今日 の 為替 相場。 本日の為替レート

為替ニュース

今日 の 為替 相場

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

アメリカ ドル / 日本 円【USDJPY】:外国為替

今日 の 為替 相場

更新時間は前後する場合があります。 掲載されている相場はあくまでも参考であり、横浜銀行がこの相場でお客さまとお取り引きすることを確約するものではありません。 情勢の変化によっては、公表相場を予告なく変更する場合があります。 また、通貨によっては取引制限が発生する場合があります。 お取り引きに際しましては、必ず横浜銀行の本支店の窓口でご確認くださいますようお願いします。 23 106. 23 110. 23 104. 23 ユーロ 121. 91 118. 91 124. 41 116. 41 豪ドル 76. 15 71. 15 84. 65 62. 65 ニュージーランドドル 71. 39 66. 56 14. 76 16. 96 13. 36 英ポンド 136. 46 128. 46 144. 46 120. 46 スイスフラン 114. 06 112. 26 118. 06 109. 26 カナダドル 80. 04 76. 84 88. 04 68. 84 スウェーデンクローネ 11. 94 11. 04 - - デンマーククローネ 16. 50 15. 80 - - ノルウェークローネ 11. 40 10. 70 - - 香港ドル 14. 27 13. 41 16. 27 11. 41 シンガポールドル 77. 81 76. 15 82. 81 71. 15 タイバーツ 3. 55 3. 42 7.

次の

外国為替相場一覧表:三菱UFJ銀行

今日 の 為替 相場

米国で主力ハイテク株が買われたことを手掛かりに、レーザーテックや東京エレクトロンなど半導体株が大幅上昇。 このところ下げが続いていたソフトバンクGが3%超の上昇と強い切り返しを見せた。 ソニーやダイキン、ファナックなども大幅高。 業績関連のリリースが好感されたパンパシHDやLIFULL、大幸薬品、住友林業が値を飛ばし、チェンジやアステリアがストップ高まで買われた。 通期見通しを引き上げたログリーはストップ高比例配分と買いが殺到した。 一方、直近で買いを集めていた銘柄が弱く、日本製鉄やJFEHDなど鉄鋼株や、JALやANAなど空運株が売りに押された。 地合いは強かったが、決算失望銘柄は厳しい下げとなったものも多く、大真空や横河電機が急落。 1Q営業赤字のポートはストップ安比例配分と売りが殺到した。 日経平均は大幅上昇。 一時23300円台に乗せ、終値(23249円)でも23000円を大きく上回った。 安値も23111円までで23000円割れを試すような動きもなく、ここから改めて本格的なブル相場が始まりそうな雰囲気すらある。 あすは大きく上げた週の週末で、目先の利益を確定したいと考える投資家も一定数はいると思われる。 ただし、節目を突破したことで、ここからの押し目は買い場と捉えられやすい。 米国株高やさらなる円安などのフォローがあれば、利食い売りは手控えられ、売り方の投げを巻き込んだ踏み上げ的な上昇も期待できる。 ここから24000円までは抵抗となりそうな水準も少なく、目先は下げづらく上げやすい好地合いが続くだろう。 13日の日経平均は大幅に3日続伸。 終値は405円高の23249円。 米国株の大幅高や一段の円安を受けて、寄り付きから節目の23000円を大きく上回る展開。 上げ幅を広げて早い時間に6月9日の高値23185円を上回った。 400円超上昇したところでは買い一巡感が出てきたが、失速することもなく、高値もみ合いが続いた。 後場には23300円台に乗せる場面もあった。 終盤にやや萎んで大引けが後場の安値となったが、1日を通しては非常に強い動きとなった。 東証1部の売買代金は概算で2兆5500億円。 業種別では精密機器や電気機器、医薬品などが上昇した一方、鉄鋼や空運、海運などが下落している。 通期見通しを引き上げた三井化学が後場急騰。 半面、上期の営業利益が従来計画を下振れたマブチモーターが後場マイナス転換から下げ幅を広げた。 13日前場の日経平均は大幅に3日続伸。 前引けは428円高の23272円。 米国株の強い上昇を受けて寄り付きから大幅高。 23000円を大きく上回って始まったことから買いの勢いが強まり、上げ幅を広げて6月9日につけた23185円もあっさり上回った。 23200円台に乗せたところでいったん萎んだものの、先高期待が高まる中では押しは軽微ですぐに盛り返し、400円超上昇して高値圏で前場の取引を終えた。 東証1部の売買代金は概算で1兆2300億円。 業種別では精密機器やガラス・土石、電気機器などが上昇している一方、鉄鋼や空運、海運などが下落している。 3Qの営業増益着地が好感されたLIFULLが急騰。 半面、1Qは営業黒字転換を達成したものの、通期見通し非開示の継続が嫌気された大真空が急落している。 東京市場は堅調か。 米国株は上昇。 ダウ平均は289ドル高の27976ドルで取引を終えた。 アップルやアマゾンなど主力株が大幅高となり上昇をけん引。 1:5の株式分割を発表したテスラの急伸や米7月消費者物価指数の好内容などを受け、リスク選好ムードの強い地合いが続いた。 ドル円は足元で106円90銭近辺で推移している。 CME225先物は円建ては大証日中終値と比べて290円高の23190円、ドル建ては305円高の23205円で取引を終えた。 米国株の大幅上昇を受けて大きく水準を切り上げる展開を予想する。 足元でやや弱含んでいたグロース株に買いが入り、ドル円も円安が進行と、日本株の上昇を後押しする材料がそろっている。 CME225先物は23000円を大きく上回るスタートを示唆しており、節目突破で売り方の買い戻しも入りやすい。 6月9日につけた23185円を早い時間に上回る可能性もあり、その場合には買いが買いを呼ぶ展開も期待できる。 日経平均の予想レンジは23000円-23300円。 当サイトに掲載している内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者に帰属します。 掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。 当サイトのデータは、東京証券取引所、FactSet Research Systems ,Inc. 、日本経済新聞社、東洋経済新報社、ストックウェザー等から提供を受けています。 当サイトは投資勧誘を目的としたものではなく、あくまで情報提供を目的としたものですので銘柄や市場の選択の最終決定は、ご自身で判断されるようお願いいたします。 当サイト上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。

次の