洗面所ピンク。 水回りについているピンク色の汚れの原因を教えてください。また、ピンク色の汚れを落とす方法はありますか?|ユアマイスター

洗面所のコップの汚れ・カビ対策には、プラカップ!

洗面所ピンク

お風呂場でピンク色の原因のほとんどは「セラチア」「ロドトルラ」と呼ばれる細菌 お風呂の一部が「ピンクっぽく」なることは、よく見うけられます。 ほとんどの場合、雑菌が繁殖してピンク色に見えるのです。 指で触ってみると、ヌメヌメするのが特徴です。 これは「セラチア」と呼ばれる細菌や、「ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌が、鮮やかなピンク色に発色するためです。 このピンクのヌメヌメ汚れは、ブラシなどでこすれば簡単に落とすことはできます。 ただしまたしばらくすると、ピンク汚れが発生することがあるので、落とした後に「消毒用エタノール」や「アルコール消毒液」などで殺菌するようにして下さい。 漂白剤をコーキングやタイルに塗ったらピンク色に変色した 「お風呂のコーキング部分やタイルにカビキラーをかけたら、ピンク(薄茶)に変色してしまったんですけど。。。 」 お客様から、こんな相談を受けたことがあります。 お風呂場で「ピンク色」と言ったら、先ほどの「セラチア」や「ロドトルラ」を思い浮かべますが、今回は違うようでした。 「漂白剤を塗った」というのが、ポイントです。 ズバリ考えられるのは、「水道水に含まれる鉄分が、漂白剤と反応して酸化されたため」です。 鉄は酸化すると「赤さび」になるので、「赤っぽい」「ピンク色」になるのです。 酸化してしまった場合は、簡単には落ちにくいです。 クレンザーでこすり洗いしたり、「衣料用の還元系漂白剤」を使い酸化した鉄分を「還元」するようにしてください。 完全には落ち切れないかもしれませんが、だいぶ薄くなると思います。

次の

洗面所風水は色を意識!北・東・南・西・他各方位別の運気アップ色~

洗面所ピンク

天井は扉を塗った時に余ったピンクをチョイス。 その前に、白ペンキで一度塗る。 天井と壁の堺の木材も白で塗る。 ここは2度塗りしないとムラができるから念入りに塗った。 天井は1度塗りで済ませて、ピンクを2度塗り。 もちろん、ピンクを塗るときはマスキングテープで保護したぞ。 もちろんマスキングテープして、ビニールでタイルの部分は覆う。 ぼたぼた垂れるからね。 タイルが欠けていた部分も漆喰で塗ってみたらいい感じ。 最近、100均にDIY用品が不通に売られていて便利だなー。 コンセントカバーも白ペンキで塗るという細かいお気遣い。 分かる~? 前に使っていたツッパリ棒で棚をつける。 木枠でしっっかり止まるように。 ハンガーに掛けた洗濯物をここに掛けたいから、強度は大事だ。 しかも、ここの洗面所は北側にあり、湿気が半端なく、カビ臭くていやな感じだったけど、 今は 無臭だ! すごいぞ~~っ漆喰! ただ、この時点で入口にドアはまだないので丸見え。 この後ツッパリ棒でカーテンをつけて何とか凌いだ・・・ 漆喰は20. 8kgと15kgと10kgと5kgがあるよ。 値段は大きい方が勿論お得。 今回のような壁の量だったら20. 8kgを使ったら余ったので、15kgでも良かったかも。

次の

水回りについているピンク色の汚れの原因を教えてください。また、ピンク色の汚れを落とす方法はありますか?|ユアマイスター

洗面所ピンク

洗面台のカビ汚れ掃除1:洗面ボウルと蛇口 小まめに掃除するなら重曹だけでOKですが、スペシャルケアには重曹+クエン酸で炭酸(発泡)掃除! 重曹をたっぷりふりかけ、クエン酸スプレーをまんべんなくかけて少し置き、発生する泡の力で汚れをゆるませてからスポンジ等でこすって水で流せばカビもすっきり落ちます。 蛇口部分は根元や継ぎ目に汚れがたまりがち。 少し濡らした古ストッキングの両端を持って蛇口にひっかけ、ゴシゴシやるのがおすすめです。 また古歯ブラシを使い、重曹+クエン酸で炭酸掃除をして布でふき取る方法も。 その後の汚れ対策には、輪切りにした古ソックスを蛇口の根元にはめておくだけのおばあちゃんの知恵でいきましょう! 洗顔や歯磨きのついでに輪切りカバーを握ってきゅきゅっと拭くだけ。 時々交換すれば掃除終了です。 洗面台のカビ汚れ掃除2:洗濯機の洗濯槽 洗濯槽のリセット掃除は塩素系のクリーナーで 洗濯槽の掃除は、ご家庭の使用頻度にもよりますが1~2か月に1度ほど市販の洗濯槽クリーナー等で行うのが基本です。 それでも「まずい!黒カビピロピロワカメが衣類についてる!」とか「カビ臭が取れない」となってしまった事はありませんか? そんな場合には「塩素系」の洗濯槽クリーナーを使い、落ちにくくたまった汚れやカビをリセット。 ある時ピンチに陥ったガイド宅の洗濯機もこれで解決できました。 リセットしたらきれいをキープしましょう。 「洗濯機の蓋は開けっ放しにしておく」「汚れ物を洗濯槽に溜めない」「可能なら乾燥機まで使う」など湿気対策は絶対です!また、ある調査によると「毎日洗濯する家庭の洗濯水にあるカビ数は週1回以下の家庭の10倍」「4人以上世帯のカビ数は一人世帯の3倍」(大阪市立環境科学研究所調べ)とか! また年数が経った洗濯機も汚れが落ちにくくなります。 これらに該当する家庭なら1か月に1回以上洗濯槽を掃除した方がよさそうです。 洗面台のカビ汚れ掃除3:窓、洗面台隅、洗濯機のふたのパッキン 洗濯機の蓋の裏や、冬の結露びっしりな窓枠にあるゴムパッキンは意外と忘れがちですが、要注意のカビポイント。 ゴムパッキンのカビはしつこく厄介で、うっかり漂白剤を使うと溶けてしまうことも。 「あ!カビが!」という時は、ゴムパッキンにも使える市販のカビ取り剤でリセットしましょう(使用可能かどうかは容器に記載されています)。 リセット後はおばあちゃんの知恵で汚れ防止。 パッキンがよく乾いてからロウソクを押し付けて塗る「ロウのバリア」を作ったり、結露が流れ落ちるのを防ぐ新聞紙を窓の下部に貼っておいたり(見栄えは悪いですが)、結露防止にプチプチシートを窓へ貼っておくなどがあります。 冬は特に、できれば毎朝雑巾で結露を拭き、窓をしばらく開けて換気するのがおすすめです。 これで「まずい!」と思った洗面室はリセット完了。 あとはできるだけ換気と小まめなちょこっと掃除を。 これが意外と、結果的にはラク家事なんですよ! 【関連記事】•

次の