スプラトゥーン ウデマエ c。 【スプラトゥーン2】ウデマエCとBの違いとC帯で勝てない原因を解説!

ウデマエX到達までの道のり。5割以上の勝率で勝ち残れ!S+帯を突破しろ!

スプラトゥーン ウデマエ c

読んでる途中で眠くなってもあなたは悪くないです。 筆者の文章力の問題です。 本編 スプラトゥーンは全員勝率が5割だったら半分以上のプレイヤーがウデマエSになる、みたいな話を友人から聞いたんですよ。 元ネタっぽいものを探していたらこんなブログが見つかりました。 ウデマエのポイントシステムについて問題点とその解決案も提示されていて、非常に良い内容だと思いました(小並感) ・・・ でも実際の分布とは違うよね? なのでもうちょっと現実的な分布のシミュレーションをしてみたいと思います。 実ユーザーの分布と違うと感じる一番の原因は 「全員勝率5割だったら」 という仮定を置いている部分です。 まあ普通に考えたらC帯で勝率5割の人がSに上がっても勝率5割を維持できるわけないですよね。 多分このブログではウデマエのシステム自体を考察するためにあえて勝率を5割としたのだと思いますが、理想的な環境だけではなく、より実環境に近いシミュレーションだってしてみてもいいと思うんです。 ただ、本当に実環境を厳密にシミュレーションしようとすると、プレイに応じた成長とか、チーム戦の勝敗における実力の寄与する部分とは、みたいなすごく面倒な話になるので、もう1ステップだけ実環境に近づけてみようと思います。 今回のシミュレーションで使う仮定は以下のものです。 ・プレイヤーの実力は正規分布に従う ・勝敗は、各チームの実力の合計が大きい方が勝つこととする ・マッチングは必ず同ランクの8人で試合が発生するものとする ・実力やウデマエに関わらず、各プレイヤーが行う試合数は偏りが無いものとする プレイヤーの実力は正規分布に従う スポーツや競技性の高いゲームなどで研究が行われていますが、多くの分野でプレイヤーの実力は正規分布に従うことが知られています。 スポーツでいうと野球なんかは割と統計データが取りやすいので研究が盛んですし、確率の寄与するところの大きい麻雀でも十分に多い試合数をこなしたプレイヤーの平均順位が正規分布に従うことが知られています。 この傾向がスプラトゥーンに当てはまるかどうかはわからないのですが、おそらく大きく現実と乖離はしないだろうということで、プレイヤーの実力は正規分布になっているものとします。 勝敗は、各チームの実力の合計が大きい方が勝つこととする さてプレイヤーの実力が正規分布に従うと仮定したわけですが、その実力からどのように計算して勝敗を決めるかが問題です。 というかそもそも勝敗の決め方と実力の定義は切り離せないので両方同時に考える必要があります。 今回のシミュレーションでは、各チーム4人の実力の合計が大きい方が勝つものとしました。 プレイヤーのマッチング自体がランダムなため、単純に数値の大きい方が勝ちとしてもある程度いい感じに勝敗がばらけるだろうという目論見です。 言い換えれば、全ユーザーでのランダムマッチングで勝率50%の人の実力は50、勝率80%の人の実力は80という定義になります。 わかりやすいですね。 マッチングは必ず同ランクの8人で試合が発生するものとする これは別ランクの部屋だとポイント増減の計算式が判明していないので簡略化した部分です。 ランクが違う部屋に混ざることを考慮すると多少結果が違ってくるかもしれませんが、大きな違いにはならないと思います。 ウデマエの増減は以下の表を用います。 ユーザーのウデマエ分布 さてこれまでの前提条件を踏まえた上で、実際のユーザーのウデマエ分布をシミュレーションしてみると以下のような結果になりました。 1万人のユーザーが500万回マッチングして、1人あたり平均4000試合やった後の平衡分布です。 1人あたり1000試合を超えたあたりから分布はほとんど変化しなくなります。 A帯が合計で40%弱、B帯が10%程度といったところでしょうか。 C帯はほとんどいません。 この結果がみなさんの感覚と一致するかどうかはわからないのですが、かなりの回数プレイしている=スプラトゥーンのガチマッチにドハマりしているユーザーの分布と考えれば割と納得のいく分布になっているのではないでしょうか。 400試合くらいでやっとA-が中央値になる感じですね。 ガチマッチを中心にやっているプレイヤーなら200時間くらいプレイしていたら1000試合くらいやっているんじゃないでしょうか。 ポイントの計算方法的にも、おそらくC帯は回数をこなせば誰でも上がれるように設計されていて、実力を表す指標として使えるのがA帯以上の部分だけというのは開発者の意図したところなんじゃないかと思います。 何回やってもウデマエが全然上がらなかったらゲームとして面白くないですしね。 ある程度までは簡単に上がるような設計になってるんだと思います。 実力を測る指標としてのウデマエの見方 これをさらに各ウデマエの前半(0~49)と後半(50~99)に分けてグラフにするとこんな感じになります。 S前半の人数が多いですが、それ以外は割といい感じにばらけています。 「自分がユーザー全体の中でどのくらいの位置にいるのか=自分の実力はどの程度なのか」を測りたい時は、各ウデマエの前半なのか後半なのかといったところまで見ると良いと思います。 まあ本当に正確に自分の実力を測りたい人は戦績データとかつけてステージ毎とかルール毎のデータをとってると思いますし、自分のプレイを録画&見返して得意なところと苦手なところを研究したりしてると思うんで、こんなことを言うのは野暮なことですね。 今回のシミュレーションのオマケ情報 今回は完全ランダムマッチングを行った時の勝率=実力という定義で、必ず同ランクでしかマッチングしないとしてシミュレーションを行いました。 この条件だと自分の適性ウデマエと同ランクの部屋だと勝率50%程度、1ランク下の部屋だと勝率70%程度、2ランク下の部屋だと勝率90%程度になります。 実際のゲームでは全員同じウデマエの部屋ばかりではないのでシミュレーションよりは50%に近い側の勝率になると思いますが、適正ウデマエより2ランク下だと簡単に上がれて、1ランク下だとまあまあ上がれるというのは肌感覚にも一致します(使えないブキ使ってウデマエ溶かした後にメインブキで戻す時とか)。 私の肌感覚は自分のプレイ経験(データが残っているのは1000試合分くらい)と自分の周りの友人3人分くらいしかないのであまり当てにならないですが、少なくとも私の感覚とずれた結果は出ていないので自分としてはこの結果を信用しています。 もし今回のシミュレーション結果に疑問がある方はぜひ自分で検証してみてください。 ウデマエシステムの改良案 さて現状のウデマエでもある程度実力を表す指標として使えそうなことがわかりましたが、先行研究されていたブログに倣って改良案を出してみたいと思います。 スプラトゥーンのウデマエシステムでの問題点である「隠れボーナス」を取り除いたらもうちょっといい感じの分布になるんじゃないかと思って試してみました。 要はB~S開始時までのポイント変動をちゃんとゼロサムゲームにする変更です。 この程度の分布ならマッチングがしにくいといった問題も起きにくいと思います。 この方がウデマエシステムとして綺麗なんじゃないでしょうか>イカ研究員さんアップデートで改善よろしくお願いします(小声) まあこの改善案の通りに変更したらプレイヤーの平均ランクが下がってユーザーの満足度が下がるでしょうからやらないと思いますけど。 ちなみに「1~39でポイントが下がりにくい、80~99でポイントが上がりにくい」現象を無くした場合、以下のようなフラットな分布になります。 これはこれできれいな形なのですが、ユーザーが広い範囲に分散してしまいマッチングが若干成立しにくくなるのと、あまり上手くない人が回数をこなしてもC帯を卒業出来ない(気持ちよくなれない!)という問題があるため、「1~39でポイントが下がりにくい、80~99でポイントが上がりにくい」というのはなかなか上手い調整方法なんじゃないかと思います。 最後のまとめ ウデマエとか気にせず楽しくガチマッチやろうぜ!.

次の

【スプラトゥーン2】ウデマエの仕組み解説!ヒビが割れると何が?飛び級の基準は?【ガチマッチ】

スプラトゥーン ウデマエ c

ウデマエ• ウデマエとは、での、自分の腕前を表す「レート」のようなもの。 試合に勝てば上がり、負ければ下がります。 ウデマエの段階• ウデマエは、一番低い「C-」からスタートします• 勝つとウデマエゲージが上がります。 負けてもゲージは下がりませんが、負けるとゲージに「ヒビ」が入ります(見えないパラメータがあって、そのパラメータがしきい値を超えるとヒビが入る)。 ウデマエゲージを最大まで上げるとウデマエがアップします。 ヒビが4つになると、ウデマエゲージが割れ、ウデマエがダウンします。 しかし、その前にOKラインまでゲージを上げていれば、ゲージは下がりますがウデマエ維持となります。 基本的に、ガチパワーが低い相手に負けるとヒビ割れしやすくなる、とのこと。 大体、似たようなウデマエ同士でマッチングするようになっています• スプラトゥーン2での変更点• 前作スプラトゥーンでは、どのルールであっても共通でのウデマエでした• スプラトゥーン2では、 各ルールによってウデマエが設定されるようになります• 得意なルールでウデマエを上げ続けるもよし、苦手なルールをあげていくもよしと、プレイヤーがより気軽にに参加できるようになった ウデマエXについて 「ウデマエX」は、エクストリームなプレイヤーを集めた、より挑戦的な「ウデマエ」のこと。 4月下旬に予定されているVer. 0アップデートに伴って導入された。 Ver. Ver. なお、ウデマエXのバトルスタート前、各陣営紹介時に、名前の上に王冠マークが表示されているプレイヤーは、その時間帯のそのルールにおいて、推定500位以内に入っている超凄ウデプレイヤーとのこと。 四捨五入されているため、合計が100. Xパワーとランキングについて 「ウデマエX」に昇格したイカは、通常のウデマエメーターの代わりに「Xパワー」を懸けてバトルをすることになる。 なお、マッチングは「Xパワー」の近いプレイヤー同士で行われるようだ。 また、毎月1回、4つのガチルールごとに、Xパワーが高いプレイヤー500人が「イカリング2」上で発表される。 さらに、「イカリング2」上では、ブキ種類ごとのXパワーが高いプレイヤーも表示される。 このランキングの発表にあわせて、Xパワーは計測中状態にリセットされる(毎月1日午前9時)。 Xパワーのリセットに関する変更 毎月のXパワーのリセットに伴って、イカの通り変更される。 ブキステージの追加タイミングについて 従来は毎週1つずつブキが追加されていたが、今後は月初に複数のブキがまとめて追加される。 ステージの追加も同等のタイミングで行われるようになる。 ガチマッチのステージについて 現在、ガチマッチでは20以上のステージが、4つのルールで出現する可能性がある。 多くのバリエーションを楽しめるメリットがある一方、ステージとルールの組み合わせが多すぎて、習熟が難しくなっているのでは?という可能性がある。 Ver. 0以降は、ルールごとに出現するステージが8種類に制限されるようになる。 このステージの選出は、Xパワーリセットに会わせて変更される。 なお、レギュラーマッチ・リーグマッチでは、従来と同様、全ステージが選出対象となる。 変更の適用時期 2018年4月下旬のVer. 0の配信から適用される。 Xパワーの最初のリセットは、2018年6月1日午前9時が予定され、以降、原則として毎月1日午前9時にリセットとなる。 変更の理由・目的 ウデマエを上げることを楽しむというより、各ウデマエの全てのプレイヤーが「真剣に」プレイすることを楽しむための土台をより強化するため「ウデマエX」が開設されたとのこと。 イカ研究所もいろいろと試行錯誤している、ということだろう。 New!! New!! 初心者ガイド• 最強武器ランキング• New!! Xランキング上位者使用武器• モード別攻略• スペシャルウェポン• 基本情報・旧情報• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の

【スプラトゥーン2】ウデマエCとBの違いとC帯で勝てない原因を解説!

スプラトゥーン ウデマエ c

ウデマエ• ウデマエとは、での、自分の腕前を表す「レート」のようなもの。 試合に勝てば上がり、負ければ下がります。 ウデマエの段階• ウデマエは、一番低い「C-」からスタートします• 勝つとウデマエゲージが上がります。 負けてもゲージは下がりませんが、負けるとゲージに「ヒビ」が入ります(見えないパラメータがあって、そのパラメータがしきい値を超えるとヒビが入る)。 ウデマエゲージを最大まで上げるとウデマエがアップします。 ヒビが4つになると、ウデマエゲージが割れ、ウデマエがダウンします。 しかし、その前にOKラインまでゲージを上げていれば、ゲージは下がりますがウデマエ維持となります。 基本的に、ガチパワーが低い相手に負けるとヒビ割れしやすくなる、とのこと。 大体、似たようなウデマエ同士でマッチングするようになっています• スプラトゥーン2での変更点• 前作スプラトゥーンでは、どのルールであっても共通でのウデマエでした• スプラトゥーン2では、 各ルールによってウデマエが設定されるようになります• 得意なルールでウデマエを上げ続けるもよし、苦手なルールをあげていくもよしと、プレイヤーがより気軽にに参加できるようになった ウデマエXについて 「ウデマエX」は、エクストリームなプレイヤーを集めた、より挑戦的な「ウデマエ」のこと。 4月下旬に予定されているVer. 0アップデートに伴って導入された。 Ver. Ver. なお、ウデマエXのバトルスタート前、各陣営紹介時に、名前の上に王冠マークが表示されているプレイヤーは、その時間帯のそのルールにおいて、推定500位以内に入っている超凄ウデプレイヤーとのこと。 四捨五入されているため、合計が100. Xパワーとランキングについて 「ウデマエX」に昇格したイカは、通常のウデマエメーターの代わりに「Xパワー」を懸けてバトルをすることになる。 なお、マッチングは「Xパワー」の近いプレイヤー同士で行われるようだ。 また、毎月1回、4つのガチルールごとに、Xパワーが高いプレイヤー500人が「イカリング2」上で発表される。 さらに、「イカリング2」上では、ブキ種類ごとのXパワーが高いプレイヤーも表示される。 このランキングの発表にあわせて、Xパワーは計測中状態にリセットされる(毎月1日午前9時)。 Xパワーのリセットに関する変更 毎月のXパワーのリセットに伴って、イカの通り変更される。 ブキステージの追加タイミングについて 従来は毎週1つずつブキが追加されていたが、今後は月初に複数のブキがまとめて追加される。 ステージの追加も同等のタイミングで行われるようになる。 ガチマッチのステージについて 現在、ガチマッチでは20以上のステージが、4つのルールで出現する可能性がある。 多くのバリエーションを楽しめるメリットがある一方、ステージとルールの組み合わせが多すぎて、習熟が難しくなっているのでは?という可能性がある。 Ver. 0以降は、ルールごとに出現するステージが8種類に制限されるようになる。 このステージの選出は、Xパワーリセットに会わせて変更される。 なお、レギュラーマッチ・リーグマッチでは、従来と同様、全ステージが選出対象となる。 変更の適用時期 2018年4月下旬のVer. 0の配信から適用される。 Xパワーの最初のリセットは、2018年6月1日午前9時が予定され、以降、原則として毎月1日午前9時にリセットとなる。 変更の理由・目的 ウデマエを上げることを楽しむというより、各ウデマエの全てのプレイヤーが「真剣に」プレイすることを楽しむための土台をより強化するため「ウデマエX」が開設されたとのこと。 イカ研究所もいろいろと試行錯誤している、ということだろう。 New!! New!! 初心者ガイド• 最強武器ランキング• New!! Xランキング上位者使用武器• モード別攻略• スペシャルウェポン• 基本情報・旧情報• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の