ドラフト あそぼ。 ドラフト候補2012:高校生野手

過去のドラフト

ドラフト あそぼ

成長していませんがやってみます。 ドラフト ファンを長年やってると、球団ごとにある程度法則があるんじゃないかなと思って います。 上位はその年の候補者の流れで変化しますが、下位指名は球団の色が 出やすいのではと考えてます。 正にこれがドラフトでアソボの根幹なのかもしれま せん。 (別に大したことではないですが)目玉の選手は入れていませんからあしか らず。 特に関東以北で投手は社会人・野手は大学生 という傾向。 足の速い選手や長打力のある右打者がお好み。 創価大学は注目。 外 国人留学生やハーフ好き。 右打の長距離砲なども注目。 あとは何といってもサプライズ選手。 準硬式出身なども要注意。 左腕投手を独自路線で高評価。 アスリート枠も 【 法則適合選手】 ・ 新谷 将(南部高校)捕:「和歌山枠」プンプン匂います。 サプライズ系にも ・ 滝谷 陣(日本新薬)投:とことん「和歌山枠」。 高校と大学・社会人ともにそうで すね。 同じ実力と評価している選手が、片方が九州出身なら迷わず指名。 高校 生野手を大量に獲得中。 目玉選手至上主義? 【 法則適合選手】 ・ 森山一茂(東北福大)投:楊志館出身。 高校生投手が好きだなと思われます。 あと長 距離砲。 「千葉枠」は当然ですし、投手でサイドやアンダーハンドにも興味が強い かな。 捉えどころがないです。 【 法則適合選手】 ・ 山下斐紹(習志野高)捕:「千葉枠」の中では最高の素材。 当たるかな? ・ 大島寛之(ホ ン ダ)外:千葉経法大付出のスラッガーです。 関西の大学の左腕投手なんて好きそう。 社会人投手は右投投手の指名が多い。 「関西枠」は当然、他に「愛知・岐阜・ 静岡枠」がありそう。 大学・社会人でも右腕は 完成された投手でなく将来性の高い投手好きだが、左腕は技巧派を好む傾向。 青学大は少しマーク 【 法則適合選手】 ・ 川角 謙(青山院大)投:青山学院大で、どちらかというと技巧派左腕のような ・ 西浦健太(天理高校)投:未完の大器代表?といったら西浦。 みなさんも何か法則にピンときたら教えてくださいね。 勝手な思 い込みで良いんです.

次の

ドラフトの指名に法則はあるか?2010パ・リーグ

ドラフト あそぼ

春先から頭一つ抜けた存在は、田中正義でした。 力のある剛速球主体に押し込める強さのある超目玉として君臨してきましたが、肩を怪我してしまい春からずっと投げれない状態となり、もう一人の目玉候補の生田目翼も同じく怪我をしてしまい、2人とも秋には投げたが、完全復活と映るか微妙なところで他の選手の可能性を春から模索することとなりました。 高校生は昨年「1年生清宮フィーバー」などで大いに盛り上がりましたが、今年は高校「BIG4」という言葉で盛り上がりました。 当初は、寺島・藤平・高橋昂の「BIG3」と夏の地方予選までは言われていて、夏の甲子園に入りリオオリンピックと並行した大会でしたがBIG3登場で盛り上がりました。 寺島VS藤平も実現しました。 ただし、主役は今井達也でした。 まさにキレッキレの速球で頂点まで上り詰め「BIG4」となりました。 アジア選手権でも活躍し優勝するなど高校生投手が4人入札されるかもしれない特に高校生投手豊作の年となりました。 他にも150キロを超える高校生投手が堀、古谷、山本、梅野、浜地、高田、高山などもいて、140キロ後半を記録する投手もゴロゴロいてほとんどの投手がプロ志望届を出しました。 大学生は、上記の2人に佐々木、柳、黒木、濱口、加藤、小野、中塚、吉川、京田などさらっと上位候補が出て、社会人は不作も、ダルビッシュが絶賛したあの山岡が解禁となり、とにかく投手が豊作の年でした。 まず、会議の入札が下位球団から発表されるのですが、田中正義の名前が6球団連続で出ず「あれ?」という感じ。 しかし、リーグ上位各3球団は田中が5球団、柳が1球団で競合抽選となった。 この時点でざわついたのが剛速球で一番成長曲線がよかった佐々木千隼が呼ばれなかったことです。 また、その佐々木が本命と見られていた阪神が佐々木でなく、1位候補に名前がなかった右打ちの大型内野手の大山を指名したので、ネット上でも阪神ファンの嘆きや悲鳴が凄いことになっていました。 「佐々木単独で獲れたやんけ〜」大山選手の大成をお祈りします。 田中は5球団競合の末ソフトバンク工藤監督が信じられないという表情で手を上げました。 田中は肩の状態はどうかと憶測が飛び交いましたが、創価大と太いパイプがあり回避するのでは?と言われた日本ハムも入札したので、情報戦で降りる球団を増やしたかったが作戦不発だったのかも。 ローテーション入りが一番期待できると柳に2球団重複しました。 中日森監督が、当日に今井から変更して即戦力投手をモノにしました。 今井でも西武と重複していましたね。 結果としてソフトバンク以外のAクラス5チームは外れ1位入札となりました。 下位球団は、中日以外は単独指名。 さきほどの阪神以外は、かなりの偶然ですが、うまく単独指名ができました。 オリックスは即戦力の山岡ですが、楽天(藤平)、ヤクルト(寺島)、西武(今井)は即戦力に近いとはいうものの高校生投手でした。 普通は下位球団が即戦力を狙いそうなイメージですが面白い傾向でした。 実は外れ1位が、2016年ドラフト会議のクライマックスでした。 何と全5球団が「佐々木千隼」を指名するという冗談みたいな展開になりました。 佐々木は確実に重複すると言われた右腕なので当然と言えば当然ですが、再度重複を各球団選びました。 勝者は、田中を唯一獲得を公言したロッテでした。 ロッテは何も痛手がないようなスタートができた形です^^ さすがに外れの外れ1位は重複なく1位指名が終了しました。 1位指名は投手が10球団、内野手2球団となりました。 日本ハムは日本代表でさらに評価を上げた堀を指名して、2位で狙っていた球団から「やられた!」と声は漏れないまでも思ったのではないでしょうか。 2位指名は、豊作を印象付ける投手10球団、内野手2球団と1位指名と同じ構成でした。 ちなみにそれでも3位指名も投手6名、4位指名も8名、5位指名も9名、6位指名は11名とどこまでも投手が豊作でした。 2位は高校生は2名と即戦力寄りでした。 どの球団も納得がいく指名ができたのではないでしょうか。 24番目に高校BIG4の高橋昂也が指名されました。 広島はどんな作戦?を用いたのか「神って」ましたね。 西武が指名した中塚は191cm105kgという素晴らしい体躯から157キロを投げ込む未完の大器が秋にある程度コントロールもついてきました。 1位の可能性もありましたが、球界最速を目指せそうなワクワクする投手です。 3位までに指名された野手は48名中14名しかいません。 これだけの投手候補を差し置いて指名されたこの14名はかなり優秀な選手かもしれませんね。 注目大です!.

次の

1993年ドラフト会議の指名結果: ドラフトでアソボ:過去ドラフト会議別館

ドラフト あそぼ

巨人ドラフト1位の歴代選手一覧 では早速、巨人からドラフト1位指名を受けた歴代の選手をみていきましょう。 歴代の監督・エース・主将を経験した選手たちがズラリと名を連ねています。 獲得タイトルも新人王、そしてベストナインやゴールデングラブ賞に何度も輝いている選手が大勢いますね。 中には一軍出場できなかった選手もいますが、活躍した選手たちは日本球界を代表するような記録を作っています。 注目選手のその後 続いて近年のドラフト1位の注目選手のその後をご紹介します。 期待通りの活躍をした選手と、そうでなかった選手について何人かご紹介していきますね。 イケメン選手として女性人気も高く、2016年にはセリーグで初めて遊撃手で首位打者を獲得しました。 流石はドラフト1位という活躍を見せていますが、実は坂本選手はハズレ一位指名だったんです。 2006年ドラフトの巨人1位指名は現中日ドラゴンズの堂上選手でした。 しかし坂本選手はプロ2年目に、松井秀喜さん以来の史上二人目となる10代での開幕スタメンに選ばれるほどの実力を発揮します。 その後も実績を積み、2012年には侍ジャパンマッチの日本代表選手に選ばれました。 そして2014年オフには戦後最年少となる26歳でキャプテンを任され、チームを引っ張っていく存在になりました。 今では巨人になくてはならない存在の坂本選手ですから、今となってはドラフトのくじがハズレてよかったですよね。 菅野選手のドラフトといえば、2011年、叔父である原監督率いる巨人の単独指名が予想され本人も望んでいましたが、交渉権を得たのは日本ハム。 菅野選手は入団を拒否し、一年浪人をし翌年のドラフト会議で巨人へ入団しました。 入団後、叔父が原監督という大きなプレッシャーの中、1年目から先発ローテの中核を担い2年目からは開幕投手を務めます。 またゴールデングラブ賞にベストナイン、最多奪三振、最優秀防御率などタイトルを総なめにします。 今後の更なる活躍がとても楽しみな選手です。 そして社会人野球の道へ進み実力をつけ2年後のドラフトで巨人から一位指名され入団します。 ドラフトで選ばれるだけでも凄いのに1位以外はという発言は批判も多かったかもしれませんが、社会人野球で努力を重ね有言実行でプロ入りした根性はすごいなと思います。 プロ入り後、阿部選手の後継者として一軍でマスクを被る機会が与えられました。 2016年には開幕からスタメンでマスクをかぶり、セリーグトップの盗塁防止率を記録し、巨人の正捕手になります。 そして2017年WBC大会で日本代表の正捕手を務めるとその活躍ぶりが大きく評価されました。 また イケメン選手として女性の人気も上昇しています。 ドラフト時にはメジャーも注目していた選手で、巨人に1位で入団します。 期待されての入団でしたが2年目に肩を故障すると日常生活も満足に送れないほどの生活を3年間も過ごすことになります。 復帰後は150キロの球速が130キロ代にまで落ち、6年目のシーズンオフに戦力外通告を受け退団しました。 その後いくつかのチームを渡り歩き、アメリカの独立リーグでプレイをした後に引退します。 怪我に泣かされ活躍できなかったプロ生活でした。 現在は2011年に居酒屋を開き、働いていらっしゃいます。 オリックスと巨人で争われ、巨人に1位入団します。 1年目の開幕から一軍入りを期待されていましたが、左肩を故障し春キャンプ途中から二軍に合流します。 その後も肩は良くならずフォームの改善や手術を決断し成功しました。 手術から2年後には二軍で先発ローテに入るまで復帰をしますが、調子が安定せず5年後の2013年には再び左肩の手術を決意するも本人も限界を感じて、その年のシーズンオフに引退をしました。 現在はわかさ生活の正社員として、JWBLに所属するイースト・アストライアのコーチに就任し女子プロ野球を指導しています。 選手としては芽が出なかった杉内選手ですが、今後指導者として野球に携わり成功することを期待します。 スポンサーリンク 巨人会議の豆知識エピソード 江川事件 たった一度巨人がドラフト不参加の年があります。 それは 1978年江川卓選手の入団をめぐるトラブルで、ドラフト会議をボイコットしたのです。 江川卓選手は高校時代から活躍していてどこの球団も欲しがる選手でした。 本人は巨人入団を熱望していたのですが高校時代は阪急、大学時代はクラウンライター 西武の前身 と2回共に他チームから指名を受け入団を拒否しています。 最初は巨人を熱望していた江川選手ですが、東京付近ならと考えを変えていました。 しかしクラウンライターは福岡でしたので、やはり拒否をして渡米したのだそうです。 そして事件と呼ばれる出来事が翌年のドラフト会議の前日におきます。 江川選手はこの日、巨人と電撃契約を結びます。 当時のドラフト会議のルールでは交渉権はドラフト会議が行われてから次のドラフト会議の前々日までと決まっていました。 それは前日に設定した場合、自然災害や公共交通機関の遅れの影響で会場に到着できないというのを防止するためです。 その為ドラフト会議前日は空白の1日となるのです。 巨人はその1日に漬け込んだのでした。 江川選手を獲得した巨人はもうドラフト会議は必要なく、ボイコットします。 江川選手は社会人野球にも進んでいなく、学生でもない為ドラフト対象外なはずなのですが、その年7月にできた新たな決まりにより野球部在籍経験のある人が対象になっていたため、江川選手もドラフト対象者であり、翌日のドラフト会議で阪神タイガースが江川選手を1位指名しました。 この年の12月に金子コミッショナーより巨人との契約は無効であるとの判断と共にトレードをすることを提唱されます。 これにより一度巨人との契約を破棄した 江川選手はトレードを前提に1979年1月に阪神に入団をしました。 そして巨人の小林繁選手とトレードをして、その年の4月に巨人に入団をしたというのが江川事件の真相です。 当時は 巨人も江川選手も大バッシングを受けたそうです。 確かに前々日と設けられた意味を考えればモラル違反でずるい作戦だったといえます。 ただドラフト会議ではどうしても入れなかった巨人に入るために江川選手がそう考えたことには個人的には共感がもてます。 江川選手だけでなくこれまでにも双方希望しているのに泣く泣く他球団ということがいくつもありました。 今のルールは平等でありドラフトの醍醐味といえばそうなのですが、選手個人も人生を賭けた選択になるわけですからできるだけ希望通りにと思ってしまいますよね。 ドラフト制度のあり方を問う事件ですね。 まとめ ・巨人のドラフト1位選手は歴代の監督や主将を務めている選手が多い。 ・江川卓選手の入団をめぐる巨人のトラブルは江川事件と言われ、ドラフト会議の在り方について問う事件であった。 関連記事 管理人のつれボーです。 野球をこよなく愛する一般人代表を自負しております。 野球の面白さや魅力を伝えるべく、私、つれボーに加えて複数の野球仲間と共に楽しく記事を執筆しています。 当サイトを通じて野球への興味が更に深まって頂けると大変嬉しく思います。 カテゴリー• 193• 244• 111• アーカイブ•

次の