をもとにした占術です。 結果を意味する「陽占」では、「星」を使用しますが、この「星」という字は、「日」と「生」という字が一体になっています。 これは生まれた日を差していて、その特別な日が私たちに影響を与えているという発想が元になっていて運命が成立します。 算命学は、中国の火・土・水・金・木という5つの要素が互いに影響を受けあっているという陰陽五行説に基づく占星術でその人の生まれた日によって資質や特性、宿命、運命、相性などのあらゆる詳細な事柄を算出する方法です。 それにより総合運、恋愛運、仕事運、人間関係運などを知ることができ、年代ごとの運勢も解読できるので、人生の長い期間を知るためには効果的な占術です。 また「天中殺」と呼ばれる時期を参考にすれば、結婚、転職、起業などにふさわしい時期がどうかを判断することもできます。 算命学の計算方法 まずは算命学では自分の生年月日から命式を割り出すことが大切です。 十干と十二支で表され、それぞれが異なる特色を持っています。 その計算方法はとても複雑なため、万年歴や早見表を用いて調べるといいでしょう。 ネットなどの占いサイトを利用するとすぐに調べることができます。 命式の読み方 ご自身の命式を算出したら、漢字の表のようなものが出てくると思います。 多くの場合は「陰占」と「陽占」に分かれています。 「陰占」は自分の本質や生まれ持っている要素を読み解くことができ、具体的には物事の時期的なものや潜在的な縁を知ることができます。 「陽占」では基本的な性格や適正、人生のサイクルなどを読み解くことができ、性格的な相性や日常生活での適性などを知るものです。 「陰占」について 「陰占」は自分の素質や本性というものを表すもので、9つのマス目で構成されています。 十干は自分の内面や精神性を意味するもので「甲(こうぼく)・乙(おつぼく)・丙(へいか)・丁(ていか)・戊(ぼど)・己(きど)・庚(こうきん)・辛(しんきん)・壬(じんすい)・癸(きすい)」があり、それぞれに異なる性質を持っています。 甲は時間をかけてゆっくり成長するタイプ、乙は芯が強くあらゆる環境に適応できるタイプ、丙は明るく人生を楽しむタイプ、丁は繊細な心を持ちながらも闇を照らす光を持つタイプ、戊は器が大きく頼り甲斐があるタイプ、己は粘りつよく優しい家庭的なタイプ、庚は真っ直ぐで鍛えれば鍛えるほど力を増すタイプ、辛は品があり、良い意味でプライドが高いタイプ、壬は自由を愛し、夢を追いかける冒険的なタイプ、癸は思慮深く慈愛に満ち、優しさを持っているタイプと簡単に分類できます。 行動を表す十二支の「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」から成り立っていてこの二つの組み合わせから見ていきます。 「陽占」について 性格や思考、行動パターンを知ることができるもので、人生の設計図とされる「人体星図」という表で表されています。 頭は親、上司や目上の人に見せる態度、左肩は初年期の運命を示します。 中段左は右手で結婚観、配偶者に見せる顔、中段真ん中は胸を意味し、基本的な性格、中段左は左手で社会や他人に見せる顔を意味します。 下段左は右足で中年期の運勢、下段真ん中は腹で子ども、部下、目下に見せる顔を意味します。 下段右は左足で老年期の運勢を意味します。 天中殺とは 命式がわかると、天中殺を導き出すことができます。 天中殺は新しいことを始めるのにはよくないとされる時期で、12年に一度の周期で巡ってきます。 結婚や転職のタイミングには良くない時期で、周囲からの助けも得られにくい時期ですが、ゆっくりと休息をとる期間と考えることも大切です。 算命学からみる2020年の流れ 算命学では「庚子(かのえ・ね)と言われ、五行で分類すると天干庚は金の性質を持つ気で地干子は水の性質を持っている気を意味しています。 わかりやすく言えば、水の上に刀や剣などが浮いている状態です。 水の上に刀があっても実際の場面では何も役立たないこと、またずっと水の上に金属があれば錆びてしまうように、全てが滞ってしまい、計画通りにいかない状況です。 さらに「子(ね)」は干支で一番最初に当たるスタートの年で今までの気運とガラリと変わります。 あまり幸先の良くない年になることが算命学でも明らかになっています。 すでに世界的なパニックを起こしているウイルスやそれによる経済的な困窮、個人の生活にもあらゆる困難が伴う年になるでしょう。 大切なのは一人一人があらゆる備えをし、緊急事態であっても正しい判断ができるような知識、常識、思考を身につけておくことです。 占い師 聖子のワンポイントアドバイス 算命学はどの占いよりも信憑性があると言えるわ? 学問として扱われているだけのことはあるわね。 そして東洋発祥のものだから日本の人にも親しみ深いと言えるわね。 2020年は本当に大きなことが予測されているから色々と注意が必要ね。 どんなことがあっても乗り越えていける準備、危機感に対して敏感になることが求められているわ。 算命学の魅力とは? 算命学は占いでも非常に的確な答えが得やすく、中国では学問とされていること、また自分の性格や行動、人生の運気を知ることでより深く自己理解をすることができるでしょう。 また自分だけではない他の相手も占ったり、相性を知ることもできるのが魅力で、西洋の占いとは一風変わった魅力があり、東洋的な感覚にしっくりとくる占術とも言えるでしょう。 micaneの占いは楽しんで頂けましたか? 「micaneの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。 」 「もっと無料の占いを試して見たい…。 」 「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。

次の

2020年上半期しいたけ占い

占い 無料2020

算命学の計算方法って? 算命学はその人の生年月日から元々の性質や人生の転換期や運命を算出するもので、伝統的な中国のが発祥で、鬼谷子という今から約2300年前の中国戦国時代に生きた人物によって各位立されました。 中国では占いというより学問として取り扱われていて、算命学を生み出した鬼谷子の考えでは、物事には何事も原因があり結果が存在すると考え、その原因を学ぶのが「陰占」、結果を学ぶのが「陽占」と別々に研究することで、人生の様々な側面を知ることができるという哲学的な思考をもとにした占術です。 結果を意味する「陽占」では、「星」を使用しますが、この「星」という字は、「日」と「生」という字が一体になっています。 これは生まれた日を差していて、その特別な日が私たちに影響を与えているという発想が元になっていて運命が成立します。 算命学は、中国の火・土・水・金・木という5つの要素が互いに影響を受けあっているという陰陽五行説に基づく占星術でその人の生まれた日によって資質や特性、宿命、運命、相性などのあらゆる詳細な事柄を算出する方法です。 それにより総合運、恋愛運、仕事運、人間関係運などを知ることができ、年代ごとの運勢も解読できるので、人生の長い期間を知るためには効果的な占術です。 また「天中殺」と呼ばれる時期を参考にすれば、結婚、転職、起業などにふさわしい時期がどうかを判断することもできます。 算命学の計算方法 まずは算命学では自分の生年月日から命式を割り出すことが大切です。 十干と十二支で表され、それぞれが異なる特色を持っています。 その計算方法はとても複雑なため、万年歴や早見表を用いて調べるといいでしょう。 ネットなどの占いサイトを利用するとすぐに調べることができます。 命式の読み方 ご自身の命式を算出したら、漢字の表のようなものが出てくると思います。 多くの場合は「陰占」と「陽占」に分かれています。 「陰占」は自分の本質や生まれ持っている要素を読み解くことができ、具体的には物事の時期的なものや潜在的な縁を知ることができます。 「陽占」では基本的な性格や適正、人生のサイクルなどを読み解くことができ、性格的な相性や日常生活での適性などを知るものです。 「陰占」について 「陰占」は自分の素質や本性というものを表すもので、9つのマス目で構成されています。 十干は自分の内面や精神性を意味するもので「甲(こうぼく)・乙(おつぼく)・丙(へいか)・丁(ていか)・戊(ぼど)・己(きど)・庚(こうきん)・辛(しんきん)・壬(じんすい)・癸(きすい)」があり、それぞれに異なる性質を持っています。 甲は時間をかけてゆっくり成長するタイプ、乙は芯が強くあらゆる環境に適応できるタイプ、丙は明るく人生を楽しむタイプ、丁は繊細な心を持ちながらも闇を照らす光を持つタイプ、戊は器が大きく頼り甲斐があるタイプ、己は粘りつよく優しい家庭的なタイプ、庚は真っ直ぐで鍛えれば鍛えるほど力を増すタイプ、辛は品があり、良い意味でプライドが高いタイプ、壬は自由を愛し、夢を追いかける冒険的なタイプ、癸は思慮深く慈愛に満ち、優しさを持っているタイプと簡単に分類できます。 行動を表す十二支の「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」から成り立っていてこの二つの組み合わせから見ていきます。 「陽占」について 性格や思考、行動パターンを知ることができるもので、人生の設計図とされる「人体星図」という表で表されています。 頭は親、上司や目上の人に見せる態度、左肩は初年期の運命を示します。 中段左は右手で結婚観、配偶者に見せる顔、中段真ん中は胸を意味し、基本的な性格、中段左は左手で社会や他人に見せる顔を意味します。 下段左は右足で中年期の運勢、下段真ん中は腹で子ども、部下、目下に見せる顔を意味します。 下段右は左足で老年期の運勢を意味します。 天中殺とは 命式がわかると、天中殺を導き出すことができます。 天中殺は新しいことを始めるのにはよくないとされる時期で、12年に一度の周期で巡ってきます。 結婚や転職のタイミングには良くない時期で、周囲からの助けも得られにくい時期ですが、ゆっくりと休息をとる期間と考えることも大切です。 算命学からみる2020年の流れ 算命学では「庚子(かのえ・ね)と言われ、五行で分類すると天干庚は金の性質を持つ気で地干子は水の性質を持っている気を意味しています。 わかりやすく言えば、水の上に刀や剣などが浮いている状態です。 水の上に刀があっても実際の場面では何も役立たないこと、またずっと水の上に金属があれば錆びてしまうように、全てが滞ってしまい、計画通りにいかない状況です。 さらに「子(ね)」は干支で一番最初に当たるスタートの年で今までの気運とガラリと変わります。 あまり幸先の良くない年になることが算命学でも明らかになっています。 すでに世界的なパニックを起こしているウイルスやそれによる経済的な困窮、個人の生活にもあらゆる困難が伴う年になるでしょう。 大切なのは一人一人があらゆる備えをし、緊急事態であっても正しい判断ができるような知識、常識、思考を身につけておくことです。 占い師 聖子のワンポイントアドバイス 算命学はどの占いよりも信憑性があると言えるわ? 学問として扱われているだけのことはあるわね。 そして東洋発祥のものだから日本の人にも親しみ深いと言えるわね。 2020年は本当に大きなことが予測されているから色々と注意が必要ね。 どんなことがあっても乗り越えていける準備、危機感に対して敏感になることが求められているわ。 算命学の魅力とは? 算命学は占いでも非常に的確な答えが得やすく、中国では学問とされていること、また自分の性格や行動、人生の運気を知ることでより深く自己理解をすることができるでしょう。 また自分だけではない他の相手も占ったり、相性を知ることもできるのが魅力で、西洋の占いとは一風変わった魅力があり、東洋的な感覚にしっくりとくる占術とも言えるでしょう。 micaneの占いは楽しんで頂けましたか? 「micaneの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。 」 「もっと無料の占いを試して見たい…。 」 「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。

次の

【無料】ウラソエ姓名判断2020|性格・恋愛・運命の名前占い

占い 無料2020

0地点 全ての動きが止まり、運気は閉鎖します。 気分も消極的になり何かと悲観的になりがち。 初心に返り自分自身に力をつける時です。 精算 冬の時期も終わりを迎え、新しいスタートに向けての準備を始めるべき一年です。 情報を集め、計画を立てることに専念すると良い時です。 開拓 ようやく春を迎え、目覚めの時です。 失敗も経験のひとつと割り切って、何事にも恐れずチャレンジすることが必要となります。 生長 開拓期に見つけたチャンスを伸ばしていく時期です。 自分の能力を存分に発揮できる場を見つけ、物事を拡大させる年です。 決定 ものごとの筋道が定まり、進むべき道が明確になってきます。 別れや転職などを考えている場合は決断の時となります。 健康 好調に進んでいた運勢に疲れが出て、物事が少し停滞します。 季節に例えれば梅雨。 、運気が上昇中であっても注意が必要です。 人気 最高の運気を迎え、すべての物事が望むとおりになる願望成就の年です。 障害は消え、順調に計画を進められる時です。 浮気 前地点までの好調が油断を招き、浮き足立って失敗しやすい年です。 注意力が散漫になりつけ込む隙を与えてしまう時。 再開 浮気期の落ち着かない気分も収まり、第二の出発点となる年です。 過去を振り返り、経験を生かすことで運が大きく開けます。 経済 積み上げてきた経験や実績が実りとなって手に入ります。 特に金銭に関わる運勢に好機が訪れます。 充実 これまでの全ての努力が報われ、成果となって手に入ります。 仕事でもプライベートでも満たされ、最高に充足できる時期です。 背信 運気は冬の時期に入り、全ての面において停滞します。 気を引き締めておかないと大きなトラブルに見舞われます。

次の