企業型dc 退職。 退職したら確定拠出年金はどうなる? 状況により異なる対応が必要に

DC制度移行の留意点|確定拠出年金(企業型DC)|ろうきんの企業年金に係る役割発揮宣言|労働金庫連合会

企業型dc 退職

(写真=PIXTA) 企業年金とは、要するに退職金であると考えることができます。 ひと昔前の企業年金、つまり退職金は勤続年数に応じていくらと支払われる金額が決まっていました。 このように、受け取る金額があらかじめ決められた年金のことを確定給付型企業年金といいます。 確定給付型企業年金は、年金の掛け金を準備するのも運用するのも会社が責任を負うため、運用がうまくいかなかった場合でも、約束した退職金を支払わなければならず、会社の業績を圧迫することがありました。 その結果、現従業員の給与に悪影響が出る場合があり、問題視されてきました。 そこで、会社の退職金制度として増えてきたのが、企業型確定拠出年金です。 この制度は、企業が決まった年金の掛け金を拠出しますが、運用を行うのは従業員自身です。 そして60歳以降にそれぞれの運用結果に応じた額を受け取ることになります。 会社側にとっては毎月一定の額を拠出すればいいので見通しが立てやすく、社員にとっても自分で資産の運用・管理をすることができるうえ、転職をしても自分の年金として継続(ポータビリティー)できるというメリットがあります。 一方で、自身で運用を行うため、人によって退職金に大きく差が出る可能性もあります。 企業型確定拠出年金で積極的に運用したい2つの理由 (写真=PIXTA) 運用益に税金がかからない 企業型確定拠出年金には大きく分けて、定期預金や保険商品などの元本確保型商品と、株式や債券などに投資する投資信託があります。 中でも企業型確定拠出年金で積極的に利用したいのは投資信託です。 その理由の一つとして、運用益に税金がかからないというメリットがあります。 例えば100万円で公募の投資信託を購入して運用した結果、120万円に増えたとします。 この場合、本来であれば利益20万円に20. 315%の税金がかかり、約4万円が差し引かれます。 そのため実際に受け取れる額は約116万円になりますが、企業型確定拠出年金で運用すれば運用益は非課税となりますので、20万円がそのまま利益になります。 自分で証券会社に口座を作り、同じ商品に投資をするのであれば、企業型確定拠出年金を利用して投資信託を購入した方が、効率的に資産を増やすことができます。 運用方針を変更しても手数料がかからない 例えば、これまでAとBという商品を買い続けてきたけど、これからはCとDの商品を買うように運用商品や比率を変更することを「配分変更」といいます。 企業型確定拠出年金でも、この配分変更には手数料がかからないので、気軽に運用方針を変更できます。 ただし、AとBの商品を売ったうえでEの商品を買う「スイッチング」を行うときは、それ自体には手数料はかかりませんが、売却する商品に途中解約の手数料がかかることがあるので注意が必要です。

次の

企業型DC転職・退職時のお手続きご案内サイト:三菱UFJ信託銀行

企業型dc 退職

<計算式>• 140万円という金額は、 年金の9ヶ月分以上に相当するわけです。 こうして考えると、けっこうな金額ですよね。 公的年金等所得に関するものにかかってくる、所得税、住民税、介護保険料、国民保険後期高齢者保険料の金額も、 所得額が増えれば増えるほど増えていきます。 年金所得者も会社員と同様、余計な税金を納めたくないのであれば、課税対象となる所得を減らす努力をする必要があるのです。 年金所得者のための節税対策4選 公的年金に関しては、基本的に決まった金額を受け取ることになるため、 節税のしようがないというのが実際のところです。 したがって、年金所得者のための節税対策でポイントになるのは、会社からの退職手当や、会社で加入している企業型確定拠出年金(以下、企業型DC)を 「どう受け取るか」です。 以下ではこのポイントを中心に、4つの節税対策を紹介していきます。 退職金は基本的に「一時受取」を選ぼう 退職金には「一時受取」と「年金受取」という2つの受取方法があります。 このうち年金受取は退職金を2%程度の利回りで運用してくれる点に大きなメリットがあります。 しかし税負担の観点から考えると、 一時受取で受け取るほうがお得になります。 というのも年金受取を選ぶと、公的年金等所得が増えます。 すると一時受取のときにもかかってくる所得税と住民税に加え、介護保険料、国民保険後期高齢者保険料も増額されるため、一時受取のときよりも 最終的な手取りが減ってしまうのです。 確かに一時受取の場合、定年退職後1年目で負担する税額は跳ね上がります。 しかし 長い目で見ると、そちらの方が得をする可能性が高いのです。 「一時受取+年金受取」で退職金の手取りを増やす 退職金は基本的に一時受取がお得です。 しかし退職金の金額が退職所得控除を大幅にオーバーする場合は、 一時受取と年金受取を組み合わせたほうが退職金の手取りが増えることがあります。 というのも、公的年金等所得には 控除制度があるからです。 例えば平成17年分から令和元年分までの公的年金等所得の控除は下表の通り定められています。 出典: 退職所得控除に加えて、この控除制度を利用することで、課税対象となる所得を より減らすことができれば、負担する税金も少なくて済むというわけです。 注意したいのは、この場合の公的年金等所得には、年金受取の退職金を受取期間で割った金額だけでなく、 厚生年金などの公的年金の支給額もプラスされているという点です。 そのため、毎年送られてくる「ねんきん定期便」の「見込み額」欄で、 おおよその公的年金の支給額を把握したうえで一時受取だけにするのか、一時受取+年金受取にするのかの判断をするようにしましょう。 企業型DCの受け取りは退職金との兼ね合いに注意! 企業型DCにも、退職金と同様に一時受取と年金受取という2つの受取方法があります。 そのため節税対策も退職金を受け取る際と 同じだと考えてもらってOKです。 しかし、注意するべき点があります。 それは各種控除制度の控除枠は、退職金と企業型DCで 共通しているということです。 ただし、これは退職金と企業型DCそれぞれに2,060万円ずつの控除が設けられているという意味ではなく、 合計で2,060万円という意味です。 これは公的年金等所得に対する控除でも同じ。 そのため、公的年金の支給額+退職金の年金受取額+企業型DCの年金受取額の合計をもとに税金が計算されることになります。 したがって企業DCの受取方法を決める際は、 退職金との兼ね合いをよく考えたうえで、最も控除制度を活用できる方法を選択する必要があります。 病院通いが多い人なら「医療費控除」も使える 定年退職後には、年齢のこともあって病院通いが増える人も多いはず。 もし年間を通じて10万円以上の医療費を使っているのであれば、 「医療費控除」の制度を使うことで節税できる場合があります。 医療費控除とは、支払った医療費が一定額を超える場合に、所得控除が受けられる制度です。 対象になる医療費は自分だけでなく、生計を一つにする配偶者やそのほかの親族のぶんも含められるため、 夫婦で年金生活を送っている場合は制度を利用できる可能性が高くなります。 控除額の計算式は以下の通りです。 <計算式> 実際に支払った医療費の合計額- 1 の金額 - 2 の金額 1 保険金などで補てんされる金額 (例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など (注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。 2 10万円 注 その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額 出典: なお、医療費控除を受けるには 確定申告が必要です。 具体的な方法についてはにてご確認ください。 まとめ 税金を支払うのは国民の義務です。 それは定年退職を迎えた年金所得者も同じです。 定められた金額の税金は支払わなくてはなりません。 しかし、本来払わなくても済む税金まで支払う義務は ありません。 老後の生活不安が大きくなってきている今の時代、必要以上の納税は避け、 蓄えにしておくべきでしょう。 ここで紹介した4つの節税対策は、そのための自衛手段です。 年金所得者自身はもちろんこと、 家族や親戚に年金所得者がいる場合、あるいは これから年金所得者になる人がいる場合は、余計な税金を支払わないで済むように、方法を教えてあげたり、手続きのサポートをしてあげたりしてください。

次の

企業型確定拠出年金は自分の退職金!ほったらかしだと受給額に差が出る事も

企業型dc 退職

個人型DC(ideco)との違い• 確定給付企業年金との違い• (1)会社が倒産しても老後資金を守れる• (2)掛金がそのまま控除できる• (3)運用益は非課税・給付時にも所得控除がある• (4)マッチング搬出でさらに節税できる• (5)会社の補てん責任はない• (1)60歳まで払出し、解約ができない• (2)事務手続きが必要• 中小企業向きの「総合型プラン」• 導入手続きの流れ• 企業型DC(企業型確定拠出年金)とは、会社が制度を導入して会社が掛金を拠出し、加入者本人(従業員)が運用し、原則的に60歳以降に本人が受給するという制度です。 ideco(個人型確定拠出年金)と同じように、運用時は非課税ですし、受給時一時金で受け取る時には「退職所得控除」、年金として受け取る時には「公的年金等控除」が適用されて、一定額までは非課税となるメリットがあります。 企業型DCとは 企業型DCとは、正式には「企業型確定拠出年金」といいます。 確定拠出年金とは、2001年に日本版401kとしてアメリカの制度を参考にして導入された国の制度です。 企業型DCは、企業が掛金を拠出して加入者(従業員)が運用して、運用益を老後の受給額として受け取ることができます。 従業員の運用成績によって、退職後に受け取る額が変わります。 つまり、従業員の運用がうまくいけば多額の給付を受けられることになり、うまくいかなかった場合は、給付額は少なくなります。 企業型確定拠出年金(以下、企業型DC)は、会社が従業員の老後資金として掛金を拠出する制度で、個人型確定拠出年金(以下、ideco)は、加入者個人が自身で老後資金のための掛金を拠出する制度です。 つまり、企業型と個人型の違いは、「掛金を誰が払うか」という点ということになります。 2017年から企業型DCのある人も、制度上はidecoと併用ができるようになりました。 しかし実際には、企業型DCの上限額を下げる規約の変更が必要となるため、実行する企業はまだまだ少ないのが実情です。 確定給付企業年金との違い 企業型DCは、会社が掛金を拠出搬出し、従業員が運用する制度でした。 これに対して、確定給付企業年金とは、会社が掛金を拠出し、運用・管理・給付までの責任を負う年金制度です。 会社が一括して運用・管理し、決まった額が加入者(従業員)に市は現れます。 将来の給付額は、企業が保証しているため確定していて、運用がうまくいかなかった時には、企業が補てんすることになります。 企業型DCのメリット 企業型DCの掛金は、掛金の拠出時(支払い時)、運用される掛金は非課税対象となります。 つまり、給与として扱われないので、税金も社会保険料もかかりません。 (1)会社が倒産しても老後資金を守れる 中小企業は大企業と比べると経営基盤が安定しておらず、会社の経営が不振になった場合には、社長の経営状況も大きく左右されます。 しかし、 企業型DCは、社長も役員も加入することができますので、会社の経営状況に関係なく老後資金を築くことができるわけです。 たとえ社長が自己破産をした場合でも、DCの資産は財産とみなされないので、差押えの対象となることもありません。 (2)掛金がそのまま控除できる 企業型DCの掛金は、給与として扱われないので、そのまま控除することができます。 つまり、 税金も社会保険料もかかりません。 会社から給与と同じように支払われているにもかかわらず、掛金から税金も社会保険料も引かれず掛金額をそのまま積み立てることができます。 さらに、会社が毎月拠出する掛金は、会計上「福利厚生費」として費用になるので、法人税法上は全額損金とすることができます。 (3)運用益は非課税・給付時にも所得控除がある 通常、金融商品の運用で利益が生じた際には、運用益に対して20. しかし、 DCの運用収益は一切課税されることがないので、利益が出た分はすべて自分の利益となります。 さらに、受け取る時にも所得控除が適用になり、一定額までは非課税となります。 一時金で受け取った場合には退職所得となり、年金として受け取る場合には雑所得となり、それぞれ退職所得控除、公的年金等控除が適用されます。 (4)マッチング搬出でさらに節税できる 企業型DCのマッチング拠出という仕組みを活用すれば、さらに節税することもできます。 マッチング拠出とは、従業員自身が上積みで掛金を出すことを認める仕組みです。 上積みで出した掛金については、その全額が住民税と地方税の計算対象から外れて、さらに節税することができます。 (5)会社の補てん責任はない 確定給付企業年金と違い、企業型DCは、 給付額が決まっているわけではなく、給付額は従業員本人の運用次第ということになります。 たとえ本人の運用がうまくいかず積立金を下回ったとしても、それを会社が補てんする必要はありません。 また、将来の給付額を約束するものではないので積立不足も発生しないことになります。 企業型DCのデメリット メリットの多い企業型DCですが、「原則として60歳まで受け取ることができない」「事務手続きが必要となる」など、いくつかのデメリットもあります。 (1)60歳まで払出し、解約ができない 企業型DCもidecoも、原則として60歳まで受け取ることができません。 原則60歳以降になったら、本人が請求手続きをして受給することができます。 受給する時には、本人の選択によって年金または一時金の形で受け取ることができます。 (2)事務手続きが必要 企業型DCを導入した場合には、 継続していく必要がありますし、従業員の入退社時や従業員に変更が生じた時には、事務手続きが必要です。 また、掛金の拠出の手続きも必要ですし、導入後はずっと継続的に事務コストがかかります。 また、従業員側からすると、退職すれば加入資格がなくなりますので、資格喪失後6カ月以内に移換え手続きを行わなければならないなどのデメリットもあります。 企業型DCの始め方 DCというと、大企業が行うものというイメージを持っている人もいますが、実は厚生年金の適用事業所であれば、人数の制限なく企業型DCを導入することができます。 実際、中小企業向きのプランも用意されています。 中小企業向きの「総合型プラン」 中小企業向きのDCとしては「総合型プラン」があります。 総合型プラントは、1つの規約に複数の会社が参加する形態の企業型DCのことです。 会社ごとに規約を作成するより事務面、費用面での負担を軽くできるというメリットがあります。 導入手続きの流れ 企業型DCの導入手続きは、運営管理機関によって違いはありますが、おおむね以下の流れで進めます。 加入対象者は、厚生年金加入者であれば社員も役員も対象となります。 また、運営管理機関、総合プランの代表事業主、資産管理機関と契約を締結します。 まとめ• 企業型DCとは、企業が掛金を搬出し従業員の年金口座に積み立てる制度。 加入者(従業員)自らが、年金資産の運用を行う。 企業型DCの掛金は、掛金の拠出時・掛金は非課税対象となる。 以上、企業型DC(企業型確定拠出年金)の概要、メリット・デメリットについてご紹介しました。 企業型DCは、節税しながら老後資金を準備できる制度であり、従業員個人だけでなく会社も節税メリットがあります。 国の公的年金では、今後給付水準を維持することは到底望めません。 自分自身で老後資金を用意するためには、国が用意した確定拠出年金という「税金が得する貯蓄制度」をしっかり活用していくことが大切です。

次の