アイヌ 民族 支援 法。 アイヌ新法とは?問題点や共産党との関係、在日韓国人のなりすまし?

社説:アイヌ支援法が成立 多様な歴史性育むために

アイヌ 民族 支援 法

シャクシャイン時代の北海道 アイヌとはで「人間」を意味する言葉で、もともとは「」(自然界の全てのものに心があるという精神に基づいて自然を指す呼称)に対する概念としての「人間」という意味であったとされている。 世界の民族集団でこのような視点から「人間」をとらえ、それが後に民族名称になっていることはめずらしいことではない。 これが異民族に対する「自民族の呼称」として意識的に使われだしたのは、( 、 シサム・シャモ )とアイヌとの交易量が増加した末から初めにかけての時期とされている。 アイヌの社会では、本来は「アイヌ」という言葉は行いの良い人にだけ使われた。 丈夫な体を持ちながらも働かず、生活に困るような人物は、アイヌと言わずに ウェンペ(悪いやつ)と言う。 地域によって文化や集団意識が異なり、北海道太平洋岸東部に住したアイヌは「」と称し、同様に太平洋岸西部のアイヌは「」(シュムは西を意味する)、千島のアイヌは「クルムセ」もしくは「ルートムンクル」などと呼ばれるなど居住地域ごとに互いを呼びわけていた。 大和民族(和人)は、アイヌのことを「 」、期には「 土人(その当時は純粋に「土地の人」や「地元の人」の意味で用いられた言葉であったが、近代の以降には次第に侮蔑感とともに使われるようになったとされる )」とも呼び、「 アイノ」(=アイヌ)と呼んでいた。 その他にも一般的には「アイヌ人」「アイヌの人々」「アイヌ民族」など様々な呼び名があり、歴史的文書にも色々な言い方がされている。 ウタリ [ ] ウタリの本来の意味は、アイヌ語で人民・親族・同胞・仲間であるが 、長年の差別の結果、「アイヌ」という言葉に忌避感を持つ人が多いことから、アイヌを指す言葉として用いられることがあり、行政機関の用語としても長年使われてきた。 蝦夷 [ ] 詳細は「」を参照 の「蝦夷征伐」など、からの歴史に登場する「蝦夷」、あるいは「」に登場する「山人(ヤマヒト)」をアイヌと捉える向きもあったが、アイヌと古代の蝦夷との関連については未だに定説はなく、日本史学においては一応区別して考えられている。 東北の蝦夷(えみし)は和人により古代から征討の対象とされ()、平安時代後期までには東北地方北端まで平定され和人と同化した。 東北地方は弥生時代から稲作文化が流入していた一方、アイヌ語地名も散見され、古墳時代にアイヌが寒冷化により東北地方に南下するなど、歴史的にも和人、アイヌの混交の地であったとも考えられている。 以降、アイヌを蝦夷(えぞ)、北海道・樺太をと称してきた。 北海道、樺太は遅くとも平安時代末に和人の定着が見られるまでは、多種多様な種族部族のアイヌが分散、集落での対立が多く、統一した民族ではなかった。 また、文字が無く、どのような統治状態なのか全く分かっていない。 また、中国東北部の民族からはアイヌは 骨嵬(クギ)などと呼ばれてきた。 歴史 [ ] 「」を参照 人類学的にはの縄文人と近く、約3万8千年前に海を渡った本州以南との交易も行われた。 以南で農耕文化の弥生時代が始まったころ、北海道ではの続縄文文化が継続。 と緊張状態にあった続縄文人からの要請を受け、の介入(の)が見られた以降 、東北地方から石狩低地帯への古墳文化人の子孫の移住が見られ、これをきっかけにが始まる。 移住者たちはや祭祀に用いる語彙などの痕跡を残したが、地元人と同化したとみられている。 その後、にあった擦文文化を基礎に、オホーツク文化との文化を摂取してアイヌ文化は生まれたと考えられている。 擦文文化やオホーツク文化はアイヌ文化に影響を与えている。 遅くとも末ころから道南に和人の定着が始まり、の存在した13~14世紀になると、農耕も開始された。 またアイヌからオロッコと呼ばれたともアイヌは交易していた。 には道南でが生じ、勝利した蠣崎氏が台頭した。 蠣崎氏を祖先としたはアイヌとの交易を独占し、アイヌから乾燥・・獣皮・の羽(矢羽の原料)・海草を入手し、対価を鉄製品・・・などで支払っていた。 また、から伝わったなどの衣服を当初はアイヌを介し輸入した()。 北千島を除き、が敷かれ、アイヌの有力者をに任命。 アイヌは身分に位置づけられていた。 の後には、交易はアイヌにとって不利な条件となった。 江戸幕府はロシアからの軍事圧力に対抗して蝦夷地をとした。 幕末、によって、アイヌも和人も分け隔てなく対策のを行い、同時にアイヌの呼称は「蝦夷」から「土人」に改称された。 これは当時、純粋に「土地の人」や「地元の人」の意味で用いられた言葉である。 熊を檻から引き出し、ロープをかけて広場に連れ出す。 右から、熊の世話係だった女性が従う。 (元年)の当時のとのにより、当時のの下 、一部が国民とされた。 2年()、蝦夷地はと改称され、同時に開拓が本格的に開始される。 や一般の農民が次々と入植し、和人の人口が増加した。 戸籍制度において、アイヌの人々は日本国の「」とされるが、や、など、アイヌ伝統の文化は「陋習」とみなされた。 には女子の入墨と(故人を弔うためその家を焼く風習)が禁止される。 同時に「旧土人学校」(アイヌ学校)が各地に設立され、教育は日本語で行われた。 1875年、アイヌはにより和人に土地の所有権を奪われて移住を余儀なくされた上、動物の減少を防ぐために伝統な狩猟、漁撈も制限され 、生活も困窮の道をたどる。 対策として、政府は1899年にを施行し、無償医療の提供、冬季生活資料の給付、土地の無償下付や農具の給付など、様々な救済措置を実施した。 しかし北海道は元来、農地に適していない土地が多く、また充分な農業指導が行われなかったため、アイヌの生活改善は遅れた。 身体的特徴と遺伝子 [ ] 身体的特徴 [ ] アイヌは旧石器時代のシベリア南部の集団に由来するとする研究もある。 アイヌは周囲のと大きく異なるに似た形質を持っており、人種的には アイノイド(Ainoid)と呼ばれる。 ()などのモンゴロイドと比較して、北海道アイヌは次のような特徴をもつ。 皮膚の色は、黄色みの乏しい明褐色• 新生児の仙骨部の皮膚の(児斑、)がまれ(11%)• 体毛が比較的太く、長い• 頭毛が波状を呈し、断面形が扁平• 脳頭蓋の前後径が大きく、頭長幅示数が長頭に近い中頭型(76. 6%)• 顔高が低く、頬骨弓幅が広い• 眉稜、鼻骨の隆起が強く、目はくぼみ、上瞼は二重瞼が多く、が少ない(5%)• が発達し、癒着型は少なく、遊離型がほとんど(95%)• は湿型が非常に多い(87%)• 歯の咬合型式は鉗子状が多い• 身長はと比べると低く、体の比例は上肢長、下肢長が相対的に長く、胴の長さが比較的短い• 手のは渦状紋が比較的少なく蹄状紋が多い 以上に挙げた特徴は、北海道アイヌ、樺太アイヌ、千島アイヌにもほぼ共通して認められるが、樺太アイヌは北海道アイヌに比べてやや顔高が大きく、千島アイヌはやや低身で短頭という傾向がある。 頭毛の形状、体毛の発達、瞼の形態、指紋型や湿型耳垢の頻度などでは、、、などとの共通性が認められるが、様々な遺伝子の研究により、アイヌは遺伝的にこれらの人種とは隔たりが長く、東アジアのモンゴロイドと系統的に最も近いことがわかっている。 アイヌがモンゴロイドでありながら他人種に似たような形質的特徴を示すのは、アイヌが新モンゴロイドのを獲得していない、すなわち現生人類の祖先形質を残しているためである。 形質的には(アイノイド)に属すとされ、またもアイノイドに属していたと考えられる。 ただし、以来、アイヌは他のモンゴロイドに比べて、彫りが深い、体毛が濃い、四肢が発達しているなどの身体的特徴を根拠として、人種論的な観点からに近いという説が広く行き渡っていた時期があった。 20世紀のアイヌ語研究者の代表とも言えるも、この説の影響を少なからず受けてアイヌ論を展開した。 これまでアイヌの起源論については・比較解剖人類学・・・などからアプローチされてきたが、近年解析が進み、遺伝的にはコーカソイドではなく、モンゴロイドの系統に属することが判明している。 [ ] かつてアイヌはコーカソイドではないかと考えられていたことがあるように、縄文人も形質的にコーカソイドに類似するとの研究 もあるものの、の分野では、化石人骨が比較的多く見つかっていると日本列島の旧石器時代人との類似を指摘する研究が多い。 他の30人類集団のデータとあわせて比較しても、日本列島人(アイヌ、琉球人、和人)の特異性が示された。 これは、現在の東アジア大陸部の主要な集団とは異なる遺伝的構成、おそらく縄文人の系統を日本列島人が濃淡はあるものの受け継いできたことを示している。 アイヌ集団にはニヴフなど和人以外の集団との遺伝子交流も認められ、これら複数の交流がアイヌ集団の遺伝的特異性をもたらしたとされる。 アイヌにはATLのレトロウイルス()が日本列島内でも高頻度で観察される事から、の血が濃く残っていると考えられる。 アイヌ人の父系系譜を示すの構成比については、日本列島固有のが87. ハプログループD1a2aは日本列島以外ではほぼ確認されず、縄文人特有の系統であったと考えられている。 HLA IおよびHLA II遺伝子、ならびにHLA-A、-B、および-DRB1遺伝子頻度の遺伝分析では、アイヌをアメリカ大陸の先住民族、特にトリンギット島などの太平洋岸北西部沿岸の人口に関連性が高いとされた。 アイヌといくつかのネイティブアメリカングループの主な祖先は、シベリア南部の旧石器時代のグループにさかのぼることができると示唆されている。 ゲノムワイドなSNPデータ比較を使用した遺伝学的研究により、アイヌには独特の特徴があり、現代の他の東ユーラシア人とは異なる部分があり、その違いは、ヨーロッパ人において顔面の特徴を決定づける遺伝子だということがわかった。 アイヌは旧石器時代のシベリア南部の集団に由来するとする研究もある。 北海道縄文人集団 [ ] 母系の系統を表すの系統解析から、北海道の縄文時代人・続縄文時代人の母系系統の頻度分布は、本土日本人を含む現代東アジア人集団の母系系統の頻度分布と大きく異なることがわかっている。 また、による以前の東北地方の古墳時代人には、北海道の縄文人・続縄文人に多くみられる遺伝子型が観察されることから、東北地方の縄文人も北海道の縄文人・続縄文人と同じ系統に属する可能性が指摘された。 これを受けて東北地方縄文時代人のDNAと北海道縄文時代人のDNAが比較され、北日本縄文人の遺伝子型の中心となっているのはハプログループN9bおよびであることがわかった。 北海道縄文人集団には、、D10、G1b、の4種類のが観察されている。 このうち、N9bの頻度分布は64. N9bは下流域の先住民に高頻度で保持されている。 また、D10はアムール川下流域の先住民にみられる。 G1bは、主ににみられるのサブグループで、先住民に高頻度でみられるが、現代日本人での報告例はない。 オホーツク人・カムチャツカ半島先住民族との関連 [ ] 「」、「」、「」、「」、および「」を参照 近年の研究で、オホーツク人がアイヌ民族と共通性があるとの研究結果も出ている。 ()起源とされるはごろ北海道に南下したがごろ姿を消している。 、北海道で発見されたオホーツク文化遺跡の人骨が、現在では樺太北部やの河口一帯に住むに最も近く、またアムール川下流域に住む、さらに現在に暮らす、とも祖先を共有することがDNA調査でわかった。 また、オホーツク人のなかに縄文系には無いがアイヌが持つ遺伝子のタイプである遺伝子が確認され、アイヌとオホーツク人との遺伝的共通性も判明した。 北海道大学教授(考古学)は「アイヌは縄文人の単純な子孫ではなく、複雑な過程を経て誕生したことが明らかになった」とコメントした。 北大准教授は「オホーツク人と、同時代の続縄文人ないし擦文人が通婚関係にあり、オホーツク人の遺伝子がそこからアイヌ民族に受け継がれたのでは」と推測した。 この北大研究グループは、アイヌ民族の成り立ちに続縄文人・擦文人と、オホーツク人の両者がかかわったと考えられると述べた。 諸説 [ ] 自然人類学の中には(特に日本人(和人)の学者の中には)「アイヌも本土日本人も、縄文人を基盤として成立した集団で、共通の祖先を持つ」とする学者もいた [ ]。 また日本人(和人)の側に立って日本人(和人)を研究する研究者であり、「南方系の縄文人、北方系の弥生人」という「二重構造説」で知られるは、「アイヌも和人も縄文人を基盤として成立した集団で、共通の祖先を持つが、本土人は、在来の縄文人が弥生時代に大陸から渡来した人々と混血することで成立した一方、アイヌは混血せず、縄文人がほとんどそのまま小進化をして成立した」と主張した(2009年 )。 また「アイヌは、大和民族に追われて本州から逃げ出した人々ではなく、縄文時代以来から北海道に住んでいた人々の子孫 」と主張した。 文化 [ ] 「」を参照 アイヌの宗教はに分類されるもので、動植物、生活道具、自然現象、疫病などにそれぞれ「ラマッ」と呼ばれる魂が宿っていると考えた。 この信仰に基づく儀礼として、「神が肉と毛皮を携えて人間界に現れた姿」とされる熊を集落で大切に飼育し、土産物を受け取った(殺した)上でその魂を持つ()を天界に送り返す儀式がある。 祭壇はヌサとよばれ、の頭骨が祀られた。 キリスト教 (・)に住むはの神父コウンチェウスキーによって、最初にに改宗する者が出た。 北千島には聖堂が建てられ、ロシア人宣教師は狩猟民族であったアイヌと一緒の生活を送り、季節毎に島々を移動した。 1800年代には、北千島の千島アイヌ160人全てが正教徒になっていた。 その後、北千島は日本の領土になったが、国力の乏しい当時の日本にとって生活物資の補給は大変困難であり、の官吏が北千島の住民を説得しに移住させた(『千島巡航日記』)。 色丹島に移住した千島アイヌに対して最初僧侶が改宗を試みたが失敗した。 その後、政府に雇われたロシア正教会の神父が色丹島を訪れ、色丹島のアイヌ人はこれを歓迎し、手厚くもてなした。 また、アイヌの父として知られる聖公会の宣教師は自身の遺稿の中で、アイヌが和人との混血が急速に進んでいることや、アイヌの子供が和人と同様に教育を受け、法の下に日本人となっていることから「一つの民族として、アイヌ民族は存在しなくなった 」と記述している。 建築 [ ] のの職員。 沿岸地方の伝統衣装・ルウンペを着用する アイヌの伝統衣装はアミプと呼ばれ、特にやの樹皮から取った繊維で織った生地で仕立てた衣装をと呼ぶ。 仕立てはに似ているが、筒袖で衽(おくみ)が無い。 装飾として、木綿の生地をし、さらにを施すが、模様は北海道各地に系統だったものが存在する。 道南地方、特に沿岸地方では長方形に裁断した綿布をアップリケして刺繍した「ルウンペ」。 では紺地の綿布に白い綿布をアップリケして、曲線を多用した模様を描いた「カパㇻミㇷ゚」がある。 また、綿布の流通が乏しかったの上流部やでは、生地に直に刺繍することで模様を描いた「チヂリ」が存在する。 さらに繊維用の森林資源にも乏しかったでは、鳥の皮で作られた外套「チカㇷ゚ウㇽ」がある。 江戸時代中期以降は、和人との交易で入手したやが、儀礼用の衣装として着用された。 [ ] アイヌは伝統的に文字を使用せず、生活の知恵や歴史はすべて口承で伝承された。 口承文芸としては(散文の昔話)や(叙事詩)がある。 明治時代、アイヌ出身のがローマ字表記のユーカラと日本語訳を併記して紹介した『アイヌ神謡集』を出版したほか、が長大なユーカラ研究を発表している。 現在、保存運動によって若手の語り手が育成されている。 古式舞踊 [ ] 祭事や祝宴などで演じられた伝統的な踊りで、「ウポポ(歌)」に合わせた「リムセ(輪舞)」がよく知られている。 地域によって曲目や舞い方は異なる。 に国のに指定され、にのに登録。 また、を用いた剣の舞もある。 言語 [ ] 「」および「」を参照 アイヌの言語であるは上は、に属する日本語とは異なり、に分類されとは系統が全く異なる。 北海道、樺太、千島列島に分布していたが、現在ではアイヌの移住に伴い日本の他の地方(主に首都圏)にも拡散している。 しかし母語話者は極めて少なくなっており、ユネスコによって2009年2月に「極めて深刻」 critically endangered な消滅の危機にあると分類された、である。 危険な状況にある日本の8言語のうち唯一最悪の「極めて深刻」に分類された。 系統的には「」とされており、の言語をそのまま残しているという説がある。 を持たない民族であったが 、北海道はもとより、北部にもアイヌ語地名が多数残っていることから、かつては分布域が東北北部まで広がっていたと考えられている。 地理 [ ] 北海道のアイヌ人の分布地図 1999年 は、記録上最大26800人であったが、とされて以降は感染症の流行などもあって減少した。 のロシアによればアイヌ語を母語とする1,446人がロシア領に居住していた。 現在、ではアイヌ人の項目はなく、国家機関での実態調査は行われていないに等しい。 そのため、アイヌ人の正確な数は不明である。 の北海道庁の調査によると、北海道内のアイヌ民族は23,782人 となっており、支庁(現在の振興局)別にみた場合、・支庁に多い。 なお、この調査における北海道庁による「アイヌ」の定義は、「アイヌの血を受け継いでいると思われる」人か、または「婚姻・養子縁組等によりそれらの方と同一の生計を営んでいる」人というように定義している。 また、相手がアイヌであることを否定している場合は調査の対象とはしていない。 調査で道内に77,000人という調査結果もある。 日本全国に住むアイヌは総計20万人に上るという調査もある。 この結果を裏付ける他の研究はない。 北海道外に在住するアイヌも多い。 の調査では在住アイヌ人口が2,700人と推計された。 の東京在住ウタリ実態調査報告書では、東京周辺だけでも北海道在住アイヌの1割を超えると推測されており、首都圏在住のアイヌは1万人を超えるとされる。 日本・ロシア国内以外にも、にはの末裔がいると1992年に報道されたが、の末裔ではないかとの指摘もある。 一方、アイヌ研究の第一人者で写真や蝋管など膨大な研究資料を残したポーランドの人類学者がの女性チュフサンマと結婚して生まれた子供たちの末裔は日本にいる。 2017年の調査では、道内のアイヌ人口は約1万3000人となっている。 これは2006年の2万4000人から急激に減少しているが、これは調査に協力しているの会員数が減少したことと、への関心の高まりから、調査に協力する人が減っていることが挙げられ、実際の人数とは合致しないと考えられている。 現在 [ ] アイヌの夫婦(1930年代) 現在の日本政府が日本の先住民として認識しているのはアイヌのみである。 アイヌ居留地は存在しないが、釧路、、等をはじめとする「全道各地」に多数が居住するほか、やでは観光名所としてアイヌが存在する。 平成18年の北海道の調査によれば、かつて差別を受けたことがあるかという問いに、はい、と答えた人が16. アイヌとして生活する者が周囲から差別的に扱われる順番として、第一に義務教育課程でアイヌ文化を扱った授業を受けた時、第二に婚姻・結婚、次に就職など社会に出た場合、とされる。 中でも義務教育時代に受けた差別は普遍的な経験になっている、とされる。 明治以降はとの通婚が増え、両親がともにアイヌであるアイヌは減少しているが、大和民族との通婚が増えている理由としては1980年代前半に二風谷のアイヌ調査で、和人によるアイヌ差別があまりにも激しいため、和人と結婚することによって子孫のアイヌの血を薄めようと考えるアイヌが非常に多いと指摘している。 アイヌと和人の両方の血を引く人々の中にも、著名なエカシ(長老)の一人である 生 のように、アイヌ文化の保存と発展に尽力する者は少なくない。 また、浦河町のエカシである細川一人 生 は、和人の両親から生まれたが幼少時に父親と死別し14歳の時に母親がアイヌの男性と再婚したためにアイヌ文化を身につけたという。 長い間、和人による差別や蔑視をうけた事により、アイヌであることを肯定的に捉える人は少なく、和人への同化とともに出自を隠す傾向が強かった。 しかし、近年は自らがアイヌであることを肯定的にとらえる傾向も、徐々にみられるようになってきた。 北海道以外に住むアイヌ民族の活動も盛んになってきており、世界中の先住民族との交流も行われている。 アイヌのなりたちをめぐる諸学説や諸論点 [ ] 縄文・続縄文・擦文文化 [ ] 「」も参照 アイヌの祖先は北海道在住のであり、、を経て、擦文文化人がや、に展開したオホーツク人を排除・混血しながら北海道や樺太南部に広がりの形成に至ったという説がある。 この説は、アイヌの熊送りの儀式が北海道縄文人や東北地方には見られず、当時のオホーツク人などをはじめユーラシア大陸の狩猟民族の典型的な宗教文化であることと符合する。 また、熊送りについては諸説あり、縄文時代に行われたに由来し、弥生時代以降に対象動物が熊に置き換わったとする説もある。 弥生時代以降、熊毛皮は本州方面への出荷品となっていたという。 擦文文化消滅後、文献に近世アイヌと確実に同定できる集団が出現するまでの経過は、考古学的遺物、文献記録ともに乏しく、その詳細な過程については不明な点が多い。 これまでアイヌの民族起源や和人との関連については・比較解剖人類学・・・などからアプローチされ、に残るアイヌ語の痕跡、文化(など)、言語の遺産(、東北方言にアイヌ語由来の言葉が多い)などから、祖先または文化の母胎となった集団が東北地方にも住んでいた可能性が高いと推定されてきた [ ]。 近年 解析が進み、縄文人やとのDNA上での近遠関係が明らかになっている。 また、アイヌは、をはじめ流域に住むとの関連も強く示唆されている。 以降の民族形成については、人(と推定されている )のなどに代表される北方文化の影響と、渡島半島南部への和人の定着に伴う交易等の文物の影響が考えられている。 アイヌと先住民族に関する論点 [ ] 「」および「」を参照 1950年代のアメリカ合衆国での権利主張が取り上げられるようになり、日本でも権利回復運動が行われた。 、施行によっては廃止された。 しかし、このアイヌ文化振興法ではアイヌをと認定されなかった。 またによるアイヌ民族共有財産の返還手続きに対してが行われたが、2006年に最高裁で原告敗訴が確定した。 に国連総会で採択されたを踏まえて、、アイヌを先住民族として認めることを政府に求める国会決議が衆参両院とも全会一致で可決された。 北海道アイヌ協会が北海道の区域外に居住するアイヌ認定事業 をアイヌ政策関係省庁連絡会議申合せ に基づき実施している。 その際には、や、除籍謄本等を判断資料としている。 にが国会に提出した「先住民族の定義及びアイヌ民族の先住民族としての権利確立に向けた政府の取り組みに関する第3回質問主意書」に対し、5月20日の政府答弁書で「アイヌの人々は、いわゆる和人との関係において、日本列島北部周辺、取り分け北海道に先住していたことは歴史的事実であり、また、独自の言語及び宗教を有し、文化の独自性を保持していること等から、少数民族であると認識している。 」と答弁している(ただし「先住民族」との認識ではない)。 6月6日には、衆参両院の全会一致で「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」がなされた (ただし、「求める決議」で「認める決議」ではない)。 一方で、『』などの著作で知られる文化人類学者は、その著作の中で繰り返し、アイヌを日本の先住民族(indigenous group)と書いている。 2009年12月、「先住民族アイヌの権利回復を求める団体・個人署名の要請」が行われた。 2019年4月19日、が成立し、同月26日公布された。 同法1条の目的規定において「この法律は、日本列島北部周辺、とりわけ北海道の先住民族であるアイヌの人々の誇りの源泉であるアイヌの伝統及びアイヌの文化(以下「アイヌの伝統等」という。 )が置かれている状況並びに近年における先住民族をめぐる国際情勢に鑑み、アイヌ施策の推進に関し、基本理念、国等の責務,政府による基本方針の策定、民族象徴共生空間構成施設の管理に関する措置、市町村(特別区を含む。 以下同じ。 )によるアイヌ施策推進地域計画の作成及び内閣総理大臣による認定、当該認定を受けたアイヌ施策推進地域計画に基づく事業に対する特別の措置、アイヌ政策推進本部の設置等について定めることにより、アイヌの人々が民族としての誇りを持って生活することができ、及びその誇りが尊重される社会の実現を図り、もって全ての国民が相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に資することを目的とする。 」と規定され、法制上アイヌの人々が北海道の先住民族であることを明記した。 同法に基づき、国有林野におけるアイヌにおける儀式の実施その他アイヌ文化の振興等に利用するための林産物の採取について共同使用権の取得に関する規定、内水面さけ採捕事業についての及び上の許可の配慮規定などが設けられるにいたった。 2018年12月、ロシアの大統領は、クリール諸島(北方領土を含む千島列島)などに住んでいたアイヌ民族をロシアの先住民族に認定する考えを示した。 アイヌ先住民族認定と保護政策に対する意見の食い違い [ ] 8月に選出ので所属の金子快之 がで「アイヌ民族なんて、いまはもういないんですよね。 せいぜいアイヌ系日本人が良いところですが、利権を行使しまくっているこの不合理。 納税者に説明できません」とアイヌ民族は今は存在しないと受け止められる書き込みを行っていたことが判明 、アイヌの団体などから批判され、自民党の市議会会派から除名された後、同9月に市議会からは議員辞職勧告決議 をうけた。 金子は、がアイヌ民族の認定を独占的に行っていることに対し「アイヌ民族であることを法的に証明する手段が現状存在しない」とし、「アイヌ民族であることを『証明』しているが「アイヌの血を受け継いでいる『と思われる』人」という曖昧な基準で認定しており出自がアイヌでなくとも養子や婚姻といった手段で認定してもらえればアイヌとしての優遇措置を受けられる、北海道アイヌ協会自体に数々の『不正行為』が存在しているなどを市役所の決算から市議会で告発した。 アイヌの文化や歴史自体を否定するものではないとし、アイヌに様々な苦労があったことを認めつつも、利権の問題には今後も取り組んでいくと述べた。 しかし一方で除名処分に際し『アイヌ民族は先住民族』とした国会決議の内容は認めない」との趣旨の発言があったとされ、また発言も撤回していない。 その後の金子は辞職を拒否して保守系無所属の市議となり、札幌市のアイヌ政策に関する「官製談合」が存在したとして市議会で追及した後 、2015年の札幌市議選では東区選挙区から再選を目指したものの、落選した。 ただし官製談合そのものは実際に何度も行われている事が判明している。 札幌市役所は市民へ謝罪した。 墓地の盗掘と遺骨返還 [ ] 北海道や千島、樺太の開発と学術調査が本格化した明治以降、国内外の民族学者や考古学者らが、アイヌを含む北方先住民族のをして、遺骨を乱雑に扱ったり、国外に持ち出したりした例があった。 では1995年に「」が発覚。 北大は学内で保管するアイヌの遺骨 16人分 を、日本政府のガイドラインに沿って子孫ら祭祀継承者へ渡す「アイヌ遺骨等返還室」を2015年4月に設置した。 またの学術団体「人類学・民族学・先史学協会」(BGAEU)は2017年7月31日、ドイツ人旅行者のゲオルク・シュレジンガーが1879年に札幌市内のアイヌ墓地から持ち出したアイヌの遺骨1体を、在ベルリン日本で北海道アイヌ協会へ返還した。 この遺骨は8月2日に北海道大学のアイヌに納められた後、同月4日に慰霊祭(イチャルパ)で供養される予定である。 画像 [ ]• を行う男性たち() 博物館、資料館 [ ]• (札幌)• 札幌市アイヌ文化交流センター サッポロピリカコタン• (旭川)• (民族共生象徴空間)(白老)2020年開業予定(旧名:) 関連団体 [ ]• 関連作品 [ ]• 『』(コミック)( 1974-1976) 明治初期の北海道を舞台にした漫画作品。 とアイヌ 小学館版学習まんが人物館 知里幸恵銀のしずく記念館,• 『』1,2(コミック)(1992,1993),• (格闘ゲーム)(1993- )• 『』(コミック、アニメーション)(のちに、1998-) 漫画作品。 『』(コミック、アニメーション)( 2015-) 明治末期の北海道や樺太を舞台にした漫画作品。 アニメ化もされている。 (テレビドラマ)(2019年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 例えば、「イヌイット」はカナダ・エスキモーの自称であるが、これはイヌクティトゥット語で「人」を意味する Inuk の複数形、すなわち「人々」という意味である。 また、以前、に居住した民族は、の史書では「」と記載されているが、これは自らを「我(ワ)」と呼んだためとする説がある。 他にも、や、などにも、民族名に「人」の意が含まれる。 当時、アイヌは和人のことを「シサム」「シャモ」と呼称していた。 シサムは隣人という意味のアイヌ語で、シャモはその変化形の蔑称または「和人」のアイヌ読みともいわれる。 義務化されたのは国語、算数、体育、農業の4種目であった。 毒矢と網の使用禁止、禁猟区と禁猟期の設定。 他の7言語は、が「重大な危険 severely endangered 」、、、、、が「危険 definitely endangered 」に分類されている。 (大正12年)に出版されたのでは、その発音を、で表記するなどの工夫がされている。 1970年、兵庫県生まれ。 卒業後、1998年から北海道に在住し、2011年の市議会議員選挙で公認で初当選した後、同年4月から自民党に所属していた。 出典 [ ]• 2018年4月20日閲覧。 櫻井義秀 北海道大学アイヌ・先住民研究センター編『現代アイヌの生活と意識 : 2008年北海道アイヌ民族生活実態調査報告書』 2010年3月刊行• 浪川健治 『日本史リブレット50 アイヌ民族の軌跡』 山川出版社、2016年(1版6刷)、6頁。 日本大百科全書 ニッポニカ 『』 -• 縄文土器の文様は、長い長い年数をかけてゆっくりと変化してゆき、「後期縄文土器」の文様は、その後の時代の「アイヌ」の人々が用いている文様と酷似しており かなり直接的に、連続的に繋がっている。 2008年10月15日放送、NHK「その時、歴史は動いた」神々のうた 大地にふたたび~アイヌ少女・知里幸恵の闘い~、北海道大学大学院教授 小野有五。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『』 -• 東京新聞 TOKYO Web. 2020年2月1日閲覧。 毎日新聞. 2018年7月21日. 坂田美奈子 『歴史総合パートナーズ5 先住民アイヌはどんな歴史を歩んできたか』 清水書院、2018年、50頁。 『デジタル大辞泉』• 2009年-2013年度放送 「 日本史」 第20回 「海外交流の実態 〜4つの窓口〜」の『4つの窓口』より。 講師 琉球大学准教授。 2013年3月29日, at the. 2013年3月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月15日閲覧。 日沼頼夫 1998 『日本農村医学会誌』, 1997-1998 , 46 6 , 908-911• 田島等 "Genetic Origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages" 2004年• Tokunaga, Katsushi; Ohashi, Jun; Bannai, Makoto; Juji, Takeo September 2001. "Genetic link between Asians and native Americans: evidence from HLA genes and haplotypes". Human Immunology. 62 9 : 1001—1008. doi:10. PMID 11543902. Jinam, Timothy A. ; Kanzawa-Kiriyama, Hideaki; Inoue, Ituro; Tokunaga, Katsushi; Omoto, Keiichi; Saitou, Naruya October 2015. "Unique characteristics of the Ainu population in Northern Japan". Journal of Human Genetics. 60 10 : 565—571. doi:10. 2015. ISSN 1435-232X. We also report several SNP loci that are highly differentiated between the Ainu and the Mainland Japanese. These include two genes associated with facial structure in Europeans. 安達登・篠田謙一・梅津和夫・松村博文・大島直行・坂上和弘・百々幸雄 2005 北海道伊達市有珠モシリ遺跡出土人骨のミトコンドリアDNA多型解析. 「DNA多型 vol. 13」所収、日本DNA多型学会・小林敬典編、東洋書店、pp. 242-245. asahi. com 朝日新聞社. 2009年2月4日. の2015年12月28日時点におけるアーカイブ。 2019年3月16日閲覧。 どうしんウェブ 北海道新聞社. 2009年6月18日. の2009年6月20日時点におけるアーカイブ。 2019年3月16日閲覧。 オホーツク観光連盟. 2018年11月10日閲覧。 『ハリストス正教徒としての千島アイヌ』Malgorzata Zajac• 2014年1月12日中日新聞朝刊サンデー版1面• 2014年12月13日, at the. , 文化庁• 朝日新聞 2009年2月20日. 2014年3月29日閲覧。 「昭和21年(1946年)12月19日、東京でデレヴャンコ中将と日本における連合国軍最高司令官代表ポール・J・ミューラー中将が、ソ連領とのその支配下にある地域からの日本人捕虜と民間人の本国送還問題に関する協定に署名した。 協定では、日本人捕虜と民間人はソ連領とその支配下のある地域から本国送還されなければならない、と記されていた。 日本市民はソ連領から自由意志の原則に基づいて帰還することが特に但し書きされていた。 」(ネットワークコミュニティきたみ・ [ ] 平成17年1月15日発行)• 2019年3月16日閲覧。 2019年3月16日閲覧。 Poisson, B. 2002, The Ainu of Japan, Lerner Publications, Minneapolis, p. 「しかしアキヅキトシユキは実際には1975年の樺太・千島交換条約の際に千島に住んでいた90人のアレウト族の末裔だったのではないかと推測している。 そのアイヌがどこのだれのことを示しているのかということに関してそれ以上の情報はでてこなかった」 David L. Howell. University of California Press. 2014年7月13日閲覧。 小坂洋右『流亡: 日露に追われた北千島アイヌ』北海道新聞社、1992年。 [ ]• 2018年8月27日. 2018年9月7日閲覧。 菊地千夏. 北海道大学 アイヌ・先住民研究センター. 2019年3月16日閲覧。 西浦宏巳『アイヌ、いま-北国の先住者たち』新泉社、1984年• さとうち藍『アイヌ式エコロジー生活:治造エカシに学ぶ、自然の知恵』小学館、2008年、130ページ• 首相官邸 2006年6月6日. 2017年12月19日時点のよりアーカイブ。 2013年10月24日閲覧。 参議院. 2019年3月16日閲覧。 All About 2008年6月10日. 2008年10月24日閲覧。 2014年9月4日, at the. 首相官邸. 2019年3月16日閲覧。 SANKEI DIGITAL INC.. 2015年8月8日閲覧。 おんな組いのち. 2019年3月16日閲覧。 2018年11月10日閲覧。 2014年8月17日, at the. 毎日新聞 2014年8月17日• 2014年8月17日• 産経ニュース. 2015年4月13日. の2015年4月14日時点におけるアーカイブ。 2015年4月18日閲覧。 : 札幌市議会 金子やすゆき ホームページ 2014年8月16日• 2014年9月10日• 金子のサイト、「特集・アイヌ利権」より。 2015年7月4日時点のよりアーカイブ。 2019年3月16日閲覧。 北海道大学ホームページ. 2017年8月2日閲覧。 「アイヌ民族の遺骨 海外から初の返還」『』朝刊2017年8月1日 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2018年11月)• 『アイヌの本』別冊宝島EX 1993年• 国立科学博物館 2008年3月7日. 2019年3月17日閲覧。 国立科学博物館 2010年2月20日. 2019年3月17日閲覧。 『増補 アイヌ民族抵抗史 アイヌ共和国への胎動』三一新書• 荒野泰典 2012年7月19日. nippon. com. 2019年3月17日閲覧。 『エゾの歴史 北の人びとと「日本」』講談社選書メチエ 1996年• 『アイヌの碑』朝日文庫 1990年• nippon. com. 2019年3月16日閲覧。 2009年2月26日. 首相官邸. 2019年3月17日閲覧。 地域研究委員会 人類学分科会 2011年9月15日. 日本学術会議. 2019年3月17日閲覧。 2020年6月12日閲覧。 2017『朝鮮人とアイヌ民族の歴史的つながり』 )• 『先住民アイヌの現在』朝日文庫 1993年• 『アイヌ民族』朝日文庫 2001年• 2016『家族写真をめぐる私たちの歴史: 在日朝鮮人・被差別部落・アイヌ・沖縄・外国人女性』• 『アイヌ民族と日本の歴史』三一新書 1996年 関連項目 [ ]• - アイヌ出身者• - アイヌを題材にした、• - アイヌの人口統計が含まれている。 外部リンク [ ]• - 北海道新聞• - 2012年6月18日の北海道新聞朝刊• 『』 -.

次の

アイヌがアイヌとして生きていける社会へ

アイヌ 民族 支援 法

文化の継承や地域振興を後押しするアイヌ民族支援法が成立した。 1997年に制定されたアイヌ文化振興法に代わるものだ。 アイヌの人々は北海道を中心に独自の文化を形成してきた。 明治維新以降に始まった開拓で、土地資源や狩猟、漁労といった生業を奪われた。 困窮に追い込まれ、いわれなき差別を受けた。 文化的にも、アイヌ語が制限されるなど、同化政策が推し進められ、大きな打撃を受けた。 支援法はそういった苦難を強いられてきたアイヌの支援を目的としている。 この法律の意義は初めて「先住民族」として明記されたことだ。 政府が当時の政策の誤りを正し、多様な文化を尊重する共生社会の実現を目指すのは当然だ。 ただし課題は残る。 先住権の問題だ。 2007年に国連総会で採決された「先住民族の権利に関する国連宣言」は、収奪された土地の原状回復や補償などを明記している。 ニュージーランドや北欧などでは先住民族の権利回復が進む。 日本では、国連宣言の翌年に衆参両院で「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」が採択された。 だが、支援法に先住権は盛り込まれなかった。 先住権をどう具体的に考えるかは確かに難しい問題だ。 しかし、「国連宣言の趣旨を踏まえ」という支援法の付帯決議にもあるように、引き続き検討していくべきではないか。 北海道アイヌ協会が求めてきた個人への生活支援や教育支援も見送られた。 居住地域を対象に実施した道の生活実態調査(17年)では、アイヌの人々の大学進学率が居住地域に比べ低い。 生活保護受給率は減少しているものの、格差は残る。 支援策の拡充が求められる。 独自文化の維持、振興の拠点となる「民族共生象徴空間」(北海道白老町)の管理も柱だ。 中核区域には「国立アイヌ民族博物館」が来年4月にオープンする。 豊かなアイヌ文化を未来へ引き継ぎたい。 訪れる国内外の人々に触れてもらう意義は大きい。 同時にアイヌの人々が歩んできた苦難の歴史と現状を理解する場にもしたい。 多様性を包摂するところに社会の豊かさもある。

次の

アイヌ新法が成立 「先住民族」と初めて明記:朝日新聞デジタル

アイヌ 民族 支援 法

アイヌ支援新法が成立 【アイヌ支援新法が成立】 アイヌ民族の誇りを尊重し、必要な支援策を盛り込んだ新法が19日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。 法律として初めてアイヌを「先住民族」と明記。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 【アイヌ新法 きょうから出発】 アイヌ民族を法律で初めて「先住民族」と明記したいわゆるアイヌ新法が成立した。 北海道アイヌ協会の理事長は「きょうから出発できる。 歴史の大きな1ページ」として、画期的な出来事と評価した。 — Yahoo! この反対した14人の名前と所属会派を知りたいですね。 つぎの選挙のためにも。 反対した議員はこちら。 浅田 均• 東 徹• 石井 章• 片山 大介• 片山 虎之助• 儀間 光男• 行田 邦子• 清水 貴之• 高木 かおり• 中山 恭子• 藤巻 健史• 松沢 成文• 室井 邦彦• 山口 和之 棄権した議員はこちら。 石井 苗子 参照: なお、自民党の青山繁晴議員は賛成に投票した。 青山繁晴先生、まる! <アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律案> さすがです! — カルロストシユキの動画 CarlosBlueFilm 賛成派議員のツイート アイヌ新法成立!採決を傍聴してくれた北海道アイヌ協会の加藤理事長らと喜びを分かち合いました。 私も公明党北海道開発振興委員長として法案成立に尽力。 「先住民族」を明記し、アイヌ施策を振興するために全国で活用できる交付金の創設などが定められました。 — 横山信一 gagomeyokoyama 反対派議員のツイート アイヌ新法が衆院国交委を通過。 日本国としての国家観や歴史観も、そもそも曖昧なアイヌの定義も、税金無駄遣いの箱物も、不正だらけアイヌ協会に認定委任の不確かな状態も全てがグダグダ。 今の大阪自民のダメダメな状態放置といい最近の自公政権は大丈夫か。 反対派自民議員は何やってんねん、ほんま。 — 丸山ほだか maruyamahodaka アイヌ新法に賛同的なツイートまとめ アイヌ民族共同体のメンバーがアイヌ民族 アイヌ新法が成立しました。 条文にはまず「北海道の先住民族であるアイヌの人々」とあります。 「誰がアイヌなのか」については法律ではふれられていません。 国連の先住民族の権利宣言を参考にすることになるでしょう。 つまり、アイヌ民族共同体のメンバーがアイヌ民族である、ということです。 — 丹菊逸治 itangiku 先住民族としての誇りを主張するのは当然 大和民族の誇りを声高に主張する人々には、自分らの先祖が2千数百年前に日本列島に渡来し、先住民を追い払った後に住む侵略者であることを知ってか知らずか、アイヌ・熊襲・隼人・琉球などの先住民を差別し見下す、悪い一面がある。 アイヌの人々が先住民族としての誇りを主張するのは当然のこと。 — 秋野春彦 akinoharu3 アイヌの先住民族否定説は「権利宣言」に違反 先住民族の権利宣言第8条、同化を強要されない権利。 この権利に対しアイヌの先住民族否定説は抵触するのは覚えておく。 — みつ tonomistu 附帯決議が重要 アイヌ新法 参議院国交員会附帯決議の四。 「あわせて、本法第4条の規定に踏まえ不当な差別的言動の解消に向けた実効性のある具体的措置を講ずること」。 — Mark Winchester/マーク・ウィンチェスター archerknewsmit 二もまた重要です。 「先住民族の権利に関する国際連合宣言」の趣旨を踏まえるとともに、我が国のアイヌ政策に係る国連人権条約監視機関による勧告や、諸外国における先住民族の状況にも留意し、アイヌの人々の権利保護に関する施策の更なる検討に努めること。 」 — Mark Winchester/マーク・ウィンチェスター archerknewsmit 最後まで諦めなかったひとたち 途中までしか読めないですが。 「欠陥法」なのは重々承知で、このひとは何かしたんですかね。 「アイヌ新法」はアイヌの先住権を葬る欠陥法 — 杉田聡|論座 — 朝日新聞社の言論サイト — C. 「欠陥法」を、少しでもよくしようとしたひとたち。 この記事に入っているのは皮肉だね。 — C. ロビイングして、ヘイトスピーチは第4条違反だって答弁を聞いて、先住民族宣言の趣旨を踏まえ、という付帯決議がついたのを、聞いてる背中。 — C. お疲れさまです。 アイヌ新法の成立、自身、道民ですが何ら関わりがありません。 法律で新たなトラブルが生まれないこと、本来恩恵を受けるべき人が受けられずに苦しむことがなければいいです。 アイヌの文化、習慣、当たり前のように受け入れてきました。 差別意識もなく、学んできました。 — 鳳水 budounomi1994 杉田水脈氏がヘイト発言 杉田水脈氏の数々のヘイト発言、科研費叩きなどに対し言いたいことは山ほどありますが、私がいちばん許せないのは、2016年国連に民族衣装を着て参加した3人のアイヌ女性を「コスプレおばさん」「日本の恥晒し」とブログに書いたことです。 — 香山リカ rkayama 日本非モテ史の一コマ 東京書籍「新編 新しい社会 歴史」のアイヌ関連の記述 「先住民であるアイヌの人々は土地や漁場をうばわれただけでなく、アイヌ民族の伝統的な風習や文化などを否定する同化政策が進められました」 その政策を別の教科書で比較。 これで日本国民は、明瞭に単一民族だではないと法的に認めたことに。 >アイヌ新法が成立 「先住民族」と初めて明記:朝日新聞デジタル — kurakukento kurakukento1 画期的なこと 長い年月がかかったものの、アイヌの歴史においては画期的なことではないかな。 — 小浜 崇宏 kohamatk 良いこと これは良いことですね。 国連にも日本にも「先住民族」の定義が無い中での暴挙である。 今後、我々は同法を厳しく監視し続けねばならない。 粘着すればするほどアイヌ問題とチュチェ思想研究会との繋がり、パヨク界隈との繋がりが明白になり、お里が知れ渡っております。 魔法の言葉(=「ウソだ、デマだ」)を言えば事実を否定できるとでも思ったんでしょうか?愚かな、、、 — 上念 司 smith796000 こちらも拡散お願いします。 アイヌ民族学校のモデルは朝鮮学校!!こわ!! — 上念 司 smith796000 「自主の会」の尾上健一氏の本に、アイヌに浸透します宣言が出ております。 アイヌ問題などに介入して、それを隠れ蓑に勢力を広げる気満々なんです。 沖縄の反基地闘争も利用されております。 私とは考えの違う人でも、外国勢力を排除すべき点では一致できますよね。 私も北海道議会議員時代、アイヌ政策とチュチェ思想の関係を高橋はるみ知事に議会で質しましたが知事はにやけているだけでした。 因みに、内閣官房長官を座長とする「アイヌ政策推進会議」の作業部会メンバーの札幌大学教授の本田優子氏は北大生時代にはチュチェ思想研究会の代表です。 — 小野寺まさる onoderamasaru アイヌ協会が問題 チュチェ思想なんざどうでもよい。 アイヌ協会という補助金裏金私利私欲、ゴリゴリ被差別利権団体が問題なんだよ。 新法でアイヌ民族が激的に増えるだろうね。 呆れる。 さんから — 鎖骨迷子 sakotumaigo たかり体質 が 案を策定するにあたり参考にした「アイヌ」の意見 ・アイヌだけの年金を ・東京にも生活館を作れ ・アイヌブランド確立の支援 ・アイヌ差別をしてきた人を罰しろ ・自決権くれ etc. 6にあるように、 に作られる とは「アイヌ民族文化財団」なる団体が国からの補助金と入場料や物販の売上収入を吸い上げる場であり、、、 の天下り先という巨大な利権の城。 これに百億以上の我々の税金を使います。 アイヌ協会が認定したら「アイヌ」なのですから。 鈴木知事を応援していた菅官房長官はアイヌ協会とも関係がある一方,知裕氏も何も考えずに協力を示唆することを語っていましたし。 — アルテミス 電波塔 pokematrix1988 自民党が売国法を通した さて、また自民党が売国法を通したぞ。 アイヌ新法の制定に躍起になってたのは、ヘイトスピーチ対策法にも大賛成した菅義偉のバカだ。 こんな奴を官房長官にした安倍晋三も安倍晋三だ! 菅義偉を「令和おじさん」と呼んで持ち上げる人の気が知れない。 「反日おじさん」と呼ぶのが相応しい。 インバウンドに命綱を預けた日本。 |山岡鉄秀(AJCN代表) & 和田憲治(OTB代表)のTSJ1|OTB — 山岡鉄秀 jcn92977110 にわか仕立ての観光資源 国会議員はこの問題の本質を理解しているのか?日本の名誉よりも、にわか仕立ての観光資源を優先しているのが明らかだ。 左翼メディアの格好の餌食に自らなろうとしている。 朝日新聞の次なる標的は「アイヌ侵略」で間違いない — ライブドアニュース — 山岡鉄秀 jcn92977110 「アイヌ」と言えば何でも有り法案 衆議院本会議で賛成多数で可決された「アイヌ新法」が、チュチェ思想研究所の尾上健一の著書の中の「アイヌの運動における基本課題」に記述された通りに運んでいることに恐ろしさを感じる。 アイヌ新法の法文関係者はチュサッパ(主思派)かと疑いたくなる。 次は参議院。 参議院で否決して欲しいのに、野党のやってることは、辞職大臣の責任究明と総理の任命責任を問うこと。 参議院が反対しなきゃ、こんなものに年間10億円が使われ反日資金に… 野党、しっかりしてよ💢 野党の存在感、示してよ。 — 水原 麻衣 Aahi69Mai 誰でも申請したらなれる だからなんでLGBTの人だけに特別枠で日本人の税金を投入しないといけないんだよ。 そしてその金を何に使うんだよ。 それこそ普通の日本人と特別扱いしてるじゃないか。 ちゃんと私が納得する説明してみろよ。 他の日本人と皆と同じがいいんだろ。 差別は嫌だが、金は貰おうとはそれは道理が通らない。 — アメリカから見た👀日本 yamatogokorous LGBTの方々は普通に仕事をしているし、特別視する事自体が差別です。 税金投入をしろと言ってる人達はLGBTをどうやって判別するつもりなのか?その方法も確立されていないのに税金投入なんて言ったら、なりすましLGBTが殺到するのでは?アイヌ利権みたいに食い物にされるのが落ち。 — yaya0139 joliechat2 「申請した人をアイヌ人と、アイヌ協会が決めます」って。。 は?!誰でも申請してしたらなれるの? こんな事も知らない国会議員も多いだろうな。 無茶苦茶だよ。 — アメリカから見た👀日本 yamatogokorous 150億円が自称アイヌに なんで俺達の納めた税金が、150億円も自称アイヌにいくんだよ💢 は憲法14条違反! アイヌ新法反対を政策に明記し、選挙演説したのは だけ! アイヌ支援法案を閣議決定。 先住民族と明記 — familiar wanko48514 国土交通省・公明党の利権 そもそも何故アイヌ新法やアイヌ政策の統括省庁が国土交通省になるんだよ? 衆議院国土交通委員会の国交省のおトボけ具合と委員のレベルの低さに唖然。 世紀の悪法になるでだろう「アイヌ新法」の危険性には誰も触れず。 唖然とする。 — 小野寺まさる onoderamasaru 文科副大臣は浮島とも子氏か…。 安倍首相一人ではどうにもできないほど官邸が誰に支配されようとしているのか?そこに焦点を絞る報道が今後必要となる。 — 西村幸祐 kohyu1952 公明党もこの利権に絡んでいると云う事でしょうか。 — Toshi Kita paraiso3568 公明党がアイヌ利権に絡んでいるか否かは知りませんが、少なくとも「日本人を馬鹿にし日本分断のキッカケになりかねない危険な法案を、何の思慮もせずに強引に制定させようとする政党」だとは断言できます。 — 小野寺まさる onoderamasaru なるほど!なぜアイヌ新法みたいな変なのが通ってしまうのか、なあんだ国土交通省=創価学会の利権、なのか。 歴代の国交大臣は全部公明党だ。 そういうことか。 — ピクシー 日本人でよかった pixie10ole 私が「アイヌ民族はもういない」とつぶやいたとき、最初に噛み付いてきたのが公明党の阿知良寛美議員です。 「公明新聞のノルマが苦しい」って泣き付いて来たとき、助けてあげたのになあ、、、。 の提示を要求させていただきます。 以下は公明党過去マニフェストですが、そのように言われる表記はありませんよ? — 不言実行なのだ!!! ですので の提示を求めました 確かに公明党は学会から生まれましたが、その事は直接この発言とは関係ないと思いますよ😊 それに小野寺氏に求めてます😊 — 不言実行なのだ!!! 色々なジャーナリストの方々が警鐘を鳴らしていましたから直ぐに分かりますよ?それすら調べないで何様ですか? — 小野寺まさる onoderamasaru お返事ありがとうございます😊 私は常々貴方のツイートを賛同RTさせてもらっていますので誤解なきようお願いします🙇 アイヌ新法に関わる事を言われているのでしょうが私が気になるのはその下の文言です。 一大臣の言動を党全体の意見との誤解を生みかねないので。 友党ですから自公共闘を基本姿勢としてほしいと思います🙇 — 不言実行なのだ!!! 何の話をしているんですか? — 小野寺まさる onoderamasaru ご返信感謝いたします🙇 それに関しては了解しています。 「大臣が推し進めている」は、公明党の過去マニにも書かれていない内容なので『内閣の方針』で、党とは直接関係ない話になる事です🙇 — 不言実行なのだ!!! 訂正してお詫びいたします🙇 — 不言実行なのだ!!! つまり、公明党は「」内にある様な政党ではないし誤解を与える可能性があるので訂正しては? と言う事です🙇 — 不言実行なのだ!!!

次の