ダイヤモンド ゲーム。 ダイアモンドゲーム

ダイヤモンドゲームをやろうぜ!

ダイヤモンド ゲーム

ダイヤモンドゲームのボード ダイヤモンドゲームとは、の光沢を模した頂点が6つある星型の盤面上を用いて遊ぶのこと。 なお、「 diamond game」はいわゆるであり、ダイヤモンドゲーム 変形の 「 Chinese checkers」などという。 において一般的に行われているバージョンにおいては、盤面上の6つの頂点部は赤・緑(青)・黄の3色で色分けされ、相対する頂点部は同一の色になっている。 その片方の頂点部に盤と同じ色に塗り分けられた王駒1個と子駒14個を配置して相対する側の同一の色の頂点部に全て移動させたものが勝者となる。 において一般的に行われているバージョンにおいては、王駒と子駒の区別なしに 15個を使う。 子駒は相手、味方関係なく線に沿っていれば、子駒1つ分だけ跳び越えることができる。 また、跳び越えた後に子駒が1つ分空いていれば、連続して跳び越えることができる(右の図の赤の駒の矢印)。 この連続して跳び越える操作がこのゲームの醍醐味である。 子駒は王駒を跳び越えることはできない。 王駒は、駒が一直線に並んでいれば、線に沿っていくつでも跳び越えることができる。 また、同様の操作を繰り返すことができる。 跳び越えられる駒がない場合、また戦略上の理由で、駒を1マス分だけ動かすことができる(右の図の緑の駒の矢印)。 ただし、この動作は普通に跳び越えた後にはできない。 相手の陣地に入ってはいけない。 ただし、陣地入り口と白マスの辺が重複する部分に至ってはその限りではない。 一度跳び越えたルートを引き返してはいけない。 また、王駒を定義せず子駒15個のみでプレイするルールも存在する。 ・王の駒は相手の王の駒を飛び越せないというルールが存在する。 歴史 [ ] ダイヤモンドゲームはを基に創作されたゲームで、1892年に Stern-Halma(で「星形ハルマ」)として売り出されたのが最初である。 米国では後にエキゾチックな効果を狙って「チャイニーズ・チェッカー」として売り出されたが、中国と歴史的な関係はなく、チェッカーでもない。 関連項目 [ ]• - の創業当初(当時は「花山ゲーム研究所」)からダイヤモンドゲームなどの室内遊戯玩具を販売。 脚注 [ ] [].

次の

ダイヤモンドゲーム『DIAMOND GAME』遊び方

ダイヤモンド ゲーム

ボードゲームやカードゲーム等、バラエティ豊かなゲームがたくさん! 将棋や囲碁にチェス、ダイヤモンドゲームといったスタンダードなものから最新のパーティーゲームまで取り揃えています。 遊びながら、自分で考える力を育て、「学ぶ」「分かる」「できる」を体験することができます。 思考力や集中力を育むゲーム&パズルシリーズです。 家族や友達が集まったらみんなでゲーム!ハナヤマはゲームを通じて心ふれあうような環境作りを目指しています。 将棋や囲碁といった伝統的なゲームから、ハラハラドキドキのアクションゲームまで、豊富なラインナップです。 小学館の大人気探しっこ絵本「ミッケ!」の絵柄を使ったゲームシリーズです。 「ゲームトランプ」シリーズは、人気のキャラクターなど、いろいろなテーマを活かしたオリジナルゲームが遊べます。 トランプとしても使えますので、多彩な遊びができます。 いつでもどこでも遊べる携帯ゲームの決定版。 ハナヤマのポータブルゲームシリーズは本格派が勢揃い。 「ハイクオリティ&ロープライス」がモットーです。 光と音を使ったゲームで脳力アップ!遊びながら音感、記憶力、計算力、集中力、瞬発力などの脳力が育成されます。 日本ドミノ協会公認のドミノセットです。 ドミノ倒しといえばコレです。 多くのドミノ倒しイベントや番組で使用されています。 もちろんドミノ本来のゲーム(W6)もお楽しみ頂けます。 1978年にハナヤマが国内で発売を開始してから、ビンゴゲームは、結婚式の2次会や、ホームパーティなど、様々なイベントで気軽に楽しめるゲームとして、とてもポピュラーな遊びになりました。 ビンゴのパイオニアとして、これからもみなさんのイベントを盛り上げ、楽しいひとときを過ごせるようなグッズをご提供いたします。

次の

ニューダイヤモンド

ダイヤモンド ゲーム

ダイヤモンドゲーム~遊び方~ 自分のコーナーにある全てのコマ 6個 を、向かい側のコーナー場所に一番早く移動させた人の勝ちです。 まずはじめに自分の色となるコマを決めましょう。 自分のコマの色が決めたらボード上の自分の色のコーナー場所へ、それぞれのコマを置いていきましょう。 順番が決まったら、順にコマを動かし、向かい側の自分の色のコーナー場所へ運んでいきます。 コマを動かす時の注意点 ・コマは線上の点を進んで動かして行きます。 ボード上にある黒い移動線に沿ってコマを移動します。 自分コマの周りにあるコマを飛び越えることができます。 また連続して飛び越えることもできます。 しかし2つ以上並んだコマは、飛び越しできません。 ・自分のコマの前後左右と周りにコマがある場合は、そのコマを飛び越えられる。 ・また1つおきにコマが並んでいる場合は、そのコマたちを連続して前後左右に何マスでも飛び越えることができます。 ・また飛び越える際は、黒い移動線にある点に限ります。 ・2つ以上のコマが並んでいる場合は飛び越えられないので注意。 他の色のコーナー場所には入れません。 しかし、境界線は通れます。 ・他の色のコーナー場所のギリギリのラインは通れますのでうまく利用しましょう。 コマを飛び越えられることをうまく利用して、向かい側のコーナー場所へすべてのコマを移動させていきましょう。 みんなで遊べるダイヤモンドゲームおすすめです!!

次の