梅雨 メール 挨拶。 季節の挨拶6月

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶(例文付き)

梅雨 メール 挨拶

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶を例文付きで解説 ビジネスレターで注意すべき点はいくつかありますが、中でも神経を使うのが、時候の挨拶でしょう。 それぞれの時節に合わせた時候の挨拶は、ビジネスレターなどの手紙では欠かせないものながら、いざ書くとなるとそう簡単ではありません。 今回は6月の時候の挨拶について、例文付きで詳しく解説していきます。 また、結びの挨拶についても紹介していますので、ビジネスレターを書く際の参考にしてみてください。 6月の漢語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、まずは漢語調の挨拶について見ていきましょう。 初夏の候 使用時期:5月上旬~6月上旬 「初夏」とは、文字通り「夏のはじめ」の意味です。 暦の上では5月6日ごろの「立夏(二十四節気の1つ)」から夏に入りますが、そこから6月上旬の「芒種」までを、「初夏」と呼ぶようになっています(ちなみにこの後、「仲夏」「晩夏」と続きます)。 ですから「初夏の候」の挨拶は、「夏が始まったばかりの季節」といった意味であることになります。 それでは、「初夏の候」を使ったビジネスレターの例文について、以下でご紹介しましょう。 結びの挨拶も加えてあります。 <例文> 拝啓 初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜り、まことにありがとうございます。 (本文) 今後ともよろしくご用命のほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 敬具 入梅の候 使用時期:6月上旬~6月中旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する漢語調の挨拶は、「入梅の候」です。 「入梅(にゅうばい)」とは、「梅雨入り」を意味しています。 「梅雨」はもちろん、本格的な夏が始まる前の、6月から7月ごろにかけて雨が多くなる時期を指します。 気象的には毎年大体6月中旬ごろから梅雨入りしますが、雑節(二十四節気以外の季節の節目)では6月11日ごろを「入梅」と呼ぶようになっています。 ですので、「入梅の候」は6月上旬から中旬にかけて使われる挨拶です。 「入梅の候」を使用したビジネスレターの例文を、以下に挙げてみましょう。 <例文> 謹啓 入梅の候、貴社いよいよご発展の由、何よりと存じます。 平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。 (本文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書面にてご案内申し上げます。 謹白 夏至の候 使用時期:6月下旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての漢語調の挨拶の例は、「夏至の候」です。 「夏至(げし)」とは二十四節気の1つで、太陽の黄経(黄道座標の経度)が90度に達する日を言います。 北半球においては、昼がもっとも長く、夜がもっとも短くなる日です。 太陽暦では、6月21日ごろを指すようになっています。 「夏にいたる」と書く通り、この日を過ぎれば本格的な夏の到来となる、区切りの一日でもあります。 では、「夏至の候」を使ったビジネスレターの例文を、以下にご紹介しましょう。 <例文> 拝啓 夏至の候、貴社ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。 平素はひとかたならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 (本文) 今後とも末永くお引き回しのほどお願い申し上げます。 まことに略儀ではございますが、書中をもちましてご通知申し上げます。 敬具 6月の口語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、漢語調の挨拶について見た後は、口語調の挨拶についてご紹介しましょう。 通常の手紙でもそうですが、ビジネスレターでは特に相手への礼が重んじられます。 そのため形式的に漢語調の挨拶が多く使われますが、比較的親しい相手に対しては、ややくだけた口語調の時候の挨拶もよく使われます。 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました 使用時期:5月上旬~6月上旬 こちらの挨拶は、「初夏」と「青空」という言葉を使っているのがポイントです。 夏の始まりは、特に爽やかな青空が印象的な時期ですから、そうした気持ちを折り込んだフレーズとなっています。 前述のように、「初夏」は5月はじめごろから始まり、6月上旬まで含まれますので、そのころに使うのが適切でしょう。 それでは、こちらの挨拶を使った例文を、以下でご紹介しましょう。 こちらも結びの挨拶付きです。 <例文> 拝啓 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました。 皆様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはひとかたならぬお心遣いを賜り、心からお礼申し上げます。 (本文) 今後とも変わらぬお引き立てのほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 敬具 うっとうしい梅雨空が続きますが 使用時期:6月中旬~7月上旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する口語調の挨拶は、「梅雨」に関するものです。 梅雨に関してはすでに説明した通り、毎年6月から7月にかけて雨が多くなる時期を指しています。 季節の風物詩でもあり、夏の水源としては欠かせない現象ですが、長雨が続くのはやはり気分を滅入らせます。 こちらの挨拶は、そうした感情を折り込んだフレーズとなります。 それでは、こちらの挨拶を取り入れた例文を、以下に挙げてみましょう。 いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。 (本文) 長雨が続きますが、風邪などお召しにならないようお気をつけください。 敬具 水無月に入り、蒸し暑い日が多くなりました 使用時期:6月全般 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての口語調の挨拶の例は、「水無月」という語を含んだものです。 「水無月」の読みは「みなづき」で、6月を指しています。 各月を数字で表すようになったのは、太陽暦が取り入れられた明治はじめごろからですが、それまでは和風の呼び方で月を表していました。 6月を「水が無い月」と呼ぶ理由には諸説あり、未だに定まってはいません。 この挨拶は、気温と湿度が上がって少々不快な様子を表しています。 では、こちらのフレーズを用いた例文をご紹介しましょう。 <例文> 拝啓 水無月に入り、蒸し暑い日が多くなりましたが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 日ごろは格別のご協力をいただき、感謝にたえません。 (本文) 梅雨冷えの厳しき折、どうぞご自愛ください。 まずは取り急ぎお知らせまで。 敬具 6月の結びの挨拶 ビジネスに使える6月の時候の挨拶について見たところで、ここからは結びの挨拶について見ていくことにしましょう。 梅雨に関する結びの挨拶 まずご紹介するのは、梅雨に関連した結びの挨拶の例です。 すでに何度が触れているように、日本の6月と言えば、梅雨の話題がつきものとなっています。 普段の挨拶もそうですが、ビジネスレターなどの手紙についても同様で、時候の挨拶と共に結びの挨拶にも、梅雨に関する文がよく使われます。 雨が降り続く鬱陶しさや、それに伴い相手を気遣う内容が主です。 では、梅雨に関連した6月の結びの挨拶の例文を、以下にいくつか挙げてみましょう。 梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。 何卒ご自愛の上、ご活躍ください。 梅雨入り前でございます。 体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。 梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。 相手の健康を願う結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、相手の健康や活躍を願うものをご紹介していきましょう。 ビジネスレターなどの手紙においては、最後に相手の健康や活躍を願って締めるのが定型となっています。 ですので、6月に限らず、どの時期にも使うことができる話題です。 それでは、そうした形の結びの挨拶について、以下で例文をいくつか見てみましょう。 時候不順の折、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます。 一層のご活躍を祈念いたしております。 時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 暑さに関する結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、暑さに関連したものについて見ていきましょう。 これも前述のように、6月は暦の上ではすでに夏です。 徐々に暑さも感じ始める季節ですから、そうした話題も結びの挨拶として使われるようになります。 それでは、ビジネスレターにおける暑さに関連した結びの挨拶の例文を、以下で挙げてみましょう。 日増しに暑くなってきますが、お互い元気に爽快な夏を迎えましょう。 蒸し暑い毎日ですが、どうかお体大切に。 蒸し暑い日が続いておりますが、お身体ご自愛下さい。 向暑のみぎり、末筆ながら皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 6月の時候の挨拶と結びの挨拶を使用する際の注意点 それでは最後に、6月の時候の挨拶と結びの挨拶を使う際の注意点について見ておきましょう。 6月に限ったことではありませんが、ビジネスレターなどの手紙を出す際には、相手の住む地域の気候に合わせて挨拶を書くことが大事になります。 例えば梅雨入りは、日本列島の各地域でそれぞれ時期が異なります。 九州ではすでに梅雨入りしていても、関東ではまだ先かもしれません。 ビジネスレターを書く際はこうした点に気をつけて、相手にとって違和感のない挨拶を心がけましょう。 時候の挨拶と結びの挨拶一覧.

次の

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶(例文付き)

梅雨 メール 挨拶

夏に相手を気遣う一言で印象アップ! ビジネスメールにおいて、季節感のある挨拶や相手を気遣うような一言があるだけで、グッと印象の良いメールになります。 夏に使える書き出しや結びの挨拶のメリットを以下にまとめました。 暑中見舞い・残暑見舞いを兼ねる 季節感を反映させた挨拶は、暑中見舞いや残暑見舞いを兼ねるという意味合いがあります。 これらは本来、はがきで出すものですが、コストや手間を考えると、メールの中で済ました方が効率的です。 「はがきを出すほどの関係性でもないけど…」といった場合にも、メールで挨拶を済ませることができます。 夏のメールの挨拶はビジネス上でも重要 季節感を反映させた挨拶や季語を正しく使ったメール文はビジネス上でも非常に重要な意味を持ちます。 書き出しや結びの挨拶がきちんとしていると、先方も快くメールを読んでくれ、「できる人」の印象を持ってもらうことができます。 結果、取引先や顧客と良好な関係を築いていくことにも繋がります。 夏の挨拶メールの書き出し、結びの例文 では、実際に夏に使える挨拶メールを紹介していきます。 今回は 6月〜9月によく使用されている時候の挨拶を紹介していきます。 どの時期に使うものなのかも合わせて紹介しているので、「今この挨拶を使っても良いのかな?」と迷った際の参考にしてみてください。 6月(水無月)• 入梅の候、〜(6月上旬)• 薄暑の候、〜(6月上旬)• 梅雨の候、〜(その年の梅雨入り時期)• 向暑の候、〜(6月下旬)• 梅雨晴れの候、〜(梅雨明け〜6月下旬) これらは 「漢語調」と呼ばれ、ビジネス上のやりとりでよく使われています。 ビジネスレターやかしこまった儀礼的なシーンでは漢語調の挨拶がよく使われます。 ちなみに「候」は「折」や「みぎり」としてもかまいません。 6月は梅雨の時期なので、梅雨前線の動きをみながら挨拶を決めていけば良いでしょう。 最近は6月末になるとかなり暑くなってくるので、「向暑」という言葉も6月下旬に適しているでしょう。 漢語調とは対照的に、カジュアルでもう少し柔らかい印象になる 「和語調」の夏の挨拶もいくつか紹介します。 雨降りの日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 紫陽花が雨に映える季節となりましたが、お変わりありませんでしょうか。 心も滅入る雨の毎日を迎えております。 青田をわたる風も爽やかな頃となりました。 梅雨も晴れ、青空が眩しい季節になってまいりました。 基本的に「いつこの挨拶を使わなければいけない」という決まりはありません。 注意しなければいけないのは、 送り相手の所在地です。 極端な例ですが、沖縄と北海道では大きく気候が違います。 その辺の地域差も考慮して季節の挨拶を選ぶようにしましょう。 最後に結びの挨拶です。 梅雨空の続く毎日ですが、ご自愛くださいませ。 入梅の候、どうかお体に気をつけてお過ごしください。 今しばらく鬱陶しい毎日でございますが、何卒お体大切にお過ごしください。 長雨続きの昨今、くれぐれもお体に気をつけてください。 結びの挨拶にも「〇〇の候、〜」という形が使えます。 残り、7月、8月、9月の挨拶も「漢語調」「和語調」の2つの文例を紹介していきたいと思います。 7月(文月)• 梅雨明けの候、〜(7月上旬)• 仲夏の候、〜(7月上旬)• 盛夏の候、〜(7月上旬〜中旬)• 大暑の候、〜(7月中旬〜下旬)• 酷暑の候、〜(7月下旬) 「大暑」は広い意味合いで使われていますが、本来は7月23日頃を指す言葉なので7月中旬〜下旬頃に使うのが適しています。 梅雨明けて息つく間もなくこの暑さ、お元気でお過ごしでしょうか。 梅雨も明け、本格的な夏を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨明けも間近、木々の葉が生茂る季節となりました。 暑中見舞い申し上げます。 セミの鳴き声が暑さをいっそう増幅しているようです。 暑さ厳しい折、皆様益々ご健勝のことと存じ上げます。 暑い日が続いておりますが、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます 暑中見舞いは小暑 7月7日頃 から立秋前日 8月7日頃 に出すべきと言われているので、暑中見舞いを兼ねるならば、7月中のメールが良いでしょう。 最後に締めの挨拶です。 夏風邪などひかれませんよう、お気をつけ下さい。 まずは暑中見舞いまで申し上げます。 厳しい暑さが続いておりませんので、お体ご自愛下さい。 8月(葉月)• 立秋の候、〜(8月8日頃)• 残暑の候、〜(8月8日以降)• 残夏の候、〜(8月中旬〜下旬)• 季夏の候、〜(8月中旬〜下旬)• 晩夏の候、〜(8月下旬) 旧暦で8月は「秋」になります。 気候的には8月は真夏ですが、暦の上では8月8日頃が「立秋」となるので注意しましょう。 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いていますが、お変わりありませんか。 残暑が続いておりますが、いかがお過ごしですか。 猛暑の毎日でございますが、いかがお過ごしでしょうか。 朝夕の風に少しづつ秋を感じるようになりました。 草木の緑も一段と濃くなってきましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 「残暑見舞い」は立秋以降〜9月上旬に出されます。 メールの文面でも8月の挨拶では「残暑」や「立秋とは名ばかり…」と言った文言がよく使われています。 まずは残暑のお見舞いを申し上げます。 しばらくは暑さが続くようですので、健康にはお気をつけください。 残暑厳しい折、くれぐれもお身体に気をつけてお過ごしくださいませ。 暑い日が続きますが、体調を崩されませんようご自愛ください。 結びの挨拶でも、夏の暑さを引き合いに出して相手を気遣うことで印象の良いメールになります。 8月末など、秋を感じられるようになれば、そう言ったフレーズを入れると風情があって良いですね。 9月(長月)• 初秋の候、〜(9月上旬〜中旬)• 新涼の候、〜(9月上旬〜中旬)• 爽秋の候、〜(9月中旬〜下旬)• 仲秋の候、〜(9月中)• 秋晴の候、〜(9月中旬〜下旬) 「新秋」や「初秋」は秋になり始めた頃に使う言葉です。 日本の気候的には9月の上旬はまだまだ暑いですが、暦上は「秋」なので、9月上旬に使うのはおかしくありません。 「仲秋」とは「秋の中頃」のことです。 9月中だけでなく10月上旬頃まで使える意味合いの広い言葉です。 9月に入っても厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 朝夕はだいぶ涼しくなってまいりました。 秋晴れが気持ち良い毎日となって参りました。 厳しかった夏の日差しも、秋風とともに和らいできました。 清々しい秋晴れが続く昨今ですが、お元気でお過ごしでしょうか。 9月23日は「秋分」になります。 春分と同じく「秋分・春分の3日前」からは「春の彼岸」「秋の彼岸」となります。 暑さ寒さは彼岸までという言葉がありますが、実際には日中は暑い日が続くこともしばしばあります。 その辺りの季節感を反映させることができれば、クオリティの高い夏メールになるでしょう。 暦と実際の気候はずれていることが多いので、その辺りにも注意しましょう。 ひと工夫で更に思いが伝わるメールに 相手との関係性が親しい場合は、もう少しカジュアルな挨拶の方が喜ばれる場合もあります。 最後に夏に使えるカジュアルなメールの挨拶をいくつか紹介したいと思います。 鬱陶しい雨ですが、紫陽花の上のカタツムリに癒される毎日です。 夏休みはいかがお過ごしでしたか。 ビールが美味しい季節となってきましたね。 子供たちの日焼けあとが微笑ましい季節となってまいりました。 食の進まない季節となってまいりました。 素麺に頼ってばかりの毎日です。 暦の上では秋といえ、まだまだ通勤電車の不快感は変わりません。 お元気でお過ごしでしょうか? 和語調の挨拶よりもさらにくだけていています。 これらは、相手との距離感によって使えるかどうかは変わりますが、自分の事情やプライベートな情報を盛り込み「自己開示」することで、さらに相手との関係性を深めることができるでしょう。 また、画像やレイアウトに凝ったおしゃれなメールを季節の挨拶として送る企業も多くあります。 テキストだけでなく、おしゃれでカラフルなメールが届けば他の企業と差別化でき、取引先やお客様から一目置かれるきっかけになるかもしれません。 そういったメールは「HTMLメール」と呼ばれ、作成には専門的な知識が必須でした。 しかし最近は 「HTMLメール作成エディタ」を使用することで、初心者でも直感的にHTMLメールを作成することができるようになりました。 HTMLメールについて詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事も合わせてご覧ください。 まとめ 連絡手段は手紙からメールになりましたが、書き出しと結びの挨拶で相手を気遣う習慣は今でも変わりません。 ある程度フォーマルな形式は決まっていますが、あまりにも機械的な文章では相手に不信感を与えてしまう可能性もあります。 うまく相手との距離感を測り、季節感を反映したものにすることで、あなた自身の評価アップも期待できます。 送る相手が多い場合や、お洒落なデザインのメールを作りたいという場合には、「HTMLメール作成エディタ」のあるメール配信システムを使うのも一つです。 メール配信システムを使えば、宛名を自動で変えたり、顧客のグループ分けを自動で行うことも可能です。 メールを一斉送信する機会が多いなら時短にもなるので、是非とも検討してみてください。 ブラストメールでは、 夏の挨拶専用の「メールデザインテンプレート」を用意しています。 もちろん ロゴを入れたり、 宛名を自動で差し込んだりとカスタマイズも簡単に行えます。 ぜひ一度お試しください。 デザインテンプレートはブラストメールから使うことができます。 7日間の無料トライアルがありますので、お気軽にトライアルしてみてください。

次の

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶(例文付き)

梅雨 メール 挨拶

くちなしが甘い香りを漂わすころとなりました• 麦の穂も色づく季節を迎え、いよいよご壮健のことと存じます• 水田に映る青空がすがすがしいこのごろ、お元気で活躍中のことと思います• 今年も衣替えの季節を迎えますが、お変わりありませんでしょうか• 衣替えの時季を迎え、道行く人々の装いにも夏らしさが感じられるころとなりました• 初夏のさわやかな風が心地よい好季節となり、ますますご活躍のことと存じます• やわらかな初夏の日差しが心地よいこのごろ、お健やかにお暮らしのことと存じます• 木々の緑が日ごとに色を深めていく昨今、いよいよご清祥のことと拝察いたします• 雨に濡れ、木々の緑も深みを増すこのごろ、ご機嫌いかがでしょうか• 梅雨入りを控え、不安定な天候が続いておりますが、お障りなくお過ごしでしょうか 中旬• 梅雨明けが待たれるこのごろ、つつがなくお暮らしでしょうか• 長雨の続くこのごろですが、相変わらずお忙しくご活躍のことと拝察いたします• 梅雨の晴れ間に夏の気配が感じられるころとなりましが、お元気でお過ごしでしょうか• 梅雨も明けたかのような夏らしい天候が続いておりますが、ご平安にお暮らしでしょうか• 夏至を過ぎ、梅雨明けも近づくころとなりましが、いかがお過ごしでしょうか• 梅雨明けも間近となり、いよいよご清栄のことと存じます• 田を渡る風もさわやかな頃となり、皆様にはますますご健勝のことと存じます• 6月末とは思えないほど暑い日が続いておりますが、体調をくずされてはいませんか• 雨後の新緑がいっそう色濃く感じられる昨今、いよいよご清栄のことと存じます• 雨上がりの緑がすがすがしい昨今、貴社におかれましては一層ご隆盛のこととお慶び申し上げます カジュアルな書き出しの挨拶 気心の知れた相手に送る手紙に適した挨拶文です。 保育園・学校のおたよりや、メールの書き出しなどにもご利用ください。 今年も衣替えの季節になりました• 暖かくなり、街でも半袖を来た人の姿が目立つようになってきました• 初夏を迎え、街路樹の緑もますます青々としてきました• 田んぼに張られた水がきれいな青空を映すころとなりました• あじさいが可憐な花を開き始めたこのごろ、お元気でいらっしゃいますか• そろそろ梅雨入りが近いようですが、お変わりなくお過ごしですか• 梅雨前線が近づいてきているようですが、お元気でお過ごしでしょうか• 梅雨入り前とは思えないような、さわやかで過ごしやすいお天気の日が続きますね• 6月に入り、心なしか湿っぽい風の吹く日も増えてきましたが、お変わりありませんでしょうか 中旬• 連日の雨ですが、元気でやっていますか• 雨続きですが、運動不足になっていませんか• 今年は空梅雨なのか、雨が少ないですね• ぐずついたお天気の日が続きますが、お変わりありませんでしょうか• ここのところ梅雨寒の日が続きますが、体調など崩していませんか• 梅雨に入り、街中で色とりどりの傘を見るのがちょっとした楽しみです• 雨粒をのせたあじさいが可愛らしいこのごろ、お変わりありませんか• 今年もおいしい旬のさくらんぼがお店に並ぶころとなりました• もうすぐ父の日、プレゼントは決めましたか 下旬• 早いもので今年もそろそろ半分が過ぎようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか• なぜか忘れられがちな父の日ですが、お父さんに日頃の感謝を伝えましたか• 梅雨の晴れ間の青空がうれしいこのごろ、お元気でお過ごしでしょうか• 今日は梅雨の中休みで、きれいな青空が広がっています• 長雨が続くこのごろですが、出不精になっていませんか• 梅雨明けが待ち遠しい今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか• 雨上がりの木々の緑がすがすがしいこのごろ、ご機嫌いかがでしょうか• 梅雨も明けたかのような暑い日が続きますが、お達者でお過ごしですか• そろそろ海や山が恋しい季節、早く梅雨が明けてほしいですね• 梅雨明けも近づき、海開き・山開きが待ち遠しいこのごろです 6月の結びの挨拶 6月の結びの挨拶では、梅雨の天候に触れながら相手を気遣う言葉をかけるのが定番です。 夏に向けての前向きなメッセージを贈るのもよいでしょう。 向暑(こうしょ):暑い季節に向かうこと。 梅雨(つゆ):6月上旬から7月上旬頃にかけての雨期。 また、その雨や気象状況。 衣替え(ころもがえ):季節の変わり目に、衣服をその時季に合ったものへと替えること。 一般に、6月1日に夏物へ、10月1日に冬物へと衣替えする。 梅雨冷え(つゆびえ):梅雨の季節の冷え込み。 とくに、思いがけず急に冷え込むこと。 梅雨寒(つゆざむ)ともいう。 五月雨(さみだれ・さつきあめ):陰暦5月頃に降る長雨。 梅雨の別称。 空梅雨(からつゆ):ほとんど雨の降らない梅雨。 照り梅雨とも。 梅雨晴れ(つゆばれ):梅雨の期間中に一時的に晴れること、あるいは梅雨が明けて晴れること。 また、それらの晴天。

次の