福岡堅樹 ラグビー。 福岡堅樹(ラグビー)は医学部出身で実家の父親は?出身高校に驚き!【追記あり】

福岡堅樹(ラグビー)は医学部出身で実家の父親は?出身高校に驚き!【追記あり】

福岡堅樹 ラグビー

医師としてのセカンドキャリアを優先し、来年に延期となった東京五輪出場を断念した7人制ラグビー日本代表候補の福岡堅樹(27=パナソニック)が14日、オンライン記者会見に臨み、決断への経緯などを説明した。 15人制を含めて、改めて日本代表からの引退を表明した一方、来年1月開幕予定のトップリーグ(TL)出場には意欲を示した。 代表からの引退。 ごく一握りのアスリートのみが許される選択を下したスーツ姿の福岡は「自分の中で後悔をしない人生を生きたいという思いが一番強かった」と説明した。 トップリーグでの今季最終戦として臨んだ1月18日のトヨタ自動車戦で負傷。 リハビリを経て2月末の東京合宿、3月前半の別府合宿に参加した。 その時期には新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪の延期論が浮上。 「延期がささやかれ始めた時から、自分の中でどうするかを考えていた」と言い「実際に決まった時には、この挑戦を辞退すると決めていた」と語った。 その後は代表関係者らから引き留める声が掛かり「気持ちはうれしい」としつつも、決意は揺るがなかったという。 昨年のW杯では通算4トライを挙げる大活躍。 日本のラグビー界が空前の上げ潮に乗る中で表舞台から去るが、「一度ずらすと、また何かやりたいことが出てきて、どんどんずれてしまう」。 五輪でのメダル獲得の目標は果たせなかったが、「素晴らしい選手がいる。 彼らが獲ってくれると信じている」と仲間に夢を託した。 代表活動が休止した3月中旬以降は受験勉強に比重を置きつつ、体も動かして来季のTL出場を視野に入れる。 「次のTLでは最高のパフォーマンスができるように準備したい」と話し、現役引退の時期については「その時になったら自分で発信したい」と明言を避けたが、現実的には医学部生とトップリーガーの両立は極めて困難で、いずれにしても残されたプレータイムは多くはなさそうだ。 コロナ禍で親族ら周囲の医療従事者が奮闘する姿を目の当たりにし、改めて「医学の道を志したいと思わせてくれた」という福岡。 前人未到のキャリアへトライは続く。 医学部は6年制で、さまざまな実習や試験を経て、国家試験に合格すると医師免許を取得できる。 その後は2年間の初期臨床研修を通じ、さまざまな分野の医療現場を経験。 5歳からラグビーを始め、福岡高3年で花園出場。 1浪後の12年に筑波大へ進学し、16年からパナソニック所属。 15人制では15、19年W杯に2大会連続出場し、19年大会は通算4トライ。 7人制では16年リオ五輪に出場し、4強入りに貢献。 15人制代表通算38キャップ。 1メートル75、83キロ。

次の

ラグビー福岡堅樹 7人制での東京五輪断念し医学の道にトライ!「後悔しない人生を生きたい」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

福岡堅樹 ラグビー

確かになんだが歯医者さんっぽい雰囲気が漂っていますよね!白衣が似合うかっこいいお父さんって感じがします。 また、福岡堅樹選手の祖父もお医者さんであることが分かりました。 祖父に関しては、 開業医で内科の医師 だそうです。 ラグビー選手、福岡堅樹にはある夢があった。 開業医の祖父の影響で、幼いころから医師になりたいと考えていた。 開業医で内科医の祖父、歯科医師のお父さん。 福岡堅樹さんの実家は本当に医者一家だったんですね! そしてなんと、男親2人の背中を見ていた 福岡堅樹さんは自分自身も医師になるという夢を持っています。 過去に、一浪して医学部を受験したのですが、不合格。 二浪する道もあったのですがひとまずラグビーに集中するために、 筑波大学の情報学部に進学しています。 そして福岡堅樹選手は、2020年の東京オリンピックに7人制ラグビーでの出場を目指しているのですが、五輪後は医学部に入りなおし幼少期からの夢である医師の道を志すって公言しているんです ! スポンサーリンク 福岡堅樹の姉は元女優ってマジ? 福岡堅樹選手にはお姉さんがいまして、お名前は唯子さんといいます。 医師一家のため、お姉さんも医師の道へ進んでいるのかな?と思いきや、2010年に劇団四季の研究所に入所されていたのです! そんな福岡唯子さんの写真がコチラ。 横顔ですが、確かに福岡堅樹選手の面影がありますよね。 まとめ 福岡堅樹選手のお父さんは歯科医師、祖父は開業医の内科医、さらにお姉さんは元女優さんでしたね! 福岡堅樹選手自身、2020年の五輪後に医学部に入りなおすということなのでラグビー選手を辞めてしまうのかな?と思いとても残念な気持ちですが、幼少期のころからの夢を是非叶えてほしいなと頑張ってほしいなと心から思います。 日本代表ラグビー選手として活躍中の福岡堅樹選手を応援しましょう!.

次の

【画像】福岡堅樹と小林麗菜が結婚秒読み?馴れ初め動画も|フライデー

福岡堅樹 ラグビー

名前: 福岡堅樹(ふくおか・けんき) 生年月日:1992年9月7日 出身地:福岡県古賀市 身長:175cm 体重:83kg ニックネーム:けんき ポジション:ウィング 日本代表キャップ数:30 福岡選手がラグビーを始めたのはなんと幼稚園の 5歳の時です。 こんな小さな子がラグビーをする姿を私は見たことが無いのですが、想像するだけで可愛い姿が思い浮かびますねw。 なんでも、福岡選手の父親が高校、大学とラグビーをされていたそうで、息子とラグビーをするのが夢だったそうです。 出身中学校は地元、福岡県古賀市にある 古賀東中学校です。 こちらにはラグビー部が無かったのか、中学校時代までは玄海ジュニアラグビークラブでラグビーをされていました。 高校は福岡高校に進み、2010年度に第90回全国高等学校ラグビーフットボール大会(通称:花園)に出場しています。 そして1浪の末、2012年に筑波大学に合格し同校のラグビー部に所属。 2015年にラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれ、2016年パナソニック ワイルドナイツに加入したのです。 Sponsored Links 福岡堅樹の高校が凄い! 先ほどザックリとプロフィールを紹介しましたが、福岡選手の出身高校の名前に驚いた方も多いのではありませんか!? そう、福岡高校!! こちらの高校は福岡県にある公立高校で、 偏差値72!! こんなに頭のいい学校に通いながらラグビーを続けるには、かなりの体力と強い精神力がいりますよね。 しかも、花園に出場するほどの強豪校での活躍選手ですから、練習も相当厳しかったハズです。 福岡選手は頭もよく、運動神経もよく、文武両道のイケメンラガーマンなのですっ。 福岡堅樹の夢は医者!? さて、そんな文武両道の福岡選手は大学に進学されたわけですが、受験したのはなんと 筑波大学の医学部でした! 福岡選手を検索すると「医学部」とあるので、同姓同名の有名な医師がいるのかと思ったのですが、福岡選手が医学部を目指し、医者になる事が夢だと言うのには驚きですね! それだけの学力があったわけですが、残念ながら現役合格はならず、1浪でも同大学の医学部は不合格でした。 そこで後期試験で受験した筑波大学の情報学群に進学されたのです。 筑波大はかなり高学歴で茨木県にある国立大学です。 とても優秀な人材が集まる大学で有名ですねっ。 福岡選手はその筑波大学の情報学群に進学されました。 Sponsored Links 福岡堅樹の引退後は? 子供の頃から数学が得意で計算もとても速かったらしく、福岡堅樹は理数系頭脳の持ち主なのは間違いありません。 しかし、医者になるのは諦めたのかと思ったら違いましたよ。 福岡選手はラグビーをやり切ったら、再び医学部を受験して医者を目指すそうです! 「ラグビーの選手として世界の舞台で活躍した後、もう一度医学部へ入学し直して医学の道を目指したいと考えています」 2019年に出演された報道ステーションで松岡修造さんのインタビューでは、 引退時期は2020年東京オリンピック終了後と目標を定めていると答えていました。 体育会系の家柄なのかと思ったら、なんとお医者さんなのだそうです! 福岡選手の 祖父が医者で開業医。 福岡選手が「医者」にこだわるのは、この祖父の存在が大きく幼少の頃から医者になりたいと思っていたとか。 そして 父親は歯科医師です。 なんと福岡選手のマウスピースは父親が作ってくれたそうですよ。 マウスピースは歯の矯正や歯ぎしりなどにも使用されますが、スポーツによる外傷から歯や口腔内を守るためのスポーツマウスピース(マウスガード)があります。 それを作るスポーツ歯科がありますね。 もしかしたら福岡選手の父親はスポーツ歯科なのかもしれませんね。 自身もラグビー経験者で息子のマウスガードとなれば、かなり良いものができるに違いありません。 きっと他の選手も羨ましがっている事でしょう! 残念ながら、そんな祖父や父親の画像はありませんでしたが、ご実家のネコちゃんの画像を見つけました! — 2018年12月月29日午後6時46分PST 綺麗な猫ちゃんですねっ。 しっかりカメラ目線なのがいい! ちなみに福岡選手の「私の宝物」はこちらの「実家の猫」だそうです。 福岡堅樹は100m走が速い!? 先日テレビを見ていたら、福岡堅樹選手が紹介されていました。 過去の試合のシーンだったのですが、世界レベルの選手を相手に駆け抜ける福岡堅樹選手の姿でした。 その足の速いこと速いこと! 福岡選手の最大の武器はそのスピードで、走り始めてトップスピードに乗るまでの時間も短く、50mを5. 8秒で駆け抜けるというから驚きです! 100m走は11秒30とか。 これはアメリカのフローレンス・ジョイナー選手と同じくらいでしょうか!? 速いですね~w。 さん kenki11 がシェアした投稿 — 2019年 6月月17日午前5時46分PDT この時に、元彼女のお話をされていますw。 大学時代にお付き合いしていた女性がいたのですが、交際8ヶ月で別れを告げられたそうです。 理由は「8ヶ月付き合ってて思い出が少ない」から。 日本代表に選出されたり、合宿へ行ったり、ラグビー生活が忙しかった福岡選手なので、彼女も淋しかったに違いありません。 それでも誕生日にはケーキを用意したリ、オフの日にはドライブへ行ったりと頑張っていたのですが、結局は破局してしまったのです。 現在は彼女はいないそうですよっ。 福岡選手の好きな女性のタイプは小島瑠璃子さん、国仲涼子さんだそうなので、目の大きな綺麗系の女性が好きなのですね。 2020年東京オリンピックが終了するまではラグビーに集中して、彼女はお預けかもですね。 それにしても、頭が良くてスポーツ万能、その上ピアノも弾けちゃう福岡選手です。 あっ!お伝えしていませんでしたが、福岡選手は3歳から中学校までピアノも習っていたそうで、ベートーヴェンの「悲愴」は指が覚えるまで練習したのだとか。 おそらく「悲愴」第2楽章ではないかと思います。 福岡選手は、試合中にベートーヴェンが頭の中に流れるらしいですw。 凄すぎです。 こんな男性に惹かれる女性は多いハズなので、きっとすぐに素敵な彼女が見つかるでしょう! 頑張れっ。 まとめ ラグビー日本代表の福岡堅樹選手について調査しました。 現在、結婚はもちろんしておらず独身で、大学時代にお付き合いしていた彼女にフラれてからは彼女がいません。 ご実家の祖父が医者で、幼少の頃から医者を目指し、ラグビーと勉強に励んでこられました。 2020年東京オリンピックで燃焼したのち、ラグビーを引退され医師になる為に大学を目指すとの事。 福岡選手も例外ではなかったということでしょうか? ですが、是非頑張って医者になって、私たちに勇気を与えてください! 応援しています!! こちらの記事もお楽しみくださいね~。 以上 Sports News Deliveryでした。

次の