足 裏 ほくろ 意味。 足の裏のホクロ

[ほくろ占い]手の甲のほくろの意味18パターンを解説!左手右手で違う?

足 裏 ほくろ 意味

ほくろ占いは、体のいろいろな部分に現れるほくろで、その人の性格や運勢などを知ることができます。 顔のほくろは、目に付きやすくネットや雑誌などで数多く取り上げられていますが、手の甲のほくろとなると、あまり取り上げられていないようです。 手の甲は職場などでは、結構目にすることがあるかもしれません。 しかし、それ以外ではなかなか他人の手の甲のほくろを見ることはないと言えます。 親しい間柄になったとしても、手の甲は気にしないことが多いようです。 手の甲のほくろも手相同様に、現れる位置によって様々な意味合いを持っています。 その人の性格に関わる要素を元に運気の強弱が示されるとされています。 ほくろは先天的なものの他に日焼けなどで後天的に現れるものがありますが、薄くなることがあっても消えることは稀なようです。 手の甲のほくろの意味を読み取る際には、各指の延長上のラインで見る場合と各指と手の甲で分けて見る場合があります。 ここでは延長線上の意味に手の甲の意味を加え説明しています。 手の甲にほくろがある場合、位置に関係なく共通して手先が器用と言う意味合いがあります。 そこから「器用ぼくろ」とも呼ばれています。 手の甲にほくろがある人は、細かい作業に向いていて、職人や技術職で力が発揮できるとされています。 結構なんでも器用にこなせる分、器用貧乏となりがちです。 1つの事に集中し深く突き詰めるような努力をしないと何一つ大成しないことにもなります。 手先の器用さ以外には、対人関係が良好な人が多いとされています。 職場では人の気持ちのくみ取りやすく、信頼されるはずです。 職場の環境が良好となり、能力が存分に発揮しやすいと言えます。 優れた能力と精神的な強さがあり高く評価されたり、チームなどを率いるリーダーとして力が発揮できます。 それでは、この手の甲のほくろを位置別に解説していきます。 手の甲で左手親指の延長線上にほくろがある場合、生まれながらに行動的で精神力が強いされます。 何事にも向上心を持ち、努力を惜しまないようです。 性格的に真面目で、自立心が強いとされます。 人に指図されるよりも自分で判断して行動することを好みます。 先天的に活動的なエネルギーに満ちあふれ、勝負運が強いとされています。 特に意識をしていなくても、仕事やスポーツなどで人と競う形になると、思っていた以上の力が発揮でき、勝ちを手にすることが多いようです。 野心や野望と言うものを持っていて、常にステップアップを目指しています。 その分、出世が早いとされます。 恋愛面では、相手に対する攻めの姿勢が強いので、人によっては嫌われる可能性があります。 あまり強気で行かない方が良いと頭でわかっていても、どうしてもガツガツとして形になりがちです。 手の甲で左手人差し指の延長線上にほくろがある場合、人の気持ちを察することに優れるとされます。 話をしているうちに、自然と相手の気持ちが感じ取れたりするようです。 回りくどい難解な言い方をされても、たちどころに理解し、人に対する気配りや配慮が、誰に教えられることもなく自発的にできてしまうので、人から好かれるはずです。 この立ち振る舞いを活かせば、仕事面では、高く評価されることは間違いありません。 人の上に立ち、リーダーとして率いていく力を生まれながらに持っていることになります。 チームワークが必要な組織において重要な存在になります。 成功したり出世する時期は、普通の人よりもかなり早いとされます。 家庭においても家族をまとめ上げることに長けているので、家庭円満となるはずです。 ほくろの位置が、人差し指の付け根に近いほど成功しやすく、指先に近いほど先駆者になると言われています。 手の甲で左手中指の延長線上にほくろがある場合、人生が平穏無事になるとされます。 特に何の努力もしていないのに、運勢がスムーズに進むようです。 生まれながらにして家族運が良好で、のびのびと育っているとされます。 結婚して家族を持っても家庭は円満となり安泰となります。 人生において、何らかの失敗はつきものですが、例え失敗をしても、致命的な結果にはならないようです。 危うい状況になっても、自然と回避することができ、大きなトラブルにはならないとされます。 その分、成功や高い評価につながりやすくなります。 後悔が少なく充実した人生が歩めるはずです。 特に左手のほくろの場合、より一層家庭的な部分がより強調されると言われています。 一家の大黒柱となったり、家族を支えることで充実感が味わえる人が多いとされます。 また家族関係がもたらす幸福が多いようです。 手の甲で左手薬指の延長線上にほくろがある場合、結婚することで運勢が開けるとされます。 結婚する前では不運が続いていたとしても、結婚を契機に運勢が急に変わり始め好転するようです。 結婚後にいろいろな努力をしなくても、自然と様々な運気が上昇し始めると言われています。 ほぼ理想としている相手と巡り会い夫婦関係が順調となり、子宝にも恵まれます。 結婚生活は平穏な毎日となり、幸せが実感できるはずです。 金運などその他の運気も上昇しているので、周りに様々な幸せが集まってきます。 このほくろがツヤの良い活きぼくろの場合、運命の出会いが近いことも示唆します。 またこのほくろは「モテぼくろ」とも呼ばれ、異性を惹きつける魅力を生まれながらに持っていることになります。 モテるために必要な能力が、生来備わっていて、恋愛に不自由しないと言われています。 手の甲で左手小指の延長線上にほくろがある場合、子宝運に恵まれるとされます。 生活態度などが不摂生でも、生まれながらに子宝に恵まれる運命にあるようです。 この授かった子供が成長すると、将来大きな目標を達成したり、稀に見る出世を遂げると言われています。 ただ子供に期待をかけ過ぎて思わぬ方向に進むこともあるので、子供の意思を尊重することも大切です。 男女を問わず、子供との関係性が良好で、子供を育てることに関心が高く、育児などの分担もスムーズになると言われています。 特に左手のほくろの場合、子供運が良好となり、子供から愛され、手がかからないとされます。 子供の性格が穏やかなものになり、親子不和はまずありえないようです。 思い通りに育てられ、年を重ねても慕い慕われる親子関係になります。 晩年期に子供から恩返しをされる可能性が高くなります。 手の甲で右手親指の延長線上にほくろがある場合、何事にも諦めない粘り強さを持つとされます。 この屈強な精神力は自らの努力で手にしている人が多くなります。 目標達成や成功に向けて努力を惜しまないとされます。 こそこそとしたことを好まず、課題や問題的に対して正々堂々と立ち向かうようです。 本来消極的だったとしても、活動的な姿勢になるように自らを変えて、後天的に積極性が増したことが考えられます。 勝負運の強さも様々な経験を重ねて培われてきたとされます。 仕事やスポーツなどで人と競う場合、勝ちを強く意識することで、思った以上の力が発揮できると言われています。 恋愛においても攻めの姿勢が強いとされますが、右手にほくろがある場合、それをコントロールすることができます。 相手の状況に応じられるので、あまりガツガツすることはないはずです。 手の甲で右手人差し指の延長線上にほくろがある場合、人をを引っ張っていく強い力を持つとされます。 人の上に立ち率いるというリーダーとしての素質を自らの努力で手にしたことになります。 後天的にリーダー気質となり、チームなどの中心的な存在になっています。 部下などの気持ちを読み取ることにも優れ、どこをどう説得すれば、その人を納得させて戦力とできるかの知識を持っています。 頼りがいのあるリーダーとは、どのようなものなのかを部下の視点から見ることができます。 常に相手の立場に立つことができ、人から慕われるはずです。 仕事面では、対人関係が良好でまとめ上げる力があるので、高く評価されます。 家庭においても、家族一人一人の気持ちに寄り添えるので、わだかまりなく接することができます。 自ら獲得した素養によって家庭が円満となります。 手の甲で右手中指の延長線上にほくろがある場合、人生を安泰にする素養を後天的に手にしたとされます。 仕事や家庭における様々なトラブルに対処する術を経験の中から学び自分のものにしている人が多いようです。 トラブルに対処するばかりでなく、事前に回避するという考えも持ち、トラブルの火種を消すことにも優れています。 家庭内での不和も何らかの傾向から察知して、大事にならないうちに収められるはずです。 特に右手のほくろの場合、仕事運が良好になるとされています。 職場の環境が充実し、上司や同僚に恵まれることが考えられます。 仕事を楽しむことができ、大きな成果を導き出す可能性が高くなります。 仕事を通して、様々な幸運に囲まれ、人生の充実感を得ることができます。 手の甲で右手薬指の延長線上にほくろがある場合、恋愛や結婚で開運できるようになったとされます。 生来、恋愛や結婚に興味は薄かったとしても、それらを意識するようになってから、何かと運勢がスムーズに運ぶようになったようです。 愛に恵まれているのですが、相手の気持ちになってみたり、深い愛情を注ぐ結果として、幸せつかんでいるはずです。 結婚生活を円滑にするにはどうしたら良いかの知識を自らの力で手にしています。 人気者になっている人が多いのですが、どのようにすれば人気が得られるかを心得ているとされています。 このほくろがツヤの良い活きぼくろの場合、予期せぬ出会いが近いことを示します。 またこのほくろは「モテぼくろ」とも呼ばれ、右手にある場合、異性を惹きつける魅力を自ら演出することに優れていることになります。 手の甲で右手小指の延長線上にほくろがある場合、コミュニケーション能力が高く子宝運に恵まれるとされます。 対人関係でコミュニケーション能力の大切さを痛感して能力を高めた人が多いようです。 コミュニケーション能力が高いので、自らの意志や考えが相手に伝わりやすく、対人関係の行き違いがまずありません。 周囲の人を説得することに優れているので仕事面では高く評価されやすくなります。 自分の発した考えによって社会を動かす能力もあるはずです。 人に対する影響力が大きい存在になります。 左手同様に子宝運にも恵まれていますが、後天的に授かったもので、運勢的な変化があると弱まる可能性があります。 また子供運も状況次第で変化しやすくなります。 左手の各指の延長線を除いた左手の甲を見て、そこにほくろがある場合、価値観がしっかりとしているとされます。 こだわりが強く、なかなか揺るぐことがない考えを持っているようです。 周囲の意見に左右されず、自らの考えに基づいて行動ができます。 意見などがブレないので、人から信頼されます。 自立心も旺盛で、人に指図されることを好まないようです。 人を引っ張っていくというリーダー的素質を持っています。 どんな分野においても人をまとめることに優れ大きな力が発揮できます。 このほくろが活きぼくろの場合、これらの要素がより一層強まることになります。 一方死にぼくろでは、意見などを押し通す頑固者となったり、協調性を乱す厄介者といった面が強くなります。 右手の各指の延長線を除いた右手の甲を見て、そこにほくろがある場合、強い信念を持つようになったとされます。 優柔不断な面などがあり、損をしたことをきっかけに自らの力で信念を持つようになった人が多いようです。 性格に明るさや爽やかさがあるとされます。 人を惹きつける魅力にもあふれ、考え方が揺るがないので、信頼度が高くなります。 困りごとが生じた際には、誰かしら手を差し伸べてくれる人が出てきます。 また人を統率する能力を後天的に獲得した証としても知られています。 このほくろが現れていて、掌の人差し指の付け根の領域から人差し指へと伸びる縦線があれば、より自立心が旺盛になり努力を惜しまないとされます。 さらにこのほくろが活きぼくろの場合、これらの要素がより一層強まります。 一方死にぼくろの場合、一言多いことが災いして対人関係が破綻しやすいとされます。 よくほくろと勘違いされる三角点が左手の甲にある人がいます。 これはほくろではなく、三角状に配した3つの点を刺青として入れているものです。 基本的にこれらの点は地位、名誉、財産を表し、生まれながらの運命としてそれらに恵まれることを願っているとされます。 左手の場合、あまり努力などはせずに地位、名誉、財産を手にしたい、もしくは手にするための三角点とも言えます。 これは刺青なので、消すことも刻むことも自在ですが、消す人は少ないようです。 以前は、少年院上がりといった悪いイメージがありましたが、実際に少年院などでは、このような刺青はしないと言われています。 ほくろではないのですが、ほくろ占いの範疇に入り、それなりの意味を持っているものです。 ほくろと勘違いされる三角点が右手の甲にある人がいます。 これはほくろではなく、三角状に配した3つの点を刺青として入れているものです。 基本的にこれらの点は地位、名誉、財産を表し、それらを獲得する証として刻まれます。 右手の場合、自ら努力して、地位、名誉、財産をつかみとれることを願う三角点となります。 人から尊敬されるにはどのようにしたら良いかや、大金を手にするには何が一番良いか、などに対する努力を惜しまないとされます。 いろいろなきっかけなどをもたらす人脈作りにも余念がないようです。 人生を実りあるものにするたくましさがある人に好まれています。 この三角点の刺青には悪いイメージもありますが、最近ではそれも払拭されたようです。 一般的に右手を利き手にしている人が多いため、左手は利き手でない手になり、生来の資質を示します。 左利きの人は左右の手の説明が反対になります。 左手の手首の甲にほくろがある場合、いろいろな運気が向上し、自立心が強いとされます。 自分が決めた道でコツコツと努力して成果を手にするはずです。 何事も前向きに捉えるので、成功する可能性が高くなります。 しっかりとした自分の考えを持ち、それを主張することを好みます。 プライドが高めで、こだわりが強く、頑固な面があるようです。 バイタリティーにあふれ、精神的にも体力的にも強く、最後までやり遂げる力を持ちます。 中途半端で投げ出すことは好みません。 また自分の能力に過信する傾向にあります。 一般的に右利きの人が多いため、左手は利き手でない手になり、現在から将来の資質を示すことになります。 左利きの人は左右の手の説明が反対になります。 右手の手首の甲にほくろがある場合、人の気持ちを察することに鈍感とされます。 性格的に穏やかな人が多いのですが、時として、人の気持ちを考えない言動に出てしまい、対人関係をこじらせたりします。 何事も器用にこなせるので、人からの評価は高くなります。 何事も深く考えないで口にしてしまう傾向にあります。 人の立場を単純に自分に置き換えて判断しようとするので、とんちんかんな結論に至るかもしれません。 また起伏の激しい運勢になるかもしれないという、警告のメッセージが込められていることもあるようです。 掌と手の甲の間にあたる手の側面にほくろがある人は、気持ちを伝えるコミュニケーション能力が苦手とされます。 ここに現れるほくろは、警告の要素が強いので注意が必要と言われています。 気持ちのやりとりが一方通行になりがちで、苛立つことが多くなるようです。 仕事などで行き違いが多く、上手く捗らないことが多くなります。 恋愛面では、片思いになることが多かったり、順調に進展しないことが多くなります。 恋愛相手とのいさかいや、夫婦間のケンカが絶えないかもしれません。 対人運ばかりでなく、健康運など様々な運気が低迷し苦労が多くなるようです。 周りに山積する健康や対人関係の問題をクリアすると、少しずつ運気が向上するとされます。 ほくろには、生きぼくろと死にぼくろがあります。 生きぼくろは、色ツヤが良く、形が整っていて程良い盛り上がりがあるものを指します。 死にぼくろは、色ツヤが悪く、形に歪みなどがあり、平坦もしくは凹んでいるような印象があるものを指します。 この生きぼくろが現れていれば、吉相の要素を持って意味合いを強めることになります。 一方の死にぼくろだと、意味合いを弱めネガティブな面を際立たせることになります。 手の甲に現れるほくろも例外なく、生きぼくろと死にぼくろの見立てによって意味合いが変わってきます。 自立心が強く前向きに捉える点は、生きぼくろなら大きな成功につながります。 しかし死にぼくろの場合だと、こだわりの強さや人の気持ちに鈍感といったことにつながり、失敗を引き起こしやすくなるわけです。 穏やかな性格は消極性、真面目さは融通が利かないことになります。 それぞれ意味合いを把握した上で、生きぼくろかそうでないかを見れば、ほくろのメッセージを的確に読み取れるのです。 手の甲にほくろがあると皮膚がんやその他のガンを含む病気の可能性が示唆されたことがありました。 しかし、たまたま連動しているように見えた症例はあったのですが、一般的な手の甲のほくろとの関連性は実証されていません。 ただ大きさが6ミリ以上だったり、形がいびつなものや突然大きくなるものは、ホクロの癌とも呼ばれるメラノーマなどの可能性が高くなります。 皮膚科などに行って診てもらった方が良さそうです。 メラノーマの症状には次のようなものが挙げられます。 1~2年以内に薄い褐色が濃い黒色に変化することが多く、色調に濃淡が混じったり、部分的に色が抜けることがあります。 1~2年以内に直径2~3ミリのものが5~6ミリ以上になった場合、メラノーマの初期症状の可能性があります。 ほくろに似た色素斑の周囲がギザギザだったり、しみ出しがある場合や、色素斑の一部に腫れや瘤のようなものがあることがあります。 またほくろよりも固さが増しています。 これらは手の甲以外のほくろ状のものにも言えることです。 手の甲のほくろを読み取る際は、各指の延長線上で見る場合と、各指と手の甲とを分けて見る場合があります。 いずれにしましても、手の甲のほくろは「器用ぼくろ」とも呼ばれ、位置に関係なく共通して手先が器用とされます。 細かい作業に向いていて、何事も器用にこなすことができるようです。 この他の詳細な意味合いは、現れているほくろの位置で異なっていきます。 親指の延長線上では、精神力や勝負運の強いとされます。 人差し指の延長線上では、人の気持ちを察することに長け、中指の延長線上では、人生安泰の証となります。 薬指の延長線上では、結婚によって開運し、小指の延長線上では、子宝やコミュニケーション能力に恵まれるとされます。 左手の場合、先天的で特に努力することもなくその意味を持つことになり、右手の場合、後天的で、自らの努力によって、そこに示される意味合いを獲得していることになります。 手の甲だけを見た場合、しっかりとした価値観や信念を持つことになります。 また三角点というほくろに間違われる刺青は地位、名誉、財産を表します。 このようにほくろには、いろいろな意味合いが秘められています。 大きさなどによっては、皮膚がんの可能性もあるので、健康のサインとしても見ることができます。 ほくろに関わる知識を把握して、暮らしに役立てたいものです。

次の

足の裏のほくろが癌(メラノーマ)である確率とは?その特徴と見分け方。

足 裏 ほくろ 意味

ほくろ占いは、体のいろいろな部分に現れるほくろで、その人の性格や運勢などを知ることができます。 顔のほくろは、目に付きやすくネットや雑誌などで数多く取り上げられていますが、手の甲のほくろとなると、あまり取り上げられていないようです。 手の甲は職場などでは、結構目にすることがあるかもしれません。 しかし、それ以外ではなかなか他人の手の甲のほくろを見ることはないと言えます。 親しい間柄になったとしても、手の甲は気にしないことが多いようです。 手の甲のほくろも手相同様に、現れる位置によって様々な意味合いを持っています。 その人の性格に関わる要素を元に運気の強弱が示されるとされています。 ほくろは先天的なものの他に日焼けなどで後天的に現れるものがありますが、薄くなることがあっても消えることは稀なようです。 手の甲のほくろの意味を読み取る際には、各指の延長上のラインで見る場合と各指と手の甲で分けて見る場合があります。 ここでは延長線上の意味に手の甲の意味を加え説明しています。 手の甲にほくろがある場合、位置に関係なく共通して手先が器用と言う意味合いがあります。 そこから「器用ぼくろ」とも呼ばれています。 手の甲にほくろがある人は、細かい作業に向いていて、職人や技術職で力が発揮できるとされています。 結構なんでも器用にこなせる分、器用貧乏となりがちです。 1つの事に集中し深く突き詰めるような努力をしないと何一つ大成しないことにもなります。 手先の器用さ以外には、対人関係が良好な人が多いとされています。 職場では人の気持ちのくみ取りやすく、信頼されるはずです。 職場の環境が良好となり、能力が存分に発揮しやすいと言えます。 優れた能力と精神的な強さがあり高く評価されたり、チームなどを率いるリーダーとして力が発揮できます。 それでは、この手の甲のほくろを位置別に解説していきます。 手の甲で左手親指の延長線上にほくろがある場合、生まれながらに行動的で精神力が強いされます。 何事にも向上心を持ち、努力を惜しまないようです。 性格的に真面目で、自立心が強いとされます。 人に指図されるよりも自分で判断して行動することを好みます。 先天的に活動的なエネルギーに満ちあふれ、勝負運が強いとされています。 特に意識をしていなくても、仕事やスポーツなどで人と競う形になると、思っていた以上の力が発揮でき、勝ちを手にすることが多いようです。 野心や野望と言うものを持っていて、常にステップアップを目指しています。 その分、出世が早いとされます。 恋愛面では、相手に対する攻めの姿勢が強いので、人によっては嫌われる可能性があります。 あまり強気で行かない方が良いと頭でわかっていても、どうしてもガツガツとして形になりがちです。 手の甲で左手人差し指の延長線上にほくろがある場合、人の気持ちを察することに優れるとされます。 話をしているうちに、自然と相手の気持ちが感じ取れたりするようです。 回りくどい難解な言い方をされても、たちどころに理解し、人に対する気配りや配慮が、誰に教えられることもなく自発的にできてしまうので、人から好かれるはずです。 この立ち振る舞いを活かせば、仕事面では、高く評価されることは間違いありません。 人の上に立ち、リーダーとして率いていく力を生まれながらに持っていることになります。 チームワークが必要な組織において重要な存在になります。 成功したり出世する時期は、普通の人よりもかなり早いとされます。 家庭においても家族をまとめ上げることに長けているので、家庭円満となるはずです。 ほくろの位置が、人差し指の付け根に近いほど成功しやすく、指先に近いほど先駆者になると言われています。 手の甲で左手中指の延長線上にほくろがある場合、人生が平穏無事になるとされます。 特に何の努力もしていないのに、運勢がスムーズに進むようです。 生まれながらにして家族運が良好で、のびのびと育っているとされます。 結婚して家族を持っても家庭は円満となり安泰となります。 人生において、何らかの失敗はつきものですが、例え失敗をしても、致命的な結果にはならないようです。 危うい状況になっても、自然と回避することができ、大きなトラブルにはならないとされます。 その分、成功や高い評価につながりやすくなります。 後悔が少なく充実した人生が歩めるはずです。 特に左手のほくろの場合、より一層家庭的な部分がより強調されると言われています。 一家の大黒柱となったり、家族を支えることで充実感が味わえる人が多いとされます。 また家族関係がもたらす幸福が多いようです。 手の甲で左手薬指の延長線上にほくろがある場合、結婚することで運勢が開けるとされます。 結婚する前では不運が続いていたとしても、結婚を契機に運勢が急に変わり始め好転するようです。 結婚後にいろいろな努力をしなくても、自然と様々な運気が上昇し始めると言われています。 ほぼ理想としている相手と巡り会い夫婦関係が順調となり、子宝にも恵まれます。 結婚生活は平穏な毎日となり、幸せが実感できるはずです。 金運などその他の運気も上昇しているので、周りに様々な幸せが集まってきます。 このほくろがツヤの良い活きぼくろの場合、運命の出会いが近いことも示唆します。 またこのほくろは「モテぼくろ」とも呼ばれ、異性を惹きつける魅力を生まれながらに持っていることになります。 モテるために必要な能力が、生来備わっていて、恋愛に不自由しないと言われています。 手の甲で左手小指の延長線上にほくろがある場合、子宝運に恵まれるとされます。 生活態度などが不摂生でも、生まれながらに子宝に恵まれる運命にあるようです。 この授かった子供が成長すると、将来大きな目標を達成したり、稀に見る出世を遂げると言われています。 ただ子供に期待をかけ過ぎて思わぬ方向に進むこともあるので、子供の意思を尊重することも大切です。 男女を問わず、子供との関係性が良好で、子供を育てることに関心が高く、育児などの分担もスムーズになると言われています。 特に左手のほくろの場合、子供運が良好となり、子供から愛され、手がかからないとされます。 子供の性格が穏やかなものになり、親子不和はまずありえないようです。 思い通りに育てられ、年を重ねても慕い慕われる親子関係になります。 晩年期に子供から恩返しをされる可能性が高くなります。 手の甲で右手親指の延長線上にほくろがある場合、何事にも諦めない粘り強さを持つとされます。 この屈強な精神力は自らの努力で手にしている人が多くなります。 目標達成や成功に向けて努力を惜しまないとされます。 こそこそとしたことを好まず、課題や問題的に対して正々堂々と立ち向かうようです。 本来消極的だったとしても、活動的な姿勢になるように自らを変えて、後天的に積極性が増したことが考えられます。 勝負運の強さも様々な経験を重ねて培われてきたとされます。 仕事やスポーツなどで人と競う場合、勝ちを強く意識することで、思った以上の力が発揮できると言われています。 恋愛においても攻めの姿勢が強いとされますが、右手にほくろがある場合、それをコントロールすることができます。 相手の状況に応じられるので、あまりガツガツすることはないはずです。 手の甲で右手人差し指の延長線上にほくろがある場合、人をを引っ張っていく強い力を持つとされます。 人の上に立ち率いるというリーダーとしての素質を自らの努力で手にしたことになります。 後天的にリーダー気質となり、チームなどの中心的な存在になっています。 部下などの気持ちを読み取ることにも優れ、どこをどう説得すれば、その人を納得させて戦力とできるかの知識を持っています。 頼りがいのあるリーダーとは、どのようなものなのかを部下の視点から見ることができます。 常に相手の立場に立つことができ、人から慕われるはずです。 仕事面では、対人関係が良好でまとめ上げる力があるので、高く評価されます。 家庭においても、家族一人一人の気持ちに寄り添えるので、わだかまりなく接することができます。 自ら獲得した素養によって家庭が円満となります。 手の甲で右手中指の延長線上にほくろがある場合、人生を安泰にする素養を後天的に手にしたとされます。 仕事や家庭における様々なトラブルに対処する術を経験の中から学び自分のものにしている人が多いようです。 トラブルに対処するばかりでなく、事前に回避するという考えも持ち、トラブルの火種を消すことにも優れています。 家庭内での不和も何らかの傾向から察知して、大事にならないうちに収められるはずです。 特に右手のほくろの場合、仕事運が良好になるとされています。 職場の環境が充実し、上司や同僚に恵まれることが考えられます。 仕事を楽しむことができ、大きな成果を導き出す可能性が高くなります。 仕事を通して、様々な幸運に囲まれ、人生の充実感を得ることができます。 手の甲で右手薬指の延長線上にほくろがある場合、恋愛や結婚で開運できるようになったとされます。 生来、恋愛や結婚に興味は薄かったとしても、それらを意識するようになってから、何かと運勢がスムーズに運ぶようになったようです。 愛に恵まれているのですが、相手の気持ちになってみたり、深い愛情を注ぐ結果として、幸せつかんでいるはずです。 結婚生活を円滑にするにはどうしたら良いかの知識を自らの力で手にしています。 人気者になっている人が多いのですが、どのようにすれば人気が得られるかを心得ているとされています。 このほくろがツヤの良い活きぼくろの場合、予期せぬ出会いが近いことを示します。 またこのほくろは「モテぼくろ」とも呼ばれ、右手にある場合、異性を惹きつける魅力を自ら演出することに優れていることになります。 手の甲で右手小指の延長線上にほくろがある場合、コミュニケーション能力が高く子宝運に恵まれるとされます。 対人関係でコミュニケーション能力の大切さを痛感して能力を高めた人が多いようです。 コミュニケーション能力が高いので、自らの意志や考えが相手に伝わりやすく、対人関係の行き違いがまずありません。 周囲の人を説得することに優れているので仕事面では高く評価されやすくなります。 自分の発した考えによって社会を動かす能力もあるはずです。 人に対する影響力が大きい存在になります。 左手同様に子宝運にも恵まれていますが、後天的に授かったもので、運勢的な変化があると弱まる可能性があります。 また子供運も状況次第で変化しやすくなります。 左手の各指の延長線を除いた左手の甲を見て、そこにほくろがある場合、価値観がしっかりとしているとされます。 こだわりが強く、なかなか揺るぐことがない考えを持っているようです。 周囲の意見に左右されず、自らの考えに基づいて行動ができます。 意見などがブレないので、人から信頼されます。 自立心も旺盛で、人に指図されることを好まないようです。 人を引っ張っていくというリーダー的素質を持っています。 どんな分野においても人をまとめることに優れ大きな力が発揮できます。 このほくろが活きぼくろの場合、これらの要素がより一層強まることになります。 一方死にぼくろでは、意見などを押し通す頑固者となったり、協調性を乱す厄介者といった面が強くなります。 右手の各指の延長線を除いた右手の甲を見て、そこにほくろがある場合、強い信念を持つようになったとされます。 優柔不断な面などがあり、損をしたことをきっかけに自らの力で信念を持つようになった人が多いようです。 性格に明るさや爽やかさがあるとされます。 人を惹きつける魅力にもあふれ、考え方が揺るがないので、信頼度が高くなります。 困りごとが生じた際には、誰かしら手を差し伸べてくれる人が出てきます。 また人を統率する能力を後天的に獲得した証としても知られています。 このほくろが現れていて、掌の人差し指の付け根の領域から人差し指へと伸びる縦線があれば、より自立心が旺盛になり努力を惜しまないとされます。 さらにこのほくろが活きぼくろの場合、これらの要素がより一層強まります。 一方死にぼくろの場合、一言多いことが災いして対人関係が破綻しやすいとされます。 よくほくろと勘違いされる三角点が左手の甲にある人がいます。 これはほくろではなく、三角状に配した3つの点を刺青として入れているものです。 基本的にこれらの点は地位、名誉、財産を表し、生まれながらの運命としてそれらに恵まれることを願っているとされます。 左手の場合、あまり努力などはせずに地位、名誉、財産を手にしたい、もしくは手にするための三角点とも言えます。 これは刺青なので、消すことも刻むことも自在ですが、消す人は少ないようです。 以前は、少年院上がりといった悪いイメージがありましたが、実際に少年院などでは、このような刺青はしないと言われています。 ほくろではないのですが、ほくろ占いの範疇に入り、それなりの意味を持っているものです。 ほくろと勘違いされる三角点が右手の甲にある人がいます。 これはほくろではなく、三角状に配した3つの点を刺青として入れているものです。 基本的にこれらの点は地位、名誉、財産を表し、それらを獲得する証として刻まれます。 右手の場合、自ら努力して、地位、名誉、財産をつかみとれることを願う三角点となります。 人から尊敬されるにはどのようにしたら良いかや、大金を手にするには何が一番良いか、などに対する努力を惜しまないとされます。 いろいろなきっかけなどをもたらす人脈作りにも余念がないようです。 人生を実りあるものにするたくましさがある人に好まれています。 この三角点の刺青には悪いイメージもありますが、最近ではそれも払拭されたようです。 一般的に右手を利き手にしている人が多いため、左手は利き手でない手になり、生来の資質を示します。 左利きの人は左右の手の説明が反対になります。 左手の手首の甲にほくろがある場合、いろいろな運気が向上し、自立心が強いとされます。 自分が決めた道でコツコツと努力して成果を手にするはずです。 何事も前向きに捉えるので、成功する可能性が高くなります。 しっかりとした自分の考えを持ち、それを主張することを好みます。 プライドが高めで、こだわりが強く、頑固な面があるようです。 バイタリティーにあふれ、精神的にも体力的にも強く、最後までやり遂げる力を持ちます。 中途半端で投げ出すことは好みません。 また自分の能力に過信する傾向にあります。 一般的に右利きの人が多いため、左手は利き手でない手になり、現在から将来の資質を示すことになります。 左利きの人は左右の手の説明が反対になります。 右手の手首の甲にほくろがある場合、人の気持ちを察することに鈍感とされます。 性格的に穏やかな人が多いのですが、時として、人の気持ちを考えない言動に出てしまい、対人関係をこじらせたりします。 何事も器用にこなせるので、人からの評価は高くなります。 何事も深く考えないで口にしてしまう傾向にあります。 人の立場を単純に自分に置き換えて判断しようとするので、とんちんかんな結論に至るかもしれません。 また起伏の激しい運勢になるかもしれないという、警告のメッセージが込められていることもあるようです。 掌と手の甲の間にあたる手の側面にほくろがある人は、気持ちを伝えるコミュニケーション能力が苦手とされます。 ここに現れるほくろは、警告の要素が強いので注意が必要と言われています。 気持ちのやりとりが一方通行になりがちで、苛立つことが多くなるようです。 仕事などで行き違いが多く、上手く捗らないことが多くなります。 恋愛面では、片思いになることが多かったり、順調に進展しないことが多くなります。 恋愛相手とのいさかいや、夫婦間のケンカが絶えないかもしれません。 対人運ばかりでなく、健康運など様々な運気が低迷し苦労が多くなるようです。 周りに山積する健康や対人関係の問題をクリアすると、少しずつ運気が向上するとされます。 ほくろには、生きぼくろと死にぼくろがあります。 生きぼくろは、色ツヤが良く、形が整っていて程良い盛り上がりがあるものを指します。 死にぼくろは、色ツヤが悪く、形に歪みなどがあり、平坦もしくは凹んでいるような印象があるものを指します。 この生きぼくろが現れていれば、吉相の要素を持って意味合いを強めることになります。 一方の死にぼくろだと、意味合いを弱めネガティブな面を際立たせることになります。 手の甲に現れるほくろも例外なく、生きぼくろと死にぼくろの見立てによって意味合いが変わってきます。 自立心が強く前向きに捉える点は、生きぼくろなら大きな成功につながります。 しかし死にぼくろの場合だと、こだわりの強さや人の気持ちに鈍感といったことにつながり、失敗を引き起こしやすくなるわけです。 穏やかな性格は消極性、真面目さは融通が利かないことになります。 それぞれ意味合いを把握した上で、生きぼくろかそうでないかを見れば、ほくろのメッセージを的確に読み取れるのです。 手の甲にほくろがあると皮膚がんやその他のガンを含む病気の可能性が示唆されたことがありました。 しかし、たまたま連動しているように見えた症例はあったのですが、一般的な手の甲のほくろとの関連性は実証されていません。 ただ大きさが6ミリ以上だったり、形がいびつなものや突然大きくなるものは、ホクロの癌とも呼ばれるメラノーマなどの可能性が高くなります。 皮膚科などに行って診てもらった方が良さそうです。 メラノーマの症状には次のようなものが挙げられます。 1~2年以内に薄い褐色が濃い黒色に変化することが多く、色調に濃淡が混じったり、部分的に色が抜けることがあります。 1~2年以内に直径2~3ミリのものが5~6ミリ以上になった場合、メラノーマの初期症状の可能性があります。 ほくろに似た色素斑の周囲がギザギザだったり、しみ出しがある場合や、色素斑の一部に腫れや瘤のようなものがあることがあります。 またほくろよりも固さが増しています。 これらは手の甲以外のほくろ状のものにも言えることです。 手の甲のほくろを読み取る際は、各指の延長線上で見る場合と、各指と手の甲とを分けて見る場合があります。 いずれにしましても、手の甲のほくろは「器用ぼくろ」とも呼ばれ、位置に関係なく共通して手先が器用とされます。 細かい作業に向いていて、何事も器用にこなすことができるようです。 この他の詳細な意味合いは、現れているほくろの位置で異なっていきます。 親指の延長線上では、精神力や勝負運の強いとされます。 人差し指の延長線上では、人の気持ちを察することに長け、中指の延長線上では、人生安泰の証となります。 薬指の延長線上では、結婚によって開運し、小指の延長線上では、子宝やコミュニケーション能力に恵まれるとされます。 左手の場合、先天的で特に努力することもなくその意味を持つことになり、右手の場合、後天的で、自らの努力によって、そこに示される意味合いを獲得していることになります。 手の甲だけを見た場合、しっかりとした価値観や信念を持つことになります。 また三角点というほくろに間違われる刺青は地位、名誉、財産を表します。 このようにほくろには、いろいろな意味合いが秘められています。 大きさなどによっては、皮膚がんの可能性もあるので、健康のサインとしても見ることができます。 ほくろに関わる知識を把握して、暮らしに役立てたいものです。

次の

ほくろ占い「ひざ(膝)」~足のほくろ占い~

足 裏 ほくろ 意味

手の親指の中でも第一関節から上にほくろがある人は、ちょっぴり頑固な性格の持ち主であることを意味します。 曲がったことが大嫌いで柔軟な対応ができません。 融通が利かない人として周囲からは遠巻きに見られることもあるでしょう。 真っ直ぐな考えや正義感を持っているのですが考えが極端なのかもしれません。 また、第二関節から上にほくろがある場合は、感情的になりやすいことを意味します。 かっとなって行動した結果、失敗してしまう可能性があるので冷静な判断を心がけてください。 その場で判断せず一度持ち帰ったり、第三者に相談してみても良いでしょう。 家庭でのトラブルを起こしやすいという意味でもあります。 感情的になって喧嘩をしたり家出をしないよう注意が必要です。 親指の第一関節に眼のような線が入っているのなら、それは仏眼相という手相です。 詳しくは下の関連記事からチェックしてください。 中指の第一関節から上にあるほくろは思考力の低下を意味します。 たいして考えないまま行動するため、ミスをする可能性もあるでしょう。 おっちょこちょいで済むようなことなら大きな影響はありませんが、小さなミスが大きな損失を出すこともあるので注意が必要です。 第二関節から上にできるほくろは、逆に警戒心が強いことを意味します。 慎重に行動するので大失敗をすることはないかもしれませんが、新しいことにチャレンジできないので前進するためには時間がかかるタイプでもあります。 第三関節よりも上にほくろができる人は物欲が強くなっていることを意味するので、欲張りすぎないよう気を付けてください。 損得勘定ばかりではなく、人のために行動することも大切です。 中指の下に線があるのなら、下の関連記事から手相の意味をチェックしておきましょう。 薬指の第一関節から上にあるほくろは、センスに欠けるという意味を持っています。 残念ながらデザインや美容のセンスはないようです。 また、第二関節から上にほくろがある人は、賭け事に向いていないタイプです。 ギャンブルや一攫千金を狙った勝負では良い結果を残せないので、コツコツ努力していきましょう。 第三関節から上にほくろがある場合は、見栄っ張りであることを意味します。 自分を良く見せたいと思うのは悪い事ではありません。 そのために努力を積み重ねていけば、自分の魅力を引き出し実力を付けることもできるでしょう。 しかし、知ったかぶりをしたりするとかえって自分の評価を下げてしまうので、分からないことは素直に聞いてみてください。 聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥です。 人差し指の下にある木星丘に手相が出ていた場合は、下の関連記事をチェックしましょう。 足の小指にほくろがあるのは、その人がマイペースであることを意味します。 直感で行動するタイプなので、考えが足りないこともあります。 よく言えば天然でその場を癒してくれる人、悪く言えば空気が読めない人というところでしょうか。 空気を読まずに自分の直感で行動するため、周囲の人をイラつかせることもあるようです。 また、おしゃべりな人が多く、話してはいけない事まで口に出してしまうことがあります。 秘密や悩みをペラペラと喋られてはたまりませんから、信頼を得るのは難しいかもしれません。 自分の言葉が自分の首を絞めることもあるので、しっかりと考えてから言葉にするよう心がけましょう。 番外編|指にあるほくろの意味は? 水かきにあるほくろ占い.

次の