佐々木 小次郎。 佐々木小次郎(剣)

【黒騎士】佐々木小次郎(巌流一閃)の評価とスキル

佐々木 小次郎

タグ 聖徳太子 5分で知る偉人! 坂本龍馬 5分で知る偉人! 名言 フリーメイソン トーマス・グラバー 紫式部 清少納言 藤原道長 織田信長 家紋 武田信玄 上杉謙信 濃姫 福沢諭吉 千利休 一休さん 一休宗純 西郷隆盛 近藤勇 徳川家康 豊臣秀吉 徳川光圀 水戸黄門 土方歳三 新選組 明智光秀 本能寺の変 宮本武蔵 巌流島の戦い 佐々木小次郎 真田幸村 小野小町 ねね 細川ガラシャ お市の方 まつ 芳春院 浅井長政 芥川龍之介 夏目漱石 茶々 淀殿 初 江 石田三成 井伊直弼 和宮 北条政子 卑弥呼 東郷平八郎 天武天皇 中大兄皇子 天智天皇 蘇我入鹿 持統天皇 推古天皇 聖武天皇 中臣鎌足 大化の改新 源頼朝 源義経 勝海舟 高杉晋作 北条早雲 北条時宗 直江兼続 小野妹子 足利尊氏 室町幕府 後醍醐天皇 足利義満 伊達政宗 フランシスコ・ザビエル 井伊直政 島津義弘 毛利輝元 細川忠興 前田利家 保科正之 島左近 竹中半兵衛 黒田官兵衛 加藤清正 毛利元就 上杉景勝 新田義貞 二宮尊徳 二宮金次郎 斎藤道三 司馬遼太郎 本居宣長 豊臣秀頼 塙保己一 ヘレンケラー 徳川綱吉 徳川吉宗 大石良雄 天草四郎 大塩平八郎 小林一茶 新井白石 春日局 支倉常長 シーボルト 楠本イネ 黒田長政 親鸞 徳川秀忠 徳川家光 近松門左衛門 伊能忠敬 高野長英 井原西鶴 最澄 空海 平清盛 源義朝 松尾芭蕉 市川団十郎 杉田玄白 青木昆陽 関孝和 滝沢馬琴 行基 鑑真 桓武天皇 石川五右衛門 雪舟 柳沢吉保 都市伝説 藤原秀衡 北条時政 藤原定家 後鳥羽上皇 北条泰時 遠山景元 大岡忠相 江川英龍 緒方洪庵 今川義元 大友宗麟 松平定信 田沼意次 平賀源内 水野忠邦 徳川慶喜 チンギス・ハン フビライ・ハン マルコ・ポーロ 吉田松陰 出雲の阿国 狩野永徳 足利義政 楠木正成 世阿弥 観阿弥 宗祇 山田長政 菱川師宣 シャクシャイン ペリー 岩倉具視 三井高利 大久保利通 明治天皇 ハリス 樋口一葉 新渡戸稲造 沖田総司 伊藤博文 大隈重信 野口英世 板垣退助 井伊直虎 宮崎安貞 葛飾北斎 歌川広重 津田梅子 クラーク博士 陸奥宗光 田中正造 小村寿太郎 北里柴三郎 平塚らいてう 内村鑑三 森鴎外 与謝野晶子 滝廉太郎 高峰譲吉 黒田清輝 幸徳秋水 石川啄木 尾崎行雄 西園寺公望 犬養毅 吉野作造 原敬 島崎藤村 宮沢賢治 小林多喜二 市川房枝 マッカーサー 湯川秀樹 吉田茂 田中角栄 ネタ 前田利常 ペドロインファンテ イケメン ヤン・インゲンホウス 佐藤栄作 マレーネ・ディートリヒ ハー・ゴビンド・コラナ アラン・ペイトン 周有光 ケティ・フラド セルゲイ・エイゼンシュテイン モーツァルト ヴァージニア・ウルフ パウラ・モーダーゾーン=ベッカー アインシュタイン ジョージ・ピーボディ 猿橋勝子 ハナー・グラス マヤ・アンジェロウ マリア・フェリックス エミール・ベルリナー エジソン ジョルジュ・ルメートル クルト・マズア ドナルド・ブラッドマン オスカー・シュレンマー 橋本左内 アンケート いだてん 歴史クイズ タイラス・ウォン 三島弥彦 関ヶ原の戦い ド・レペ 藤田嗣治 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ クラリッセ ・リスペクトール テレサ・カレーニョ 田畑政治 高石勝男 薩長同盟 レフ・ランダウ 池田屋事件 君の名は。 瀬織津姫 イグナチオ・デ・ロヨラ お札 煕子 神社 神様 人気の偉人 忠臣蔵 吉良義周 赤穂事件 古代文字 豊臣秀次 土偶 埴輪 最上義光 長谷堂城の戦い 京極高次 戊辰戦争 細谷十太夫 外山脩造 河井継之助 長岡半太郎 会津藩家訓 庄内藩 酒井忠次 酒井玄蕃 大石内蔵助 仁科信盛 解体新書 夏目吉信 源頼政 織田長益 甲陽軍鑑 佐久間盛政 柴田勝家 会津藩 長州藩 宇喜多直家 木曾義仲 渋沢栄一 岡田以蔵 前田慶次 池田輝政 岡潔 松平定敬 松平容保 徳川茂徳 徳川慶勝 河野安通志 押川春浪 橋戸信 三島通庸 小栗忠順 吉田兼見 嘉納治五郎 古今亭志ん生 美濃部孝蔵 河上彦斎 五稜郭 松平乗謨 斎藤利三 明智秀満 相楽総三 キスカ島撤退作戦 木村昌福 樋口季一郎 足利義輝 豊臣秀長 織田信秀 佐々木只三郎 斎藤義龍 ブリュネ 榎本武揚 島津義久 島津歳久 小田氏治 島津家久 藤原不比等 林忠崇 斎藤龍興 稲葉一鉄 氏家卜全 氏家直元 佐竹義重 本多忠勝 歴史アンケート 石川数正 馬場信春 本多正信 徳川家茂 弥助 榊原康政 鳥居元忠 山本義路 山本帯刀 足利義教 関鉄之介 中川清秀 山本勘助 楢山佐渡 遠藤七郎 秋山真之 日露戦争 小山田信茂 深芳野 お船の方 石原莞爾 町野主水 愛姫 小田野直武 佐竹義敦 小林虎三郎 内ケ島氏 白川郷 ウィリアム・ラムゼイ卿 教師の日 水野勝成 ジョゼフ・プラトー 楠瀬喜多 ナイチンゲール 五郎八姫 伊達成実 ガロン 高松凌雲 義姫 イグナーツ 目次• 宮本武蔵と佐々木小次郎の色々な説。 謎が多い「巌流島の戦い」。 宮本武蔵と佐々木小次郎の年齢差の詳細、結末や勝者など、 いろいろな説について紹介していきますよ。 1 武蔵は戦いにめっちゃ遅刻した? 武蔵が決闘にめっちゃ遅刻した説。 これは「巌流島の戦い」の一番の通説になっていますよね。 しかし、これは どうもデタラメっぽいのです。 デタラメだと思う理由は、「決闘があったかなり後(150年くらい後)の書物に書かれたこと」です。 もっと古い書物らには遅刻したことは一切書かれていないし、いろいろある書物の中で、内容が全然違うので、そもそも信ぴょう性は低いのです。 では、 なぜ「武蔵、遅刻説」が通説になっているかというと、• 遅刻説をとりいれた、故・吉川英治先生の「宮本武蔵」という小説が大ヒットし有名になった。 江戸時代での歌舞伎で、この説をとりいれた。 これらが原因でしょう。 影響力が半端ではなかったのですね。 2 小次郎のトドメをさしたのは武蔵の弟子? 小次郎にトドメをさしたのは弟子説。 これは現場にいた、門司城代だった沼田延元の子孫がかいた(先代の書いたものを編集した?)書物から。 武蔵と小次郎はお互い、弟子を誰一人連れてこないで本当の1対1で戦うことを約束した。 まさに一騎打ち。 武蔵が電撃よりも速い一撃をいれ、小次郎は倒れ、武蔵が勝者となる。 実は武蔵は、隠して弟子たちを島へ連れて来ていた。 小次郎は気絶から回復し起き上がろうとするも、隠して連れて来ていた武蔵の弟子たちに袋叩きにされ撃ち殺される。 実は歴史マニアたちの間では、「これが一番信ぴょう性があるのでは?」と言われているのです。 3 小次郎はヨボヨボのおじいちゃんだった? 巌流島の戦いの時、小次郎はすでにヨボヨボのおじいちゃんだった説。 これは小次郎の人生について、詳細がはっきりしなさすぎなのがまず問題なのです。 武蔵は1584年生まれであることは史料から明確なのですが、小次郎についてはほとんど何も分かっていないのです。 そこで参考にするのが、小次郎が入門していたとされる道場。 この道場が盛んだったのが1560年ごろ。 (その道場は朝倉氏の領地で、1573年に朝倉氏は滅ぶ) 推測ですが、小次郎が道場に入門したのが1560年ごろで、その時15歳だったとしたら、 武蔵が生まれる頃には小次郎はすでに40歳になります。 「巌流島の戦い」時点での武蔵の年齢は、書物によってバラバラなのですが、一番若くて17歳。 老けて29歳。 武蔵が17歳でも、小次郎は57歳。 武蔵が29歳なら、小次郎は69歳。 ん~~~ヨボヨボではないにしろ、小次郎は初老を超えたおじいさんだったのでしょうか。 かなり年齢差がありますね。 武蔵は兵法家としてイケイケの年齢ですけどね。 4 そもそも佐々木小次郎は存在しない? 佐々木小次郎は存在しない説。 これは、 宮本武蔵の著書「五輪書」に小次郎が出てこないせいで言われています。 五輪書といえば、武蔵の兵法の極意をかいた本のことで、自伝でもあります。 それに大決闘と言われる「巌流島の戦い」のことがなにも書いていないのです。 そのせいで、「巌流島の戦いは、後の創作であり、そもそも佐々木小次郎という人物は存在しない」と一部で言われているのです。 こんな感じで諸説ある「巌流島の戦い」。 どれを見ても武蔵が正々堂々とは戦っていないことから、一部で「武蔵は卑怯だ」と言われています。 しかし、武蔵は「兵法家」であって「武士」とはまた違うのです。 負けの美学なるものは武蔵にはないのです。 兵法家・宮本武蔵についての詳細は、こちらの記事でわかり易く紹介しています。

次の

【巌流島の戦い】宮本武蔵と佐々木小次郎の年齢差、決闘の詳細や結末は?│れきし上の人物.com

佐々木 小次郎

出生が不明• 名前も詳細は不明• 出身については豊前国田川郡副田庄(現福岡県田川郡添田町)の有力豪族佐々木氏のもとに生まれたという説がある他、1776年(安永5年)に熊本藩の豊田景英が編纂した『二天記』では越前国宇坂庄浄教寺村(現福井県福井市浄教寺町)と記されており、秘剣「燕返し」は福井にある一乗滝で身につけたとされています。 生年は天正もしくは永禄年間とされています。 名前についても、号(別名)は岩流(巖流、岸流、岸柳、岩龍とも)となっているが、詳細は不明な点も多いです。 また、「小倉碑文」には、小次郎の名は「岩流(巖流)」としか書かれていないのです。 小倉碑文は、宮本武蔵の養子・宮本伊織が武蔵の菩提を弔うために、承応3年(1654年)に豊前国小倉藩手向山山頂に建立した、自然石に刻まれた碑文のこと。 文章に「佐々木」と初めて姓が登場するのが、宮本武蔵の死後130年も経った1776年に書かれた『二天記』が初めてでした。 それまでに佐々木と書かれた姓のの記録はなく、『二天記』が準拠した『武公伝』には、「小次郎」と書かれているのみ。 そもそも、『二天記』は宮本武蔵の伝記であり、 佐々木小次郎も宮本武蔵の物語の一登場人物として書かれてるだけに過ぎません。 本当に佐々木小次郎は実在したのか 『二天記』には巖流島での決闘時の年齢は18歳であったと記されていますが、このような記述は『二天記』の元になった『武公伝』にはなく、巖流が18歳で流派を立てたという記述を書き改めたものであります。 そのため、没年齢も不明です。 その名前すら、歌舞伎などの「佐々木」姓と、『二天記』の「小次郎」という名から佐々木小次郎という名になったようで、統一性もありません。 わかったのは、 小次郎にまつわる話のほとんどが吉川英治の小説に書かれたものだということです。 小説「宮本武蔵」を執筆するにあたり、吉川英治は、武蔵に関する多くの資料を集めて執筆したのです。 しかし、 小次郎に関する資料は漢文数行分しか資料がないといっています。 ヒーローにはライバルが必要です。 そのライバルとして創られたのが佐々木小次郎であり、そのヒントは『二天記』や歌舞伎の演目などが用いられています。 佐々木小次郎という人物はフィクションのなかの人物だったようです。 その後は武者修業のため諸国を遍歴します。 越前国(福井県)に立ち寄った際に、一条滝で会得した技が秘剣「燕返し」だといわれています。 また、先の『二天記』では、小次郎の出身は越前国となっており、そのためここで技を磨いたという説もあります。 燕返しがどのような技であったか、その詳細がわかる資料はないですが、有力なのは 「虎切り」という剣術がモチーフになったのではないかといわれています。 大太刀という刀身の長さが三尺(約90cm)以上の太刀を用い、相手の間合いの外で振り下ろします。 そこで相手は間合いに入ってくるので、振り下ろした刀を瞬時に返して切り上げるというもの。 当時の防具は「上からの打撃・斬撃」には十分に考慮された形だったが、下からの攻撃には無防備だったのです。 この技は、 ただでさえ長くて重い太刀を、瞬時に切り上げるだけの腕力が必要であり、そのことから小次郎がいかに腕利きの剣客だったかがわかります。 なお、技の名前についてはその動きが燕が地面を掠め飛ぶ様を連想させるから付けられたものと考えられています。 後に「岩流」と呼ばれる流派を創始しました。 小倉藩の剣術師範となっています。 スポンサーリンク 宮本武蔵への挑戦 1612年(慶長17年)、この「岩流」は剣豪宮本武蔵に挑戦します。 武蔵と九州小倉の「舟島」で決闘したことは有名である。 前出の「小倉碑文」によれば、「岩流」は「三尺の白刃」を手にして決闘に挑み、武蔵は「木刀の一撃」でこれを倒したとあります。 このときの武蔵の必殺の一撃は「電光が遅く思えるほどの速さ」と表現されています。 また碑文には「両雄同時に相会し」とあり、武蔵は遅刻をしてはいません。 また武蔵の伝記である『二天記』では、「岩流」は「佐々木小次郎」という名になっていて、この決闘で刃長3尺余(約1メートル)の野太刀「備前長船長光 びぜんおさふねながみつ 」、通称「物干し竿」を使用、武蔵は櫂を削った2尺5寸と1尺8寸の木刀2本を使い、これを破った書かれています。 一説には武蔵は事前に小次郎の剣術を知っていたともいわれ、相手の大太刀が振り下ろされた瞬間を狙って木刀を振り落としました。 小次郎の燕返しは刀を返してこそ完成するので、それすらさせなかった武蔵の剣術を讃えています。 武蔵と決闘した「舟島」は「巖流島」と名を変えられ、この勝負はのちに「巖流島の決闘」と呼ばれるようになりました。 佐々木小次郎の名は死後に有名になった 小次郎の名は、没後になって大きく広まることになります。 武蔵の死後130年経った1776年に書かれた『二天記』を始めとして、歌舞伎の『敵討巖流島』に登場する「佐々木巖流」、さらにその名を日本中に広く知らしめたのは吉川英治の小説『宮本武蔵』です。 この小説は1935年から1939年まで朝日新聞に連載されたものだが、今の我々が知るエピソードのほとんどがこの作品に描かれているものです。 吉川英治原作の小説「宮本武蔵」では、小次郎は、元服前の少年のような前髪立を残した美青年として描かれているが、この 決闘時の年齢は、宮本武蔵が20代で 佐々木小次郎が60歳近くだったといわれています。 実は、吉川英治原作の「宮本武蔵」が世に出るまで、小次郎は歌舞伎に登場する荒唐無稽な冒険を行った架空の人物という評価もあり、さらには歌舞伎の題材も武蔵の敵討ちの相手が小次郎とされました。 この演目が流行った江戸中期は、敵討を題材にした歌舞伎の演目や小説などに人気があありました。 そのため、内容も創作で敵討ちの決闘にされたのです。 なお、この時期は、歌舞伎で演じられる忠臣蔵が人気だった時期と重なります。 まとめ.

次の

佐々木小次郎は実在したのか調べてみた【巌流島の戦い】

佐々木 小次郎

謎過ぎて、名前すら本当か分かっていない 佐々木小次郎は、その存在が謎過ぎて名前すら本当か分かっていません。 生まれた年もはっきりしておらず、生まれに関しても福井もしくは福岡のふたつの説があり、はっきりしていないのです。 小次郎は剣術の腕前がとても優れていると言われていますし、もし毛利家に仕えていたのなら、放浪するよりも毛利家で武勲がたてられてたのでは…という気もしますが、なにせ彼の存在が謎だらけなので、何とも言えません。 彼が編み出したという「燕返し」という剣の技は有名ですよね。 もちろん「巌流島」についても謎だらけ… 宮本武蔵と一騎打ちをして負けたと言われる小次郎なのですが、もちろんこれについても謎が満載です。 そもそも、この「巌流島の戦い」で小次郎は70歳、武蔵は20代だったと言われ、戦いが成り立つのか?という指摘もあります。 もちろん、この説さえもただの一説であり、他にもいろんな説があります。 「敗者」の記録はいいようには残されない現実 正直言って、小次郎に関しては実在したのかどうかも分かりません。 ただ、実在したとしてもこの時代は「勝ったものが良く描かれる」ということが多いので、敗者である小次郎のことが曲げられて伝えられている可能性も否定できないのです。 いつの日か、小次郎に関する新しい資料が出てくることを願うばかりです。 佐々木小次郎の家紋は「隅四ツ目結」紋 佐々木小次郎が使用していた家紋は、「隅四ツ目結」という家紋です。 これは、「鹿子絞り」と呼ばれる染め方でできるデザインを家紋にしたもの。 こうして家紋が伝わっているということは、小次郎が実在した可能性の大きなヒントになります。 「佐々木」という名字の人の多くが、この家紋を使用しているそうすが、小次郎は果たしてどこで生まれたのでしょうか。 スポンサードリンク 他にもあるぞ!超人気家紋コンテンツ.

次の