赤ちゃん 口 が 臭い。 生後1カ月男の赤ちゃんが臭い!匂いの原因とその後をリポート!

赤ちゃんの口が臭い

赤ちゃん 口 が 臭い

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... なんだか赤ちゃんの口や息が臭いと感じたことはありませんか?顔を近づけると変な臭いがして、「何かの病気なのでは?」と心配してしまうママやパパもいるかと思います。 赤ちゃんの口臭・くさい息について何も知識がないと、病院で相談していいものかも分からず、困ってしまいますよね。 そこで今回は赤ちゃんの口や息が臭い原因や対処法、病院を受診する目安などをご紹介します。 赤ちゃんの口や息はくさいの? どんな人でも口の中や吐く息にはにおいがありますが、それが他人に不快感を与えるようになると口臭と判断されます。 大人同士であれば、口や吐く息のにおいを感じるほど顔を近づけることがそれほど多くないため、あまり気にならないかもしれませんね。 一方、授乳やおむつ交換など、赤ちゃんのお世話をしていると、頻繁に顔をかなり近づけるため、口や吐く息のにおいを感じることが多々あります。 したがって、赤ちゃんの口や息のにおいについて敏感になることは、珍しいことではありません。 赤ちゃんの口や息がくさい原因と対処法は? 赤ちゃんの口臭の原因はさまざまであり、原因ごとに対処法が異なります。 赤ちゃんの口や息がくさいと感じたら、以下の原因のうちどれに当てはまるかをチェックし、症状にふさわしい対処法を行うようにしてください。 歯や舌のケア不足 歯や舌についた食べ物のカスは、口腔内細菌が繁殖する原因になります。 そのため、赤ちゃんに歯が生えてきたら、歯や舌などの口腔ケアをしっかり行っていないと、口臭が発生することがあります。 特に、歯についた食べ物のカスは虫歯の原因にもなるので、歯が4本生えたら、歯磨きをしたり、ガーゼで拭いたり、早いうちから赤ちゃんの口腔ケアを習慣づけてください。 また、舌についたミルクや離乳食のカスが口臭の原因になることもあるので、濡らしたガーゼで赤ちゃんの舌をなぞるなどしてケアしてあげましょう。 関連記事 口の中の乾燥 唾液は、口の中の細菌を洗い流して、口内環境をきれいにしてくれる働きがあります。 しかし、口の中が乾燥して唾液の量が減ってしまうと、細菌が繁殖して口臭の原因になります。 たとえば、寝起きは口が乾燥しているので、口臭が発生しやすくなっています。 鼻づまりによって口呼吸になることや、たくさんおしゃべりすることも口内を乾燥させ、口臭発生につながります。 乾燥による口臭を防ぐには、水やお茶を飲ませるなどして口の中をこまめに潤してあげてください。 また、睡眠不足になったり、しっかり噛まないで食べ物を食べていたりすると、唾液の分泌量が低下し、口が乾燥します。 赤ちゃんがしっかり眠れているか、きちんと食べ物を噛んでいるかなど日頃の生活を見直すことも、口臭を予防するうえで大切なことです。

次の

赤ちゃんの口のにおい、酸っぱいにおいでおかしくない?

赤ちゃん 口 が 臭い

赤ちゃんがお口をブーブーする理由 赤ちゃんが、唇を震わせてブーブーと音を出したり、唾をブクブクと泡立てたりしはじめると、赤ちゃんに変な癖がついてしまわないか不安になってしまいますよね。 でも、その理由を知れば、一概にいけないこととは思えなくなるはず。 赤ちゃんがお口をブーブーするのには、次のような理由があります。 唇を動かして遊んでいる 実際に口をブーブーしてみると分かるのですが、息を吐き出している時に唇が一時的に振動すると、独特な唇がしびれるような感じがすることがあります。 何かの拍子に唇が「ブー」となった時、面白かったので何度もやっていることがあります。 さらに、赤ちゃんは加減ができないので、ママが不安になってしまうほどブーブーを連発することも…。 このような赤ちゃんの遊びは、この時期にしか見られないもので、次の新しい遊びが見つかるとやらなくなることが多いので安心してくださいね。 よだれがブクブクする感触が新鮮 普通に「あー」とか「うー」とか言っているのと違って、お口をブーブーするとよだれが口の外に溢れて出てくることがあります。 よだれがブクブクと泡立ったり、ブーブー続けることによって口の周りがよだれまみれになったり、これまでに味わったことのない感触が珍しくて、何度もブーブーしてしまうのです。 実は赤ちゃんは、唾液を飲み込む能力が未熟で口に唾液がたまりやすいため、口を動かして遊んでいるうちに、よだれがブクブク出てしまうのかもしれません。 口から音が出るのが面白い 口を閉じた状態で唇をブルブルさせると、「ブー」「ブー」という音がします。 大人なら「そんなの当たり前!」と思うものですが、赤ちゃんにとっては大発見なのです。 口から音がすることは、赤ちゃんにしてみると初めての体験で、面白くてしょうがないのでしょう。 自分の声と交互に出してみて、音の違いを楽しむことあります。 声を出す練習をしている 唇を震わせてブーブー音を出すことは、赤ちゃんの発声につながります。 まだ、母音などの初歩的な発声しかできない赤ちゃんが、お口をブーブーするなどの日常の遊びによって、それまで出せなかった音が出せるようになるのです。 「バ」や「ブ」の音は、上唇と下唇を閉じた状態で音を出す両唇摩擦音や両唇破裂音といって、発声が難しく、小さな赤ちゃんには高度な発音です。 4ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、という「あー」とか「うー」などの母音を中心とした発声を行いますが、その後、徐々に「バー」や「ブー」などの子音が加わったが話せるようになります。 歯が生えてきてムズムズする 生後6ヶ月くらいになると、歯が生え始める赤ちゃんが多くなります。 この歯が生え始める時期は、口の中がむずむずしたり、痛痒かったりします。 赤ちゃんは、そのような口の中の不快感を紛らわすために、お口をブーブーすることがあるので、歯が生えてきたようなら、歯がためを与えることでお口をブーブーしなくなるでしょう。 ママの反応を見て楽しんでいる 赤ちゃんがお口をブーブーした時に、ママがびっくりしたような顔をしたり、困った顔をしたりすると、赤ちゃんはその瞬間を見逃しません。 赤ちゃんは、普段からママの顔をじっと見て観察していることから、ブーブーするとママが普段と違うリアクションをすることが分かると、面白がってわざとわざとブーブーし続けることがあります。 赤ちゃんがお口をブーブーするのはいつからいつまで? 赤ちゃんのお口のブーブーは、発声がクーイングから喃語に移り変わる、生後4~5ヶ月くらいの時期からはじまります。 そして、いろいろな言葉を覚えて話しはじめる1歳前後になると、自然とやらなくなる子が多いようです。 赤ちゃんがお口をブーブーするのは、数か月の短い時期なので、無理にやめさせる必要はありません。 遊びや発声練習ととらえ、赤ちゃんが口をブーブーしたら「上手ねー」と声をかけて、コミュニケーションにつなげるといいですよ。 喃語が始まる時期は?赤ちゃんへの上手な答え方 子音を含む複数の言葉を組み合わせた言葉のことを喃語 なんご といいます。 赤ちゃんが生後5ヶ月くらいになると、「あー」「うー」などのクーイングから徐々に喃語を話すようになります。 喃語を話しはじめた赤ちゃんに、ママが自然に語りかけるマザリーズ motherese を行うことによって、言葉を単なる音としてしかとらえていなかったのが、徐々に意味が理解できるようになります。 ママは赤ちゃんを目の前にすると、自然と口調や音調が変わりますよね。 実は、マザリーズは、どこの国でも地域でも共通してみられる赤ちゃんに対する語りかけのことで、話かけるときなどに自然とマザリーズが使われているのです。 赤ちゃんにどのように語りかけたらいいのか分からないというママは、次のマザリーズの3つの特徴を参考にして、赤ちゃんに話しかけてみましょう。 マザリーズの3つの特徴• 普段よりも抑揚をつけて話す• 普段よりもゆっくりと話す• 普段よりも高めの音程で話す この3つの特徴のある話し方は、赤ちゃんに安心感を与えると同時に、赤ちゃんの注意をひきつける効果があります。 言葉のわからない赤ちゃんでも、ママの語りかけにこたえようとする動作が活発になります。 知っておきたい赤ちゃんの歯ぐずり対策 生後5~6ヶ月になり歯が生え始める兆候が見られると、赤ちゃんは機嫌が悪くなったり、夜泣きをするようになります。 これをといって、歯ぐずりがはじまると歯茎がむずがゆいので、しきりに触ったり、泣くこともあります。 歯ぐずりは、どの赤ちゃんも必ず通る道で、特にこれが効く!という対処法はないのですが、歯ぐずりが始まったら、歯固めや専用のおもちゃを噛ませてあげると、赤ちゃんの気持ちが落ち着くことがあります。 歯茎を冷やすと不快感が軽減されることから、濡らして冷蔵庫で冷やしておいたガーゼを噛ませてあげるのも効果的です。 また、乳歯が生えてから磨きを始めるのが一般的ですが、歯ぐずりの赤ちゃんに柔らかい赤ちゃん用のゴム歯ブラシを噛ませてあげると、歯の不快感を軽減させることが出来るのと同時に、歯磨きの習慣もつけることにもつながります。 離乳食の遊び食べに要注意! 赤ちゃんがお口をブーブーさせることによって、唇をブルブルさせたり、よだれをブクブクさせたりすることが楽しくて仕方なくなると、気をつけたいのが離乳食の遊び食べです。 離乳食を食べている途中でお口をブーブーさせたり、口の中の食べ物を飛ばしたりすることがあります。 ママとしては、家事や上の子のお世話などで忙しい中、たびたび遊び食べをされるとイライラしてしまいますが、遊び食べは、子供が成長していることの表れのため、頭ごなしに叱らない方がいいでしょう。 ただし、きちんと食べるように言い聞かせることが大事。 赤ちゃんもはっきりは分からなくても、ママの表情を見て、これが良くないことだと理解できるはずです。 それでもやめない場合は、思い切って食事を片づけてしまいましょう。 何回か繰り返すうちに、赤ちゃんも「お口ブーブーすると片づけられる!」と理解できるようになるはずです。

次の

赤ちゃんの口臭いのはなぜ!?原因と対処法教えます

赤ちゃん 口 が 臭い

【赤ちゃんの口臭】酸っぱいニオイの原因と予防・対策• 観覧数: 37794 Views• 更新日: 2015年10月19日 赤ちゃんにも口臭が!口が酸っぱい臭いになるのはなぜ? 赤ちゃんは、良い匂いがするイメージがありますが、実はそうとは限りません。 口臭が強くなることもありますし、体臭がきつい・頭が臭いというケースもあります。 「赤ちゃんの口が酸っぱいニオイがする」「赤ちゃんの口臭が生臭い」など、赤ちゃんの口の臭いを心配するママは多く、「病気なのではないか!?」と、小児科で相談するママもいるようです。 赤ちゃんなのに口臭が強くなってしまうのはどうして? にんにくなどの食べ物が原因の口のニオイは、一時的なものですから、時間が経てば自然に消えます。 しかし、口臭が続いているのならば何らかの原因があると言えるでしょう。 赤ちゃんの口臭の主な原因に、「口呼吸」と「舌の汚れ」が挙げられます。 【口呼吸】で赤ちゃんの口が臭くなる!? 生まれたばかりの赤ちゃんは、口呼吸ができません。 鼻呼吸のみです。 小さな赤ちゃんは、鼻水が出たり鼻づまりになったりすることが多いですが、口呼吸ができないので、鼻の通りを良くしてあげなければ、呼吸がしにくくて苦しくなってしまいます。 成長とともに口呼吸ができるようになりますが、 鼻づまりなどによって口呼吸になると、口腔内の乾燥を招き、口臭が強くなってしまいます。 口呼吸によって口が臭くなるのは、赤ちゃんに限らず大人も同じですし、幼児期にも多いです。 口の中が乾燥することによって、口の中に存在している細菌が繁殖し、不快な臭いを生じます。 口の中の細菌とは? 赤ちゃんの口の中に細菌がいると聞くと、「自分の虫歯菌が移ってしまったのではないか」と考えるママも少なくありません。 しかし、口の中には虫歯や歯周病の原因となる細菌だけでなく、さまざまな細菌が存在していて、大人の口の中には数百種類の細菌が存在するとされています。 細菌と聞くと、悪さをするものをイメージする人も多いかもしれませんが、口の中の細菌のバランスを保って健康維持に役立つ細菌もいますので、細菌の存在に対して、過剰に心配しすぎる必要はないでしょう。 口呼吸の悪影響 口呼吸は、口臭の原因となるだけでなく、次のような悪影響があります。 虫歯・歯周病になりやすくなる 口の中が乾燥することによって細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。 風邪を引きやすくなる 口から吸いこむよりも鼻から吸い込んだ方が粒子を除去することができるため、口呼吸の方が病気の原因となるウイルス・細菌が体内に入りやすくなってしまいます。 歯並びが悪くなりやすい 出っ歯になりやすくなります。 悪い歯並びが原因で口呼吸になる場合もあります。 顔つきがボケッとした感じになる 口がポカンと開いた状態となり、ぼけっとした印象の顔つきになりやすいです。 赤ちゃんの口呼吸対策 口呼吸ができるようになる時期は、個人差がありますが3ヵ月頃からと言われています。 また、 卒乳の頃から口呼吸になってしまう子が増えるとされています。 赤ちゃんが口呼吸になってしまうのを防ぐには、 鼻づまりをなるべく解消してあげることが必要でしょう。 鼻が詰まって、口で呼吸しなければならない状態が続いてしまうのは良くないでしょう。 また、口周りの筋肉が鍛えられていなければ口呼吸になりやすいため、離乳食を始める際には よく噛む習慣をつけてあげることが大切でしょう。 舌や口腔内の汚れが原因で口が酸っぱいニオイに! 歯が生えてきたら、赤ちゃんも歯磨きが必要になります。 しかし、歯が生えていない時期は、口の中のお手入れをしないママが多いようです。 歯がありませんから虫歯になることはありませんが、日々母乳やミルクを摂取しているため、舌や口腔内が汚れている場合もあります。 舌には小さな突起がたくさんあり、その隙間に汚れが溜まります。 ミルクや母乳のカスが、舌に付着して口臭の原因になる場合もあるのです。 舌が白くなっている場合には、ガーゼを湿らせて舌の汚れをふき取ってあげると良いでしょう。 舌はデリケートな部分なので、やさしく行うことが大切です。 歯がなくても口の中のお手入れは必要? ミルクや母乳を摂取しているので、赤ちゃんの口の中は汚れます。 口臭が気になる場合には、湿らせたガーゼを指に巻きつけて、かるく汚れをふき取ってあげましょう。 口の中のお手入れによる効果 口の中のお手入れをすることは、赤ちゃんの口臭を予防・改善できるだけでなく、歯が生えて歯磨きが必要になった時にもメリットがあります。 歯磨きを嫌がる赤ちゃんは多いのですが、口の中を触れられることに慣れていないということも一つの原因と言えます。 歯が生える前から 口の中のお手入れに慣れておけば、歯が生えてからの歯ブラシの導入もスムーズになると言えるでしょう。 よだれで口の中がキレイになります 赤ちゃんはよだれがたくさん出ます。 服を汚してしまったり、スタイを頻繁に交換しなければならなかったり…赤ちゃんのよだれに悩まされているママも少なくないでしょう。 しかし、 よだれには口の中を清潔に保つ作用があるのです。 唾液には、口の中の汚れを洗い流したり、細菌の繁殖を防いだりする働きがあります。 赤ちゃんは、口の中に溜まった唾液を飲み込むことができませんから、服を汚してしまったりすることもありますが、よだれがたくさん出ているのは悪いことではないのです。 赤ちゃんの口臭の原因が病気である可能性 口臭を引き起こす病気もありますが、 内臓の病気で口臭が強くなっているならば、機嫌が悪い・泣き止まないといった様子がみられるでしょう。 赤ちゃんが機嫌良く過ごせているのであれば、内臓などの病気を心配する必要はないと言えます。 鼻づまりが続いているならば、 風邪や 副鼻腔炎などの可能性は否定できないため、小児科や耳鼻科で相談すると良いでしょう。 もちろん、赤ちゃんは鼻の穴が小さい・鼻腔が狭いといった理由で、鼻づまりになりやすいですから、他の症状や鼻水の色などもみながら判断してあげることが大切でしょう。 鼻水が長期間続いている・熱がある・機嫌が悪い・食欲がないなど、他に何らかの症状がある場合には病院を受診すると良いでしょう。 副鼻腔炎 副鼻腔炎の特徴は、鼻水の色が黄色っぽくなるという点です。 鼻水が膿のような色になって驚くママも少なくありません。 慢性化する場合もあるので適切な対処が必要になるでしょう。 「蓄膿症」は、慢性化した副鼻腔炎のことです。

次の