ホット タオル の 作り方。 蒸しタオルの作り方!ホットタオルを長持ちさせるには○○を使え!

眼精疲労に効果的な「ホットタオル」の作り方と使い方

ホット タオル の 作り方

お手軽なスチーマー?蒸しタオルで毛穴汚れを一掃! 世の女性たちを悩ませる、毛穴の黒ずみ。 その正体は、角栓とその周囲に存在するメラニン色素や、皮脂についた汚れなどです。 本来であれば、その黒ずみは皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)で自然と取れていくものなのですが、その周期が乱れるとうまく機能せずに残ってしまいます。 そこで宇井先生がおすすめしてくれたのが「蒸しタオル美容法」。 「角栓や毛穴の汚れを無理なく落とす効果が期待できるほか、タオルの熱によって毛細血管の血流を良くして、肌のターンオーバーを活性化させることも見込めます」 蒸しタオルを肌に乗せると毛穴が開くので、より深い部分の汚れを落とすことができ、肌がトーンアップします。 さらに、十分に開いた毛穴を通して、美容液などがより浸透。 家にあるタオルでお手軽にできちゃうのに、その効果は、まるでスチーマーやブースターといった最先端の美容機器さながら! 「蒸しタオルのうれしいポイントは、肌に優しく、自分でこまめに調節が利くところ。 美容機器は扱いに慣れるのに時間がかかってしまうこともありますが、ご自宅にあるタオルしか使わないので初心者にもおすすめです。 また、肌に大きな負担をかける心配もありません」 シンプルながら、なんとも奥が深そうな蒸しタオル美容。 さっそく、やり方を教えてもらいました! 蒸しタオル美容に最適なタオルのサイズとは? 準備するのは、ロングフェイスタオルと、洗面器1杯分のお湯(または水と電子レンジ)だけ。 ちなみに、複数枚の小さなフェイスタオルを組み合わせてはいけないのでしょうか? 「小さなフェイスタオルだと、顔に乗せているうちにずれてしまうことがあって気になるかも。 やや長めのロングフェイスタオルを折り曲げて使うと、安定感が出て気持ち良く使えますよ」 蒸しタオル美容の3ステップ ステップ1 まずは、通常のクレンジングや洗顔を行います。 メイクや肌の汚れがついたままだと、開いた毛穴の奥にメイクや汚れが落ちてしまうこともあるので、優しく念入りに。 「応用編として、クレンジングのあとに蒸しタオルを2〜3分置いてから洗顔する、という方法もあります。 電子レンジを使う場合は、まずタオルを水で濡らして絞ります。 それを500~600Wで30〜60秒ほどレンジで温めたあと、タオルを軽く手で叩いて余分な熱を飛ばします。 熱すぎると感じる場合は、無理せず冷ましてから使用しましょう」 ステップ3 適温になった蒸しタオルを、顔の気になるところに2〜3分置きます。 呼吸しやすいように、鼻周辺を避けてタオルを顔に乗せます。 タオルが冷めてきたら、終わりの合図。 この流れを2・3回繰り返せば、より効果的です。 「目のまわりを重点的に温めるのもいいでしょう。 血流が良くなるので眼精疲労がとれ、クマの解消に役立ちます」 週に1・2回の実施が目安。 どんなに気持ちが良くても、毎日行うと、バリア機能を果たす皮脂まで落としてしまうので要注意です。 また、蒸しタオルを使ったあとは水分が蒸発して肌が乾燥しやすくなっているので、すぐに保湿しましょう。 蒸しタオルの効果をより実感したい人向けの応用編! 保湿を重ねる最強タッグ「蒸しタオル+美容液」! 蒸しタオルのさらなる活用法として、宇井先生が提案してくれたのが「蒸しタオル+美容液」の合わせ技。 ふだん使っている美容液の成分を、より浸透させる効果があるんです。 その方法も、とっても簡単。 通常のクレンジングと洗顔を行い、すぐに化粧水や美容液で基本的な保湿をしたあと、いつもよりたっぷりめのアイケア用美容液、乳液やクリームなどでこっくりと保湿。 それから、前述の手順で作った蒸しタオルを2〜3分置きます。 蒸しタオル美容も例外ではなく、保湿も忘れずにセットで行ってくださいね!」 リラックス効果やデコルテケアまで! 蒸しタオルには、リラックス効果も期待できます。 ゆっくりできる休日のスペシャルケアにもうってつけ。 さらにお気に入りのアロマオイルを垂らせば、癒し効果はバツグンです。 「顔のスペシャルケアの延長線として、デコルテに蒸しタオルを使ってみるのもおすすめです。 顔のケアと同じく、保湿とトーンアップができますよ」 お手軽なのに、美をグッと底上げしてくれる蒸しタオル美容。 まずは基本のやり方をマスターして、日々のスキンケアにぜひ取り入れてみてください。

次の

ホットタオルの作り方って?電子レンジとおしぼりで簡単蒸しタオル

ホット タオル の 作り方

こんな悩みにはホットタオルを使おう もしもあなたがお肌の悩みを抱えているなら、 ホットタオルが役立つかもしれません。 今すぐにできるお手入れで、美肌が目指せますよ。 (1)毛穴の汚れが気になるとき 毛穴の汚れは、古くなった角質や皮脂が溜まって酸化することででき、これらは日常生活の中で浴びる紫外線によって酸化しやすくなります。 毛穴が詰まっているのにケアしないでいると、溜まった汚れは増えていき、角栓として皮膚表面にまではっきり見えるようになってしまいます。 そこで役立つのが 「ホットタオル」です。 温かな蒸気で毛穴をゆるめることで、毛穴の汚れを取り除きやすくすることが可能です。 毛穴パックのようにお肌に負担をかけることなく、「優しく汚れをオフできる」方法と言えます。 また、温めることで血行がよくなることも期待できます。 すると、肌のターンオーバーが整いやすくなるので、余計な角質が取り除かれ、毛穴の状態を改善できる可能性もあります。 (2)化粧のノリが悪いとき 肌の調子が悪く化粧ノリが悪いと感じるときも、ホットタオルが有効です。 洗顔後に蒸しタオルで30秒顔を覆ってからスキンケアをすると、化粧水や美容液がぐんぐん入り込み、肌がしっとり潤います。 温まることで血行がよくなることも、化粧ノリがよくなる理由です。 頬に赤みが差しますし、くすみやクマが気にならなくなることも期待でき、お肌がワントーン明るく見えます。 その後、化粧をすれば、仕上がりが全く違うと感じるでしょう。 ちょっとした一手間で、肌の潤いには明らかな違いが生まれます。 その違いこそが、きれいな肌につながるのです。 基本の【ホットタオル】の作り方 きれいなお肌のために役立つホットタオルは、どのように作るのでしょうか?手軽な方法で、毎日のスキンケアに取り入れることで、肌のコンディションを整えることが大切です。 STEP1:お湯で濡らす お湯で濡らす方法なら、簡単にホットタオルを作れます。 タオルはまず縦半分に折り、それから横半分に折ります。 さらに横半分に折ったら、対角線上に折って三角形にしましょう。 三角形の1番長い辺の両角を持ったら、残った角からお湯で濡らします。 手で持っている両角の手前までしっかりお湯が染み込んだら、絞ってから両角にもお湯が染み込むようにたたみ直して絞ります。 これでホットタオルの完成です。 STEP2:電子レンジで温める 水で濡らしたタオルを電子レンジで温めることでもホットタオルが作れます。 タオルは水で濡らしてくるくると巻き、 ラップで包んでから500~600Wで30~60秒ほど温めましょう。 ラップで包むのは、温めている途中で乾燥しないようにするためです。 電子レンジで温めた直後のタオルは熱々の状態で、やけどの恐れがあります。 取り出すのは少し時間を置いてからにした方が安心です。 様子を見て取り出してから、やけどに気を付けつつラップをはずして使います。 ホットタオルがぬるく感じるなら、20~30秒を目安に追加で加熱しましょう。 一気に温めて熱くなり過ぎないよう、様子を見ながら温めるのが大切です。 ホットタオルの使い方 紹介した通り、家にある物で簡単に作れるホットタオルには、さまざまな使い方があります。 美肌に役立つ基本の使い方を紹介します。 朝起きた後、洗顔の代わりに ホットタオルは、朝の洗顔代わりに使うのにもぴったりです。 朝起きた後の洗顔は、いつもどのように行っていますか?洗顔フォームを使っているとしたら、必要な皮脂まで洗い流している可能性があります。 その結果、乾燥気味になり、化粧ノリに影響している可能性があるのです。 そこで、洗顔フォームは使わずに 「ホットタオルを顔に乗せて、1分間パックする」ように時間を置きます。 皮脂を落とし過ぎないので、肌の状態は程よく潤っている状態になります。 また、温めることで柔らかくなった肌は血行もよくなっているので、顔色がよく化粧が映えるお肌になっているはずです。 スキンケアの前に 同じスキンケアをしていても、肌にどれだけ浸透しやすいかによって、肌の状態は変わっていきます。 そこで、スキンケアの前には、ホットタオルで化粧水や美容液の成分が浸透しやすい状態を作ることもポイントの一つです。 ホットタオルを、鼻の周辺を避けて顔全体を覆うように置きます。 そのまま3分間くらい置いて、タオルが冷めてきたらはずしましょう。 蒸気で一見潤っているように見えますが、ホットタオルをした直後のお肌は乾燥しやすい状態なので、すぐに化粧水で水分補給することが大切です。 次に、美容液を塗ってから、潤いを閉じ込めるように乳液・クリーム・オイルなどでケアします。 ホットタオルを使ったクレンジング方法 なかなか落ちにくい毛穴の汚れは、ホットタオルとクレンジングの組み合わせで対策可能です。 まずはホットタオルを作っておきましょう。 その間に、クリームタイプのクレンジングを顔に塗ってなじませます。 しっかりなじんだら、その上にホットタオルを乗せて両手で軽く押さえましょう。 「ホットタオルを置いておく時間は3分間ほど」です。 時間が経過したら、タオルをはずしてクレンジングクリームを軽く拭き取ってから、ぬるま湯で洗い流しましょう。 洗顔後と同様、クレンジング後もお肌は乾燥しやすい状態です。 素早いスキンケアでお肌を乾燥から守ることで、潤いのある状態をキープできます。 さまざまなケアに、ホットタオル スキンケア以外にも、ホットタオルは体のさまざまな場所に使えます。 じんわり温めて血行を促す働きは、美容にも健康にも役立ちます。 目元をじんわりとケア 目が疲れていると感じるときには、ホットタオルを目元に当ててみましょう。 周辺の血流が改善され、疲れの回復に役立ちます。 また、リラックスしたいときにもぴったりです。 動眼神経という眼球の動きをコントロールする神経は、副交感神経が司っています。 副交感神経は血流を促して体をリラックスした状態にする神経です。 そのため、目元をホットタオルで温めると、目の疲れだけでなく体全体を休めるのにも役立ちます。 デコルテや首のケアにも 折りたたんだホットタオルを首の後ろにかけて乗せるのは、気持ちがよいものです。 首や肩を程よく温めることで、血行を促して凝りをラクにすることが期待できます。 同時に、デコルテ周辺にもホットタオルを乗せると、リンパの流れを促すことにつながるでしょう。 顔だけスキンケアをしていても、そこで生まれた老廃物がきちんと排出されなければ、理想の美肌にはなかなかなれません。 デコルテ部分も整えて、リンパが正常に流れる状態を作るからこそ、スキンケアの成果が表れやすくなります。 ヘアケアもできる 髪をシャンプーしてからトリートメントをするときにも、ホットタオルが役立ちます。 髪は温めることで表面のキューティクルが開きやすくなり、トリートメントの成分が浸透しやすくなるからです。 トリートメントをするときには、最もダメージを受けやすい毛先から付けていきます。 次に中間部分になじませましょう。 ここで、ターバンを巻くようにホットタオルを髪にかぶせます。 シャワーキャップをかぶると、冷えにくくなるのでおすすめです。 そのまま7~10分間置きます。 時間が経ったら、ぬるぬる感がなくなるまですすいで、普段通りにリンスとコンディショナーで仕上げれば完了です。

次の

いざという時に心身を温めるホットタオルパックの作り方と温めポイント

ホット タオル の 作り方

蒸しタオルの作り方 蒸しタオルの作り方は超簡単、固く絞った濡れタオルを電子レンジで温めるだけ。 水加減は畳んでロールケーキのように丸めたタオルに浸して水滴がたれなくなるくらい絞ります。 ラップやジップロック、スーパーの袋に入れて電子レンジで温めます。 ポイントは30秒から1分間ほど加熱すること、その中で自分の好みの温かさを見つけてください。 加熱し過ぎたら袋からタオルを出して広げて適温に冷やしてから使いましょう。 畳んだ状態でタオルを水に浸します。 蒸しタオルに残る水量の加減は、水滴が出なくなる程度に、ある程度固めにしぼりますが、絞りすぎはいけません。 蒸しタオルが熱い場合は一旦、畳んだり巻いたりしていたタオルを一気に広げます。 そうすると蒸しタオルの温度が下がるので適温になるようにしましょう。 500w 30秒~1分• 600w 30秒~50秒 個人的には600w40秒がちょうどいい感じです。 時間によっては熱くなりすぎて火傷をする事もあるので注意が必要! 熱を長持ちさせるためにビニール袋に入れて加熱するのが長持ちさせるポイントです。 ビニール袋やラップに包まないと熱が逃げてしまうのでドライアイ対策で目を温めたり 目のクマをなくすために目を温めたりするときにすぐに熱が冷めてしまうので効果が薄くなってしまう。 ビニール袋に入れない蒸しタオルは1〜2分で冷えてしまいますがビニール袋に入れると5分以上温かさが長持ちします。 蒸しタオルの作り方まとめ。 タオルを水またはぬるま湯で固く絞る。 ラップ ビニール袋 はかけてもかけなくてもいい• 電子レンジで500から600ワットで約30秒ぐらい温めます。 暑すぎるタオルは危険ですので、少し冷まして心地よい温度で使いましょう。 すぐに目や鼻に当てず手やほっぺで確認しましょう。 ビニール袋やジップロックに入れて使うと温かさが長持ちするので使いやすい。 逆にビニール袋に入れないと1~2分で冷えてしまうので蒸しタオルを堪能できない。 使ってはいけないタオル 使ってはいけないタオルは金糸や銀糸が縫い付けてあるようなタオルです。 金属なので火花が出る恐れがあるので絶対に使わないようにしましょう。 ファミレスとか出る、おしぼりみたいなタオルがベストです。 おしぼりタオルは安く販売されていますよ。

次の