英 検 三 級 二 次 試験 結果。 【おすすめ勉強法】英検3級二次試験 面接 練習

試験結果・各種証明

英 検 三 級 二 次 試験 結果

英検2級なら、簡単に確実に合格できる方法があるのに、なぜ実践しないのか? その方法とは、5000語レベルの語彙・単語力です。 逆に、そのレベルに達していないのに受験する事が間違っていると言えます。 英検2級は、普通科高校卒業の英語力を基準に設定されています。 その単語レベルの水準が5000語です。 もちろん、それ以下、4000語でも4500語でも合格できる場合もあるでしょう。 しかし、5000語なら、まず、100%合格できます。 また、大学入試でも、中堅どころの大学なら十分カバーしています。 下に、アルクの「標準語彙水準SVL12000」のリンクを書きます。 5000語は、Level 5 までの語句です。 それで自分の現在の語彙力をチェックしてみましょう。 Level 5 から始めれば、すぐに判定できます。 即分かるのが8割以下なら、2級合格には語彙不足です。 その際重要なチェックポイントとして、正しく音読できないとダメです。 意味が解って読めないのは、英語になりません。 読めないのに意味だけ覚える・・・、これでは英検は不向きです。 まずはチェックして、2級レベルに達していなければ、徹底して単語を覚えてください。 下の教材を使えば、発音も効果的に覚えられます。 単語だけでは合格できない。 そうですね、リスニングがあります。 しかし、これは過去問題をたくさん練習すれば、誰でも慣れて出来るようになります。 20回分の過去問を用意してありますから、全部やるつもりで取り組めば、9割以上正答できます。 最後に英作文ですが、方式が変更になって今回で2回目です。 模範解答の作文を参考にして練習しましょう。 ちなみに、80語~100語となっていますが、99語で書かれています。 , ? などの記号は数えません。 準1級の問題も使って、幾つか練習すれば、70%以上の評価は得られます。 おそらく、大変なのは単語力アップだと思います。 5000語覚えたら、受験しましょう。 下のページで、準2級、2級単語、合わせて3000語、連語・600語が練習できます。 高校生までは、無料で使えます。 よければ、個人専用アドレスをメールで請求してください。 返信に書いて送ります。 実践できれば、合格です。

次の

英検®二次試験の配点と合格点

英 検 三 級 二 次 試験 結果

英検2級なら、簡単に確実に合格できる方法があるのに、なぜ実践しないのか? その方法とは、5000語レベルの語彙・単語力です。 逆に、そのレベルに達していないのに受験する事が間違っていると言えます。 英検2級は、普通科高校卒業の英語力を基準に設定されています。 その単語レベルの水準が5000語です。 もちろん、それ以下、4000語でも4500語でも合格できる場合もあるでしょう。 しかし、5000語なら、まず、100%合格できます。 また、大学入試でも、中堅どころの大学なら十分カバーしています。 下に、アルクの「標準語彙水準SVL12000」のリンクを書きます。 5000語は、Level 5 までの語句です。 それで自分の現在の語彙力をチェックしてみましょう。 Level 5 から始めれば、すぐに判定できます。 即分かるのが8割以下なら、2級合格には語彙不足です。 その際重要なチェックポイントとして、正しく音読できないとダメです。 意味が解って読めないのは、英語になりません。 読めないのに意味だけ覚える・・・、これでは英検は不向きです。 まずはチェックして、2級レベルに達していなければ、徹底して単語を覚えてください。 下の教材を使えば、発音も効果的に覚えられます。 単語だけでは合格できない。 そうですね、リスニングがあります。 しかし、これは過去問題をたくさん練習すれば、誰でも慣れて出来るようになります。 20回分の過去問を用意してありますから、全部やるつもりで取り組めば、9割以上正答できます。 最後に英作文ですが、方式が変更になって今回で2回目です。 模範解答の作文を参考にして練習しましょう。 ちなみに、80語~100語となっていますが、99語で書かれています。 , ? などの記号は数えません。 準1級の問題も使って、幾つか練習すれば、70%以上の評価は得られます。 おそらく、大変なのは単語力アップだと思います。 5000語覚えたら、受験しましょう。 下のページで、準2級、2級単語、合わせて3000語、連語・600語が練習できます。 高校生までは、無料で使えます。 よければ、個人専用アドレスをメールで請求してください。 返信に書いて送ります。 実践できれば、合格です。

次の

英検直前!読むだけでも点数が変わる対策記事まとめ!(5級・4級・3級・準2級・2級・準1級)

英 検 三 級 二 次 試験 結果

そもそも何でCSEスコアが英検に導入されたの? まず初めに、 英 検にどうしてCSEスコアが導入されたのか、 な ぜ今までの素点で合格基準を決める方式ではダメなのか、簡単にご説明します。 【理由その1】 各技能に著しい偏りがある受験者を不合格にするため CSEスコア導入前、英検の合否判定は素点で決まっていました。 例えば、2015年度第1回の英検準1級。 この回、合格点は73点でした。 当時の英検準1級の配点は、 ・リーディング:51点 ・ライティング:14点 ・リスニング:34点 ・合計:99点 でした。 例えば、 ・リーディングがとても得意 ・リスニングはそこそこ ・ライティングは全くできない という受験者がいたとします。 この方が2015年度第1回の英検準1級を受験し、 ・リーディング:51点 ・ライティング:0点 ・リスニング:22点 ・合計:73点 を獲得したとします。 ライティングは0点です。 「どうせ書けないから」とライティングは何も書かずに白紙で出したとします。 それでも、この方の合計点は、合格点の73点に達しているので 英検準1級合格になるのです。 これでは、 英語4技能を評価しているとは言えないですよね。 こういった問題を解決するために CSEスコアを導入し、英語4技能(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)に著しい偏りが見られる受験者は不合格になるよう変更されたわけです。 【理由その2】 TOEFLやIETLSといった他の4技能試験と対応をとりやすくするため 英検は日本では有名ですが、海外ではほとんど知られていません。 世界的にメジャーな英語4技能試験と言えば、やはり、TOEFLとIELTSでしょう。 英検が今後、TOEFLやIETLSと肩を並べるほどの世界的にメジャーな4技能試験になるかはわかりません。 しかし、例えば、 「英検準1級を持っていれば、最低でもTOEFL iBT 72点以上の英語レベルはあるだろう」ということが保証できれば、海外大学も入学希望者の英語レベルが判断しやすいですよね。 そのために英検が行ったのが、 英検をCEFR(セファール)に対応させるということです。 「CEFR」とは 「Common European Framework of Reference」の略称で、日本語では「 ヨーロッパ言語共通参照枠」と呼ばれています。 このCEFRとは英語レベルを表す指標です。 A1(初学者レベル)からC2(上級レベル)に分けられています。 この CEFRから英検各級のレベルが判断できるように、CSEを導入したのです。 「 」を参考に作成 上図のように、英検がCEFRに対応したことで、例えば、 「英検2級保持者は、TOEFLで言えば42-71点、IELTSでいえば4. 0-5. 0点の英語レベルである」と判断できるわけです。 CSEスコアを導入し、 CEFRと対応をとることにより、英検は世界的にメジャーな他の英語4技能試験との対応がとれるようになったわけです。 事実、 英検による英語力証明で海外留学が実現できる海外学校も多数あります(しかし、まだまだTOEFL、IELTSに比べると見劣りするのが現状ですが)。 つまり、 受験者の各技能(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)の能力を明確に示すことはなかったのです(もちろん、各技能の素点を見ればある程度の判断は可能でしたが)。 例えば、同じ英検2級合格でも、 リーディング:560点 リスニング:560点 ライティング:400点 スピーキング:460点 の人と、 リーディング:550点 リスニング:550点 ライティング:550点 スピーキング:550点 の人の英語力は明らかに異なるわけです。 CSEスコア導入により、同じ「合格」でも、 CSEスコアにより技能別で受験者の英語力を示すことができるようになったのです。 技能別のCSEスコア表示は、受験者の英語力を判断したい時に大変便利です。 2020年大学入試改革においても、各大学は英検を使いやすくなることでしょう。 例えば、A大学は 「出願資格条件を英検2級合格かつ、ライティング・スピーキングのCSEスコア各500点以上」などとできるわけです。 これにより大学側は、 「リーディング・リスニングだけに特化して2級合格を勝ち取った人ではなく、ライティング・スピーキングといった英語によるアウトプット力もある生徒が欲しい。 」といったニーズに合わせて、出願資格基準を調整できるのです。 これは、 TOEFLやIELTSを採用している海外大学では既に行われています(TOEFL 100点以上、かつ、スピーキング24点以上など)。 さて、CSEスコアが英検に導入された理由はおわかり頂けたかと思います。 では、CSEスコア導入により、受験者には実際にどういった影響があるのでしょうか。 「ん?素点は同じなのにCSEスコアが違う?」 ある回の英検3級一次試験でこんなことがありました。 Aさん、Bさん共に素点合計は同じ33点でした。 しかし、合否結果は… Aさんは見事合格、Bさんは残念ながら不合格だったのです。 そうです。 素点は33点と全く同じであったのにも関わらず、CSEスコア合計の点数が異なり、Aさんは合格、Bさんは不合格という結果だったのです。 素点とCSEスコアそれぞれの点差がわかりやすいように表にしてみました。 このように、 リーディングとリスニング、共に素点差は2点です。 しかし、 リーディングのCSEスコア差は12点。 一方、 リスニングのCSEスコア差は21点。 CSEスコアの点数差には素点差の2倍近くの開きが出たのです。 素点では同じ2点差なのに、です。 その結果、AさんのほうがBさんよりもCSEスコアの合計点が高くなり、合格できたのです。 なぜ同じ素点なのにCSEスコアが異なるのでしょうか。 その理由はCSEスコアの算出方法にあります。 素点とCSEスコアの関係はこうなっている!グラフ大公開! CSEスコアは、 平均点、他の受験者の正答率、受験者自身の点数、など複数の変数に応じて確定します。 素点とCSEスコアの関係を探るために、 ESL club生徒の素点とCSEスコアをプロットしてみました。 以下は、2016年度第1回から2017年度第1回までの、英検3級の結果を技能別(リーディング、リスニング、ライティング)でプロットしたグラフです(ライティングは2017年度第1回からの導入のためプロット数は少なくなっています)。 こちらがリーディングです。 横軸が素点、縦軸がCSEスコアです。 次にリスニング。 最後にライティングです。 英検3級だけでなく、 他の級でも同様の傾向になりました。 このグラフから明らかなのは、 ・素点が満点に(もしくは、0点に)近くなればなるほど、素点1点あたりで換算されるCSEスコアが大きくなる ということです。 先ほどのAさんとBさんの英検3級の結果を改めて見てみましょう。 先ほどの素点とCSEスコアの関係を思い出してください。 素点が満点に(もしくは0点に)近づけば近づくほど、素点1点あたりで換算されるCSEスコアは大きくなります。 生徒2人のリーディングの点数は、30点満点中、Aさんが10点、Bさんが12点でした。 一方リスニングの点数は、30点満点中、Aさんが25点、Bさんが23点です。 つまり、 リーディングよりもリスニングのほうが満点である30点に近かったため、素点では同じ2点差だったのにも関わらず、換算されるCSEスコアが大きくなったのです。 結果、CSEスコア差はリーディングよりもリスニングのほうが高くなったわけです。 素点とCSEスコアの関係から見えてくる効果的な英検対策はこれだ! では、この素点とCSEスコアの関係を踏まえた上で、どのような英検対策が効果的なのでしょうか。 端的に言うと、 ・全ての技能(リーディング・リスニング・ライティング)で最低4割の正答率は確保する ・得意な技能があるなら、更に伸ばし、満点近い正答率を狙う ということになります。 先ほどお見せした素点とCSEスコアのグラフからも、 正答率が4割を切らなければ著しくCSEスコアが低く換算されることはありません(逆に言うと、 正答率が4割を下回ってしまうと指数関数的にCSEスコアが下がっていきます)。 そして、 満点近い正答率を達成できるとCSEスコアは指数関数的に高くなるので、合計の CSEスコアも大きく伸びてきます。 例えば、過去問を解いてみた結果、リーディングの正答率が5割、ライティングが6割、リスニングが7割だとします。 このとき、「リスニングは比較的得意だけど、リーディングとライティングが苦手だ。 特にリーディングの正答率が一番低い。 だから、リーディングの対策から始めよう。 」と考えがちです。 しかし、素点とCSEスコアの関係から考えると、あなたがもしリスニングの対策に集中することで リスニングの得点率が8〜9割まで伸ばせるのであれば、リスニング対策に特化したほうが得策です。 その方がリスニングのCSEスコアが指数関数的に高く換算されるからです。 もし、英検に挑戦されるお子様が 小学生であれば、リーディングやライティングよりもリスニングの方が得意な傾向があります。 ESL clubに通う小学生もそうです。 であれば、 素点とCSEスコアの関係から見ても、リスニングでの得点率9割を目標に学習を進めるのは有効だと言えます。 詳しくはこちら: 一方で、もしあなたが 中高生や大学生、社会人であれば、リスニングよりもリーディングやライティングが得意かもしれません。 もしリスニングの正答率が5割で、リーディング、ライティングの正答率が7割だった場合、弱点克服のためにリスニングの対策に集中したくなります。 しかし、まず考えるべきは、 「現在7割の正答率であるリーディング、ライティングを8〜9割に伸ばすことはできないか?」ということです。 特にライティングは、定型文を覚え、正しい構成で書く練習をすれば、点数が大幅に伸びる場合も少なくありません。 文法をしっかり勉強されている 中学生以上の方はライティングで正答率8〜9割を狙うというのも有効な戦略になりうるでしょう。 英検2級、準2級、3級ライティングの正しい書き方は下の記事を参考にしてください。 「結局、素点で何点とれば合格できるの?」 「素点とCSEスコアの関係は理解できたけど、結局合格するためには何点とればいいの?」 といった疑問を持たれているかもしれません。 正直に言うと、 素点で何点とれば合格できるかは正確にはわからないです。 CSEスコアは、平均点や他の受験者の正答率、自らの素点など、様々なパラメーターによって異ってきます。 ですので、「素点で何点とれば絶対に合格できる」といった明確な合格点を割り出すことはできません。 しかし、「少なくともこれだけ素点を取れていればまず合格できるよね」といった 合格ラインは過去の経験からある程度割り出すことができます。 ESL clubの生徒の過去の英検結果から割り出した合格のための目標点は以下の記事にまとめてあります。 ぜひ、過去問を解く際にお役立てください。 いかがだったでしょうか。 CSEスコアが導入されたからといって、英検は大きく難化したわけではありません。 正しい方法で継続的に学習すれば必ず英語力は上がっていきます。 英検の正しい学習方法を知りたい方は、以下の記事の参考にしてみてください。 無料で学習相談、体験レッスンを実施いたします。 ESL clubでは による を実施しています。 ですので、お子様にとっての最適な指導をご提供できます。 電話番号: 03ー3797ー3380 HPから無料体験レッスンへのお申し込みをご希望の方はこちら:.

次の