非課税とは。 課税、非課税の意味をわかりやすく教えてください。。

祖父母から孫への贈与が非課税になる制度4種 教育、住宅資金も

非課税とは

香典に「相続税や消費税などがかかるのでは」と心配される方もいるのではないでしょうか。 結論からお話すると、 香典には相続税・消費税はかかりません。 課税の対象外になります。 相続税がかからない理由ですが、香典は故人が貰うものではなくて、 喪主やご遺族が貰うものなので故人の財産にはならず、相続税の対象にはなりません。 消費税がかからない理由は、そもそも香典は課税対象ではなく 不課税の対象なので消費税はかかりません。 また、香典は常識的な範囲であれば 贈与税の対象にもなりません。 しかし、故人や喪主の社会的地位を考慮して、あまりにも高額な香典の場合は贈与税の対象となることもあるので注意が必要です。 香典が会社の経費になる場合 会社の従業員やその家族や取引先関係の方にご不幸があった場合には、会社から香典を贈る場合があります。 会社から香典を贈る場合は、経費として計上できることがあります。 経費として計上できるケースとして、勘定科目が 福利厚生費の場合と、 接待交際費になる場合についてご紹介します。 仕訳の勘定科目が福利厚生費になるとき 香典の仕訳の勘定科目が福利厚生費になる場合は、 香典を贈る相手が会社の従業員やその家族の場合です。 この従業員には退職した従業員や、下請け会社の従業員も含まれます。 仕訳の勘定科目が接待交際費になるとき 香典の仕訳の勘定項目が接待交際費になる場合は、 香典を贈る相手が取引先の関係者本人やそのご家族の場合です。 会社で 経費計上するには基本的には領収書が必要になりますが、香典の場合は領収書の発行は難しいと思います。 領収書の代わりに香典袋をコピーしたものや、葬儀案内などを保管しておくといいでしょう。 また、福利厚生として慶弔費の規定があると処理がしやすいです。 さらに、葬儀場に向かう 交通費や宿泊費も経費として計上することができます。 香典の非課税についてまとめ• そもそも課税・非課税の対象の判別は、日本国内で個人や企業が商品の製造・販売をしたり、サービスの提供や権利の貸し借り、輸入などを行うと課税の対象になります。 その課税対象の中で、課税対象としてなじまないものは非課税対象になります。 非課税と不課税の違いは、非課税は課税対象の中で、課税対象としてなじまないものを非課税とし、そもそも課税の対象から外れているもが不課税になります。 不課税の対象には、給与・賞与や寄付、香典などが挙げられます。 香典に相続税がかからない理由は、香典は故人が貰うものではなく喪主やご遺族が貰うものなので相続には当たらないためです。 香典に消費税がかからない理由は、香典は不課税対象なので消費税はかかりません。 香典は贈る相手が会社の従業員やその家族の場合は福利厚生費、取引先の関係者本人やその家族の場合は、接待交際費として経費計上できます。 以上の内容について解説してきました。 今回は日頃あまり考えることが少ない香典に関する税金のお話でした。 この記事で、香典に関する税金についてご理解いただけたのではないでしょうか。 相続税に関してはシステムが複雑であるため、不安や疑問点を抱く方も多いのではないでしょうか。 「終活ねっと」には相続に関する無料ご相談窓口がありますので、併せてご利用ください。 提携している相続診断士やファイナンシャルプランナーが遺言や生前対策など相続全般に関するご相談を伺います。 ご相談は初回無料ですので、些細な疑問でも下記のリンクから気軽にご相談ください。

次の

交通費の課税は大丈夫?通勤手当の課税・非課税の判断方法

非課税とは

香典に「相続税や消費税などがかかるのでは」と心配される方もいるのではないでしょうか。 結論からお話すると、 香典には相続税・消費税はかかりません。 課税の対象外になります。 相続税がかからない理由ですが、香典は故人が貰うものではなくて、 喪主やご遺族が貰うものなので故人の財産にはならず、相続税の対象にはなりません。 消費税がかからない理由は、そもそも香典は課税対象ではなく 不課税の対象なので消費税はかかりません。 また、香典は常識的な範囲であれば 贈与税の対象にもなりません。 しかし、故人や喪主の社会的地位を考慮して、あまりにも高額な香典の場合は贈与税の対象となることもあるので注意が必要です。 香典が会社の経費になる場合 会社の従業員やその家族や取引先関係の方にご不幸があった場合には、会社から香典を贈る場合があります。 会社から香典を贈る場合は、経費として計上できることがあります。 経費として計上できるケースとして、勘定科目が 福利厚生費の場合と、 接待交際費になる場合についてご紹介します。 仕訳の勘定科目が福利厚生費になるとき 香典の仕訳の勘定科目が福利厚生費になる場合は、 香典を贈る相手が会社の従業員やその家族の場合です。 この従業員には退職した従業員や、下請け会社の従業員も含まれます。 仕訳の勘定科目が接待交際費になるとき 香典の仕訳の勘定項目が接待交際費になる場合は、 香典を贈る相手が取引先の関係者本人やそのご家族の場合です。 会社で 経費計上するには基本的には領収書が必要になりますが、香典の場合は領収書の発行は難しいと思います。 領収書の代わりに香典袋をコピーしたものや、葬儀案内などを保管しておくといいでしょう。 また、福利厚生として慶弔費の規定があると処理がしやすいです。 さらに、葬儀場に向かう 交通費や宿泊費も経費として計上することができます。 香典の非課税についてまとめ• そもそも課税・非課税の対象の判別は、日本国内で個人や企業が商品の製造・販売をしたり、サービスの提供や権利の貸し借り、輸入などを行うと課税の対象になります。 その課税対象の中で、課税対象としてなじまないものは非課税対象になります。 非課税と不課税の違いは、非課税は課税対象の中で、課税対象としてなじまないものを非課税とし、そもそも課税の対象から外れているもが不課税になります。 不課税の対象には、給与・賞与や寄付、香典などが挙げられます。 香典に相続税がかからない理由は、香典は故人が貰うものではなく喪主やご遺族が貰うものなので相続には当たらないためです。 香典に消費税がかからない理由は、香典は不課税対象なので消費税はかかりません。 香典は贈る相手が会社の従業員やその家族の場合は福利厚生費、取引先の関係者本人やその家族の場合は、接待交際費として経費計上できます。 以上の内容について解説してきました。 今回は日頃あまり考えることが少ない香典に関する税金のお話でした。 この記事で、香典に関する税金についてご理解いただけたのではないでしょうか。 相続税に関してはシステムが複雑であるため、不安や疑問点を抱く方も多いのではないでしょうか。 「終活ねっと」には相続に関する無料ご相談窓口がありますので、併せてご利用ください。 提携している相続診断士やファイナンシャルプランナーが遺言や生前対策など相続全般に関するご相談を伺います。 ご相談は初回無料ですので、些細な疑問でも下記のリンクから気軽にご相談ください。

次の

所得税がかからない非課税所得や非課税世帯についてわかりやすく解説!

非課税とは

非課税と不課税と免税。 どれも消費税が課税されないのですが、課税されない理由が違いますし、この区分を間違うと納税額も間違えてしまいます。 どのように考えれば良いのでしょうか? まず基本に立ち戻って、課税取引を見てみましょう。 消費税が課税される取引は、以下の4つの要件を満たすものです。 消費税が課税される4つの要件 1. 国内において行われる取引 2. 事業者が事業として行う取引 3. 対価を得て行う取引 4. 資産の譲渡、貸付け又は役務の提供 不課税とは 不課税は上記4つの要件に当てはまらないものとなります。 例えば外国での宿泊や飲食といった国外での消費、無償での寄付や贈与、出資に対しての配当などは不課税取引になります。 免税取引とは 商品の 輸出や国際輸送、外国にある事業者に対するサービスの提供などのいわゆる 輸出類似取引などが免税取引となります。 輸出は資産を引き渡した時点ではその資産は国内にあるため、4つの要件の「1. 国内において行われる取引」に該当し、もちろん他の要件も満たすことから本来であれば課税となりますが、 内国消費税である消費税は国内での消費に負担を求めるという性格から、外国で消費されるものには課税しないという考えに基づき免税とされています。 非課税取引とは 本来であれば課税取引となりますが、これらの取引であっても 消費に負担を求める税としての性格から課税の対象としてなじまないものや 社会政策的配慮から、課税しないとする非課税取引が消費税法上で限定列挙(消費税法第6条第1項、法別表第1)されています。 税の性格上課税対象とならないもの 1.土地の譲渡、貸付け 2.有価証券等の譲渡、支払手段の譲渡 3.利子、保証料、保険料など 4.郵便切手類、印紙、商品券、プリペイドカード等の譲渡 5.住民票の発行や、戸籍抄本の交付等の行政手数料、外国為替業務の手数料 社会政策的配慮に基づくもの 6.社会保険医療などの給付等 7.一定の介護保険サービス、社会福祉事業等によるサービスの提供 8.助産 9.埋葬料、火葬料 10.一定の身体障害者用物品の譲渡、貸付け 11.一定の学校の授業料、入学金等 12.教科書用図書の譲渡 13.住宅の貸付け 不課税と免税、非課税の違い このように、そもそも不課税は消費税が課税される要件を満たしていませんが、免税、非課税は要件を満たしているにも関わらず消費税を課税しないとしているところに決定的な違いがあります。 免税と非課税の違い 免税と非課税の違いは、課税売上割合の計算式を思い浮かべていただけるとわかりやすいのですが、免税売上高は分子、分母ともに入っています。 これは、免税売上高を課税売上であると考えているからです。 売上が全額免税の場合、売上に係る消費税は免除され、仕入れに係る消費税が控除できるため還付を受けることが可能ですが、売上が全額非課税の場合は仕入れに係る消費税は控除できないため、還付は発生しません。 日常の処理で迷うところ 私が書いているブログでアクセス数の多いページが消費税です。 国、地方公共団体、公共法人、公益法人等が法令に基づいて徴収する登記、登録、特許、検定や試験の手数料や、外国為替業務に係る役務の提供について課税なのか非課税なのか、不課税なのかを迷われている方が多いようですが、どちらも非課税となります(外国為替業務周辺業務については課税となります)。 免税は輸出、輸出類似取引のためわかりやすいのですが、非課税については知らないと間違えてしまいます。 国税庁のホームページに掲載されているものや書籍などで確認し、非課税となる取引をある程度頭に入れておいたほうがよいでしょう。 「難解な税法をわかりやすく」をモットーに会計事務所スタッフや新米税理士だけでなく、 顧問先にとっても有益な情報を日々お届けしています。

次の