ユナイテッド シネマ。 ユナイテッド・シネマ入間 上映スケジュール|映画の時間

ユナイテッド・シネマ

ユナイテッド シネマ

ユナイテッド・シネマ本社が入居する ゲートシティ大崎イーストタワー(左側のビル) 市場情報 非上場 本社所在地 〒141-8609 大崎1-11-2 イーストタワー17階 設立 1999年10月 事業内容 複合型映画館の建設・運営 代表者 代表取締役社長 渡辺章仁 資本金 1億円 従業員数 約2,200名(2018年10月現在) 支店舗数 参照 主要株主 株式会社 関係する人物 アダム・ガワー(創業者) 塚田哲夫(初代社長) 外部リンク ユナイテッド・シネマ株式会社(UNITED CINEMAS CO. ,LTD)は、であるユナイテッド・シネマやシネプレックスなどを運営するグループの映画興行会社である。 ユナイテッド・シネマ豊洲 9月に(以下、UCI)が設立した日本法人、ユナイテッド・シネマ・インターナショナル・ジャパン株式会社(以下、UCIジャパン)を起源とする。 同社は11月に大津市に1号店を開業してまでに3サイトを展開するも、出店先と資金の確保が万全ではなく3号店のパラマウント・ユニバーサルシネマ11は藤田商店と共同出資した。 シネマコンプレックスの競争が激化した近年は経営リスク軽減のため、他社に劇場を委託されて出店している。 ウニクス上里、ウニクス南古谷は不動産開発業者のピーアンドディコンサルティングが経営し、ユナイテッド・シネマは委託運営者である。 経営形態は異なるが、提供するサービスは他劇場と同一である。 初期は都市型ショッピングセンター、駅ビル、、レジャー施設など多様な施設に併設して、画一的シネマコンプレックスを展開したが、2004年ごろから大型商業施設へ出店して地域特性を考慮した内装へ転換している。 2006年10月に出店した豊洲以降は「デザイナーズ・シネコン」と銘打ち、2007年にユナイテッド・シネマ前橋がシネマコンプレックスとして初のを受賞 し、2008年にユナイテッド・シネマ浦和もグッドデザイン賞を受賞 する。 既存の劇場も長崎を2008年9月に改装するなど、同様の傾向が見られる。 住友商事は保有する発行済全株式を2012年3月に、の傘下が出資する、ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングス株式会社(以下UEH)に譲渡した。 親会社のUEHは2013年3月29日に、シネプレックスを運営する角川シネプレックス株式会社を買収してシネプレックス株式会社に改称し、6月1日にユナイテッド・シネマ株式会社を存続法人としてシネプレックス株式会社と合併した。 シネプレックス株式会社が運営するシネプレックスなどの映画館は同社の運営となった。 2014年8月6日には、アドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合からUEH株式の譲渡を受け、の子会社として設立したローソンHMVエンタテイメント・ユナイテッドシネマ・ホールディングス株式会社へ、8月28日にUEH株式が譲渡されると、発表した。 沿革 [ ]• 9月 - ユナイテッド・シネマ・インターナショナル・ジャパン株式会社を設立。 11月 - に1号店『OTSU7シネマ』を開業。 10月 - に2号店『ルネス9シネマ』を開業。 6月 - に3号店『パラマウント・ユニバーサルシネマ11』を開業。 1998年3月 - アダム・ガワーから塚田哲夫に社長交代。 これ以降に開業した劇場は同社の運営になり、劇場名にユナイテッド・シネマの冠が付く。 - UCIジャパンが経営していた初期の3サイトをユナイテッド・シネマに統合。 UCIジャパンは解散。 1月1日 - 大津、金沢、札幌の3サイトがユナイテッド・シネマに劇場名変更。 2004年8月 - UCIが日本市場から撤退し、同社が保有するユナイテッド・シネマの株式を売却。 1月 - 導入。 新ロゴマーク制定。 2005年7月 - ユナイテッド・シネマが株式会社 を50億円で買収。 同社運営の『キャナルシティ13』、『なかま16』、『ホリディ・スクエア18』、『リバーサイドモール16』の4サイトがユナイテッド・シネマに傘下になる。 3月 - 塚田哲夫から住友商事の宮田昌紀に社長交代。 2007年4月 - の保有会社と独自の番組編成などを目的とした提携を発表。 2007年12月 - 、東急レクリエーション、ユナイテッド・シネマ、の4社で「オープン・コラボレーション」という独自の番組編成を目的とした提携を発表。 7月 - 全国21劇場へのデジタル3Dシネマシステムの導入を発表。 2010年9月 - デジタルシアターの導入を発表。 2月27日 - の『ユナイテッド・シネマ真正16』を閉館。 3月9日 - 住友商事から売却され投資会社であるアドバンテッジパートナーズの傘下に入る。 2012年8月1日 - 株式会社執行役員だった武藤芳彦に社長交代。 2月28日 - 同じくシネマコンプレックスを運営するをユナイテッド・シネマの親会社であるユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングスが買収することを発表。 2013年3月29日 - ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングスが角川シネプレックスを買収し、シネプレックス株式会社に改称。 2013年6月1日 - ユナイテッド・シネマを存続法人として シネプレックス株式会社を吸収合併。 8月 - の導入を発表。 2014年8月28日 - ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングスの全株式がの子会社であるローソンHMVエンタテイメント・ユナイテッドシネマ・ホールディングス株式会社に譲渡。 2014年9月26日 - 株式会社執行役員だった渡辺章仁に社長交代。 2014年12月8日 - 本社オフィスをへ移設。 12月18日 - に『ユナイテッド・シネマ橿原』を開業。 3月1日 - に『ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが』を開業。 2016年11月23日 - の被害を受け営業を休止していたの旧シネプレックス熊本を、『』として営業再開。 4月29日 - が経営していたの旧を『ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場』としてリブランドオープン。 7月4日 - の被害を受け営業休止していた、のショッピングセンターフォルテ別棟たのし館2階「シアターフォルテ」(旧・大河原フォルテ東宝7)を『ユナイテッド・シネマ フォルテ宮城大河原』としてリブランドオープン。 またこれにより東北地方に初出店となる。 2018年11月21日 - 再開発の影響を受け閉館していた、のユナイテッド・シネマ福岡を『』として再オープン。 6月27日 - に『ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添』を開業。 2019年10月25日 - に『ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸』を開業。 サービス、設備 [ ] サービス [ ] クラブスパイスカードや子供向けのキッズクラブカードなど、会員割引サービスも行っている。 コンセッションではを販売している(キャナルシティ13のみコカ・コーラ)。 プレミアム・ダイニング・シネマ [ ] 2016年4月23日より キャナルシティ13でのみ展開。 映画を楽しみながら本格的な食事が楽しめる。 性質上、上演中の照明は通常よりも明るめになる。 通常の鑑賞料金に加え座席料金が必要だが、座席料金は同額の食事代金として充当される。 3D上映 [ ] 2009年7月11日に豊洲へ方式、12月5日にキャナルシティ13へ方式のデジタル3D設備を導入して以降、デジタル、アナログ双方の複数の方式にて順次導入を進めた。 2010年に真正16(2011年2月閉館)をのぞく全劇場に設置している。 キャナルシティ13のXpanDスクリーンは2011年6月にRealDスクリーンに、札幌のIMAXデジタルは2019年11月8日にIMAXレーザーにそれぞれ改装された。 RealD:全劇場• IMAXデジタル:浦和、としまえん、、岸和田、キャナルシティ13• IMAXレーザー:札幌 、浦添 、松戸 4DX [ ] 2014年12月に豊洲へ導入以降、積極展開している。 2019年11月現在、全国の20劇場へ導入して日本のブランドで1位の数である。 4DX:札幌、旭川、前橋、水戸、春日部、入間、わかば、新座、松戸 、としまえん、豊洲、新潟、、橿原、キャナルシティ13、長崎、熊本、大津、福岡ももち、浦添 ScreenX [ ] 「」を参照 2017年7月1日にアクアシティお台場で導入され、2018年11月21日開業の福岡ももち、2019年6月27日開業の浦添 、同年10月25日開業の松戸 でも展開される。 視聴は通常料金に加え別途追加料金が必要になる。 アシコタウンあしかが 8スクリーン 1,285席 2016年3月1日オープン。 3m、横22. 6m)。 元はのバス折返し場だった場所である。 2017年7月に日本初の3面マルチ上映システム「ScreenX」導入。 稲沢 愛知県 9スクリーン 2,696席 阿久比 愛知県 9スクリーン 2,262席 岡崎 愛知県 9スクリーン 1,978席 2018年2月24日に「シネプレックス岡崎」からリニューアルオープン。 九州では初のScreenX対応館となる。 ユナイテッド・シネマとしては国内最南端の劇場となる。 (、内) AMCリバーサイドモール16として開館し、2005年の日本AMCシアターズの買収に伴いユナイテッド・シネマ真正16と改称した。 当初の収益は良かったが、2002年以降は近隣に大型商業施設が続々とオープンし、ショッピングモールの集客力が低下した。 Tecnicolor 3Dの導入も検討されたが、ディベロッパーのリオ横山がモール閉鎖を予定し、2011年2月27日閉館した。 のちに別会社がシネマ・アライアンスに番組編成を委託し、ユナイテッド・シネマの設備を使用して真正リバーサイドシネマとして3月10日に再開館したが、2週間後の3月24日にショッピングモールも含め休業。 再開されることなく2017年にショッピングモール全体が解体され、跡地にが2018年1月9日に開業した。 梅田ガーデンシネマ1・2(、イースト内)• 住友商事株式会社『』 PDF 住友商事株式会社、2007年、7頁。 2012年5月14日閲覧。 pdf プレスリリース , 株式会社東急レクリエーション・ユナイテッド・シネマ株式会社, 2007年4月9日 , 2013年6月23日閲覧。 「」 財団法人日本産業デザイン振興会、2008年11月6日閲覧• 「」 財団法人日本産業デザイン振興会、2008年11月6日閲覧• ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングス株式会社; アドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合 2012年3月9日 , PDF プレスリリース , ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングス株式会社 , 2012年5月14日閲覧。 pdf プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2013年4月 , 2012年6月22日閲覧。 AV Watch. 2014年8月6日. 2014年12月22日閲覧。 「話題の焦点 住商、ユナイテッドCを子会社化 角川と強力連合、業界再編が加速」『AVジャーナル』第44巻第10号、文化通信社、2004年10月、 6-7頁。 「話題の焦点 ユナイテッドC、AMCを買収へ 住商・角川で30サイト実現にメド」『AVジャーナル』第45巻第7号、文化通信社、2005年7月、 6-7頁。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2010年9月30日 , 2010年10月7日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2012年8月1日 , 2012年12月28日閲覧。 ユナイテッド・シネマ株式会社 2013年2月28日. 2013年2月28日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2014年9月26日 , 2017年1月3日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2014年12月3日 , 2014年12月8日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2015年10月15日 , 2016年7月26日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年2月6日 , 2018年2月10日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年3月14日 , 2016年5月30日閲覧。 AV Watch. 2019年11月12日. 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年6月14日 , 2016年7月26日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2017年6月1日 , 2018年11月24日閲覧。 ユナイテッド・シネマ グループ. 2016年12月19日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年6月28日 , 2017年11月17日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年6月28日 , 2016年6月30日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年10月4日 , 2017年4月24日閲覧。 2017年6月1日. 2017年7月7日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年2月6日 , 2018年2月10日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2017年11月24日 , 2018年2月10日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年4月23日. 2016年4月25日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年8月21日 , 2018年11月24日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年10月17日 , 2018年11月24日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年11月10日 , 2017年4月24日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2017年7月3日 , 2018年11月24日閲覧。 松本貴則 2011年4月5日. 文化通信社. 2013年4月3日閲覧。 2017年5月31日. 2017年8月31日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2015年12月28日 , 2016年5月30日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2016年3月31日 , 2017年4月24日閲覧。 PDF プレスリリース , 三菱地所, 2017年6月1日 , 2017年8月10日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年10月31日 , 2017年4月24日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - チャンネル• 「港町キネマ通り」サイト内の紹介記事• (2001年4月取材)• (2001年4月取材)• (2001年4月取材)• (2005年2月取材)• (2008年4月取材)• (2008年4月取材).

次の

【2020年】ユナイテッド・シネマの映画料金を安くお得に利用する方法【割引クーポン】

ユナイテッド シネマ

ユナイテッド・シネマ本社が入居する ゲートシティ大崎イーストタワー(左側のビル) 市場情報 非上場 本社所在地 〒141-8609 大崎1-11-2 イーストタワー17階 設立 1999年10月 事業内容 複合型映画館の建設・運営 代表者 代表取締役社長 渡辺章仁 資本金 1億円 従業員数 約2,200名(2018年10月現在) 支店舗数 参照 主要株主 株式会社 関係する人物 アダム・ガワー(創業者) 塚田哲夫(初代社長) 外部リンク ユナイテッド・シネマ株式会社(UNITED CINEMAS CO. ,LTD)は、であるユナイテッド・シネマやシネプレックスなどを運営するグループの映画興行会社である。 ユナイテッド・シネマ豊洲 9月に(以下、UCI)が設立した日本法人、ユナイテッド・シネマ・インターナショナル・ジャパン株式会社(以下、UCIジャパン)を起源とする。 同社は11月に大津市に1号店を開業してまでに3サイトを展開するも、出店先と資金の確保が万全ではなく3号店のパラマウント・ユニバーサルシネマ11は藤田商店と共同出資した。 シネマコンプレックスの競争が激化した近年は経営リスク軽減のため、他社に劇場を委託されて出店している。 ウニクス上里、ウニクス南古谷は不動産開発業者のピーアンドディコンサルティングが経営し、ユナイテッド・シネマは委託運営者である。 経営形態は異なるが、提供するサービスは他劇場と同一である。 初期は都市型ショッピングセンター、駅ビル、、レジャー施設など多様な施設に併設して、画一的シネマコンプレックスを展開したが、2004年ごろから大型商業施設へ出店して地域特性を考慮した内装へ転換している。 2006年10月に出店した豊洲以降は「デザイナーズ・シネコン」と銘打ち、2007年にユナイテッド・シネマ前橋がシネマコンプレックスとして初のを受賞 し、2008年にユナイテッド・シネマ浦和もグッドデザイン賞を受賞 する。 既存の劇場も長崎を2008年9月に改装するなど、同様の傾向が見られる。 住友商事は保有する発行済全株式を2012年3月に、の傘下が出資する、ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングス株式会社(以下UEH)に譲渡した。 親会社のUEHは2013年3月29日に、シネプレックスを運営する角川シネプレックス株式会社を買収してシネプレックス株式会社に改称し、6月1日にユナイテッド・シネマ株式会社を存続法人としてシネプレックス株式会社と合併した。 シネプレックス株式会社が運営するシネプレックスなどの映画館は同社の運営となった。 2014年8月6日には、アドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合からUEH株式の譲渡を受け、の子会社として設立したローソンHMVエンタテイメント・ユナイテッドシネマ・ホールディングス株式会社へ、8月28日にUEH株式が譲渡されると、発表した。 沿革 [ ]• 9月 - ユナイテッド・シネマ・インターナショナル・ジャパン株式会社を設立。 11月 - に1号店『OTSU7シネマ』を開業。 10月 - に2号店『ルネス9シネマ』を開業。 6月 - に3号店『パラマウント・ユニバーサルシネマ11』を開業。 1998年3月 - アダム・ガワーから塚田哲夫に社長交代。 これ以降に開業した劇場は同社の運営になり、劇場名にユナイテッド・シネマの冠が付く。 - UCIジャパンが経営していた初期の3サイトをユナイテッド・シネマに統合。 UCIジャパンは解散。 1月1日 - 大津、金沢、札幌の3サイトがユナイテッド・シネマに劇場名変更。 2004年8月 - UCIが日本市場から撤退し、同社が保有するユナイテッド・シネマの株式を売却。 1月 - 導入。 新ロゴマーク制定。 2005年7月 - ユナイテッド・シネマが株式会社 を50億円で買収。 同社運営の『キャナルシティ13』、『なかま16』、『ホリディ・スクエア18』、『リバーサイドモール16』の4サイトがユナイテッド・シネマに傘下になる。 3月 - 塚田哲夫から住友商事の宮田昌紀に社長交代。 2007年4月 - の保有会社と独自の番組編成などを目的とした提携を発表。 2007年12月 - 、東急レクリエーション、ユナイテッド・シネマ、の4社で「オープン・コラボレーション」という独自の番組編成を目的とした提携を発表。 7月 - 全国21劇場へのデジタル3Dシネマシステムの導入を発表。 2010年9月 - デジタルシアターの導入を発表。 2月27日 - の『ユナイテッド・シネマ真正16』を閉館。 3月9日 - 住友商事から売却され投資会社であるアドバンテッジパートナーズの傘下に入る。 2012年8月1日 - 株式会社執行役員だった武藤芳彦に社長交代。 2月28日 - 同じくシネマコンプレックスを運営するをユナイテッド・シネマの親会社であるユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングスが買収することを発表。 2013年3月29日 - ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングスが角川シネプレックスを買収し、シネプレックス株式会社に改称。 2013年6月1日 - ユナイテッド・シネマを存続法人として シネプレックス株式会社を吸収合併。 8月 - の導入を発表。 2014年8月28日 - ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングスの全株式がの子会社であるローソンHMVエンタテイメント・ユナイテッドシネマ・ホールディングス株式会社に譲渡。 2014年9月26日 - 株式会社執行役員だった渡辺章仁に社長交代。 2014年12月8日 - 本社オフィスをへ移設。 12月18日 - に『ユナイテッド・シネマ橿原』を開業。 3月1日 - に『ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが』を開業。 2016年11月23日 - の被害を受け営業を休止していたの旧シネプレックス熊本を、『』として営業再開。 4月29日 - が経営していたの旧を『ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場』としてリブランドオープン。 7月4日 - の被害を受け営業休止していた、のショッピングセンターフォルテ別棟たのし館2階「シアターフォルテ」(旧・大河原フォルテ東宝7)を『ユナイテッド・シネマ フォルテ宮城大河原』としてリブランドオープン。 またこれにより東北地方に初出店となる。 2018年11月21日 - 再開発の影響を受け閉館していた、のユナイテッド・シネマ福岡を『』として再オープン。 6月27日 - に『ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添』を開業。 2019年10月25日 - に『ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸』を開業。 サービス、設備 [ ] サービス [ ] クラブスパイスカードや子供向けのキッズクラブカードなど、会員割引サービスも行っている。 コンセッションではを販売している(キャナルシティ13のみコカ・コーラ)。 プレミアム・ダイニング・シネマ [ ] 2016年4月23日より キャナルシティ13でのみ展開。 映画を楽しみながら本格的な食事が楽しめる。 性質上、上演中の照明は通常よりも明るめになる。 通常の鑑賞料金に加え座席料金が必要だが、座席料金は同額の食事代金として充当される。 3D上映 [ ] 2009年7月11日に豊洲へ方式、12月5日にキャナルシティ13へ方式のデジタル3D設備を導入して以降、デジタル、アナログ双方の複数の方式にて順次導入を進めた。 2010年に真正16(2011年2月閉館)をのぞく全劇場に設置している。 キャナルシティ13のXpanDスクリーンは2011年6月にRealDスクリーンに、札幌のIMAXデジタルは2019年11月8日にIMAXレーザーにそれぞれ改装された。 RealD:全劇場• IMAXデジタル:浦和、としまえん、、岸和田、キャナルシティ13• IMAXレーザー:札幌 、浦添 、松戸 4DX [ ] 2014年12月に豊洲へ導入以降、積極展開している。 2019年11月現在、全国の20劇場へ導入して日本のブランドで1位の数である。 4DX:札幌、旭川、前橋、水戸、春日部、入間、わかば、新座、松戸 、としまえん、豊洲、新潟、、橿原、キャナルシティ13、長崎、熊本、大津、福岡ももち、浦添 ScreenX [ ] 「」を参照 2017年7月1日にアクアシティお台場で導入され、2018年11月21日開業の福岡ももち、2019年6月27日開業の浦添 、同年10月25日開業の松戸 でも展開される。 視聴は通常料金に加え別途追加料金が必要になる。 アシコタウンあしかが 8スクリーン 1,285席 2016年3月1日オープン。 3m、横22. 6m)。 元はのバス折返し場だった場所である。 2017年7月に日本初の3面マルチ上映システム「ScreenX」導入。 稲沢 愛知県 9スクリーン 2,696席 阿久比 愛知県 9スクリーン 2,262席 岡崎 愛知県 9スクリーン 1,978席 2018年2月24日に「シネプレックス岡崎」からリニューアルオープン。 九州では初のScreenX対応館となる。 ユナイテッド・シネマとしては国内最南端の劇場となる。 (、内) AMCリバーサイドモール16として開館し、2005年の日本AMCシアターズの買収に伴いユナイテッド・シネマ真正16と改称した。 当初の収益は良かったが、2002年以降は近隣に大型商業施設が続々とオープンし、ショッピングモールの集客力が低下した。 Tecnicolor 3Dの導入も検討されたが、ディベロッパーのリオ横山がモール閉鎖を予定し、2011年2月27日閉館した。 のちに別会社がシネマ・アライアンスに番組編成を委託し、ユナイテッド・シネマの設備を使用して真正リバーサイドシネマとして3月10日に再開館したが、2週間後の3月24日にショッピングモールも含め休業。 再開されることなく2017年にショッピングモール全体が解体され、跡地にが2018年1月9日に開業した。 梅田ガーデンシネマ1・2(、イースト内)• 住友商事株式会社『』 PDF 住友商事株式会社、2007年、7頁。 2012年5月14日閲覧。 pdf プレスリリース , 株式会社東急レクリエーション・ユナイテッド・シネマ株式会社, 2007年4月9日 , 2013年6月23日閲覧。 「」 財団法人日本産業デザイン振興会、2008年11月6日閲覧• 「」 財団法人日本産業デザイン振興会、2008年11月6日閲覧• ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングス株式会社; アドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合 2012年3月9日 , PDF プレスリリース , ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングス株式会社 , 2012年5月14日閲覧。 pdf プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2013年4月 , 2012年6月22日閲覧。 AV Watch. 2014年8月6日. 2014年12月22日閲覧。 「話題の焦点 住商、ユナイテッドCを子会社化 角川と強力連合、業界再編が加速」『AVジャーナル』第44巻第10号、文化通信社、2004年10月、 6-7頁。 「話題の焦点 ユナイテッドC、AMCを買収へ 住商・角川で30サイト実現にメド」『AVジャーナル』第45巻第7号、文化通信社、2005年7月、 6-7頁。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2010年9月30日 , 2010年10月7日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2012年8月1日 , 2012年12月28日閲覧。 ユナイテッド・シネマ株式会社 2013年2月28日. 2013年2月28日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2014年9月26日 , 2017年1月3日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2014年12月3日 , 2014年12月8日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2015年10月15日 , 2016年7月26日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年2月6日 , 2018年2月10日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年3月14日 , 2016年5月30日閲覧。 AV Watch. 2019年11月12日. 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年6月14日 , 2016年7月26日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2017年6月1日 , 2018年11月24日閲覧。 ユナイテッド・シネマ グループ. 2016年12月19日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年6月28日 , 2017年11月17日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年6月28日 , 2016年6月30日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年10月4日 , 2017年4月24日閲覧。 2017年6月1日. 2017年7月7日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年2月6日 , 2018年2月10日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2017年11月24日 , 2018年2月10日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年4月23日. 2016年4月25日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年8月21日 , 2018年11月24日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年10月17日 , 2018年11月24日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年11月10日 , 2017年4月24日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2017年7月3日 , 2018年11月24日閲覧。 松本貴則 2011年4月5日. 文化通信社. 2013年4月3日閲覧。 2017年5月31日. 2017年8月31日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2015年12月28日 , 2016年5月30日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2016年3月31日 , 2017年4月24日閲覧。 PDF プレスリリース , 三菱地所, 2017年6月1日 , 2017年8月10日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年10月31日 , 2017年4月24日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - チャンネル• 「港町キネマ通り」サイト内の紹介記事• (2001年4月取材)• (2001年4月取材)• (2001年4月取材)• (2005年2月取材)• (2008年4月取材)• (2008年4月取材).

次の

ユナイテッド・シネマのフードメニューはお持ち帰りがおすすめ?【体験談】

ユナイテッド シネマ

ユナイテッド・シネマ本社が入居する ゲートシティ大崎イーストタワー(左側のビル) 市場情報 非上場 本社所在地 〒141-8609 大崎1-11-2 イーストタワー17階 設立 1999年10月 事業内容 複合型映画館の建設・運営 代表者 代表取締役社長 渡辺章仁 資本金 1億円 従業員数 約2,200名(2018年10月現在) 支店舗数 参照 主要株主 株式会社 関係する人物 アダム・ガワー(創業者) 塚田哲夫(初代社長) 外部リンク ユナイテッド・シネマ株式会社(UNITED CINEMAS CO. ,LTD)は、であるユナイテッド・シネマやシネプレックスなどを運営するグループの映画興行会社である。 ユナイテッド・シネマ豊洲 9月に(以下、UCI)が設立した日本法人、ユナイテッド・シネマ・インターナショナル・ジャパン株式会社(以下、UCIジャパン)を起源とする。 同社は11月に大津市に1号店を開業してまでに3サイトを展開するも、出店先と資金の確保が万全ではなく3号店のパラマウント・ユニバーサルシネマ11は藤田商店と共同出資した。 シネマコンプレックスの競争が激化した近年は経営リスク軽減のため、他社に劇場を委託されて出店している。 ウニクス上里、ウニクス南古谷は不動産開発業者のピーアンドディコンサルティングが経営し、ユナイテッド・シネマは委託運営者である。 経営形態は異なるが、提供するサービスは他劇場と同一である。 初期は都市型ショッピングセンター、駅ビル、、レジャー施設など多様な施設に併設して、画一的シネマコンプレックスを展開したが、2004年ごろから大型商業施設へ出店して地域特性を考慮した内装へ転換している。 2006年10月に出店した豊洲以降は「デザイナーズ・シネコン」と銘打ち、2007年にユナイテッド・シネマ前橋がシネマコンプレックスとして初のを受賞 し、2008年にユナイテッド・シネマ浦和もグッドデザイン賞を受賞 する。 既存の劇場も長崎を2008年9月に改装するなど、同様の傾向が見られる。 住友商事は保有する発行済全株式を2012年3月に、の傘下が出資する、ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングス株式会社(以下UEH)に譲渡した。 親会社のUEHは2013年3月29日に、シネプレックスを運営する角川シネプレックス株式会社を買収してシネプレックス株式会社に改称し、6月1日にユナイテッド・シネマ株式会社を存続法人としてシネプレックス株式会社と合併した。 シネプレックス株式会社が運営するシネプレックスなどの映画館は同社の運営となった。 2014年8月6日には、アドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合からUEH株式の譲渡を受け、の子会社として設立したローソンHMVエンタテイメント・ユナイテッドシネマ・ホールディングス株式会社へ、8月28日にUEH株式が譲渡されると、発表した。 沿革 [ ]• 9月 - ユナイテッド・シネマ・インターナショナル・ジャパン株式会社を設立。 11月 - に1号店『OTSU7シネマ』を開業。 10月 - に2号店『ルネス9シネマ』を開業。 6月 - に3号店『パラマウント・ユニバーサルシネマ11』を開業。 1998年3月 - アダム・ガワーから塚田哲夫に社長交代。 これ以降に開業した劇場は同社の運営になり、劇場名にユナイテッド・シネマの冠が付く。 - UCIジャパンが経営していた初期の3サイトをユナイテッド・シネマに統合。 UCIジャパンは解散。 1月1日 - 大津、金沢、札幌の3サイトがユナイテッド・シネマに劇場名変更。 2004年8月 - UCIが日本市場から撤退し、同社が保有するユナイテッド・シネマの株式を売却。 1月 - 導入。 新ロゴマーク制定。 2005年7月 - ユナイテッド・シネマが株式会社 を50億円で買収。 同社運営の『キャナルシティ13』、『なかま16』、『ホリディ・スクエア18』、『リバーサイドモール16』の4サイトがユナイテッド・シネマに傘下になる。 3月 - 塚田哲夫から住友商事の宮田昌紀に社長交代。 2007年4月 - の保有会社と独自の番組編成などを目的とした提携を発表。 2007年12月 - 、東急レクリエーション、ユナイテッド・シネマ、の4社で「オープン・コラボレーション」という独自の番組編成を目的とした提携を発表。 7月 - 全国21劇場へのデジタル3Dシネマシステムの導入を発表。 2010年9月 - デジタルシアターの導入を発表。 2月27日 - の『ユナイテッド・シネマ真正16』を閉館。 3月9日 - 住友商事から売却され投資会社であるアドバンテッジパートナーズの傘下に入る。 2012年8月1日 - 株式会社執行役員だった武藤芳彦に社長交代。 2月28日 - 同じくシネマコンプレックスを運営するをユナイテッド・シネマの親会社であるユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングスが買収することを発表。 2013年3月29日 - ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングスが角川シネプレックスを買収し、シネプレックス株式会社に改称。 2013年6月1日 - ユナイテッド・シネマを存続法人として シネプレックス株式会社を吸収合併。 8月 - の導入を発表。 2014年8月28日 - ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングスの全株式がの子会社であるローソンHMVエンタテイメント・ユナイテッドシネマ・ホールディングス株式会社に譲渡。 2014年9月26日 - 株式会社執行役員だった渡辺章仁に社長交代。 2014年12月8日 - 本社オフィスをへ移設。 12月18日 - に『ユナイテッド・シネマ橿原』を開業。 3月1日 - に『ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが』を開業。 2016年11月23日 - の被害を受け営業を休止していたの旧シネプレックス熊本を、『』として営業再開。 4月29日 - が経営していたの旧を『ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場』としてリブランドオープン。 7月4日 - の被害を受け営業休止していた、のショッピングセンターフォルテ別棟たのし館2階「シアターフォルテ」(旧・大河原フォルテ東宝7)を『ユナイテッド・シネマ フォルテ宮城大河原』としてリブランドオープン。 またこれにより東北地方に初出店となる。 2018年11月21日 - 再開発の影響を受け閉館していた、のユナイテッド・シネマ福岡を『』として再オープン。 6月27日 - に『ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添』を開業。 2019年10月25日 - に『ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸』を開業。 サービス、設備 [ ] サービス [ ] クラブスパイスカードや子供向けのキッズクラブカードなど、会員割引サービスも行っている。 コンセッションではを販売している(キャナルシティ13のみコカ・コーラ)。 プレミアム・ダイニング・シネマ [ ] 2016年4月23日より キャナルシティ13でのみ展開。 映画を楽しみながら本格的な食事が楽しめる。 性質上、上演中の照明は通常よりも明るめになる。 通常の鑑賞料金に加え座席料金が必要だが、座席料金は同額の食事代金として充当される。 3D上映 [ ] 2009年7月11日に豊洲へ方式、12月5日にキャナルシティ13へ方式のデジタル3D設備を導入して以降、デジタル、アナログ双方の複数の方式にて順次導入を進めた。 2010年に真正16(2011年2月閉館)をのぞく全劇場に設置している。 キャナルシティ13のXpanDスクリーンは2011年6月にRealDスクリーンに、札幌のIMAXデジタルは2019年11月8日にIMAXレーザーにそれぞれ改装された。 RealD:全劇場• IMAXデジタル:浦和、としまえん、、岸和田、キャナルシティ13• IMAXレーザー:札幌 、浦添 、松戸 4DX [ ] 2014年12月に豊洲へ導入以降、積極展開している。 2019年11月現在、全国の20劇場へ導入して日本のブランドで1位の数である。 4DX:札幌、旭川、前橋、水戸、春日部、入間、わかば、新座、松戸 、としまえん、豊洲、新潟、、橿原、キャナルシティ13、長崎、熊本、大津、福岡ももち、浦添 ScreenX [ ] 「」を参照 2017年7月1日にアクアシティお台場で導入され、2018年11月21日開業の福岡ももち、2019年6月27日開業の浦添 、同年10月25日開業の松戸 でも展開される。 視聴は通常料金に加え別途追加料金が必要になる。 アシコタウンあしかが 8スクリーン 1,285席 2016年3月1日オープン。 3m、横22. 6m)。 元はのバス折返し場だった場所である。 2017年7月に日本初の3面マルチ上映システム「ScreenX」導入。 稲沢 愛知県 9スクリーン 2,696席 阿久比 愛知県 9スクリーン 2,262席 岡崎 愛知県 9スクリーン 1,978席 2018年2月24日に「シネプレックス岡崎」からリニューアルオープン。 九州では初のScreenX対応館となる。 ユナイテッド・シネマとしては国内最南端の劇場となる。 (、内) AMCリバーサイドモール16として開館し、2005年の日本AMCシアターズの買収に伴いユナイテッド・シネマ真正16と改称した。 当初の収益は良かったが、2002年以降は近隣に大型商業施設が続々とオープンし、ショッピングモールの集客力が低下した。 Tecnicolor 3Dの導入も検討されたが、ディベロッパーのリオ横山がモール閉鎖を予定し、2011年2月27日閉館した。 のちに別会社がシネマ・アライアンスに番組編成を委託し、ユナイテッド・シネマの設備を使用して真正リバーサイドシネマとして3月10日に再開館したが、2週間後の3月24日にショッピングモールも含め休業。 再開されることなく2017年にショッピングモール全体が解体され、跡地にが2018年1月9日に開業した。 梅田ガーデンシネマ1・2(、イースト内)• 住友商事株式会社『』 PDF 住友商事株式会社、2007年、7頁。 2012年5月14日閲覧。 pdf プレスリリース , 株式会社東急レクリエーション・ユナイテッド・シネマ株式会社, 2007年4月9日 , 2013年6月23日閲覧。 「」 財団法人日本産業デザイン振興会、2008年11月6日閲覧• 「」 財団法人日本産業デザイン振興会、2008年11月6日閲覧• ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングス株式会社; アドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合 2012年3月9日 , PDF プレスリリース , ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングス株式会社 , 2012年5月14日閲覧。 pdf プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2013年4月 , 2012年6月22日閲覧。 AV Watch. 2014年8月6日. 2014年12月22日閲覧。 「話題の焦点 住商、ユナイテッドCを子会社化 角川と強力連合、業界再編が加速」『AVジャーナル』第44巻第10号、文化通信社、2004年10月、 6-7頁。 「話題の焦点 ユナイテッドC、AMCを買収へ 住商・角川で30サイト実現にメド」『AVジャーナル』第45巻第7号、文化通信社、2005年7月、 6-7頁。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2010年9月30日 , 2010年10月7日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2012年8月1日 , 2012年12月28日閲覧。 ユナイテッド・シネマ株式会社 2013年2月28日. 2013年2月28日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2014年9月26日 , 2017年1月3日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ株式会社, 2014年12月3日 , 2014年12月8日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2015年10月15日 , 2016年7月26日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年2月6日 , 2018年2月10日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年3月14日 , 2016年5月30日閲覧。 AV Watch. 2019年11月12日. 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年6月14日 , 2016年7月26日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2017年6月1日 , 2018年11月24日閲覧。 ユナイテッド・シネマ グループ. 2016年12月19日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年6月28日 , 2017年11月17日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年6月28日 , 2016年6月30日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年10月4日 , 2017年4月24日閲覧。 2017年6月1日. 2017年7月7日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年2月6日 , 2018年2月10日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2017年11月24日 , 2018年2月10日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年4月23日. 2016年4月25日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年8月21日 , 2018年11月24日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2018年10月17日 , 2018年11月24日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年11月10日 , 2017年4月24日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2017年7月3日 , 2018年11月24日閲覧。 松本貴則 2011年4月5日. 文化通信社. 2013年4月3日閲覧。 2017年5月31日. 2017年8月31日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2015年12月28日 , 2016年5月30日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2016年3月31日 , 2017年4月24日閲覧。 PDF プレスリリース , 三菱地所, 2017年6月1日 , 2017年8月10日閲覧。 PDF プレスリリース , ユナイテッド・シネマ, 2016年10月31日 , 2017年4月24日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - チャンネル• 「港町キネマ通り」サイト内の紹介記事• (2001年4月取材)• (2001年4月取材)• (2001年4月取材)• (2005年2月取材)• (2008年4月取材)• (2008年4月取材).

次の