中古 外車 お 得。 【極秘】車屋がバラした!!最強にお得な中古車は〇〇年落ち!!

中古の外車が安い理由と状態の良い中古外車の見分け方[2019年12月05日]

中古 外車 お 得

Page 1• 憧れの車を新車で…その選択、ちょっと待った方が良いかもしれません!メーカーや車種によっては、新車購入時点で大きな損をしてしまうかもしれません… 新車を売るディーラーは初めの価格設定を高めにしているので、購入してすぐ価値が落ちる。 そもそも車両価値が低いものを販売している。 など、さまざまな理由から新車を購入してしまうと損をしてしまいます! 新車購入後すぐに値落ちする車の特徴についてはこちら 今回はその中でも、BMWの新車で購入すると特に損をしてしまう車種をご紹介します。 車を購入を検討されている方ぜひ参考にしてください。 今回の記事を読めば、新車同様の車を半額程度で買うことも可能ですよ!• BMW 7シリーズ 740iは新車で買ってはいけない! 7シリーズのような新車価格が高い車種は値落ちのスピードが早く、額も激しく落ちてしまうのでお金の面だけで考える場合は購入は控えた方が良いです。 新車、中古車の金額の差 740iの2015年式の新車価格は 1249万円でした。 とても高い金額ですね。 そんな高い額を払ったのだから、すぐに値落ちしてしまったら悲しいですよね。 新車から3年経ったら果たしていくらになって売られているのでしょう。 筆者が中古車情報サイトを探して見つけた、ディーラーで売られていた値段は2015年式、走行距離1万キロで、なんと 738万円! ボディーカラーなどの条件で多少金額は変わってくるとは思いますが、 511万円の差と、まさかの半額近くの値下がりになってしまっていました。 3年間経っただけでこんなに下がってしまうんですね。 価格を見た瞬間とても驚きました、、 購入時、ベースグレードは避けたほうが良い 7シリーズの中でもベースグレードが一番値落ちします。 同じ740iでもMスポーツなどのグレードのほうが少しは値落ちしないです。 もし新車で購入する方がいましたら、ベースグレードを避けるのがおすすめです。 BMW 3シリーズ 320iは新車で買ってはいけない! 3シリーズはとても人気で販売台数が多く、モデルチェンジの度に値落ちします。 その為、320iも新車では買ってしまうと損をしてしまう事になります! 新車、中古車の金額の差 320iの2015年の新車価格は 483万円で発売されていました。 筆者が中古車情報サイトで見つけた、ディーラーで売られていた値段は2015年式の走行距離1万キロで、 215万円! 268万円の差で、7シリーズと同じく半額になってしまっています。 7シリーズは元が高いので、3年間で500万値落ちしていますが、3シリーズも200万円以上値段が下がっています。 グレードがスポーツ仕様のほうが値落ちしにくい傾向がある。 3シリーズの中でもベースグレードが一番値落ちします。 同じ320iでもMスポーツなどのグレードのほうが少しは値落ちしないです。 BMW 1シリーズ 118iは新車で買ってはいけない! 1シリーズはコンパクトで使い勝手が良く、価格も安いため新車での購入をしてしまいます。 しかし1シリーズもとても損をしてしまう車種なのです。 新車、中古車の金額の差 118iの2015年の新車価格は 298万円になっております。 筆者が中古車情報サイトで見つけた、ディーラーで売られていた値段は2015年式の走行距離1万キロで、 158万円! 140万円の差があり、7シリーズ、3シリーズまでとはいきませんがかなり値段が落ちてしまっています。 今1シリーズの新車を買うのであれば、M130iがおすすめです もし新車で購入をするのあれば、あまり生産台数が少ないグレードをおすすめします。 ベースグレードは値崩れしやすい傾向があるので1シリーズの中ではM130iがおすすめです。 Mモデルは走行性能が非常に高く、一般道では持て余すほどの性能を持っています。 生産台数も少ないので、ベースグレードより値落ちしずらいでしょう。 今BMWを買うなら次期モデルを待つ方がおすすめ どうしても新車が欲しい人は次期モデルの購入をおすすめします。 特に3シリーズは、次世代ナビシステム「iDrive OS7」を搭載したり、よりハイパフォーマンスはM340iが2019年に販売される予定です。 近年IoTへの対応も中古車価格に関係しているので、ちょっと待ち遠しいですが待つのも選択肢の1つでしょう。

次の

外車の認定中古車を購入する!【そのメリット・デメリットを解説】

中古 外車 お 得

新車と中古車どっちがいいの?それぞれのメリット・デメリット 欲しい車が新車・中古車のどちらでも売っている場合、どちらのほうを買えばいいのでしょうか?新車ならば、購入してからすぐにトラブルが起きることが考えにくく、もし起きたとしてもディーラーがしっかりと対応してくれるでしょう。 また、新車は製造工場から送られてきてすぐの状態ですので、塗装はキレイでピカピカの状態です。 また、サンルーフや電動スライドドアなどのメーカーオプションも装着可能な状態で、初期不良を除き車の状態は新品ですのでフレームの歪みなどもありません。 ですが、中古車を購入するメリットもあり新車よりも予算を低く抑えられる、同じ予算でもグレードをあげやすいなどの優位性もあります。 が、細かいキズがついている可能性がある、マニュアル車だと前オーナーのクセがついていたりと、運転していて違和感を覚える場面もあるかもしれません。 そこで、新車・中古車を購入するメリット・デメリットを紹介します!自分に合っているのはどちらの買い方なのか、じっくりと考えてみてください。 また、新車で購入しておけばすでに登録されてから年月が経っている中古車と比べて下取りに出すときのリセールバリューが高くなる傾向があります。 特にミニバンやSUVなどの人気車種は、その傾向があり搭載装備やグレードにもよりますが登録年から近いほど下取り価格は高くなるでしょう。 新車のデメリットは多めの予算が必要なこと・キズがついたりぶつけた時にショックが大きいこと 新車はピカピカの状態で納車されるが、うっかり傷つけてしまった時のショックは大きい 新車で車を購入するデメリットといえばキズ1つないピカピカの状態で納車されますので、購入してすぐにぶつけて凹んだ、柱などにバンパーを擦ったなどでキズがついてしまった時にショックがものすごく大きいことです。 ほかにも、中古車に比べて新車は用意しなければならない予算が多くなり、同じ車種でも中古車では上級グレードを買えるのに、新車にすると標準グレードが精一杯というパターンになることもあります。 購入してから3年~5年で手放す予定があるのなら、新車で購入することをおすすめします。 初回車検が来る3年より前に売却すれば、もっともリセールバリューが残るためです。 さらに、どの時代でもファミリー層に需要のあるミニバンなら下取り価格も期待できるでしょう。 欲しい車種が新車で売っていない、新車だと予算オーバーする、乗れるなら車種はなんでも良い方は中古車がおすすめですが、相場より安すぎる個体は修復歴ありの記載があったり、1年1万km以上のペースで走ってきている過走行のパターンもありますので注意が必要です。 また、予算ギリギリで新車を購入しても買ってからはすぐにガソリン代や1ヶ月点検代・駐車場代、半年後にはオイル交換やタイヤ交換などの維持費がかかってきます。 ランニングコストのことも考えて車の予算を組むことで無理のないカーライフが送れるでしょう。

次の

外車の「認定中古車」を購入するメリット・デメリット

中古 外車 お 得

目次:クリックでジャンプできます• ベンツ中古車がなぜか安い理由 輸入されるベンツ(外車全般含む)はこうして予想外に安くなります。 日本車が売れ残っても、これら引受先が多くあるので問題ありません。 オートオークション、• レンタカー、• カーリース、• 世界100ヶ国へ輸出など、 日本車はそれら多くで消費されますが、 ベンツにはあまり行き場がありません。 従って、ベンツなど外車の多くは様々なルート経由しながら最終的にオートオークションへ流れ込みます。 価格は需要と供給だけで決まるので、ベンツ新車500万円でも3年落ち200万円以下、5年落ち110万円以下となってしまう。 そんな値下がり率を考えたら、 新車レクサスの方がはるかに有利、値下がりしにくい、それが現実です。 値下がり激しいベンツに価値はあるのか? 中古で激安下取り&販売価格になってもベンツの価値自体(性能他)は変わりません。 外車中古が値段比較で安い訳 外車は高性能なのに、中古になれば値段が極端に下がります。 そんな外車は高性能&安全なのに安く売れらる、そんな中古車の特徴です。 中古ベンツでも新車保証3年間+延長保証2年間残っていれば故障不安ゼロ(保証継承含む)• ミリ波レーダー+複数カメラなど最新で高額な安全装置が搭載されている• 標準ボディ&シャーシだけでAMGやMなどのチューンに耐えられる基本設計• ハンドルの重さ&高いコントロール性能=ハンドリング性能には脱帽(日本車比較)• ベンツC、CLAなど最小回転半径5. 1mなどは日本車を凌駕する小回り性能(ドイツ車)• 平均的な日本車に比較し超強力なブレーキ(間違いない)• 低回転からパワー発揮し、同排気量の日本車比較で1クラスか2クラス上の走り• 高性能サスペンションとシートで大阪ー東京の日帰り出張でも疲れません(経験者語る) もっとありますが、外車の中でも特にドイツ車、そしてベンツの優位点&メリットは大きいと考えます。 そんなドイツ車、ベンツを知っている査定士なら十分に価値を承知して仕入れています。 短期間の維持コストは日本車の勝利! 車維持コストは日本車が断然安い、それは間違いありません。 ベンツはメンテナンスの交換部品と工賃が日本車より高いのは事実です。 タイヤも足回り性能を考えているのか、少し大き目のタイヤなので出費もそれなりです。 し・か・し・ 大切なのは燃費ではなく走行性能、安全性能、快適性能、それしかありません。 個人的な意見では「 万が一の事故でも日本車より安全」「 走る喜び」「 リラックス感」、そのためにドイツ車6台所有しました。 ベンツは長期保有に適している事実! 中古で安くなったベンツでも新車保証期間(新車3年+延長2年=5年)にあれば、もしものトラブルでも安心です。 そんな日本とヨーロッパで大きく違うのは車保有期間です。 ドイツでも高額な車達は50万キロや10年でも大切に乗り続けられているのをご存知ですか? 日本は国土の狭さ+公共交通網が発達しているので、長期間&長距離を乗らないまま車を手放なす&買い替えてしまいます。 それが ドイツ人ならベンツやBMW新車購入すれば、何十万キロでもメンテしながら、走れなくなるまで乗り続けます。 つまり500万円、1000万円(ユーロ表記しません)の 新車でも10年間で30万キロや50万キロと乗れれば損をしないでペイできる。 それが日本とドイツの車保有期間の大きな差となっています。 ドイツ人がベンツを買う理由とは? ドイツは日本と違い、リッチだからベンツにする考えではありません。 高性能、高い安全性、長持ちだからベンツ、ペイするからベンツとなります。 安全に速く移動ができて丈夫だからベンツと考えています。 そんなベンツを製造するドイツ人を少しだけお伝えします。 ドイツ人はヨーロッパの中で一番ケチ(節約家)なのは周辺各国で昔から言われ続けてます。 ケチではなく合理的な考え方とも言えるでしょう。 ヨーロッパ各国ホテルで良く聞く話では、朝食ビュッフェにドイツ人グループが来ると沢山食べるだけでなくて、パン、ヨーグルト、お菓子の全て持って行かれ無くなってしまうそうです。 ドイツ人はどんな商品購入でも(安くても高くても)、購入するかどうか時間をかけシッカリ考える国民性です。 つ まり支払うお金に対して、価値のあるモノしか買わない民族です。 理由はこれらです。 ドイツ人の車選び方とは? ドイツ人は長い時間をかけて車選びをします、こんな風に!• そのモノが丈夫で壊れないかどうか、• 長く使い続けられるかどうか、• 本当に安全な車なのかどうか• それは本当に自分に必要なのかどうか、 それらをシブイ顔で考えます。 ベンツなら(BMWやVW、ポルシェも同様)モデルチェンジ何回繰り返しても気になりません。 愛車ベンツに5年、10年、15年乗っていても新型車が気になりません。 それは 車のデザインが優れている、シッカリした個性がある、車にアイデンティティーがある&感じられる! だからモデルチェンジしても気になりません。 日本車とドイツ車の違い 日本人が新型でも20年落ちでもベンツはベンツと簡単に言い当てられる、そんな強い個性がドイツ車にはあります。 だから古いベンツでも違和感がありません、飽きません、価値を感じ続けられます。 古くなればなるほどに愛着が湧くのも理由の1つと考えます。 それでは、 個性が強いとは言えない日本車からエンブレムを取ったらメーカー名を言い当てられるでしょうか? 日本車だと新しい&古いが気になるのはナゼでしょうか? どうして10年、20年と乗り続けないのでしょうか? そう問われると疑問だらけではありませんか? 次は日本で一番気になる、高額なベンツなど修理費に関してお伝えします。 ベンツの高額維持費を改善する方法 ドイツのベンツ価格もメンテ費用も日本とは別次元の超安値(適正価格)なので、長く普通に乗り続けられます。 もし日本の超高額メンテ費用なら、ドイツ人はベンツに乗らない&乗れないと考えます。 ドイツ人は車両価格+性能+維持費全体でペイする車しか買わない、だからです。 日本で高額なベンツのメンテ費用を安く(かなり)する方法をお伝えします。 もしもの故障では、ディーラー修理費(整備費用+部品代金)に驚きます。 激安になるのは間違いありません(ディーラー費用との比較)。 日本でベンツ長期保有する方法その1 修理などディーラー見積もりの後に、町の整備工場でも車を見積りしてもらいます。 か・な・ら・ず・整備工場の見積もりの方が安くなっています。 日本でベンツ長期保有する方法その2 整備工場にお願いして修理に使う部品名と部品番号を教えてもらってください。 そして 高価な部品を個人輸入する、そう整備工場に伝えれば事情を全て理解してくれます。 アナタは「 auto parts」とネット検索し、イギリス、ドイツ、アメリカのオートパーツショップから個人輸入するだけでOK。 ほとんどのオートパーツサイトはこんな順番で入力し部品検索&注文します。 まぁあ、その場合は菓子折りかもしれません。 少し長くなりましたが、ベンツなどヨーロッパ車の部品は日本で高価過ぎます。 倍どころか数倍や10倍もあり、 完璧に暴利でしかありません! 万が一の車修理部品を個人輸入すれば、ベンツをもっと気楽に楽しめるのは間違いナイ!です。 車の値段と価値は違うとする考え方 新車には定価があり、中古車には 値段があります。 もう1つは、どれだけ長く乗り続かられるか &走行性能による 価値があります。 車が長く元気に走り続ける期間が10年や20年となれば価値がある、そう言えます。 どんな購入コストであっても長期間問題なく保有できれば元が取れます、安い買い物となります。 ドイツ人はケチなので元が取れない&価値が無いモノは作りません&買いません。 理由は誰も買ってくれない&使ってくれないからです。 だからドイツの一般店で売っているモノは意外と高いのでしょうか? 高くても丈夫で長く使えるモノだから売っているのだと考えられます。 だからでしょうか!? ヨーロッパを走る日本車がとても少ないのも現実です。 あのレクサスでさえ、2017年(1月〜12月)ドイツで販売された新車中の0. つまり日本車はこう評価されていると考えられます。 「 ドイツ郊外一般道100キロ走行や、アウトバーン200キロ以上走行するには不向きと考えられている」 不向きとは200キロ走行の事故の生存確率、事故を未然に防ぐ安全性能、走行性能が不足している等です。 そんな安全で高性能のドイツ車を所有すれば、安心そして購入コストもペイできる可能性大です。 最後になりましたが、こんな性能も知ってください。 ハンドリング性能がスゴイ ハンドルはあまり意識しなくても、性能差がとても大きいモノの1つです。 日本車比較で申し訳ありませんが、こうです。 日本車のハンドル(高級車は一応除く)• ハンドル操作が軽い• 手を添えているだけだと直進維持に少し不安あり• 片手ハンドルやラフな使い方をすればガタが来る(車種による)• ハンドルパワーが途切れる部分がある(維持パワーが連続していない)• コントロールがムズカシイので2度切り、3度切りがある ドイツ車のハンドルはこうです。 ハンドル操作が重い• ハンドルパワーが1㎜とて途切れることはない(パワーが連続している)• 手を添えているだけで直進やコーナリングが安心して維持できる• ハンドルもシャフトも太く頑丈に製造されているのでガタなど絶対にこない• 狙った通りのライン取りができるので、2度切りや3度切りはない(ほとんど) ドイツ車ハンドルなら高速での直進維持が楽なのはモチロン、これらがあります。 急カーブも簡単&安心、• 高速=クイックなハンドル操作も簡単、• バックでのコントロールも簡単&安心、• どんなハンドル操作も不安なく誰でもできてしまう、 私は数年前に右手を痛め、しばらく左手だけでハンドル操作をしていました。 そんなハンディある状態でも、ドイツ車ハンドルはこうです。 重く安定したハンドル操作、• 大きく切ったハンドルも一定速度でユックリ元に戻ろうとする、• 上記性能で不安のない操作ができた、 それを今でも覚えています。 もしドイツ車に試乗することがあれば、それらハンドル性能も比較してみてください。 ベンツ安く買うなら新古車だが台数が少ない現実 外車自体が本国価格よりも1割から2割高くなっていて、ベンツにおいてもこれは同様です。 それならば中古車を買えばよいのかといえば、外車を持つのはステータス性があるから持つので、古い外車というのは車好きならまだしも、ステータス性で乗るには効果的ではありません。 そもそも、お金がある程度余っているからこそ車にお金をかけられるともいえますので、分かる人には分かってしますために、安いベンツはそれなりに見られてしまうのは避けられないわけです。 これをうまく行うならば、ベンツの新古車を買うということが最も効率的な方法です。 新古車は新車保証が受けられるので、車維持費の点でも良い影響がありまずから、どうしても予算が厳しい場合はまだしも、無駄に高い新車価格を払わずに良い部分で買うというのは賢いですよね。 難点としては新古車がなかなか見つからないということですので、自分で探すよりも探してもらう方法を使ってみてください。 ベンツ中古車がなぜか安い理由:まとめ ドイツ人の財産は家と車です。 車が高速で安全に走れれば短時間での長距離移動が可能となり、とても大きなメリットとなる、そうドイツ人は考えます。 だから高いベンツやBMWは学生から社会人まで幅広い購入層となっています。 残念ながらと言えるかどうか分かりませんが、日本人は車にそこまでの価値を感じていない&求めていません。 だから日本車なんです。 アナタが200キロ走行など簡単にできる価値ある中古ベンツに出会えることを願います。 最後までお読み頂き、ありがとうございました。 また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

次の